プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

454

面白南極料理人

面白南極料理人 (新潮文庫)面白南極料理人 (新潮文庫)
西村 淳

新潮社 2004-09-29
売り上げランキング : 59574

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


随分と昔に読んだ本。

その数年後に「南極料理人」の映画を見て、
こんなにサワヤカなカンジだったっけ?と首を捻った。
いや、映画の方も出来るだけオッサン臭を出すようにはされていたが
堺雅人のサワヤカパワーがそれを凌駕していたのだ。
恐るべしファブリースパワー。

南極料理人 [DVD]南極料理人 [DVD]

バンダイビジュアル 2010-02-22
売り上げランキング : 4982

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


南極越冬隊で1年、料理人を務めた西村氏のエッセイ。
料理本でも観測記録でもない、あくまでエッセイ。
西村氏は既に1度昭和基地で越冬隊を経験しており、
この本は二度目の「ドームふじ」の越冬の後に書かれたものだ。
それ故なのか、西村氏の中で「分かっていること」と
読者が「説明してもらわないと分からないこと」に少々差がある。

男子校のようなムサい楽しさは伝わってくるのだが
氏はいきなりギャグを掴みに来るので、
「面白いんだけどワカランな」って事がちょいちょいあった。
映画の方は完全にストーリーを変えてあったので
あんまり参考にならなかったし。

で、ふとこの本を見てそのことを思い出し
もう一回ぐぐりながら再読してみた。

南極観測隊とは、1年に1回の交代でメンバーを総替えするチームの事だ。
と来ればやはり有名なのがタロとジロだろう。
アレも子供の頃に見たので詳細をほとんど覚えてなかったが
あれが記念すべき第一次南極観測隊で
敗戦国だった日本が国際社会に踏み出す第一歩として
日本中の期待を背負っていたのだと、恥ずかしながら今知った。

ところが「はじめてのなんきょくかんそく」に、まだまだ設備も不十分だったのだろう。
第二次観測隊を載せた船は、南極に近付けなかったのだ。
観測隊員はなんとかヘリコプターで運ぶことにしたものの
犬たちを乗せる余裕はなく、そのまま南極を後にする。
そして次の第三次観測隊が、タロジロを発見。
全米ならぬ全日本国民が泣いた、ってのが顛末だ。

これ、映画も見たし本も持ってたのに何で頭に入ってなかったんだろ。(笑)
やはり高倉健の不器用力しか印象にない。
ちなみに今は動物愛護ナンチャラの法律により
南極で犬ぞりは使われていないんだそうだ。

タロ・ジロは生きていた―南極・カラフト犬物語 (ジュニア・ノンフィクションシリーズ)タロ・ジロは生きていた―南極・カラフト犬物語 (ジュニア・ノンフィクションシリーズ)
藤原 一生 菊池 徹

銀の鈴社 2004-04
売り上げランキング : 420507

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これもついでに、タロとジロが生き残ったのは
アザラシとかその糞とか食べてた以外にも
他の国の観測所まで行って、エサ貰ってたんじゃね?って説があるらしい。
あー…、確かにその方が説得力あるわ。
でもハチ公がご主人様を待ってたんじゃなくて
エサ場として通ってたって聞いた時くらい、微妙なショック。(笑)

これもちなみに、他の国の観測所まとめ。
こんなに違う世界10カ国の南極基地
中国がwwこれマジなのかwww

いやつい面白くて、本書と関係無い事ばっか書いちゃうな。
そもそも調べたかったのは、最初に越冬隊が「ドームふじ」へ行くのに
ヘリコプターが出てきた時点で「?」となってたからだ。
色々調べると、最初は砕氷船でバキバキと南極に近づくのだが
ギリギリまで近づいたら、あとはヘリ輸送するのが基本なんだそうだ。
氷の上なんか歩いたら、何時どうなるか分からないから。成程。

更に「ドームふじ」へ行く場合は、昭和基地を飛び越して
S16という地点で降ろされるんだと。
辺り一面真っ白で分かりにくいが、「ドームふじ」は富士山程の高さがあり
ここからは冬山登山(と言っても雪上車だが)になる。
多分気圧とか高度の関係で、S16地点がヘリ輸送のギリギリなんだろう。

著者は「貧相なドームより先に豪華な昭和基地をみせないためw」
とギャグをかましていたが、仮に半分真実でも(?)
こーゆーの書いてくれないと、意味が分かんないじゃん。

まぁでも、寒いのが苦手な自分としては
1年脱出不可能な極寒地なんて、想像するだけで気が滅入る。
ペンギンやアザラシの癒し動物どころか、
ウィルスすら生きていられない場所で、
変わり映えの無い真っ白な世界を毎日、9人だけで過ごす。

衣食住という人間の基本欲求のなか、
この南極で満たせるのは「食」だけなのだ。
トンでもなく豪勢な食材で、食べきれない程の料理を作り
ドンチャンと宴会をするのも大事な生命線なのだ。
料理人の役目は自分も料理を楽しみ、南極を愉しみ、
越冬隊を補佐していくことなのだ。

役目と言うより、きっとそれが「素」であることが大事なんだろう。
終始おちゃらけたエッセイも、そう考えると成程なと思う。(笑)

余談だが。以前テレビで「世界で一番寒い村」ヤクーツクを紹介していた。
冬は-50~60度くらい、夏は40度くらいまであがるというから
年間気温差が100度にもなるというおっそろしい場所だ。
が、ある一家を取材したVTRをみていると
半袖姿の(!)奥さんがフツーに洗濯物をもって庭に干しにでて、
濡れた衣服をテキトーに干していた。

当然パリッパリになるのだが、「何時かは乾く」と言うスタンスらしい。
っていうかそんな無造作な格好で凍傷とか大丈夫なんか!?
本書にも、あとから高度や寒さに体が慣れるとは書いてたが
そんな超人的なレベルで平気になるモンなのか。

行きたいとは思わんが、地球ってなんかイロイロすげーな。

個人評価:★★★


今までの迷子ベスト3(?)を振り返ってみた。





車の迷子はドライブと言う素敵な言い訳がある。



イヤ英語だって割と不自由なのに、知らない言語なんだもの。
通りの名前もタイ語で地図が役に立たない。

ちなみに次の日は電車で出かけて再び迷子になるも
若い現地女性に日本語で「ドウシマシタ」と聞かれてびびった。
たまたま日本語現地ガイドになるために勉強中の人だった。
こんなこともあり、窮地にも何となく助かるような甘い考えがある。



ところで昨日近所で迷子になった事を相方に伝えると


関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。