プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

446

WJ2014年20号

wj


ONE PIECE744「革命軍参謀総長」
うおおおお、展開がイッキすぎてビビったわ。
何の間も躊躇もなく、サボがメラメラの実を食うとか。
そして修行的なものもなく、火拳を使えるまでにレベルアップ。
ちゃららちゃっちゃちゃちゃ~~ん♪(レベルアップ音)

格闘センスがあれば、それくらいは容易なのか。
でもコレって、サボが生前のエースの技を見てるってことだよなァ。
船の事故に合ったときは、エースはまだ能力者じゃなかったし。
ならエースは、サボが生きてる事を知ってたのか?
なんでルフィに教えてやんねェんだエース…!

って事は、サボの設定ってやっぱ後付けなんか。
まぁ革命軍には元々ドラゴンがいる訳だから、
サボがいなくても何ともでも繋げられたんだろうけど。
今回のメラメラの実が、多少Dの一族の秘密にも繋がるかと思ってたので
ソッチの妄想はハズれたなあ。残念。

とりま「ゴッド」になったウソップ。(笑)
この運の良さはバギーと通じるモンがあるな!
お互い鼻の事もあるし、案外いい酒が飲めるんじゃないこのコンビ。
この救出された奴らがウソップの「8000人の部下」になるんか。胸熱。

そして当初の計画では、バージェスがメラメラの実をゲットする予定だったらしい。
黒ひげに持ち帰る訳じゃなかったんだな。
やはり黒ひげが食べられる悪魔の実は、リミッターがあるのか。
数は恐らく3つ、種類はロギア・バラミシア・ゾオンの
それぞれ1種ではないかと予想するんだがどうだろう。

そして王宮へと場面転換。
ドフラはやっぱり生きていたようだが、これもローの能力ではないようだ。
だがドフラの生首に部下たちが焦っていると言う事は
ビーカ以外、「首が離れても大丈夫」という裏ワザを知らなかった訳だ。
いやこれ、マジでドフラの身体なんなんだろう。
タフなのは少年漫画のお約束だが、不死の身体はそうそうあってもらっては困る。

考えられるのは
①切られたドフラの身体は本体ではない?
 例えばビーカの岩石人形や、イト人形or操り人形とか?(´ε`;)ウーン…
②ドフラにチャックが付いていて、中に小さいドフラが入っている。そんなバナナ。
③黒ひげのような特殊体質???イヤでもさすがに首はなぁ。
④ドフラが人間でない。首なんか切られても問題ない。
 本体は多分サングラス。銀魂の新八かよ。
いやこれはわからんわー。
前もって五体をローに切ってもらって改造して、糸で繋いでたとか。
分からんモンを考えるとどんどんヘンになるな(笑)。ヤめよう。

さて最後に「鳥カゴ」という、ローもちびる程の謎の言葉を吐いたドフラ。
つまりはローは知っている訳だな。
これが「コラさん」の過去に関係があるのかどうかは知らんけど
恐らく生首ドフラをいけしゃあしゃあと助けているビーカも知ってるんだろう。
ならば鳥カゴは、ドフラとビーカの合わせ技?

一飯の意味では鳥カゴは「中に入ったものを逃さない」と言う意味だよな。
例えばビーカが王宮全体を塞げば、それで「籠の中の鳥」状態にはなる。
更に糸で体の自由を奪い、容積を縮めていくとか。
仮にビーカの力が王宮だけでなく、島全体に及ぶとしたらどうだろう。
悪魔の実の能力によるバスターコール的な。

…いや幾らなんでも島1つは範囲広すぎるよなー。
これも分からんなー。

ここで次週休載かよー。うおおおおおお。


NARUTO672「夜ガイ…!」
アカデミーって試験入学制なんでつか。
あの年齢バラバラの同期が一斉に入学したっつーのは
不合格だったり再試験だったりがたまたま一致したってことなんかな。

まぁそれでもガイはカカシと同い年なんだから
4歳以前で入学試験受けて、そのまま補欠か分からんけど合格したんでしょ。
フツーにスゴイじゃないか。
むしろもう少しお子さんを叱った方がいいぞ、サクモさん。
ところでサクモにしっぽ髪がないけど、描き忘れ?

