プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

468

信長協奏曲 10

信長協奏曲 10 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
信長協奏曲 10 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
石井 あゆみ

小学館 2014-05-12
売り上げランキング :
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ずっと楽しみに買ってたこの漫画が
アニメ化&ドラマ化&映画化されると言うニュースにビクーリ。
アニメ化はいいけど、なんで実写・・・?

信長役は小栗旬ということで、やわらかいイメージはまあよいか。
本人も決定前から原作漫画を読んでいたとある。
ほほう、それはちょっと応援したいキモチになってきたぞ。(´∀`*)←単純

7月からアニメ、10月からドラマ(実写)、その後映画(実写)として展開。
夏ごろに次巻が発売されるので、まだ原作は終了してないだろうから
アニメ1期的なカンジで、おそらく7巻までやるんじゃないかな。
ドラマも多分その辺まで?
多分だけど、漫画はあと数巻で終わるんじゃないかと予想するので
アニメ2期と映画でラストを飾るぜ…!って流れじゃないかと。

「JIN-仁-」や「大奥」があたったから、歴史漫画が注目されてんのかな。
史実をそのままやる大河とかと違って
アレンジものの方が若い世代にもウケがいいのかも。
が、こーゆーのは原作だけでなく、史実も比べて読んでほしい。
作者のアレンジがいいからこそ、作品の面白さが光るっていうか。

ってことで、今から買う人も増えるかもしれないので、
信長協奏曲の史実比較・簡略版。
大体のあらすじは信長協奏曲7にて。
21世紀のお馬鹿高校生・三郎がタイムスリップし、
病弱な本物の信長と顔がクリソツなため、代わりに織田家当主に・・・?

史実信長協奏曲
織田信長
通称・三郎。
幼いころから気性が荒く、
いろいろと奇行が多かったとされる。
だらしない恰好に女物の着物を羽織ったり
「うつけ者」と呼ばれる。
サブローの代役。
体育だけは出来るお馬鹿高校生。
動きにくいので最初は袴も脱いでしまう
妻を助けるシーンで、その打掛を
羽織るシーンがでてくる。

本物は品行方正、真面目で病弱。
竹千代(=人質時代の家康)
人質交換の策略により、数年を織田家で
過ごしたことがある。

家康は鯛の天ぷらが好物という
説がある。子沢山としても有名。
大人しく、口数の少ない少年。
遊び相手としてサブローに引っ張り
回される。その折に粗食に飽きた
サブローが作った「天ぷら」を食べる。
ついでにエロ本を貰う。
藤吉郎(=秀吉の前身)
百姓から天下統一したことで有名。
知恵があり、気がまわることから
信長のお気に入りであったらしい。
(ネタバレ反転)
実は今川義元の隠密忍者。
信長の暗殺を目論むも上手くいかない。
家臣たちを信用させるために
なんだかんだとお役目を果たす。
帰蝶
信長の正妻。斉藤道三の娘。
歴史では濃姫と呼ばれる方が多い。
本物の信長が病弱なため
いままでほとんど顔を合せなかった。
サブローになってからは
城下を「でぇと」したりする。
斉藤道三
信長の義父。帰蝶の父。
「うつけ」を確認するために本人と会合
その才を見たと言われる。
今までだらしない恰好をしていた信長が
この会合は正装をしたという。

元は坊主だったともいい
詳細は不明とされている。
(ネタバレ反転)
「正装」に学校の制服を着たサブロー。
ここで道三は人払いをし
正装である「警官の制服」を着て見せた
彼もタイムスリップをしてきたのだ。

