プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

327

凍花

凍花 (双葉文庫)凍花 (双葉文庫)
斉木 香津

双葉社 2013-02-14
売り上げランキング : 3807

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


評価は悩んだ末に★3つ。
これは兄弟姉妹がいる人や、その関係によって
ちょっと評価も変わるんではないかと思ったり。

ある高級住宅街で、殺人事件が起こる。
3人姉妹の27歳の長女が、25歳の次女を撲殺したのだ。
理由は「大事にしていた人形を投げられたから」。
騒がしいマスコミに大学生の三女は一旦、叔母の家に避難する。

しかし長女は、事件の内容を黙して語らない。
美人で聡明だった長女、モデルのように華やかだった次女。
三女は姉たちが、心から自慢だった。

心労で寝込んでしまった母の為にも、三女は真相を突き詰める決意をするが
調べていくうちに、三女は長女の意外な一面を知ることになり────

自分には妹がいる。
あのおかんに唯一育てられた同志であり、
日常のボケツッコミの剣技を磨くライバルであり
DNAのなせる業か、趣味も結構に合致する。
周囲に気持ち悪いと言われるほど仲が良い。

でもやっぱり小さい頃は、意思の疎通が出来てなかった。
年が離れてる所為もあるのだが
こちらからすれば、泣けば許してもらえる勝手な暴君であり
向こうからすれば、あれ駄目これ駄目の勝手な暴君なんである。
まぁそういう昔の痛い思い出も含めて
兄弟というのは大きくなってから、互いを思えるようになるんだろう。

そういう意味で、この作品は非常に痛い。
「兄貴はあの頃オレにあんな事をした」とか
「お前はあの時、こんな酷い事をした」的な
後年、互いの成長の上で笑い話になる筈のことが
笑えない上に現在進行形で起こっている辺りが、二重に痛い。

兄弟あるあるな話ではあるのだが
長女にも三女にも共感を抱けない。
家族だから姉妹だからと言うよりは、
女性だからこそこうなってしまったんだろうなあという感が強い。
男兄弟の話だったら、こんな痛みは伴わないだろう。

女性のそういう面を描いた話は、
その陰惨さがしっくり来て面白いのだとは分かっているが
作品によっては食傷気味になることがある。
美人三姉妹って言葉自体も、何か陰湿なイメージあるね。
イケメン三兄弟って言うとアホみたいだけど。
だんご三兄弟の影響だろか。

ミステリーとしての構成もしっかりしており
考えようによっては登場人物たちの心理の巧みさに
何かが胸に閊えるほどに読後感があったとも言えるのだが
ま、ちょと読む時期が悪かったのだろう。

角田さんのマザコンを読んだときも思ったが
肉親の情って好き嫌いを超えたトコにあるから
飲み込めないものは飲み込めないのだ。

個人評価:★★★


自分の結婚式はどーーーでもよかったが
妹が式あげる日がきたら、両親以上に感極まる自信あるわ。
「いぼうとをジアワゼにじてやってくでぇぇぇ!!」とか
タキシードで鼻噛むイキオイで新郎に縋り付くと思う。(逃げて超逃げて)

もうカレシなんか紹介された日には
よーし、パパ張り切ってイジめちゃうぞー。(やめてあげて)
妹が欲しくばこのワシを笑わせてみろとか
このお題が出来ぬ者に妹はやれんとか。
座布団5枚で妹プレゼント。(ヤマザキのパン祭か)

あらあらまぁまぁ最近の若い人は
こんなボケに基本ツッコミも返せないの?
ふうっ、障子にもこんなに埃が溜まっていてよ。(お前の家じゃねぇか)
ええか!ウチの敷居を跨ぐゆうことは
タマ(笑い)の取り合いやでえええええ!!!

という訳で妹を可愛がっているのデス。(分かりにくい)


以前に相方から出た失言。
相方「もうウチは結婚するような親族いないしね」

…妹がおりますが。
ていうかお前、姉がおるやろが。

もうホント、KY(空気読めない)は怖い。
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。