プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

358

瓦礫の中のレストラン

瓦礫の中のレストラン (講談社文庫)瓦礫の中のレストラン (講談社文庫)
江上 剛

講談社 2013-11-15
売り上げランキング : 73241

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


仕事が落ち着いたので、ちょっと長めの小説が読みたいなー
ってんで買ってみた初めての作家さん。
なんと元銀行員だとかで、池井戸氏を彷彿とさせる。
むむ、「異色の経歴を持つ作家」も流行になるんだろうか。

ストレートなタイトルと表紙通り、戦後の昭和が舞台だ。
主人公・丑松は、大正15年生まれ。
昭和19年当時は18歳でまだ赤紙が来る年ではないが
でかい図体と日々の空腹に耐えかね
おまんまが食えると聞き、志願兵となる決心をする。

たまたま幼馴染と同じ海兵団に入隊するも
要領の悪い幼馴染は私刑や懲罰の辛さに、遂に自殺してしまう。
「名誉の戦死」とされた彼の骨を
丑松は薬籠にいれて、その後ずっと持ち続ける。

そうして日本は戦争に負け、やがて丑松は同期を訪ねて大阪へ出る。
敗戦の混乱と失意の中、梅田の闇市は無法地帯だった。
だが、そこは活気に満ちていた。
軍隊から横流しされた違法物資とは言え、
そこには需要があり、需要を満たされた客の笑顔があるのだ。

─────金の為やなく、人を笑顔にするのが商売や。
俺もそういう、何かがしたい。
何時しか丑松の胸には、まだ形にならぬ夢が浮かび上がって来る。

さすが元行員という経歴の為か
地元のヤクザや金融業の汚さは非常に緻密で、分かりやすい。
文章も明解で、500ページ近い厚さだがするりと読めた。
路線的には「人情モノ」でいいネタだとは思う。のだが。

山あり谷ありの丑松の人生もするりと読めてしまい
なんというか、心に残るものが余り無い。
橋田寿賀子のドラマ並に次々と困難が迫って来るのだけど
丑松が余りに人間が出来過ぎてるというか
安心感があり過ぎて、起伏が少なかった印象。

人情より起業というテーマに重きを置いている感じもしたので
これならいっそチキンラーメン作った人の(※日清食品創業者)
ドキュメンタリー小説でも書いてくれた方が、面白かったんではないかなー。
(※チキンラーメンは梅田闇市のラーメンに並ぶ行列から
  発想を得て、発明に至ったと言われる)

ヒロシマや浮浪児というアイテムが出てくることから
どうも「はだしのゲン」と重なって見えるところがあり
それもちょっと個人的に残念。

池井戸氏とかぶってしまうが
やはり銀行・金融関係の話の方が本領っぽい。
機会があれば、そちらの方を1冊読んでみたい。

個人評価:★★★


昨日の続き。

20131128-1.gif

ベランダで一夜を過ごすことも考えたが、出来ればやりたくない。

20131128-1.gif

要は仕事の都合で会社に泊まりになったという連絡だったのだが
向こうはケータイを持っていなかったので
連絡なしで帰らないことも割とよくあった。

当時は相方の仕事がピークで、泊まりになることがままあり
新婚当時1~2ヶ月ほどは、相方は会社に泊まるか家で爆睡してるかで
殆ど顔を合わせなかった。(笑)
ちなみにコレは、新婚3~4か月くらいの頃の話。

20131128-1.gif

相方は忘れ物や失せ物をあまりしない人間なので
こーゆーことが起こると「信じられない」と悪態をつかれる。
ちなみに相方自身がモノを無くしたりすると、超絶凹むので少々扱い辛い。

で、なんとか終電と終バスで相方の出向先に向かい、何とか鍵を受け取った。

20131128-1.gif

20131128-1.gif

新婚さんだからという理由で、妙な気を利かせる職場の方達。
ていうかアルコール入りの伴侶など、相方も持ち込みたくなかろうし
コチラもさっさと帰りたいのだ…!!(本音)

てなワケでまた続いちゃうよ。
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。