プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

499

WJ2014年33号

wj


ONE PIECE休載。


H×H346「選択」
みっちり書き込んだコマを見ると嬉しい反面、
その反動でどんだけ休載するんだろうと怖くなる。(笑)

レオリオとクラピカが十二支んに合流。
間近に迫ったハンター試験に裏切り者疑惑などが出てくるも、
こちらは頭脳派のチードル・ミザイストム・クラピカで切り盛りしている様子。
誰が裏切り者かと考えるのは、あまり意味がない気がする。
要はビヨンドと十二支んは、決裂しているように見えて同じ船に乗ってるってことだろう。

またビヨンド側のジンも、なんだかんだと上手く溶け込んでいる様子。
パリストンが最終的にどういう行動に出るかは読めないが、
少なくとも現段階では、有象無象の協専ハンターの1人や2人より
ジンを連れて行く方が良いと判断しているようだ。

恐らくパリストンは、地位より目的達成を優先する派だ。
だからこそギリギリのところまで、地位に逆らわない姿勢を見せるんじゃないだろうか。
ジンが№2という意味のない肩書を手に入れたがるのは
本当にただパリストンに「演技」をさせるための抑止なのかもしれない。
ビヨンドには死とはいかないまでも、リーダーではいられなくなるフラグがあるのかもしれない。

まあ、楽しいジン-パリストン戦線は様子見として
今回の攻略アイテム「五大厄災」をちょっと考えたい。

①兵器ブリオン 謎の古代遺跡を守る正体不明の球体
②ガス生命体アイ 欲望の共依存
③双尾の蛇ヘルベル 殺意を伝染させる魔物
④人飼いの獣パプ 快楽と命の等価交換
⑤不死の病 ゾバエ病 希望を騙る底なしの絶望

①をのぞいて②~⑤はどれも、その気になれば生死を操るという、
「神への冒涜」とも言える範疇の力を持つ。
それも②は恐らく、ナニカの能力にかなり近い。
他の物はよく分からないながらも、人類の世界に持ち込んだら
トンでもない事になりそうなのは予測がつく。

今回のミッションは「いずれかの厄災を攻略し、希望を持ち帰ること」。
つまりそのまま持ち帰っても意味はないのだ。
現在なされているように、閉じ込めておく以外使い道はない。
いうなればキルアがナニカの力に
「治すときには見返りを求めない」という解答を見つけたように
「正しい使用法」を見つけねばならないのだろう。

が、これは最初から無理ゲーな気がする。
キルアがナニカの力を使いこなす事が出来たのは
自分で使おうと言う欲がなかったからだ。
「人類の為」と言えば聞こえはいいが、結局は自分の為に他ならない。
厄災を希望に変えるには、人類は欲にまみれすぎている。

他人のために使いたいと言う想いが無ければ、
この五大厄災の攻略は不可能である気がする。
敢えて回答に近い場所にいたキルアと言うキャラを使わず
色んな意味で「自分のことはどうでもいい」というタイプの
ジン・パリストン・レオリオ・クラピカ(多分ビヨンドも?)と言うキャラを揃えたのは
なかなかに面白い人選ではないだろうか?

故に本心をなかなか見せないジンとパリストンは
今回のストーリーの重要なポイントだ。
そう簡単にカラクリは明らかにならないだろう。
くやしーけどやっぱおもしれーんだよなあ、H×H.

イボクリがどれほどスゴイのかワカランが
ジンの手妻にマジ反応してるメンバーが素直でカワエエなあw


NARUTO684「殺しておくべきだ」
カグヤママの世界は始球空間+5つあるらしい。
んー、こんな感じ?


5つというと、やっぱり想像するのが五性質。
マグマ=溶岩と考えるとこんな図式も成り立つ。



単純にあと「火の世界」と「雷の世界」を残しているとも、
または血継限界のように変化の余地を残している世界が複数控えている?
とも取れるか???
うーん、そうなるとややこしいことになってしまうかな。
「火」「雷」というサスケの属性の世界が未公開なのが、キモだろうか。

カグヤママは自由にこの空間を行き来しているように見えるが
わざわざこの「始球空間」にナルト達をつれてきてしまったところをみると
ここを通らないと他の空間には行けないのかもしれない。
いや、場合によってはカグヤママは
「この空間を本当には使いこなせていない」とも考えられるのでは?

や、氷の世界の時にちょっと思ったんだけど
ここって水遁使いにすごく有利なんじゃねえかと。
カカシも水遁はそれなりに使えるはずだが、基本は雷属性なのか。
まあカグヤが相手だから、それこそ焼け石に水で何もしないのかねえ。
が、ここに水影でも来たら結構戦えるんじゃ。

それぞれの属性にカグヤの動きを封じる人員が配置出来たら
そこそこ戦えるんじゃないだろうか。
それにはその間の「血継限界」も何らかのキーになるんじゃ?
九の尾獣と五影。元火影たち。
この辺からなんとかなってくれそうな気がすんね。

なんにしろカカシがすごくやることなさそうだけど
実況中継にでも回るんだろうか。
いやでももう目もないし、他の空間の事は見えないもんね。
………疲れた皆さんにお茶でも入れるの?

ともあれカグヤママの袖の中の息子(?)から、黒幕臭がぷんぷん。
またカグヤママは悪くない悪役になるのかな。
何となくこのNARUTOと言う漫画の趣向からは、
最後はナルトとサスケのライバル対決を出したいんじゃないかと思うんだけど
この状態からどうやってそんなことにできるか読めん。

ある意味、とてもオチが気になる漫画ではあります。


新連載:あー、そういえばこの読切あったねえ。
     悪くはなかったけど飛びぬけて良かったという記憶もないなあ。
     取り敢えず様子見といきましょうか。
相撲:おお、掲載順位あがってんねえ!ソレに展開早い!!
   定石なら一度ライバルに負けると言う展開も考えられるが…。気になる次号!
暗殺教室:あらまあ、あの施設の話からこんな伏線が!
      しかしアニメ化か~。深夜って何時くらいなんだろう。
ヒーローアカデミア:コレはオールマイトもそのまま力を保持すんの?
      それともオールマイトからはなくなっちゃうの??
ハイキュー:精神的支柱の消失。今回のW杯のブラジルみたいだなー。
       いいねえ、ビックリ人間じゃない真っ当なスポーツ漫画。
食戟:みんなもってるものなんですか、おとめごころって。
融合:敢えてこれまで触れなかったけど、3回もやるってのは人気あんの?
   これ、微妙にいらっとするわ。(笑)
磯兵衛:華岡青洲はでてこないのかW

今日はここまで―ぃ。ネットが繋がるってすばらしひ。
関連記事
スポンサーサイト
  • Date : 2014-07-15 (Tue)
  • Category : WJ
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。