プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

286

トルコ旅行雑記 その4

■行程
20130814.gif
A アタルチュク国際空港からメトロと路面電車でホテルへ

201308142.gif
A ホテル-B ブルーモスク-C アヤソフィア-D グランドバザール-Eガラタ橋

■目標
・ホテルについたら洗濯とHP回復。
・偵察部隊…下見の旅へ。体力低下組…引き続き寝る。
・ごはんだ!ごはんをたべよう!



パムッカレからイスタンブールまで一時間のフライト。
行きは恨めしかったランチボックスが、ここにきてタイムリーな朝御飯になる。
まあやっぱり30分は若干無理ゲーだけどな。

朝食:バゲットサンド・デザート・ドリンク

空港を下りたら、まず「イスタンブールカード」というのを買う。
日本で言うSUICAとかICOCAみたいなもん。
最初に10トルコリラで買うと、4トルコリラ分がチャージされている。
後は各駅にある機械でチャージしていく。
※お釣りは出ないみたいなので注意。

■路面電車・トラム ここはかなり大きな駅。
写真 2013-08-15 1 07 12

何駅乗っても1乗車は3トルコリラ。
帰ってきてから調べてみたら、複数人で使い回してもいいらしい。
入るときだけカードをかざすタイプなので
一人がホームに入ったら、後続の人にカードを渡すんだと。
まあ自分達は別行動が多いので、一人ずつ買ってよかったけど。

さて、ここに来て遂に友人Bの体力がゲージ切れ。
機内食も食べられない。
なんとか飛行機には乗れたものの、現地でダウン。
同じくしてDも軽く風邪を引いたという。

衛 生 兵 ! 衛 生 兵 は ど こ だ ! ! !

衛生兵もいないので、仕方なくチェックインまでロビーでだらだらしてたら
ウェルカムドリンクの他にもチャイを入れてくれた。

写真 2013-08-14 19 12 46

ガラスの癖にあっつあつのお茶が入っている。
なので受け皿で支えたまま口に運ぶ。
うーん、チャイグラス欲しいなー。でも持って帰るのがなー。


近所で屋上にあるカフェへ入る。
アヤソフィアやブルーモスクを一望しつつ、昼食。

■やっと撮った飯写真(笑)
写真 2013-08-14 21 46 25

しかし友人Bは食べ物のニオイだけで倒れそうになっている。
体力低下組はホテル待機の措置を取り
体力資本の友人Aと自分は観光地を偵察に出かける。

アヤソフィア前は入場列と、チケットを買う列で大行列が出来ている。
…これは朝イチで行かんと駄目だなぁ。
地下宮殿とブルーモスクも人はいるものの、割とサクサク入れるっぽい。
ここでまたトラムに乗って、バザールの方へ移動。
ンマー、ここのオッサンたちの商売魂がすごい。

写真 2013-08-15 0 12 57

バザールのオッサンたちの声:
日本人か?日本人だろう?コンニチワ!ゲンキデスカ-!?
大坂か?オレは大阪にマサって友達がいるんだよ!
おう、それは20トルコリラだ!沢山買うなら安くなるぞ!
さあいくらだ!?いくらなら買う!?
よーーし、パパ張り切って10トルコリラにしちゃうぞー。

もうこれが各店で繰り返される。
まぁこーゆーの好きなので気にならないのだが
1つだけ気になる声かけがあった。

何かの商売人の声:
ニホンジーン?シンコンサーン?
(自分に向かって)オカマーーーーー?

そ こ に な お れ 、 ト ル コ 人 。
面倒臭いので「イエスイエス、オカマオカマー」と答えておくと
「HAHAHAHAHA!」と笑っていた。
うるせぇ、エビフライぶつけんぞ。
4f6dccd4.png



この界隈は川を挟んで、新市街と旧市街に分かれている。
新市街はやや西洋よりの建物がひしめき
旧市街は大きなモスクなど、イスラム文化圏の色が濃い。
この間にあるのが、有名なガラタ橋だ。

写真 2013-08-15 0 52 35

橋の下がレストラン通りになっており、
これまた有名なサバサンドが食べられる。
とりあえずぶらりと歩いてみた。
サバサンドを一回薦められる単位を1サバサンドとしたら
30サバサンドくらいあるぜココ。(わかんねーよ)

「コンニチハー!ゲンキデスカー!」←流行ってんのかコレ
「日本人か!?大阪か!?」←大阪どんだけ好きなんだ
「サバサンドアルヨ!」
「さあここに座って!さあさあ!」
「サバサンド!」
「通せんぼーーー!」←マジにやられた
「サバサァァァァァンド!!!!」

明 日 食 う か ら 落 ち 着 け お ま い ら 。
それにしてもサバを焼く匂いが、日本人の心に沁み渡り過ぎる。
どんな味がするのか楽しみである。


ホテルに戻る。
Dは少々微熱があるっぽいものの、食欲はある。
Bはまだ回復の呪文を唱えている。
てなわけで、3人でドネルケバブを食いに行く。
つるした肉をナイフで削いで、パンとか皮に挟んでくれるアレ。

夕食:ドネルケバブ
チキン・チキン&チーズ・ビーフなどとりまぜ


明日はBの体調次第で近所だけ観光させ、またホテルに返そうということに。
Dは後一晩寝れば大丈夫だと言う。
そろそろ土産を買う算段もせねばならない。

それにしても今回スゲーなと思ったのは、海外のwifi普及具合である。
ほとんどのホテルや店で完備してあり
利用すればパスワードが教えてもらえる。
お互いに必要最小限の連絡メールをした以外は、
ほとんどwifiでいけたもんなあ。すげぃ。

疲れてはいるのだが、なかなか眠りに落ちない。
体内時計と腹時計が「?」と感じているようで
眠くないなーと思ってると、何かの瞬間にブレーカーが落ちるカンジ。

ipodで音楽を聞きながら、就寝。
水平に寝れるって、マジ素晴らしい。


4人の中で自分だけが喫煙者なので、タバコ事情も少し。

ホテルなどの建物は、数年前に禁煙とするルールができたらしいが
通りに椅子を出し、チャイを飲みながら時間を過ごす風習があるため
外での喫煙はまだまだフリーなカンジ。
歩きタバコも結構いる。(自分はしませんよ。ポイ捨ても絶対しません)

外にテーブルが置いてあるスタイルの店が多いので
分煙や禁煙の店は少ない。
喫煙者にはやさしいのだが、嫌煙者には少々ご迷惑かも。

まぁね、一応ガマンもできるんですが
やっぱ食後に1本吸えると嬉しいっつーかね。うん。
関連記事
スポンサーサイト
  • Date : 2013-08-19 (Mon)
  • Category : 日常
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。