プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

  1. アリーマ

    アリーマ

    2013-08-19 (Mon) 22:21

    マントゥ到達(?)おめでとうございます!
    美味しいでしょー。美味しいよねーー!!

    というか、日本でまずありつけない一品です。
    あっても不味いし。

    そうそう、トルコ料理って、本当に何にでもヨーグルトをぶっかけます。日本人が何にでも醤油をぶっかけるのと似たようなレベルに思えます。

    ところで、ご出発日と思しき頃に、中東料理本の決定版(?)が発行されました。半分近くがトルコ料理の話です。
    お教えしたほうが・・・とは思ったんだけど、すれ違いだったとしたらあまりに残念だなあ、と思ったりしてご紹介を控えました。
    で、早速読んだら面白かったです(こら!)。

    まだバケツを持って廊下に立ってらっしゃるところだと思いますが、頭の上にでも乗せられたらいかがでせうか(こらこら)。

    まずは、楽しいご旅行だったようでなによりです。
    久々に懐かしい風景を見て、ワタシも嬉しかったです。
  2. はるほん

    はるほん

    2013-08-20 (Tue) 06:58

    わー、アリーマさん!来てくれてありがとうございます!
    オマケに宿題まで!なんとお礼を申し上げてよいやら(涙目)

    でもヨーグルト、本当に美味しかったですよー。
    ちょっと手を加えてあるのかな?
    ソースみたいなのも作れるならトライしたいですねえ。

    はい、本当にいいところでした~。
    あんなところに住んでらしたなんて羨ましい!
    いろいろ教えてくださって感謝です。
    そろそろ「本が好き!」にも戻ります!

    バケツもって…。(´д`)

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

287

トルコ旅行雑記 最終便

■行程
201308142.gif
A ホテル-B ブルーモスク-C アヤソフィア-D グランドバザール-Eガラタ橋

■目標
・開店と同時にアヤソフィア!
・サバサァァァァァァァンド!
 と、マントゥ(トルコ風ラビオリ)も食べたい。
・本当はガラタ橋向こうの新市街に行きたいのだが…?
・(・∀・)<水嶋!日本ニ帰ロウ!  イヤダ!>(・∀・)



あんまり長くなるのもアレなので、今回でまとめる。
ホテルの朝飯を食べ、いざアヤソフィアへ。

朝食:ビッフェ形式

アヤソフィアは9時からだが、その時間には既に行列ができる。
8時半にAと自分が先にチケット行列に並んでおき
BとDに適当な時間に来るように言っておく。

アヤソフィアは、ビザンチン時代の宗教史そのものだ。
かつてキリスト教の寺院として建設されるも、大火で焼失・再建され
イスラム民族に征服された後はイスラムモスクとして
キリスト様式を漆喰で塗り固められたりという歴史を持つ。

東京の新宿駅のように永遠に終わらない修復作業が続いているが
緻密な計算で作られたドーム状の天井は、
現在の建築技術をもってしても作るのが難しいと言われる。
今回の旅は、個人的にこれが一番見たかったんである。

中に足を踏み入れた途端、思わず息をのんだ。

写真 2013-08-15 15 07 44

なんかもう、本当に涙がでそうになった。
そこに血塗られた歴史があるとしても
悠久の時を超え、キリストとイスラムと言う文化がここに共に在るのだ。
何ともいいようのない衝動が、胸に迫る。

二階もあるので、お立ち寄りになるのを忘れぬよう。


空いている内に地下宮殿へ。正確には貯水地らしいが。

写真 2013-08-15 16 49 02

奥にメドゥーサを象った柱がある。
貯水のための場所なので、当時の使われていない建材で
テキトーに作られたって聞いたけど、ホントかね。(笑)

写真 2013-08-15 17 39 50

で、そのまま正面にそびえるブルーモスクへ。
(多分この写真だと思うんだが…。町中にモスクが
 コンビニのようにあるので分からんなってきた)
アヤソフィアは「博物館」だが、こちらは現役の「モスク(礼拝所)」だ。
イスラム教徒は正面からはいれるが
観光客は大きく迂回して、違う入り口から入る。

男女ともに身体を露出させない衣服の着用が原則。
特に女性は頭に何かまかないといけないので、スカーフ必須。(レンタルもあり)
人いきれでむわっと何かのニオイがこもっており
Bの気分が悪くなったので、早々に退散。

ここや他の寺院、空港でも礼拝をみかけた。
1日5回聖地に向かい、地にその身体を平伏す。
異宗教とはいえ、その純粋さには何か神々しいものを感じる。


この2日ほど前にエジプトで大きな騒動があり
その影響が新市街に及ぶ可能性があるということで
新市街に行くのはとりやめ。(´・ω・`)ガッカリ…。

ホテルで少し休んでから、Bを除く3人でガラタ橋へLet'sサバサンド!
昨日と同じくサバサンド攻撃を退け、奥のレストランへ。
大繁盛している一番陸側の店は6トルコリラだが、奥で食うと5トルコリラなのだ。
1トルコリラを笑うものは1トルコリラに泣く。(´・ω・`)キリッ
つか、そろそろ資金が侘しくなってきたのでね。

テーブル担当者:
やあ!日本人かい?君の名前は?(←聞くだけ)
君は?君は?ふんふん!そうか!
僕の名前は鈴木だよ!

