プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

  1. -

    2013-10-21 (Mon) 21:50

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

329

銀の匙 Silver Spoon 9

銀の匙 Silver Spoon 9 (少年サンデーコミックス)銀の匙 Silver Spoon 9 (少年サンデーコミックス)
荒川 弘

小学館 2013-10-18
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


銀の匙新刊!!!
いやもう、毎巻ほんま楽しみっすー。

アキの大学進学の勉強をみる八軒。
一方、家業と学業に終止符を打った駒場の沙汰は今巻では無い。
アキのヘルプの為、仕方なく実家へ立ち寄った八軒は
初めて父に向かって自己主張をする。

母親へは少し理解が通ったようだが、父とはまだまだ。
そんな中、再びベーコン作りの話が持ち上がったり雪が降ったり
兄が結婚したり、寮のパソコンがウィルスに感染したり…!?
相変わらずドタバタの八軒の周囲を綴った9巻。

ただ漫画としても楽しいのだけど
これは本当に「食育」の入り口に最適な本だと思う。
エゾノーが一次産業という大きな枠組みを
そして八軒の家族が一番身近な「家庭料理」の大事さを語る。
特に今回は、その「家庭料理」をしみじみと考えさせられた。

友人達と外に食べに行ったりすると
「美味しい!」「うまい!」という言葉を多用する。
が、家ではなかなかこの言葉は出ないものだ。
それは別に不味いという訳ではなく
「食べる」ということが家外では「味わう」がメインであり
家内では「生活」の一部に組み込まれてしまっているからだ。

主婦の家事労働は感謝されにくいと言われるが
それは誰もが、家を出たときにはじめてその困難を知る。
そうして久しぶりに家に帰って食事をして
「美味しいなあ」と「味わう」ことができるのだ。
それこそが「おふくろの味」と言われるものだろう。

ま、ウチのおかんは久しぶりに家に帰っても
レンジでチンチン鳴らしまくってるが。(´・ω・`)←台無し
まさか実家でパックご飯が出てくるとは思わんかった。
おかん「これ美味しいのよー」
自 分「…ただのぱっくごはんじゃないですか」
おかん「おかーさんがチンしたから」
魔法レベルが3くらい上がってるんですねわかります。

いい話をしようとしたのに大きく逸れてしまったが(何故だ)
どんなに市販の半加工調理品の質が上がっても
素材というものの旨さには勝てないのだな、と読んでしみじみ思うのだ。

手作りベーコン食べたことあるけど、マジで旨い。
市販のベーコンみたいに、ハムと区別がつかないものとは全ッッ然違う。
山で採ってきたキノコや自然薯。生みたてのタマゴ。
朝とれたトマト。家で焼いたパン。
どれも調理するのがもったいないと思う程に、旨かった。

でもサトイモは煮た方が旨いと思う。(断固)

なんだろう。なかなかいい話が出来ないぞ。(苦悩)
顔が見える人なら、感想もお礼も言える。
けれど遠い生産者には、それを伝える術がない。
否、思いを馳せることすら無いのではないだろうか?

今巻にも出てきたが「生産者の顔つきの野菜」。
これは生産者側の自信であり、消費者の安心であると共に
生産者側の「食卓への参加」であり、
消費者側が「あなたを信じて買ったからね」という
「お礼の言葉」の代わりでもあるんじゃないだろうか。

そんなまどろっこしい事をしなくても
家ゴハンには何時でも簡単に「美味しい」とお礼を言えるのだ。
毎日じゃなくても、たまには言ってみるべきかもしれない。

おかんが昔、新作「チクワとキャベツのカレー炒め」を作ったことがある。
つってもタイトルが全ての材料とレシピを示しているのだが、
これが珍しく美味しかったので妹と絶賛したところ
1年に渡るロングランになったという罠。

それも途中でカレー粉がなくなって塩コショウ味になり
しばらくしてチクワを買うのに飽きたのかチクワが入らなくなり
気がついたらキャベツ炒めだったと言う魔法付き。
あの時褒めたばっかりに一生分のチクワ食ったわ!
って、なんでいい話にならないのさ!

ともあれ今回から始まった豚ファンド。
小遣いの金額設定がすごく子供らしいのに和む。
自営業だと、尚更お金の価値が大きいのかもな。
この子らホンマええこやわ…。

タマコがファンド係になったのも期待。
もう何が好きって、タマコちゃんが大好きだ!
あと常盤がバカで愛しい。

豚と言えば豚汁におかんがくずきりを投入して
この世の物とは思えないものを召喚したことがあるけど、もうやめとく。

個人評価:★★★★


あ、これはおかん太腕繁盛記を描くべきだったか。
流れをぶった切って百貨店話。

20131019-1.gif

百貨店の社員じゃなくて、テナントで入ってたんだけどね。

20131019-2.gif

20131019-1.gif

20131019-1.gif

多分この時もなんかスイッチ入ってたんだと思う。

20131019-1.gif

20131019-1.gif

百貨店はセレブなふいんき(何故だろう、変換できない)が大事なのだが
当時の主任にも「なんかお前には高級感が足りない」と言われていた。

だってそれまでスマイル0円で売ってたし。
関連記事
スポンサーサイト
1

Comment

  1. -

    2013-10-21 (Mon) 21:50

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。