プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

221

Googleアカウントとchrome。

dairy

Googleアカウントを持ってる人は多いだろう。
スマホ持ってる人は、どうしたって持たざるを得ないし。

そういう自分も持っている。
コレ1つもっておけば、メールもブクマも
スケジュールも書類もWEB上に置いておけるので便利だ。
が、好むと好まざるを関係なく
サービスがついてくるのも頭に入れておかないといけない。

少し前まで、Windowsとmacの両方を持っていた。
画面スクショをバシャバシャ撮らねばならないため
仕事用と自分用のPCを分けたかったからだ。
なのでブラウザも、IEとsafariとFirefoxを使っていた。
が、macが臨終してからさんざ悩んだ挙句、Windowsに統一することにした。
ブラウザもIEとchromeにした。

chromeは最初、単純に早いだけというモノだった気がするが
あれよあれよといろんなサービスが付加してきて
ついにログインして使うサービスが登場した。
確かに使ってみると、すごい便利なんである。

■chromeのログイン画面■
cr1.gif

ユーザーとしてログインすると、ブクマやカスタマイズも
全部別々に管理できる。
PCの引っ越しもめっちゃ楽。
ちなみにGoogleIDとchromeIDは別物である。
ブラウザにchromeを使ってない人は無関係デス。

特に仕事用アカウントは、前述の通りスクショを取るため
あんまりカスタマイズしないで放っておいた。
個人アカウントの方はいろいろ設定をしてあった。
ココが今回のミソだった。
ここからはGoogleID持ってる人はみんな関係あります。

実は自分のはまだガラケーなのだが、仕事でスマホやipadを使う。
このスマホにchromeアプリを入れて、仕事用アカウントでログインしみたら
先日書いた通り、3年前の履歴が閲覧できて吃驚した。
個人アカウントの方は見れないようになっていた。
いろいろな設定を見てみたら、原因はウェブ履歴の設定だった。

GoogleID取って放置してる人は、多分おんなじコトになってると思うので
自分メモとしても書いておく。

①自分のアカウント設定をクリックして、アカウントに入る。
 ※こっちはGoogleアカウント。chromeじゃないです。

   cr3.gif

②一番右下の「ウェブ履歴を管理する」に入る。
   cr4.gif

③もう一度ログイン画面が出てくるのでログインして
 更に右上の設定ボタンから設定に入る。
   cr5.gif

④ウェブ履歴をオフにする。
 ※自分は現在オフにしているので、オンにするようになっている
   cr6.gif

な に こ の 迷 宮 の よ う な 入 口 。
ちなみにスマホの場合は、chromeでGoogle画面の一番下に設定がある。

   cr2.gif



ンマー、確かにオンにしとくと
PCで見てたサイトが、スマホで簡単に探せるんだけどね。
でもなんか数年間も履歴が残ってるとか、ちょっとキモいし。

ちなみに職場のchromeに、自分のアカウントでログインすると
あっという間に家のPCのchromeと同じ状態になる。
が、ログアウトしてもお気に入りとかはそのまま残ってしまうので
注意が必要。(多分別アカウントで入れば消えるんだろうけど)
※追記:ログアウトではなく、設定からアカウントを削除すれば消えました

グーグル先生が便利過ぎて怖いって話でした。
関連記事
スポンサーサイト
  • Date : 2013-05-31 (Fri)
  • Category : 日常
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。