プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

372

WJ2014年4・5号

wj


ONE PIECE732「地下の世界」
コロシウムの「あの男」からは場面転換、
敵地の地下港に乗り込む小人・片足の兵隊・ウソランドたち。
ここで年内最終便。次は2週間後かよ…!
新年号は多分、実家で読むことになろう。

今回気になったのは「トレーボルの能力」と「交易の内容」だろうか。
まずは後者から。

最終ページの絵から見るに、交易相手は
「動物の船首をつけた船」に乗っており、「海賊風の衣装を着ている」者がいる。
これが全部ではないにせよ、少なくとも
「海賊相手の商売もしている」と考えて差支えなかろう。
深読みするならばその船長・もしくは船員が
「ゾオン系能力者」である可能性を含んでいるのではないか。

まあメリー号やサニーだって羊にライオンだが
別にルフィがゾオン系でないのだから絶対ではないのだが、
今までにもその海賊団をイメージするものや
強さの象徴を船首に持って来ているものが多かったし、
カバ・キリン・白鳥は一般的には強さをイメージする動物ではない。
特殊な「強さ観念」がありそうな気がする。

個人的には白鳥の船首の船員が
オカマケンポーと繋がってると嬉しいがww
それじゃゾオン系とまったく関係なくなるけど
ボンちゃん好きなんだよ大好きなんだよ!!(オカマ贔屓)

話は逸れたが、要はこの船たちは最後のコマを見るに
SMILEの取引を直接、もしくは間接的にしていると思われるということだ。
積荷にみえる「F-96」という文字からして、区分けだけでも結構な数だ。
恐らく、取引先は1桁というような事はないだろう。
それも「荷を運んでやっている」方が強いのではなく
「荷を売ってやっている」方が強いのだ。

「足元をみやがって」という海賊風の男の言葉。
まあ単純にドフラというバックを恐れるからかもしれないが
全ての海賊がそんな腰抜けだろうかという疑問もある。
働かされているオモチャたちにしたってそうだ。
オモチャたちは恐らく「家族」を思う故に黙って順じているのだ。
ドフラのえげつなさは、運搬役の海賊にも発揮されてるのではないか?

今回のコロシウムでは、名のある国王や海賊の長が参加し
どうやらオモチャにされてしまう様相を呈している。
彼らを人質に、残された国や海賊を脅迫しているとしたらどうだろう?
芋づる式に労働が手に入るのだ。
そして人質側では、家族や国を「人質」にされているのでは?

それにしても、この積荷の中身は全てSMILEなのだろうか?
数が多過ぎやしないか。
コレもひょっとして「劣化版SMILE」なんじゃないかと思ったり。
例えば何日かごとに食べなければならない.verだったりとかね。
もしくはSMILEがもともとそういうものだったりとか。

これも恐らくだが、本来の悪魔の実は
能力者が死ぬとそこを離れ、別の場所で新しい実をつけるのだろう。
スマイリーの一件では、その場ですぐ近くの果物に憑依した。
このインスタントさがSMILEのメリットだとしたら
身体を離れやすいというデメリットが考えられるんじゃないか。

この定着液のようなものがシーザーの「SAD」であり
果物は「小人の作ったもの」ではないとならないとか…
うーん、この辺は根拠もないし雑過ぎる予想だな。
今のところは置いておこう。

もう一つの気になること、「トレーボルの能力」。
セニョールピンクはまあ、何処でも水溶化して同化できるとか
(なんかヌマヌマの実の逆みたいだな)そのあたりかね。
オカマは好きだけど変態は気持ち悪いので、後回し。
おほほ、あとは変態の人たちにお任せして…。(お見合いの場風に)

で、トレーボルの話。
「お前の存在には気が付かないんだもんねー」という言葉。
外見といい、以前に鼻水っぽいもので戦士たちを捉えたような描写と言い
粘膜のようなものを使う能力者かと思っていたんだが。
なんつーか、カメレオンの舌とかトリモチみたいな。

が、ここでシュガーを「周囲から隠す」という能力が含まれるのか?
前述のカメレオンがひっかかったが、カメレオン自体は粘液にまみれてるわけじゃないし。
昔に比べて悪魔の実も複雑になって分からんわー。(笑)
まあこれも本当にただの妄想なのだが
動物の能力を具現化したのがゾオン系だとしたら
更にその能力だけを細分化したのがパラミシアなのだろうか。
たとえばイトイトの実なら、大元は蜘蛛とかさ。

ゾオン系の実が人工飼育できるのは
全ての実のオリジナルだから、模倣しやすいんじゃないだろか。
そこからどんな実が派生するかは、それこそ神のみぞ知る、
人の知では及ばない領域なんじゃないだろか。
(だとしたらホビホビとかアトアトはもっそい系列不明だけど…)

