プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

44

信長協奏曲(のぶながコンツェルト)

信長協奏曲 7 (ゲッサン少年サンデーコミックス)信長協奏曲 7
石井 あゆみ/小学館





by G-Tools


昨日は仕事で煮詰まって本が読めなかったので(笑)
新刊が待ち遠しい漫画の1つをご紹介。

織田信長と言えば小説・漫画・映画・ドラマを問わず
歴史モノでひっぱりだこ人気人物だが
この漫画のストーリーは21世紀の現代から始まる。

三郎は、日本史の授業で本能寺の変の首謀者を
「あいださん」と答えるオバカな高校生男子。
普段から制服を着崩して上級生に睨まれるも
窮屈なことが苦手で、一向に改める様子もない。

がある日、高いところから足を滑らせたはずみで
馬を走らせている男の頭上に落下してしまう。
その人物こそ、織田家を出奔しようとしていた信長その人だった。
え、馬?織田家??信長???
そう!三郎は戦国時代にタイプスリップしてしまったのだ!

いやいやいや、ウィンドウを閉じてはいけない。
ここからなのだ。
信長は体が弱く、城主の重圧に耐えきれずに飛び出したのだ。
だが三郎の顔が自分に瓜二つであるのをみて
「お前が今日からワシの代わりに、信長として生きてくれ」と…
いやいやいやいや、Alt+F4もお待ちください。

ベッタベタやないかい!とかツッコんではいけない。
コレがもう、話はシンプルで分かり易いのに
とても良く考えられているんである。

7巻まで出ているので、少しあらすじに触れてしまうが
戦国にタイムスリップしてきたのは、信長だけではない。
あと2人出てくるのだが
コレがちゃんと微妙に出自の不明な歴史人物にあててあり
思わずほうほうとカンシンしてしまった。

本物の信長は真面目一貫の人間であり
いわゆる「うつけ」と呼ばれた歴史上の信長は
全部、三郎の素行によるものという筋書きだ。
そうなると「三郎」という名前もこにくい演出だ。
ほうほうほう。

「信長協奏曲」と言うタイトルだが
無論、三郎が戦国でバンドをしたりする訳ではない。
この意味は、本物の信長が再登場した時に分かる。
ほーーーう!ほうほうほう!!!
まったく膝を打ち過ぎて膝が割れそうだ。

ご存知の通り、歴史上の信長は
本能寺にて、明智光秀の手によって死を遂げる。
しかし三郎は「あいださん」としか記憶していない。
すぐ隣に明智光秀がいるにも関わらず、だ。

更にこの話は、豊臣秀吉のキャラがいい。
百姓から出世し、信長の後釜におさまったこの男の出自を
こう捉えるとは面白い!実に魅力的だ!
いやもう膝痛いって。

多少、三郎に武将の器がありすぎな感もあるが(笑)
それより続きの方が気になって
来る本能寺の変がどうなるか、楽しみで仕方ない。

膝が割れない内にオチを読みたいもんである。

個人評価:★★★★


にしても、信長題材の作品って多いなあ。
いつか原哲夫先生の本も読みたいんだが。(´・ω・`)
関連記事
スポンサーサイト
  • Date : 2012-11-26 (Mon)
  • Category : 漫画
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。