プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

241

残月~みをつくし料理帖

残月 (ハルキ文庫 た 19-10)残月 (ハルキ文庫 た 19-10)
高田 郁

角川春樹事務所 2013-06-15
売り上げランキング : 7

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


シリーズ8作目。
にして、ここで書評書いてないことに気付いたので、ざっとあらすじ。
江戸時代版・ミスター味っ子である。
※脚本は多分、橋田寿賀子。以上。

いや御免。やっぱりもうちょっと言いたいので加筆する。
主人公は澪という奉公人だ。
両親を洪水で失い、料理屋に雇われて才を見せるも
大火で店と主人をを失い、跡取りは罪を犯して行方不明となる。
女主人を支えて働く澪には、2つの夢がある。

1つは、主人の遺言通りに料理屋を再建すること。
1つは、吉原に売られた幼馴染を身請けすること。
だが大阪で育った澪の料理は、なかなか江戸で受け入れられない。
しかし澪の夢は多くの者達に支えられながら
一歩進んでは一歩下がりつつ、前へと歩みを進めていく。

サブタイトルにある通り、料理を扱った作品であり
その1つ1つを実際に作って確かめるという高田さんの描写に
涎は垂れるわ涙は零れるわで、大変な仕様となっている。

さておき前巻「夏天の虹」では、澪の周囲が一転した。
良い方ではなく、悪い方にだ。
だがこの巻を読んだとき、自分は高田さんの決意を見た気がした。
ただ美味しそうな料理本ではない。
ただ人情溢れる時代物ではない。
その何れでもない「高田郁だけが作れる料理」を
きっと皆さんにご覧にいれてみせます───、とでも言うような。

その所為か、文章にも重みが増したような
悲しい話ながらも、力強い期待を感じさせるものだった。
そうして待ちわびた新刊に期待を膨らませ、「つる家」の暖簾を潜った。

今回の料理は「面影膳」「海苔巻」「鼈甲珠」「葛湯」。
その料理もストーリーも、澪がしなやかな強さを手にしたからこそ
厨房の裏方をみていると言うより、
膳の前に座って料理を待つような、安心感が増している。
ひょっとして最後の「葛湯」は、まだ若い頃の澪なら
微かな苦味の混じった甘さを、旨く飲み下せなかったかもしれない。

澪の子供の頃に言われた、「雲外蒼天」の相。
幾度となく厚い雲に覆われ、嵐さえ吹き荒れたが
「かつて誰も見た事のない」蒼天がのぞく日が、近づいている気配だ。
「残月」とは有明の月と同義ではあるが、
月を過去のものとして、夜明けを真っ直ぐに見るような語感がある。
次巻も待ち遠しい。

ところで久しぶりに新刊が出ると、
読者はちょっとストーリーを思い出さなくてはならない。
本書の中で季節と共に料理が巡って来ると
「え、これどんな料理だっけ」と思わず既刊に手を出してしまう。
実際に澪の料理を作ったら、いいストーリー備忘録になりそうだ。
高田さんが料理を作るのも、澪の気持ちに寄り添う為かもしれない。

うん?当然、自分はやってないですよ。
だから今こうしてあらすじを書き留めてる訳で。(ドヤァ)

個人評価:★★★★


ウチのおかんも、ある意味創作料理の人だったかもしれん。




                          ※おかん




  ※妹

でもカレーがそんなに旨くねーって、すごい才能だと思うの。(震え声)
※このおかん太腕料理帖はいくつか描き溜めたものがあるので
 またいずれの機会にアップする。
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。