こんな緊迫した場面だが、マダラの顔につい笑ってしまったww
「認めてやろう…!」って割には大ダメージだよアンタ。
「もうっw死ぬトコだったぞwコイツぅwww」とかもうアカン。
腹イタイwうちは一族の強がりが天下一品過ぎるwww

てなわけで来週からのニューナルト&サスケのバージョンアップに
期待が寄せられるところですが、ちょと違う事を。

どうしてもこの六道仙人が理解しづらいので、誇大解釈してみる。
宗教と言うか、心の在り様として「忍宗」は
敢えて人を、または尾獣を「分ける」ことに意義があるんじゃないか。
1人、または1匹が強大な力を持っていれば
世界がその力に平伏すと言う簡単な図式が出来上がる訳だが
カグヤママをみて、それがよくないと仙人は感じたのかもしれない。

カグヤママから分けられた兄弟と言う力。
2つが合わさるという力に、「1」以上の何かを感じて
仙人は「そうだ、忍宗つくろう」と思ったのだろうか。
なのでこの前提が成り立つためには、仙人の兄弟は仲違いなどせず
仲良しでいてくれなくては困るのだが…。

十尾と言うモノが「力の権化」でしかなかったのを
九つに分けることで、力だけでなく「心」が生み出されるように
敢えて幼獣として作り直したのだろうか。
分割して尾獣が赤ちゃんになるってのもよく分かんなかったんだよね!
仙人が「敢えて」そうしたなら分からなくもない。

ところが自分に二人の息子が出来てから
「合わさる力」と同時に「反発する力」があることを知る仙人。
この二人の関係によって尾獣が負の力を帯びてしまうとか、
そういう事があったの屋も知れない。
チャクラの陰陽とかその辺も合わせて
ここら辺の事を上手く説明して欲しいところだなー。

マダラにしろオビトにしろ、そして大蛇丸にしろ
NARUTOの世界は「善」と「悪」に分けられるものじゃないんだと思う。
人と合わさる道を違えてしまった者が
遥か違う道へと行ってしまう事がある、とそう言うテーマなんだと思う。
それは恐らく尾獣も然り、封印ではなく
対話することが彼らを善に導く方法だったのかもしれない。
ちょっと斬魄刀みたいだけどな。(笑)

ただそれがもう少し分かりやすい形で書かれていれば
えどてんとか出さなくてもイケたと思うんだけどね。
プロットを違えた漫画は、遥か違う道へ行ってしまうこともあるっていう。


ニセコイ:ついに年上が登場か!ってか1ページ目の妖精みたいなの何?
暗殺教室:やっぱりイトナは赤穂浪士的に槍(もしくはムチ?)的な使い手になるんかね。
職的:やったわやったわー、ぽんぷちぽんだったかな。
   作るだけ作って食わない駄菓子作った作った。
トリコ:タブレットをお盆に使ってはいけません。
ハイキュー:メガネマネージャーに目を付けるとはお目が高いぞナンパ!
読切:斬新な妖怪ものだなあ。絵がちょっと読み辛いけど。
斉木:地味にkonozama.co.jpがウケた。
ブリーチ:野晒が名前?刀と対話する剣ちゃんにまだ慣れないw
iショウジョ:うーん、今回の面白くなかったなー。
銀魂:本家新選組で2番目に好きな斉藤さんがこんなことにwww(楽)

サッカー漫画と天野さんのヤツーは駄目かね~~。
読んでても中身がイマイチ入ってこないじょ。

今日はここまでー。


関連記事
スポンサーサイト
  • Date : 2014-04-15 (Tue)
  • Category : WJ
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。