詳細不明な歴史人を使うトコろが◎。
織田信行
信長の兄。
家督争いの結果、自害する。
信行の家老が柴田勝家だが、
途中から信長派になる。
日本史をよく知らずにとりあえず
「信長は天下取るから」と連呼する
サブローに信行と勝家が
勝手にビビる様子が面白い。
竹中半兵衛
秀吉の参謀として有名。
元は斉藤道三の家来であったが
凡庸な息子の代になって寝返る。
一説には信長に就くことを良しとせず
秀吉の家来になったと言われていたが
現代ではフツーに信長に下ったとされる
新しい説の方を採用してるんだね。
明智光秀
信長の家来。
道三側の人間で、道三没後はしばらく
不遇の時代を送ったと言われるが
青年期の詳細は結構に不明。
ご存知、本能寺の変の首謀者。
(ネタバレ反転)
本物の信長。
顔を隠してサブローの臣下となる。
いやもうホントこれ面白い。

取り敢えず3巻までの主な登場人物。
これの何が面白いって、サブローが歴史を知らないことだ。
日本史でなんとなく聞いた「桶狭間の戦い」の名前とか
家康とか秀吉とか有名ドコロしか知らない。

なので竹千代が改名したときに、凄い驚くのだ。
「君は信長くらい有名で、歴史に欠かせない人だよ!」と。
家康はそれほどに自分を買ってくれた信長に感動し
後にずっと続く長い同盟を築くのだ。あっはっは。
妹・お市がブラコンだったりするのも楽しい。

この後サブローは歴史通りに天下を取るために
京都の将軍にも近づくのだが
史実では信長はこの力のない将軍を利用している。
が、サブローは何も知らないからフツーに行動しているのだが
ソレがキッチリ史実に当てはまっていくのだから愉快。

本当は信長はどっさり側室がおり、子供も沢山つくるのだが
帰蝶というヒロインがいることから、その辺は切り捨ててある。
光秀は光秀でもちろん家族がいるから
結婚していることは書かれているが、登場は今のところしていない。
自分としてはもっと細かく歴史に迫って欲しい感もなくはないが
その辺のスパッとした割り切りも、歴史アレンジでは大事だしね。
よく出来ていると思う。

この後タイプスリップしてきた人物が、他に2人出てくる。
が、それも出自が微妙に不明な人間とにあてている。
これ以上のネタバレはしない方がいいんだけど、一人だけ。
実は信長にはアフリカ人の臣下がいたのだ。
嘘のような本当の話で、日本に訪れていたバテレン教師から譲ってもらったらしい。

これが現代の野球チームの、海外選手だと言うオチ。
試合中に急に過去に飛ばされ、途方に暮れていたという。
思わず笑った。
こういうコニクイ設定好きだぜ!( ´∀`)bグッ!

10巻では既に「長篠の戦」が描かれている。
鉄砲で有名な信長の戦だ。
史実ではあと数年で「本能寺の変」が起きる。
秀吉の野望と光秀の立場がどうなるのかが見ものだ。
巻数で言うとあと2~3巻くらいだろうか?

血生臭い印象がぬぐえない信長を、ここまで変貌させる設定がスゴイ!
なのでドラマも1回目だけは見ようと思う。
良かったら続けてみる。
そう言えば再来年の大河は三谷監督がメガホンをとるとか。
最初は信長か光秀かと言われていたのが真田丸になったが
こちらとカブるからだったんだろうかと深読みしたり。

なんにしろ光秀はもっと脚光浴びていいと思うよ!
そして滋賀に観光客をもたらしてくれるといいよ!(大人の事情)
もうホントにこの漫画は結末がゲロ楽しみだー!

個人評価:★★★★★

関西弁の苦悩。


職場関係でホテルの食事を予約をしなければならないことがあり
サワラかチキンを選ぶように言われた。




関西弁でもサワラとカワラは同じ発音である。
だから余計に分からない。
更に電話で聞いただけなので二人で喋っている内に、
オリジナルのサワラの発音が分からなくなってくる。


今は一応わかるんだけど、突き詰めると混乱してくる。
ちなみに「橋」「端」「箸」の発音を大坂人と喋っているときに
東京在住の同僚が「うわああ!混乱してきたあああ!」と言っていたので
きっとコレとおんなじ。
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。