プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

479

獣の奏者 1・2

獣の奏者 1闘蛇編 (講談社文庫)獣の奏者 1闘蛇編 (講談社文庫)
上橋 菜穂子

講談社 2009-08-12
売り上げランキング : 8412

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


4巻完結+外伝の本書シリーズだが、実は
まだ外伝を読んでいなかったので、改めて1巻から読み直してみる。
1巻の闘蛇編・2巻の王蛇編でいったんストーリーが完結しているので
今回はとりまここまでの評を書く。

闘蛇・王蛇とは、この世界における幻想の生物だ。
王が神の直系の象徴として王蛇を所有し、
その王を守るため、武人である大公が闘蛇を所有しているという設定だが、
これをぬこで説明しよう。(何故)

【闘蛇】                 【王蛇】 
 

闘蛇も王蛇もどちらも凶暴性があり、厳しい調教下に置かれる。
闘蛇を飼う者たちのことを、「闘蛇衆」というが、
彼らでも決して野生のものを飼い慣らす事は出来ない。

この中に土地の者でない女がおり、疎んじられていた。
彼女は自分の娘を救うため、なんと闘蛇を「操った」のだ。
母はこれを「大罪」と自戒し、娘だけを遠い国へ落ち延びさせる。

幼い娘は見知らぬ国の山奥で、養蜂家に育てられる。
世間の規律よりも自然から純粋に好奇心を育て、素直な探求心を得ていく。
そうしてある日、野生の王蛇を目にするのだ。

【野生の王蛇】


野生の王蛇は、飼育されたそれとは比べるべくもないほどに美しい。
なぜこんなにも違うのだろうと、娘はその姿に惹かれる。
やがて娘は王蛇の獣医学校へと進み、その謎に迫ろうとする。
常識に囚われない娘はやがて、野生の王蛇を飼い慣らしてしまう。
この世界では「禁忌」でもあることを知らずに。

このストーリーのポイントは何といっても、娘のリア充(獣)っぷりだ。
そこには「権威」と「権力」が別になってしまった国家の歪みがから
自然の「畏怖」と人の「傲(おご)り」がまざまざと描かれ
真顔でこの世界の因業を考えるだけの素地もあるのだが
そんなことはどうでもいい。

野良猫にすり寄られると人は悶死してしまうように、
誰にも懐かない筈の凶暴な獣のデレは最強なのだ。
ええぃこのリア獣め!そこに痺れる憧れるッ!
ナウシカの「…ほら、怖くない」の有名な技、自分もやってみたいッッ…!
例えそこに、猫爪ミミズ腫れ地獄が待ち受けていようともっ…!!

まあこういう話だ。(わからんよ)
もうホントこれ、良質のファンタジー小説である。(お前の所為でわからんよ)
最初はこの2巻で完結するつもりだったというのも頷ける。
このジャンルにしては2冊という短い世界ながら、
その深さには存外なほどの満足感がある。

てなわけで、次は3巻を読む!

個人評価:★★★★★


昨日の続き。







事前に「グアムの強い日差しは日本とは違う」と注意されてたものの
よもやこんな惨劇を生もうとは。
黒い部分が日を通すんだったか、逆だったか忘れたが
とにかく割とくっきりシマシマがケツに浮かび出た。



余談だが、結局最終日はあんまり日差しが強くなく
表と裏のコゲ具合はさほど改善されなかった。
普段焼けない部分だからなのか、半年くらいうっすらシマケツは残った。

まあでも友人あんだけ笑かしたからいいかっていう。
全ての世界は大体ネタが凌駕する。
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。