マァ結局、トレーボルの能力はイマイチ分からんのだけど
カメレオンだとして(←これはちょっと自信ないが)
粘液能力と擬態能力があったとしても、おかしくはない。
自然が生んだ原石と言う意味合いでの、ゾオン系の強みだろう。
そこから特化してのびしろのを競うのが、パラミシアか。
その系譜の最高峰がロギア系だとしたら
能力ののびしろと自然が組み合わさった、突然変異的なものか。

ただ、シュガーが気を失う事で術が解けるってのはちょっと微妙だよね。
前にも書いたけど、睡眠中はどうなるんだっていう。
シュガーが「ずっと眠らない」体質でないと、説明つかなくね。
だからずっとモノを食べ続けてるのかね。
ブドウみたいな飴みたいな同じものばかり食べてるみたいだから
それとも関連あるのかなあと思ったり。

それとやっぱり、オモチャ以外の国民も家族や恋人を
キレイサッパリ忘れてるってのが解せぬ。
催眠に関わる能力者がいないとおかしい気がすんだけどなー。

まあ、来年からのストーリーが待たれるね!



NARUTO659「輪墓・辺獄…!」
マダラ復活!尾獣捕獲再び…!な今回。

結局輪廻眼まで開眼していたのは
六道仙人とマダラだけってことで、まぁ納得。
ところで輪廻眼ってのは
写輪眼をマンゲに育てる→人の目ん玉奪って永遠のマンゲにする
→目に柱間細胞をふりかける→出来あがり、だよね?
ならば輪廻眼ってのは、他人の目玉でないと出来ないのか。

隠しストーリーがまだある可能性もあるけど
マダラの目ってのはイズナの目なんだよな。
ってことはここで輪廻眼を宿す可能性がある人物が、もう一人いるよね。
うん、サスケだけど。

マダラとサスケで結局は
イザナギ・イザナミ合戦になるんじゃないかって予想。
そうなると主人公どこ行ったって話になっちゃうが。(笑)
もともと六道仙人の兄弟が、柱間とうちはの源流という設定にした時点で
ナルトの立ち位置がすごい微妙な事になってる気がする。

ストレートに四代目かクシナが柱間一族なら、話は簡単なんだろうけどね。
ミト様というアイテムもあったのだから、出来なくはなさそうだが。
なんていうか、ここまで血筋にこだわった設定なのに
ナルトはまわりまわって柱間一族の血筋みたいなもんって言われても
なんとなく納得しにくい…。

ナルトがひょいひょい顔をツッコんでるみたいで、なんか可哀相だ。(´・ω・`)
柱間一族やうちは一族には無理でも
十尾を分解して九尾を作ったことに、うずまき一族が絡まってるとか
そーゆーカンジの伏線があるとかさー。
うん、でも今更出てきても多分文句言うけどね!(笑)

個人的にイヤだなーと思ってるのは、ナルトが輪廻眼を開眼すると言う流れ。
今やナルトとサスケはライバルなのかなんなのか分からんけど
二人をライバルとするなら、ナルトは眼力からは
完全にアウェイであって欲しい気がする。
かといって仙術もナルトの唯一技ではないし
ただただ色んな力を吸収して強くなっていく主人公が
どこに着地するのかが気になって、自分はこの漫画を読んでいるのかもしれない。

ある意味、ナルトが唯一持つオリジナル技は「根性」だろう。
だが1部と違い、今のNARUTOの話はもはや精神論でなんとかなる状況ではない。
けれどやっぱり、1部でナルトを応援していたのは
このがむしゃらな「根性」であったと思うのだ。
力と言うものに頼るのではない、
ナルトらしいオチを付けて欲しいなあと思うばかりだ。


暗殺教室:異色な作品ながらもなんだかんだと
     ジャンプの「努力・友情・勝利」に沿ってるあたりスゴイ。
斉木:ひそかにちゃんと季節に沿ってるのこの漫画だけとか。(笑)
食戟:全員が巨乳で無いところがよろしい(・∀・)!
ニセコイ:アニメ化力はいってんねー。
     でもむしろこれ、ゲーム化してルート選べる方が受けそう。
アイアンナイト:んー、大体真ん中あたりを保持してるけど
    それなりに人気あるのか。ふーん。
ギャグ漫画集:善代官ww気に入ったwww
銀魂:どさくさに紛れて結構すげーなあ、このストーリー。
磯兵衛:アニメ配信…。ちょっと見たい気も。
ブリーチ:本当にストレートに恋次が引き立てられててビビった。

ワールドトリガーとハイキューは安定!
あげるの遅くなったけど、今日はここまでーぃ。
関連記事
スポンサーサイト
  • Date : 2013-12-22 (Sun)
  • Category : WJ
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。