プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

306

一刀斎夢録 上下巻

一刀斎夢録 上 (文春文庫)一刀斎夢録 上 (文春文庫)
浅田 次郎

文藝春秋 2013-09-03
売り上げランキング : 182

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


三部作のトリを務めるのは、新選組三番隊隊長・斉藤一。

当時は珍しい左手の剣士であっただの
隊内での粛清役で、一説には最強の遣い手であっただの
スパイのような隠密行動をしただのと逸話は多くあるが
何より彼を語るのに最も感慨深いのは
永倉新八と同じく、新選組の生き残りであるという事実だろう。

永倉は著作として、記者が取材した「新撰組顛末記」と
本人の手記を現代文にした「新選組戦場日記」が出ているが
斉藤一が公的に過去を語った著述はない。
蝦夷へ向かった土方と袂を分かった後は会津藩に残り
明治には名を変え、警察官になったという記録があるばかりだ。

─────明治天皇崩御後、元号は大正と改まった。
軍人である梶原は、警視庁の知人を介して藤田と言う老人を知る。
彼は結局、大喪の後の特別休暇をすべて使い
酒を酌み交わしつつ、たった50年ほど前の昔話を毎夜聞き続ける。
藤田が「斉藤一」という名であった頃の話である。

微妙にダークで不明の多い経歴故か、他の新選組小説でも
どちらかというと一匹狼的なキャラとしての印象が強い。
故に本書の斉藤像も、浅田氏の創作には違いないのだが
幕末と維新を新時代から見据える彼の描写には、時折はっとした。

というより、浅田氏の新撰組観に共感したというべきか。
これは勝手な想像だが、壬生義士伝を書いた当時はまだ
氏もそんなに新選組にハマっていた訳ではないのではないか。
史実を調べ、その存在に想いを馳せているうちに
彼らの内部に在った正体に惹かれるようになったのではないか。
自分がそうだったから、そう思うだけなのだが。

斉藤が、土方の蝦夷共和国設立時の写真を手にする描写がある。
ネットでもよく見る、洋装姿の土方だ。
今の時代でも通りそうなイケメンである。
自分はアレを見ると、なんとも複雑な思いに囚われるのだが
いまいち理由が上手く説明できなかった。

そして斉藤一も、同じことを言うのである。
この写真を見たときは、辛うてならんかったと。
一人で遠い地へ流れ着いた土方に、胸を突かれるのだ。
無論、読者の勝手な感傷である。
司馬先生の燃えよ剣の土方のように貪欲に新しいものを吸収し、
ただ勝利に向かって突き進むバラガキであったかもしれない。
(どうしても死に場所を求める話になりがちな新選組小説で
 自分はこれが一番楽しく読めた)

作者・読者側でいろんな解釈が出来るのが新選組の良さでもあるが
近藤・土方・沖田・永倉・斉藤・原田・藤堂・芹沢達は
いずれも切腹はしていない。(※山南は粛清による切腹だが)
時代の流れの中で迷子にもなったろう。
命を賭したことも幾度あったろう。
けれど彼らは、最期まで生きたのだ。

天寿を全うした斉藤が聞けば
「生き残りとは聞こえが悪いの」と眉を潜めたやもしれない。
彼らはこうして後世まで尚生きるために
死を選ばず、そして何も語らなかったのかもしれない。
最期、座したまま死したと言われる斉藤などは、
まだ伝説として生きるつもりでそうしたのかも知れない。

浅田氏はこの三部作を書くために、相当にいろんな説を調べたのだと思う。
その是非はともかくとして、
竜馬の暗殺説や西南戦争の別説は非常に面白い。
新選組の世界が更に広がった。

こうして自分の新選組フェアは、またの日に続きそうな気配である。

個人評価:★★★★


絵手紙。か何だかよく分からなくなってきたもの。

etagami8.jpg

最近はなんか納豆もトマト味とかキムチ味とか大根おろし味(?)とか
いろいろあるけど、アレ絶対意味ないと思うんだ。

納豆ってさ、大概の味に勝つべ。
以前にインドvs日本の闘いとして納豆カレー食ったんだけど
見事に口に残ったのは納豆味だった。

納豆最強。
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。