プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

261

あんじゅう

あんじゅう 三島屋変調百物語事続 (角川文庫)あんじゅう 三島屋変調百物語事続 (角川文庫)
宮部 みゆき

角川書店 2013-06-21
売り上げランキング : 347

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


前作は「おそろし 三島屋変調百物語事始」だ。
今回は「事続」で、現在出ている単行本が「三之続」らしい。(※帯情報)
なら結末は「事納(ことおさめ)」であろうか?

時代物の怪異モノ。本来は大好物なジャンルなのだが
前作を読んだとき、工エエェェ(´д`)ェェエエ工と思った。
「ありそうでなさそなウッフンな怪異」(※ウッフンはいらない)
で話が進んでいたのに、最後に「無い筈」のオチがついてしまい
個人的にガックリしてしまったのだ。

いや、個人的に「それ」が好きじゃないってだけで
宮部さんらしい軽快な語りと心情に踏み込んだ描写で
話自体はするりと読めたのだが。
帯に「シリーズ第一弾」と書いているのだから
無理にまとめなくていいのになあと思ったり。

なので本書を手を出すのに少々躊躇したのだが
今回は大丈夫かもしれない、いや多分大丈夫だろ
イヤあの宮部さんを2回も外すワケねーし!絶対!!!
と馬券を買い続けるギャンブラーのような根拠で購入。
(馬券に例えるのはやめなさい)

いやコレがマジで三馬身は差をつけてよい仕上がりだった!
(だから馬はやめなさいっての)

目次は序章+4編だが、連作となっている。
序章で簡単な説明があるので今作から入れなくもないが
話が「百物語集め」なので前作から読みたいところ。

一応前作合わせてのあらすじから。
ある事件をきっかけに心を閉ざしたおちかは
叔父夫婦の三島屋に身を寄せる。
そこでひょんなことから(←つくづくこれ便利な言葉だな)
人の不思議話を聞いて集めるという役目を仰せつかる。

宮部さんの怪異話集めは、他にも「霊験お初捕物控」があり
前作はおちかの中の過去と対比させるためか
死人の呪いのような話が多かったので
「霊験~」とタイプは違うものの、正直なところ差がない様に感じた。

が、今回は確かに「不思議」の話となっており
これにまた宮部人情節が上手く絡まっている。
どれも良かったが、特に中盤の「くろすけ」話が最高。
夏目友人帳で出てきそうな話だ。(笑)

いわゆる巷で「お化け屋敷」と噂のある家に
引っ越してきてしまった老夫婦の話だが、
ちょっと変わり物の夫婦は、怪異と共存してしまう。
しかしこの結末は、少しばかり胸の痛いものとなる。
いやもう、この手の人間と妖怪話たまらんすきだ(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァ
くろすけかわいいよくろすけ飼いたい…!

他には、
周囲の水を全部飲んでしまう神様に憑りつかれた「逃げ水」
箱入り娘の嫁入りに替え玉が…?の「藪から千本」
自称「偽坊主」の行然の怪異話「吠える仏」
の三本で~~す。

では次巻もお楽しみに!(サザエさん風〆)

個人評価:★★★★


そう言えば妖怪や怪異が便所に現れるってのは
日本特有の文化(?)なんだろか。
トイレ怖いってのは、日本独自の思想?

それは自国文化でありながら日本人が
自分ん家の便所を薄気味悪いと思ってたってことだよな。(笑)
いやでも、田舎出身だから
離れトイレもボットンも経験あるけど、確かになぁ。

なんか最近知ったんだけど
便所妖怪の1つに「赤マント」ってのがあるんだって。
何でも便所に現れて「赤いマントはいらんか」と聞かれるらしい。
「赤い紙青い紙」って便所妖怪なら聞いたことあるが
便所で赤マント…、欲しくない上に邪魔っぽい。
「花子さん」は知ってるけど、それより新しいのか?

しかし便所妖怪のキングは、何と言っても「がんばり入道」だろう。
ふんばってる時に(,,゚Д゚) ガンガレ!と言ってくれる訳ではなく
思わず「眼」を見「張る」から「ガンバリ」なんだと。
怖いのかお巡りさんコッチですなのか分からんな。(笑)

オマケにこの妖怪、
「がんばり入道ホトトギス」と3回唱える消えるらしい。
イミフwwwこの訳分からんさが日本妖怪のいいところww

半分汚い話になってしまい、すいません。


ちょっとブログお休みする日が出てくるかもです。
夏休みまでなんかやること沢山あるのに
後回しと言う必殺技ばっかり繰り出してるので、
全然片付かない。(当たり前だ馬鹿者)

それでもしょっちゅうここに来てたら
仕事しろと誰か注意してくらさい。(やれよ仕事!)
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。