プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

399

【日記】集団戦隊と孤高戦士の傾向と対策

宇宙刑事ギャバン THE MOVIE コレクターズパック [Blu-ray]宇宙刑事ギャバン THE MOVIE コレクターズパック [Blu-ray]

TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) 2013-02-21
売り上げランキング : 28636

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


20140202-0.gif

子供の頃好きだったんだよなあ。
ゴーカイジャーの映画でギャバンが出ると聞いたときは
一体何処の年齢層を狙ったんだろうと思ってたが
その後、単品で映画にまでなって驚いた。

小さい頃は口を開けてぼへーとみていたが
大人になってから特撮見ると(見てんじゃねぇ)いろいろ考えさせられる。
いわゆる「メタルヒーロー」と呼ばれるギャバンなどは
背中にチャックがあると言われたソフビ時代を
大きく変化させた転換期だと思うのだ。

や、そんな真面目な話ではない。
ただギャバン熱が再熱したついでに
日本のヒーローものに関してアレコレ考えていたことを
自分メモで書いとこうってだけ。

①ヒーローはぼっちではなかったのか

ヒーローってのは大きく大別して2種類だと思う。
集団戦隊孤高戦士だ。要するにコイツら↓とコイツ↓。

秘密戦隊ゴレンジャー大全―仮面怪人大百科    大人の仮面ライダー大図鑑 (マガジンハウスムック)


特にこの集団戦隊ってのはオモロイと思うんだ。
「○人揃って~」っていうのは日本独自の戦闘スタイルじゃないだろうか。
世界初のヒーローが正しくは誰なんかは分からんが
有名になったって意味では、やっぱコレだろう。

スーパーマン:アクション・コミックス Vol.1 (DC COMICS)スーパーマン:アクション・コミックス Vol.1 (DC COMICS)
グラント・モリソン ラグス・モラレス

ヴィレッジブックス 2013-08-24
売り上げランキング : 292621

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「正体を隠して密かに正義を貫く」というこのスタンス。
まぁスーパーマンに関してはなんでバレねーんだという方が不思議なので
特殊と言えば特殊なのかもしれない。

だが日本も、最初はこのスタイルだったと思われる。
時代劇でよくあるような
町娘「せめてお名前を…」
武士「名乗るほどのモンじゃございやせん」
的なカンジに、正義の漢には謙虚さもつきものだったんである。
(スーパーマンは衣装も謙虚じゃないが、その理由は後述)

日本でヒーロー開闢的な存在と言えば、やはりウルトラマンだろう。
ウルトラマンも正体を知られちゃいけないヒーローだ。
そもそも彼はM78星雲から来た宇宙人なので
フツーに内緒にしといたほうがよさげではあるが。

ウルトラマン大図鑑 (単行本)ウルトラマン大図鑑 (単行本)
円谷プロダクション

ポプラ社 2011-07-15
売り上げランキング : 17830

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


が、しかし。
このウルトラマンに後から兄弟が出来てしまう。
父と母も出来てしまう。(なにこの逆出来ちゃった婚)
正義の味方はぼっちじゃなくてもいいジャナイ!という考えは
このウルトラマン兄弟が原因じゃないかと思ったり。

や、勿論個人的な妄想であるが。


②戦隊の色

さらに「○人揃って~」の合言葉通り、戦隊シリーズはTV登場以来
ずっと「色違いのお揃い衣装」を着用することが義務付けられている。
制服好きの日本文化かとも見えるが
アレは結構考えて作られてるんだそうな。

高松宮名誉総裁賞受領 小町五色豆 袋入 120g入高松宮名誉総裁賞受領 小町五色豆 袋入 120g入

豆富本舗(京都・豆富)
売り上げランキング : 56244

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


・画面を華やかにするため
子供が見るのだから、成程考えれば道理だ。
全体の色バランスは勿論、同じ色が続いて飽きないように、
番組サイドでちゃんと毎年配慮してるんだそうな。

・リーダーは赤!なのだ!
アンケートの結果子供に人気の色だったらしいが
赤というのは、いろんな色の中で一番最初に脳に飛び込む色らしい。
戦隊のリーダーは案外計算高く作られているのだ。(笑)

ちなみに滋賀にいた時に地元のスーパーで
「赤集合!」とう各戦隊の赤ばっかりというヒーローショーがあった。
確かにドコ見ていいのか分からんかったわ。(爆)
これを逆手にとって昔ダウンタウンの番組コントで
「ゴレンジャイ」というのがあったが、あれは傑作だった。

・識別がしやすい
色と言う情報があると、俳優やそのキャラの名前が分からなくても
ストーリーに入っていけるという利点がある。
モモクロなんかその最たるものじゃないか。
「ほらあの緑の子」とかで分かるじゃん。

3~5と言う数字も、子供の頭に無理なく入る適当な数なのだろう。
48人コンプリできるのはオトナのヲタク心くらいであろう。
というより、両親が子供に買い与えてもいいと思う
最大限の数なんじゃないかとひそかに思ってるのだが。(笑)

が、あくまでこれは「日本の感覚」である。
スーパーマンが青いモジモジスーツに赤いブリーフを着用しているのは
変態だからではなく、あれがアメリカにおける「ヒーロー色」なのだ。
国旗の色もたしか青が「正義」を意味していたと記憶する。
キリスト教でも確か、天かなにかを示すシンボルカラーだったハズ。

唯一神の国だからと決めつけるわけではないが
「え、強いんだったら一人でいいじゃん」という
単純な解がそこにあるんではないかなあ。
日本人は骨格的にも、フィジカルがそんなに強くない。
大きな男というと筋肉隆々よりも相撲レスラーになりそうだ。
日曜の朝からそれを見るために起きる子供の数は少なそうだし(笑)
それなら5人で力を合わせて戦った方が、絵的に美しい。

イメージや事情がいろいろ積み重なって
「戦隊」というものが出来たんじゃないかなあと妄想。
孤高である筈のヒーローの概念を変え
心理に深く入り込むように作られた日本文化とも言える。
戦隊おもしろい。(≧▽≦)

さてさてさて。
ヒーローの(勝手に決めた)集団と孤高の2大区分であるが
この間をとったのが「宇宙刑事ギャバン」なんじゃないかと勝手に思うのだ。
って、ええええおまえまさかこれつづくのかよ。

うん、続くっぽい。(笑)


ワードでギャバン描いてみた。
イロイロ誤魔化したけど、初挑戦だからまァこんなもんだろ。

20140202-1.gif
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。