ふっ、なかなかいいギャグ持ってんじゃねぇか…。(唇からの血を拭きつつ)
関西人のギャグ魂を燃やしつつ、取り敢えず注文。
サバサンドは結構デカいので3つにカットしてくれと頼み
後はテキトーに海の幸をオーダー。

20130815.jpg

分かりやすく言うと、左からイカリング・ムール貝ご飯・サバパンである。
いやでもこれがチョーーーーーー旨かった!
特にイカリングのヨーグルトソースが、タルタルみたいで最高。
ムール貝ご飯の味は相当にイカメシ。
マジで、トルコ行く人は是非食ってプリーズ。

問題のサパサンドは、本当にサバサンドだった。
バゲットから塩サバがぬっと突き出ている様はシュールですらある。
パンが結構分厚いので、分量的にもう1枚サバが欲しいところ。
思ってたより旨かったが、やっぱり白飯で食べたい日本人心。

ここで鈴木が、3人にチャイをサービスしてくれた。
自分「なんていいヤツなんだ、鈴木!!」
鈴木「スズキ?(´・ω・`)」
お 前 が 言 っ た ん だ ろ ー が 。
気が付いて、自分でガハガハ笑っていた。
よし、ギャグ1本取り返したぞ。(ガッツポーズ)

3人でガイドブックを見ていると、また鈴木が寄って来る。
この店は知ってるぜとか、この料理はウマイんだぞとか
鈴木の独断と偏見によるトルコガイドあr。
マントゥが食べたいんだというと、この辺の店には置いてないが
ウチではママがよく作るから、食べに来たら?タダだよ!と言う。

ああ、うん、その内ね。(日本人的お断り)


土産探しで各自自由行動。
で、こんなものを自分用に買った。

■ブルータイル柄iPhoneカバー
写真 2013-08-19 10 40 34

12トルコリラ(=6~700円くらい?)。
別にカバーなんかいらねーわとあいほんを素っ裸で使ってたんだけど
してみたら結構気に入った。
お前の事は今日からトル子って呼ぶよ(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァ(やめろ変態)

夜にはやっとBも動けるようになり、4人で飯を食いにでる。
友人B「まだコッチでお酒飲んでないな~~」
全員 「「「やめろ(#゚Д゚)!!!!!!!!」」」

しかーし!この店に偶然マントゥがあり、念願成就!
写真 2013-08-16 3 10 17

ちっちゃいギョーザみたいなのに
ピリ辛ソースとヨーグルトソースがかかっててうまうま。
あー、食べられてよかったーー!!

写真 2013-08-15 17 44 04

我がトルコ旅行に悔いなし…!

                         ~劇終~



【オマケ1/最終日談・お土産のこと】
最終日は夜便でドバイへ。
それまで裏通り商店街みたいなとこをふらふらしていた。

201308152.jpg

トルコの生活用品が並んでおり、男性洋品店が圧倒的に多い。
手芸店や布屋が多いのは、女性が自分で衣料を装飾するんだろうか。
しかし何より目についたのはパンツ屋が多い事だ。
それもカーチャンのズロースみたいなんでなく、セクシーショーツっぽいの。

自分 「例の女性の黒子衣装の下は派手だって聞くけど…、そういうことか」
友人D「自分の服買うついでに、本妻と愛人に買うんじゃね」
自分 「まぁある意味自分の為の買い物(自主規制)」
友人D「んで、テキトーに2つ買っちゃったりして
    んまっ、妻(or愛人)と同じだなんて!とか修羅場ったりしてさ」
自分 「悔しくてパンツをキーーーッて噛んだりとか」
友人D「ビリビリーーーって破っちゃったりとか」
二人 「「恐ろしいなー」」
時差ボケでもなんでもなく、二人とも真顔である。

とりま自分が買ったのは、こんな感じ。

写真 2013-08-19 11 38 05

バラマキ用に数があるものを買う。
こんな時ドラえもんがいたらいいのに。
ポッケだけくれ。本体はウザそうだから(゚⊿゚)イラネ。

下のデカい箱は、トルコ名菓・ロクム(=ターキッシュディライト)。
何度か食べた事はあり、歯が溶けそうで好きではなかったのだが
「トルコからすみ専門店」(※有名なのでぐぐったら出てきます)
で食べたのは、初めて「旨いΣ(゚д゚)!」って思った。

店員「ウチノハ、甘サヒカエメダカラネ!」

お、おう。( ;゚д゚)
日本語がガッツリ日本人の機微を抑えてておののくわ。
名前の通りトルコ産カラスミを売っていて、試食させてもらったら
これまたマジで旨い。白飯で食いたし。

