プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

  1. てんてん

    てんてん

    2013-07-11 (Thu) 19:50

    そうでした!
    今月銀の匙最新刊も発売でしたァ!
    はるほんさんのレビューはいつも参考にさせて頂いております。
    自分もぜひ鼻水垂らしたいと思います。
    明日仕事帰りに速攻買いにいきまっす!
  2. はるほん

    はるほん

    2013-07-11 (Thu) 23:59

    いらっしゃいまし、てんてんさん!
    こちらもちょくちょくお邪魔させていただいてます!

    鼻水のツボ(?)が合えばよろしいのですが。
    ぬるっと鼻水お仲間(ホントに汚いな!)
    になれることをお祈りしております~!

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

257

銀の匙

銀の匙 Silver Spoon 8 (少年サンデーコミックス)銀の匙 Silver Spoon 8 (少年サンデーコミックス)
荒川 弘

小学館 2013-07-11
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


朝たまたま本屋に寄るタイミングを逸し
昼休みに買ったはいいものの、読む時間がなく
帰ってから読んだのだが、本当に良かった。

もう、涙が止まらなかった。
万一、昼飯食いながら読んでたら
ポテトにしこたま鼻塩味が付くところだった。(汚ねぇな)
うむ、8巻は神巻だ!

「やりたいことが見つからない」と言う
青少年の半分以上が該当するだろう当たり前の主人公・八軒。
勉強だけが取り柄だったのに受験にも失敗し、
寮があると言う理由だけで、北海道の農業高校へ入学する。
「夢」を語る農家の同級生たちの姿を
キラキラしやがってリア充めが、とウラヤマ顔で見つめている。

農家と変わらない忙しい学園生活にもまれながら
いずれやりたいことを見つければいい、と
八軒はクラスメイト達との交流を通じて
酪農や農業の楽しさや厳しさを体感していく。
が、荒川先生の実家が酪農家だとう得意分野を生かしただけの
ほのぼの第一次産業漫画ではなかったのだと、8巻にして感じ入った。

甲子園を目指しながら、家を継ぐことを夢にしていた駒場。
馬が好きで、馬に関わる職業につきたいと思いながら
実家を継ぐ決心をしていたアキ。
両立の難しい二人の夢を、ただやきもきと見ていた八軒。
今回の巻では、その顛末が明らかになる。

牛でぐっときて、乳でうるっときて、馬で涙腺崩壊した。
大丈夫、暑さで脳がヤられたのではない事は読めばわかる。

食べる為に殺される生物を、育てる。
それはペットに対する愛情と変わらなくて、そして全く違う。
荒川先生をはじめ、その現場を見ている人たちは
現実を受け入れて、尚微笑むだけの強さと大きさがあるのだ。
もうアキのじーさんはオレの嫁にする。(←何もかも間違ってる)

中年がこんなとこで感激しても仕方がないので
若い子はこれを読んで、夢に向かってキラキラ邁進するがいい!
自称もう若くないってくらいなら、まだやれるまだ行けるんだぜ!

自他ともにもう若くないってヒトは
取り敢えず一緒に鼻水垂らして泣こうぜ。な?

個人評価:★★★★★

あ、アニメ今日からなんだねえ。取り敢えず1話目は見る、


よく屠殺される牛は泣くって言うよね。
♪ドナドナド~~ナド~~~~~ナ~~~~(´Д⊂ヽ

自分が見た訳じゃないけど
おかんの実家は昔に牛がいたらしく
売りに出すとき牛の涙を見たんだそうだ。

感傷で涙を流すのは人間だけだと言われる。
一説に動物の中にはストレスを感じると
涙を出して均衡を保とうとするものがいるらしい。
ウミガメの産卵の涙がそれだと聞いた気がするが
ちょっとあやふやなので自信がない。

ともあれ、牛を売ると言う人間側の感傷を
牛が感じていると言う意味では、確かにそうなのだろう。
ちなみにそんな話をする割には、おかんはフツーに牛を食う。


おかんは生まれついての滋賀作だが
おとんは京都ど真ん中で生まれ育ったしちーぼーいだ。

おかんの実家に挨拶に行った折には
無口なじーさんが裏庭でゴソゴソ何かしていたらしい。
何だろうと思って見に行くと
手には鶏がブラ下がっていたらしい。
爺「今から〆ますさかい」

田舎の歓待の恐怖を知ったおとん。
と言う自分も〆たての鶏食ったことがある。
〆たトコは見てないけど。

残念ながら旨いんだよねえ、肉ってばよー。
関連記事
スポンサーサイト
  • Date : 2013-07-11 (Thu)
  • Category : 漫画
2

Comment

  1. てんてん

    てんてん

    2013-07-11 (Thu) 19:50

    そうでした!
    今月銀の匙最新刊も発売でしたァ!
    はるほんさんのレビューはいつも参考にさせて頂いております。
    自分もぜひ鼻水垂らしたいと思います。
    明日仕事帰りに速攻買いにいきまっす!
  2. はるほん

    はるほん

    2013-07-11 (Thu) 23:59

    いらっしゃいまし、てんてんさん!
    こちらもちょくちょくお邪魔させていただいてます!

    鼻水のツボ(?)が合えばよろしいのですが。
    ぬるっと鼻水お仲間(ホントに汚いな!)
    になれることをお祈りしております~!

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。