プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

393

鬼溜まりの闇

鬼溜まりの闇 素浪人半四郎百鬼夜行(一) (講談社文庫)鬼溜まりの闇 素浪人半四郎百鬼夜行(一) (講談社文庫)
芝村 凉也

講談社 2014-01-15
売り上げランキング : 26178

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


タイトルと帯に惹かれ、顔だけで3冊買ってみた。
本日はその1冊目。

お初の作家さん。
それも1と書いてあるのだから、シリーズになる予定な訳だ。
ならば1冊目は、お見合い写真と釣書とも言えるアイテムである。
「今回は御縁がなかったと言うことで…」となるか、
「会ってみようか」と言う気にさせるかは、すべてはお前に掛かってるんだぜ。

まァまァ、まずタイトルと帯で買ったのだから顔はいい。
イヤでも人間(人間じゃねぇ)は外見では判断できない。
要は中身なのだ。ハートなのだ。
まずはぺらりとページを捲ってみる。

浪人・榊半四郎。
彼はあることから仇討ちをされる身となり
単身脱藩して江戸へ移り、仇討の相手を待ち構えていた。
だが相手は、待てど暮らせど出てこない。
痺れを切らして藩邸を訪ねてみるも、
上の者に金を包まれ、この件は他言無用の事と追い払われる。

以前にかたき討ち・復讐の作法でも述べたが
江戸中期の頃にはこの「武士の矜持」も、やや面倒臭いものになりつつあり
「あー、出来ればやりたくねーなー」的な空気もなくなかった。
本来なら仇討される方も「ラッキー♪」となるのだが
その為に家も会社も捨てた半四郎は、ただ失意の底に落とされる。

んまっ。第一印象はなかなかいいじゃない?
文体も真面目そうで、時代のお人柄がちゃんと出てるし。
そそそ、時代物は誠実が一番なの。

あてなく彷徨う半四郎は、子供連れの老人を見かけた。
ふと辻斬りにでも身を落とそうか考えた己の浅ましさに
その場で自害し、果てようかと決心をする。
だがその場で起きた不思議な一件に、切腹は果たされなかった。

さらに老人と子供には、また後日に巡り会うこととなる。
「怪異」を生業にしているらしい老人に
何故か勝手に「手伝い」をさせられることになり────。

んまままままままま。コレは優良物件でなくて!?
女性の結婚相手は「家付車付ババァ抜き」が良条件と聞いた気がするが
「事情有子供有ジジィ有」とは半四郎、でかした!(←?)
半四郎が仇討される事情については大まかに書かれているのだが
詳細にはまだ触れておらず、これで1話書かれそうな予感。
既にデビュー作でシリーズを出されているだけあって、引っ張り方が上手い。

そしてこの子供がかわいいのだ。
分かりやすい子供子供した可愛らしさではない。
肌も真っ黒で無口で、みるからにアヤシゲだ。
こーゆーのをキモカワイイというのだろうか。(違)
なにより自分が老人に弱いので、爺いいよ爺。

これはちょっと表紙絵で損をしてる気がするが
最近ありがちな「ほのぼの怪異」ではない。
故に老人もこう言うのだ。

「この世は極楽か 憂いも、苦しみもない浄土か
 自らこの世の地獄を味おうて江戸へ出て参ったそなたが
 言い切れるほど良きところか?」



腹にずんと来るような現実も、そこには描かれている。
笑顔に隠れた横顔がちょっと寂し気とでも言おうか。
ギャップ萌まで兼ね備えているとは、半四郎恐ろしい子…!

更に話を通して「刀」が重要アイテムであるらしく
刀の話が面白く、当時の江戸の事情もよく描かれている。
ありがちな怪異時代物だが、これでぐっと引き締まっている。
学歴もある上にスポーツマンとか
ヤベぇ。これは次巻も間違いなく買ってしまう…!!

シリーズで良作品に当たると、もうそれだけで嬉しい。
よーし、パパ張り切ってこの本、購入本リストに登録しちゃうぞー♪

という訳で見合い写真を無事通過し、
また本棚の隙間でテトリスのように苦悩する日々が始まるのであった。

個人評価:★★★★


洗面所でイロイロなものが流れること3回目。※1回目 2回目

20140124-1.gif

20140124-1.gif

20140124-1.gif

20140124-1.gif

大した話ではないが続く。
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。