自分「あー、でもお金がもうなくて」
店員「ニホンエンデモイイヨ!」

これでぐらっと心が動く。マジでか。

店員「東京デ買ッタラ、倍以上ハスルヨ!
   真空パックスルカラ、今買ッテオイテ
   オ正月ノ御馳走ニ親戚ニ出シテモ大丈夫!」
自分「……」

なんだかなー。
そこまで日本文化の深淵に迫らんでもよかろう。(苦笑)
まあ結局購入したわけだが。

この帰りに路地を一本間違えて迷子になり
本気で今日からトルコ人になるのかと思ったが
無事ホテルに戻り、全員で空港へ。

夕飯:レンズマメのサラダ/ラムケバブ/デザート/紅茶orコーヒー

ドバイに到着したのは真夜中。乗継は2時間。
余っていたディルハム通貨で、コーヒーを飲んだ。

ここで関西組と関東組に分かれ、それぞれの飛行機に乗り込む。
またこのメンバー(他にもいるので組み合わせが違うときもある)
で旅行をすることがあるかどうかはわからんが
いずれにせよ、気楽な旅行が出来る友人がいるのは嬉しい。

晩飯:牛丼/そば/デザート/紅茶orコーヒー
朝飯:焼き魚かオムレツ/クロワッサン/フルーツ/紅茶orコーヒー

だから多いっつってんだよ!機内食がよ!!!(#゚Д゚)ゲフゥ!!




【オマケ2/トルコ人は親切だなあと思った件】

①全員フリーダムなので、4人で行っても4人一緒にいないことがざら。
 外に行くのに、ロビーで集合したときのこと。

                  ボーッ(゚д゚ )←はるほん

②たまたま通りかかったスタッフが、自分のチャイを持っていた
(((・∀・)_旦             (゚д゚ )

 
③サービス精神に葛藤するスタッフ。
 (・∀・)_旦。o〇(……)      (゚д゚ )

 
④自らの茶を差し出すスタッフ。
 (・∀・)_旦<ドウゾ!    アリガト!>(゚д゚ ) トコトコ(゚д゚ )))←友人D

  
⑤友人Dの出現!スタッフは混乱している!
 (・∀・)。o〇(増えた…)    旦_(゚д゚ ) ジーッ(゚д゚ )


⑥もう一杯茶を淹れてくれる素敵なスタッフ。
 (・∀・)_旦<ドウゾ!     旦_(゚д゚ ) アリガト!>(゚д゚ )

 
⑦そこへあと2人が集合。
Σ(・∀・)        旦_(゚д゚ )旦_(゚д゚ ) トコトコ(゚д゚ )(゚д゚ ))))) ←友人AとB

 
⑧スタッフはモンスターに囲まれた!
 (・∀・)。o〇(また増えた…)  旦_(゚д゚ )旦_(゚д゚ ) ジーッ(゚д゚ )(゚д゚ )


⑨うん、ごめん。
 (;∀;)。o〇(何で一緒に行動しないんだコイツら)
                  旦_(゚д゚ )旦_(゚д゚ )旦_(゚д゚ )旦_(゚д゚ )


トルコいいとこだよトルコ。うん。
本当に終わり!全部読んでくれた人はありがとござましたッ!

写真 2013-08-13 1 57 43
関連記事
スポンサーサイト
  • Date : 2013-08-19 (Mon)
  • Category : 日常
2

Comment

  1. アリーマ

    アリーマ

    2013-08-19 (Mon) 22:21

    マントゥ到達(?)おめでとうございます!
    美味しいでしょー。美味しいよねーー!!

    というか、日本でまずありつけない一品です。
    あっても不味いし。

    そうそう、トルコ料理って、本当に何にでもヨーグルトをぶっかけます。日本人が何にでも醤油をぶっかけるのと似たようなレベルに思えます。

    ところで、ご出発日と思しき頃に、中東料理本の決定版(?)が発行されました。半分近くがトルコ料理の話です。
    お教えしたほうが・・・とは思ったんだけど、すれ違いだったとしたらあまりに残念だなあ、と思ったりしてご紹介を控えました。
    で、早速読んだら面白かったです(こら!)。

    まだバケツを持って廊下に立ってらっしゃるところだと思いますが、頭の上にでも乗せられたらいかがでせうか(こらこら)。

    まずは、楽しいご旅行だったようでなによりです。
    久々に懐かしい風景を見て、ワタシも嬉しかったです。
  2. はるほん

    はるほん

    2013-08-20 (Tue) 06:58

    わー、アリーマさん!来てくれてありがとうございます!
    オマケに宿題まで!なんとお礼を申し上げてよいやら(涙目)

    でもヨーグルト、本当に美味しかったですよー。
    ちょっと手を加えてあるのかな?
    ソースみたいなのも作れるならトライしたいですねえ。

    はい、本当にいいところでした~。
    あんなところに住んでらしたなんて羨ましい!
    いろいろ教えてくださって感謝です。
    そろそろ「本が好き!」にも戻ります!

    バケツもって…。(´д`)

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。