プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

271

猫と庄造と二人のをんな

猫と庄造と二人のをんな (中公文庫)猫と庄造と二人のをんな (中公文庫)
谷崎 潤一郎

中央公論新社 2013-07-23
売り上げランキング : 49796

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


猫の表紙にふと惹かれて手に取った谷崎潤一郎。
略して谷潤。(略す必要が?)

よくよく考えてみると、彼の作品を読んだ事が無い。
別に避けていたとかそういうのではなく
うっかり履修し忘れていたっつーカンジ。
これはいかん。迂闊であった。
と、大慌てで補習を受けるように読んでみた。

これがまぁ、読みやすい。
旧仮名づかいなのにするりと頭に入って来るのは
話自体にやわらかさと興味を引っ張る要素があるからだろう。
これは他の作品も読まねば。
遅過ぎる大人の夏休みの課題図書に甘んじて指定しようぞ!

ある意味ではタイトル通り、
猫と男と二人の女の四角関係と言えるかもしれない。
主人公・庄造はバツイチ再婚・子供ナシ・猫アリ・姑アリ
ついでに甲斐性ナシの、どちらかというと駄目なカンジの男である。
それがある日前妻から、一人暮らしは寂しいから
代わりに猫をくれと手紙が届く。

庄造の猫の猫かわいがり(?)ようは尋常でなく
前妻も猫に嫉妬するほどであったから、
そんなに可愛がってはいなかった筈なのだ。
しかし妻二号も内心、庄造が自分より猫を優先するのに閉口しており
そんな猫は前妻に渡せと詰め寄る。

ははは、何を言ってゐるんだ君は。
相手は猫ぢゃないか。そして君は僕の妻ぢゃないか。
落ち着いて、よく考へて見給へ。
猫の方が大事に決まってんだろ。(真顔)
※猫好きの猫好きによる猫好きにしか通じない理屈

まァそれは冗談としても冗談じゃないにしても(ドッチだ)
甲斐性の無い庄造としては、支度金付きの妻二号に強く出られない。
結局は渋々、猫を譲渡することを承諾してしまう。
なんだお前!!猫を手放すなんて猫好きの風上にもおけぬわ!!
お前なんか猫を一生モフモフさせてもらえずに
肉球お預けの上、顔を見るたびにシャーーッってされる呪いにかかるがいい!
※猫好きの猫好きによる猫好きにしか通じない呪い

しかしリゝー(=リリー・旧仮名づかいの表記が素敵)は
既に一度、遠方の家にもらわれたことがあり
その時は自分で家に戻ってきて、庄造を感動させたのだ。
ああ、分かる分かる。
猫の「ア、アンタだけなんだからねっっ!」攻撃は最強だ。
今は亡き愛猫も何故か自分だけに猫パンチをする習性があり
それはもうデレさせられたものだ。(嬉しいのかソレ)

猫を手元に置くことで、庄造の心を取り戻そうとする前妻。
その思惑を分かっていながら策略に嵌ってしまう妻二号。
二人の性根を理解した上で、どうにもできない庄造。
そうして、前妻に貰われていくリゝー。
この四角関係は、猫を知るものには納得の結末となる。

なんてことはない話なのだ。
なのにそれをさらりと読ませてしまうあたり、谷潤の凄さが分かる。
(ありがたさが半減するからその呼び方はやめなさい)
恐らく谷崎も大の猫好きなのだろう。
調べてみると実際そうであったらしく
代表作「細雪」や他のエッセイにも猫が多く登場するという。

またこの話も、自分の離婚体験をモチーフにしているらしく
猫のリアルさと庄造の不甲斐なさがくすりとくる。

でも猫を手放す奴は許さない。
※猫好きの猫好きによる猫好きという偏見のみの書評

個人評価:★★★★


今週末からトルコ旅行に行くのだが、なんも用意してない。
正確にはトランクを出した状態で終了している。(そこが始まりでは?)

トルコの通貨はトルコリラだが
日本では取扱いが少ないので、手数料を考えると
現地で換金するより高い場合があるんだと。
という訳で、現地でやればいいってんで銀行に行く必要ナシ。(多分)

今回は関東・関西・九州の合流組なので
なんと乗り継ぎのドバイでグローバル現地集合。
はっはっはー、大丈夫なんかいな。
自分が一番乗りする予定なので、不安満載。
ま、まぁ空港内にいれば迷子になることはないよな…?

取り敢えず今日の目標は、パスポートを探すこと。
(お前まだ出発点にすらいねーよ)


今日は時間が出来そうなので、整形外科にいってみる。
どうせホネだったら、固定する以外どうしようもないんだけどね…。
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。