プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

412

カササギたちの四季

カササギたちの四季 (光文社文庫)カササギたちの四季 (光文社文庫)
道尾 秀介

光文社 2014-02-13
売り上げランキング : 2731

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


前作の文庫月と蟹がよかったので、
今回は迷いなくレジに持って行くことが出来た。(笑)

表題の通り、四季に合わせた4編の連作集。
ここしばらくの作品は、文章の技工が前面に出ている印象があったが
今回はキャラとテンポを大事にした印象。
キャラ構成は真備シリーズにも似ているが、それよりもライトなカンジ。

元より道尾作品は栞いらずで
つい一気読みになるスピーディでリアルな描写がある。
そこに何処か重苦しい現実や設定が含まれているのが
道尾作品たる所以だとも思うけど
時々こんな息抜き作品があるのも、個人的には悪くないと思う。

―春― 鵲の橋
プロローグ。リサイクルショップの店長・華沙々木(カササギ)と
その友人で副店長である主人公・日暮(ヒグラシ)。
なぜかそこに出入りしている中学生の菜美という
3人の立ち位置が語られるが、詳細はまだ不明。
とりまカササギが商品にまつわるちょっとした事件を「迷推理」し、
ヒグラシが黙って適宜修正するという「小人さん」の役を
担っていることが分かればOK。

―夏― 蜩の川
全4章を通して、起承転結という構成になっているのだろう。
春の章に引き続き、リサイクルショップの
「ちょっと変わった毎度の日常」が語られる。

―秋― 南の絆
「転」部分。過去回想録で菜美がいかにして
リサイクルショップに出入りするようになったかが語られる。
まぁライトな読物なので、理由もそれなりにライトだが。(笑)

―冬― 橘の寺
「結」部分。全体が起承転結になっているだけでなく
タイトルがそれぞれ登場人物とひっかけてある。
これまでヒグラシが商品を売りつけられていた「ヤクザ和尚」
もしくは「強欲和尚」「因業和尚」と言われていた冒頭でのチョイ役が
ここで主役級に舞台で立ち上がることとなる。

読物としてはライトなのだが、この構成が面白いと思った。
全編通してふんわりと「親子」と言うテーマがあったのが
最終章でしっかりまとめられている。
道尾作品で目頭が熱くなったのは初めてだ。

文章に気をとられていたら、実は構成に凝っていたのか!と
違うところでしっぺ返しを食らったカンジ。(笑)
イヤ、そう言う意図で書かれたのかどうかは自分の勝手妄想だが
読後のスッキリ感は構成の妙技だと思う。

1冊で見事なほどに話が完結しているように思うので
個人的にはシリーズ化する必要はないように思うが
(ていうか長くやると真備シリーズとカブると思うんだが)
さてさてどうだろう。

個人評価:★★★★


今日はアプリで遊んでみた。
「elf yourself」というダンスアプリ。
※iphone・Androidどちらもあるので、興味ある人は検索してください

5人の写真まで顔が登録でき
そのアニメーションが軽快に踊るだけなのだが
写真でやると思わず吹き出すほどに面白い。

さすがにここで写真は使えないので、いつものイラストで代用してみた。

[広告] VPS


みんなめがしんでる。(苦笑)

ついでにもう1つ。
職場でプッチンプリンを貰ったので、ARを試してみた。
ARとは、Augmented Reality(=拡張現実)で
スマホアプリを通して付加情報を読み取る機能。
アプリは「プッチンダンス」。

よく菓子パッケージについてるんだけど
今のところ面白いだけでそんなに役に立たない。(笑)
産経新聞の一部でもやりはじめてるので
こーゆーのもっと広がるといいね。

20130221-1.jpg

顔を写真で撮って、プッチンプリンにかざすと
プリンの上で立体画像が踊りだす。
これはアプリのみでネットに連携できないので、写真だけ公開。

なんというアクティブなおかん。
そう言えば昔、おかんが琵琶湖の遊覧船でノリノリで踊って
結果足を痛めるというアホなことがあったな…。(...( = =)トオイメ

楽しかったのだが、もらったプリンはやっぱり食べないといかんよね…。
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。