プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

341

WJ2013年49号

wj


ONE PIECE726「リク一族」
よっしゃ!リッキー=祖父、片足の兵隊=父の予想あたった!( ´∀`)bグッ!
ならば「キュロス」は片足の兵隊のことか。
レベッカは母のことは思い出しているが、父親のことは覚えていないらしい。
やっぱりある程度、記憶を操られているのか?
それとも物心つく前に隠遁生活が始まったからなのか?

ちょっと関連年表を作ってみる
900年前~ この頃から「ドンキホーテ」一族はドレスローザ王?
      小人を労働と引き換えに保護。実際は奴隷。
900年前  「空白の歴史」始まる。
     
800年前  「空白の歴史」終わる。
      ・この頃に黄金都市シャンドラが滅亡したとされる
      ・20人の王が世界政府を作る。

~800年前 王達はマリージョアに移り住み、後の天竜人となる
      その間、それぞれの国は別の人間に委ねられる
      ・アラバスタ国王は移住を拒否
       「兵器プルトンのありかを示す」ポーネグリフを所有
      ・ドレスローザ代理王「リク王」(※恐らく一世)が立つ
       小人に謝罪し、彼らの生活を「妖精」として保障する

400年前  ノーランドが小人族に会う
      と言う事は「楽しく暮らしていた」小人族であろう
      ・その前後にジャヤ島にて黄金都市シャンドラを発見。
      ・後に再度訪れたときには、ジャヤの半分が消失
       嘘つきノーランドとして処刑されることとなる。
       ※ジャヤは空島に打ち上げられ、ヴァースとして紛争の元となる
        ここにもロジャーの「ラフテルを指し示すポーネグリフ」がある

10年前   ドフラミンゴがドレスローザに帰還、王政復興。
      リク王三世が陰謀により退位。
      ・恐らくこの際に、国民のオモチャ化と洗脳
       小人族の誘拐と使役がはじまったのだろう

こんなところか?
10年前、リク王がオモチャにされるところを身代りになったのが
片足の兵隊ではないかと予想する。
既にドフラの暗躍に気付いていた王は、母とレベッカを避難させていたのだろう。
ヴィオラというのはヴァイオレットのことだろうか。

気になるのは800年も経って尚、小人族を使役する理由だ。
確かに精密作業をさせるのには向いていそうだし
見た目よりパワーもありそうではあるにしろ、働き手としては効率悪そう。
小人族にしか出来ない「匠の技」がなにかあり、
それがSMILEに大きく関わっていそうな気がするのだが。

800年前に運命を狂わされた「ジャヤ」と「小人族」の2つに
奇しくも遭遇したノーランドのそれは、本当に偶然なのだろうか。
まぁ偶然であったにしろ、処刑はなんか「匂う」気がするね。

それはそうと今回気になるのは「トレーボル」かな。
オモチャ化の能力者なんだろうか?
しかも催眠状態にするのもくっついてるのか??
あのネバネバの鼻水は能力じゃないの???
でもサイを捕まえたのは多分、あの鼻水だよねぇ。

全てが一人の能力とするとチート過ぎるというか、
無理がある気がするので、催眠の方は別能力と考えたいところだ。
アトアトの実だって身体や力を出鱈目にはしたが、心までは操れなかった。
せいぜいオモチャ化は、身体の自由をある程度奪う程度では?

スペード・ダイヤ・クローバーの誰かが
オモチャ化と催眠を別担当しているんじゃないかなあ…、とか。
今回ではオモチャ化=トレーボルに見えるけど
じゃあの鼻水なんなんだ。鼻水。(苦悩)
鼻水に予想を狂わされるとはまさに予想外。

ところでワンピのスタイリングシリーズフィギュアに
ブルックがいないのはなんでだ。
ブルックなら欲しかったのに!!!

そんで全然関係ない話なのだが、ふと思いついた。
藤虎の能力が重力を操るのか加速度を操るのか分からんが
ひょっとして「コイコイの実」と言うんではww
ヤクザものっぽいからなんとなくwww


NARUTO653「ちゃんと見てる」
なんていうかココにこそカカシ出してやれよっていう。(笑)
主人公がキッカケだってのはいいんだけど
「戻ってこい」というのはカカシの役目のような気がする。

罪を咎として受け入れるのはナルトらしさだとしても
自分の中ではやっぱり、オビトの戻る場所はないと思う。
個人的解釈だがオビトは
幻術で作る平和の世界を本気で信じていた反面
自分の帰れる世界を作ってだけではないかと思うので。

リン亡き後、カカシの事情を察して里に帰ることも出来た。
だがリンのいない世界を受け入れることには
「自分だけが幸福になれない」という真っ直ぐな少年らしさもあったろうし
ひょっとしてカカシにもそれを負わそうという
どこか暗い部分もあったのかもしれない。

それを後悔することは、彼の生存理由を否定することだ。
だからこそ「本当の世界」は絶望でなければならなかった。
それなら自分はオビトを少しだけ理解できる。
もしそうなら、リンの思い出を引き継げるのはカカシだけだろうし
本当は帰れる場所があったのだと思えるのは
カカシの言葉によってだけだろう。

ただオビトの「リンへの歪んだ執念」には
・忍者の遺体は決して残さない
・えどてんは死者の心までは戻さない
・感情を表にしないのが忍の掟
と言う設定がしっかりあってこそ、生きるものだろう。
死者のバーゲンセールでオビトの行動の意味が浅くなってしまったのは残念。

最初からオビトが悪役じゃないのは分かってたし
接点のない主人公とどうやって絡めるんだろうとは心配だったけど
「ナルトと同じ火影を目指していた」と言う後付け設定は、ちょっとなぁ。
何もかもナルトが解決するんじゃなくて
オビトによって「忍世界の矛盾」をナルトが学べば
それはそれでストーリーになったんじゃないだろうか。

神樹からチャクラを手に入れた人間。
それによって生まれた十尾。
その十尾を封印し、尾獣を作り出した六道仙人。
暴走する尾獣をコントロール下に置こうとする忍。
そうして今の忍社会が出来上がった事に
オビトが「幻術世界」という手段をとったことは
良策ではないにせよ、ちょっと考えさせられることではある。

自分が引っ掛かっているのは、上の歴史が
これだけでは人間側のエゴにしか思えない事だ。
ここにもし六道仙人の「理由」があるのだとしたら
そこがマダラがラスボスとして控えている理由だろうか、と思ったり。

うん、出来ればその辺は納得したいところだなあ。


暗殺教室:渚くんが男の娘にwwこれはまた出てくるんじゃね。
読切(?)ドランプ:ふむふむなるほど、さっぱりわからん。
磯兵衛:中島wwサザエさんからクレームは大丈夫かww
ニセコイ:んー、マリーが病持ちか海外へ行くへ3000点。ベタなカンジで。
ワールドトリガー:ちかちゃんかわえぇぇぇー。
吹奏楽:これは…、実はすごいリア充漫画だったのか…?

今日はここまで。仕事いってきま。
関連記事
スポンサーサイト
  • Date : 2013-11-04 (Mon)
  • Category : WJ
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。