プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

382

「本能寺」の真相

「本能寺」の真相 (講談社文庫 あ 62-15)「本能寺」の真相 (講談社文庫 あ 62-15)
姉小路 祐

講談社 2008-05-15
売り上げランキング : 811717

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


実はおとんの職場で借りてもらった本なので、
後日、滋賀に送り返さねばならんのだが。(笑)

以前にまつるひとびとの記事で、
滋賀に日吉大社という名所があることを書いたが
今現在、おとんがそこでちょっと働いておるのです。(※神職ではない)
で、観光に来る人によく質問されるので
社務所にこの本がおいてあるのだそうだ。

この日吉大社がある坂本の元・領主こそが
本能寺の変を起こした明智光秀だ。
史実では光秀は信長を弑した後、イマイチ後ろ盾を作ることが出来ず
モタモタしている内に、四国平定から引っ返してきた秀吉に追い詰められ
坂本城に戻る途中で、農民に殺されてしまったと言われる。

何とも尻すぼみな反乱であり、
「三日天下」という諺は、この光秀の乱が元ネタとされる。
が、光秀にはもう一つ裏伝説がある。
歴史好きの人なら有名な俗説なのだが、
光秀は「天海」と言う僧となり、家康の側近として生き延びたという説だ。

だが本書は歴史物ではなく、現代ミステリーとなっている。

銀行を早期退職し、好きだった歴史を学ぶ為に大学院に入った甲一。
新聞記者の息子からある事件を追うために、古文書の解読を頼まれる。
ひょんなことから甲一は、京都の時代祭を訪れる。
ちなみに時代祭では、明智光秀や徳川家康は登場しない。
観光客が「光秀は逆賊だものね」と頷くと
それに近づき、「光秀は逆賊ではない」と怒った男がいた。

しかしこの男が後に、甲一の目の前で倒れて死んでしまう。
これが奇しくも、息子に頼まれた古文書解読と繋がっていく。
歴史を紐解けば、この謎は解けるのだ。
果たして光秀とは、いったい何者であるのか────?

荒唐無稽な話にも思えるが、この「光秀=天海」ミステリーは
中途半端に(笑)歴史的証拠があり、結構面白いのだ。

家康を祀った日光東照宮とは別に、実は坂本にも東照宮がある。
天海が比叡山の出身だからと言う事で建立したらしいが
徳川の神社だから、当然両社とも「葵のご紋」がそこかしこに入っている。
が、おなじく「桔梗紋」があちこちについている。
─────明智の家紋である。

他にも、日光に明智光秀の像があったり
家康の子である秀忠・孫の家光にそれぞれ
「光秀」の字が充てられているなど、不可思議な謎が多いのだ。
無論すべて後世の推測であり、史料としての裏付けはない。
だが歴史ミステリとしては、なかなかに興味深い。

先の話に戻るが、日吉大社を訪れる観光客に
「例の桔梗紋はどこですか」と尋ねられることが割にあるんだそうな。
もしも家康が光秀と繋がっていたとしたら───?というIF。
確かに本当にこの裏付けがとれたとしたら
歴史の教科書が結構に書き換えられることになる。

自分としては歴史小説として読みたかった気がするが
史料写真なども掲載されているので、その辺の兼ね合いなのだろうか。
考えようによっては、歴史物でないから読みやすいかもしれない。

興味があったら是非本書を読んで、おいでやす坂本へ!!(番宣か)

個人評価:★★★★


で、歴史上の逆賊が地元ではどんな扱いかというと
これまた可もなく不可もなくといったカンジ。(笑)
「ああ、明智クンね。うん、まぁ悪い奴じゃないんだけど」的な。

実はたまたま今回、帰郷の際に行ったんですわ。
明智光秀の居城・坂本城(跡)に。
うちのじーさんの家のすぐ近くなので。

◆明智光秀像
20140109 (3)

うん、ホントの事言うと
こ ん な ん 昔 な か っ た で 。
歴史ブームにのっかって作ってみたんかな。(笑)

◆その隣にはなんと光秀の歌が!!!
20140109 (4)

鳥羽一郎が歌ってたなんて、知らなかったよ…!
「わしは主を間違えたようじゃ」ってすごい台詞だな。

◆これもたまたま、本能寺まで行った。
20140109 (1)

近所に相方ん家の墓地があるので。
で、この寺の裏手にこんなんあるのね。

◆ホテル本能寺
20140109 (2)

いやなんかワロタ。

◆湖の見える景色
20140109 (5)

帰るときに電車から撮った写真。
毎日ここにいたときは何とも思わなかったけど
離れてみると、やっぱ美しい景色だなって思うんだ。うん。


見舞いに行ったばーちゃんの話。

20140109-1.gif

おんなじ話を5回くらいリピートはしていたが
まあそれは数年前からばーちゃんに
新しく搭載された機能なので仕方ない。

20140109-1.gif

20140109-1.gif

数日前までは太鼓饅頭(※関東で言う今川焼)が
食いたいと連呼していたらしい。
関西人は粉モノが好きなのである。
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。