プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

270

キャラメルと飴玉

キャラメルと飴玉キャラメルと飴玉
夢野 久作

2012-09-13
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ドグラ・マグラの予習として読んだ、夢野久作の短編の1つ。
これは洋菓子と和菓子という相容れない因縁の間に
繰り広げられる壮絶な闘いの物語である。

キャラメルは飴玉に向かって言うのである。
お前は甘いばかりで、なんともならぬと。お前が言うなって話である。
またキャラメルは箱入りで紙に包まれているので
マッパの飴を馬鹿にするのである。

彼は知らぬのだ。
近い将来、飴玉は全て個包装となり
己よりよほど豪奢な外装になることを。
だがこの時は飴玉も知らず、真っ赤になって言い返すのだ。

キャラメルなどと高慢ちきな名前は無い。
日本にいるなら日本らしい名前をつけろと。
どうやら当時、キャラメルはDQNネームであったらしい。
子供の所為ではないと言うのに、哀れなり。
ちなみにキャラメルは日本語にすると軍粮精(ぐんろうせい)である。
今の3倍はいじめられそうな名前となる。

名前のことを言われて、キャラメルもいきり立つ。
カステイラ・ワッフル・シュークリームをはじめ
美味い菓子は西洋に限るというのである。
飴や煎餅など、安っぽい駄菓子であると。
サア、こういわれては飴玉も黙ってられない。

羊羹を見よ。貴様よりも余程立派だ。
うむ、確かに贈答品として、値段も箱も桁違いに高級品だ。
しかしアレをセットで貰った日には
進まぬ消費に涙目になること請け合いの一品でもある。

飴玉はついでにウェハースにまで言及し、食った気がしないと言う。
キャラメルも応戦し、オレは牛乳が入っているから高級だという。
もはやこれは二人だけの争いには留まらぬ。
洋菓子と和菓子のプライドをかけた、小学生の喧嘩である。
その内、お前のかーちゃんデベソーとか言い出しかねない。

そこへ仲間の菓子が喧嘩を仲裁しようとするのだが…?
息もつかせぬ展開に襲い掛かるクライマックス!
待て!次号!!!!…という間もなく、この後5行くらいで終わる。

だが2つの怒りと因縁は燻り、後世の子孫へと受け継がれ
いずれ人間をも巻き込むあの恐るべき
キノコ・タケノコ戦争」を勃発させることになるとは
作者ですら予知しえなかったであろう───────

というのは無論嘘だが(ヲイ)
三大奇書のひとつと言われるような作品を残す一方で
こんなお茶目な単品も結構あり、夢Qは奥深い。

個人評価:★★★★


余談ではあるが、以前コンビニで
「キノコの山 ベルガモットミルクティー味」とか
「タケノコの里 ハニーカフェラテ味」なるものをみて
戦が悪化していることに震撼した。


金曜に池袋の金魚展にいってきた。

20130802.png

アクリル絵の具とエボキシ樹脂を一層ずつ塗り固め
立体的に水中の金魚を描いた深堀隆介氏の作品。
これをテレビで見たときに、どーーーしても生で見たかったのだが
たまたま友人と台場にいった折、ポスターで告知されているのをみて
急きょ池袋に足を運ぶ。
これはこれでよかったのだが、とんだ伏兵が居た。

201308022.png

ワンピースとプラネタリウム…?
なにそんなイベントやってたっけ?ジャンプに載ってたか?
とにかく地味にワンピコラボ企画をやっていたんである。
マァ時間もあるし見ようぜってことになる。

夏休みと星と浪漫と言う組み合わせの所為か
友人と座った左右両脇ともカップルであり
二人でこっそり「爆発しろ」とか思ってた。

内容は何処のプラネタリウムでもやっている、季節の星座だ。
(学生時代はよく行ったので、死ぬほど聞いた)
が、その星座と組み合わせて、ワンピシーンを流すという仕様。
例えばウミヘビ座から、ルフィが1巻の海の主を思い出したりする。

この球状スクリーンで見るアニメ、かーーーなーーりいいぞ!!
ロビンちゃんの巨大樹(ストンプ)が味わえるんだぜ!!
あのおみ足が上から降ってきて踏み潰される瞬間……!
マゾじゃなくても感動すること請け合い。
コレ、なんでもっと宣伝しないんだ。すごいイイのに。

しかしこのあと、ワシ座からアラバスタのペルの話になる。
ビビのあの「仲間と呼んでくれますか!?」再現。
アカン。これはアカン。
何の心構えもしてなかったのに、これはヤバい。

さらに南十字星が、エースの背中の入れ墨へ。
今は亡き星座の話から、メリーの思い出へ。
爆発したのはリア充ではなく、我らであった。
こんなん絶対感動してまうやろ。
畜生、涙でスクリーンが見えぬ。

すげー満ち足りた気持ちで帰宅したのだが
この夜アバラを疲労骨折したっぽくて、痛い。
来週末から旅行に行くのに、ついてねーわ…。はふん。
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。