プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

483

【日記】W杯開催っ!審判にも注目!

[図解]ワールドカップで世界がわかる![図解]ワールドカップで世界がわかる!
サッカーマニア・ラボ

PHP研究所 2014-05-22
売り上げランキング : 95757

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


上の本は、外出して本を忘れた時に買ったもの。
W杯豆知識本みたいなものだが、手軽にさらっと読める内容。
個人評価は★★★。

この1ヶ月はテレビの前の人になるので
少なくともリーグ戦の間は、あんまり本読めないと思う。
そんな訳でしばらくは、サッカーのことを書く。

と言っても、そんな大したことは書かない。
自分は日本が初めてW杯に出場したフランス大会(1998年)に
海外サッカーにハマったニワカ16年生。W杯だけで言えば4回生。
普段は欧州リーグの放送みてるくらいで
Jリーグもあんま見ないから日本人選手知らない人も多いし。

遂にキタ――(゚∀゚)――!!ブラジルW杯!

前のアフリカ大会もだけど、12時間差はキツイわー。
仕事してサッカー見てたら、寝る時間ドコーっていうね。
録画は出来るけど、やっぱ要所要所はリアルで見たい。
まず開幕戦は見ないとな!ってんで5時から起きて見た。

結果は3-1でブラジル勝利。
順当のようにも見えるが、いやこれクロアチアがむばった。
先制点(オウンゴールだけど)からぐいぐい攻めてたし
ひょっとしてひょっとしたらひょっとすんじゃね、くらいのイキオイはあったので
余計に今回の誤審疑惑が話題になっちゃうんだろう。

日本人初のW杯開幕審判!

西村主審は前回のアフリカ大会でも主審を務めた。
日本人のW杯主審は4人目。
その上評価も高く、大会では4試合もの主審を務めた。
今大会では初のW杯開幕審判となったのだから、本当にスゴイのだ。
日本サッカーの誇りだよ、西村主審。

今回の誤審疑惑。

自分も試合見てた時はイエローなんだろうか?と思ってたけど
後からネットで見てたら、その瞬間の写真が掲載されていた。



クロアチアのDFがブラジルのFWの腕をホールドしてる。
まあこれなら確かに、イエローとられる要素ある。
が、確かにブラジルの選手も「倒れた演技」をしたようにも見えたので
ちょっとブラジル寄りの判定なんじゃねと思われるのも頷ける。

なので西村主審の評価が下がるのではないかと心配だったが
試合直後は世界でブーイングの声も凄かったものの
この写真が出回れば、少なくとも「100%誤審」とは言われないだろう。
…と、思いたい。(笑)

いつものこと

毎年毎回毎試合、ほぼ絶対「審判が審判が」騒ぎがある。
身近なところでは、今大会の予選の時に
本田選手がフリーキック直前にホイッスルが鳴り、
試合が引き分けで終了したことがある。

アレも物議をかもしたが、「キックだから終了時間キッチリに笛を吹かない」のも
「キッチリ吹く」のもどちらも審判次第で、別に「誤審」ではないのだ。
一部の例外を除き、審判の判断は覆ることが無い。
そういうジャッジだったのだと諦めるしかない。
が、自国が関わっている場合はやっぱりムカつくのも道理。

フツーに流しておけば事なきを得たのだろうが
まぁこれはこれで、西村主審が小さなファウルも見逃さないという采配だと
選手たちに理解されれば、そういうプレイを心がけることになるだろう。
それが良い悪いではなく、あらゆる可能性を考えてプレイするのが
サッカー選手のスゴイところであり、サッカーの面白いトコロだから。

審判にも注目!

W杯ってホント楽しい。見るとこ沢山あり過ぎて困る。
試合は勿論だが、ベンチの様子とか観客席のサポーターとか
選手はモチロン審判だって面白い。
たまに選手より体格のいい審判が走ってたりすると
いっそお前が蹴っちゃえよYOU!って笑えることある。

審判にボールが当たって跳ね返っちゃった試合をみたことがある。
でも試合では「石コロにあたった」のと同義で、それはスルーされる。
勿論、そんな事が無いようにボール見てるのがいい審判なのだけど。

主審はめっちゃ体力要る。走る走る走る。
でもボールなんかぼぇーーーーんって飛んでっちゃうし
フィールドには22人も人間がいるんだから
間違ったり見逃したりしちゃうこともゼロではない。
体力と観察力と判断力が重視される訳だが
「正確さ」だけが必要なら、機械判定にすればいいだけのことだ。
「ゲームメイク」はやはり人間にしかできないのだ。

有名なコッリーナ主審の名言。
「間違いは誰でも犯す、その間違いもサッカーの一部なのだ」
無論スキルがあるからこその発言だが、かっけぇ。
引退後に「実はラツィオ(セリエAチームの1つ)のファンだ」と言ったのもかわええ。

新兵器導入!

審判にも新しい波が来ている。
今大会のゴールには「機械判定」が導入される。
ゴールすると、審判の腕にある機器にサインが入るのだとか。
そして開幕戦にも使われた「バニシングスプレー」。
フリーキックの壁を作る際のラインを描くツール。1分ほどで消える。
どーゆー仕組みなんだろ。消えるのりスティックみたいなもん???

そして今回は出なかったが、高温地域であるために
「給水タイム」がとられることになる。
更にユニフォームの下に「メッセージ入りシャツ着用を禁止」。
コレってやっぱ、五輪の時の騒ぎを考慮してなんだろうか。
選手が素敵なメッセージTシャツを着てるバアイもあったんだけど、
問題が出れば規制を設けるより仕方ないワケで。



なので全部は無理でも、がむばって見るんだい!!!
出来れば明日はスペイン-オランダ戦を見たいと思っているので
今日は早めに寝よう。

20140614-3.png



拍手コメントをくださったKママさん:
コメント返しのシステムがちょっと複雑なので、こちらで失礼します。
お言葉ありがとうございます!
好き勝手な事ばっかり書いておりますのに恐縮です~。

何とかしなきゃと思いつつほったらかしです。(苦笑)
いずれ整理整頓くらいはしにいこうと思ってますので
夏休み(遠っ!!!)にちょこっと顔出しにいこうかと。

またお気軽に声おかけくださいましー(´∀`*)
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。