プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

21

永遠の0(ゼロ)

永遠の0 (講談社文庫)永遠の0
百田 尚樹/講談社





by G-Tools


モンスターの感想書いたら、こちらも思い出したので。
その内、もう1冊百田さんの本を読んでみるつもりだが
今のところ、デビュー作のこちらの方が印象に深い。

兄弟は祖母の死をきっかけに、祖父が実祖父でないことを知る。
ふと母が漏らした
「父親(=実祖父)は家族を愛していたのかしら」
という言葉に、祖父のことを調べようと思い立つ。

祖父の名は、宮部久蔵。
僅かな手がかりをもとに、祖父を知る人間を探しだす。
ある人は、天才パイロットと彼を呼んだ。
ある人は、臆面なく死を恐れる臆病者と罵った。
そして、ある人はこう言った。
彼は、娘の顔を見るまでは死ねないと言っていたと。
だが祖父は、終戦の直前に特攻隊で死んだのだった。

戦争経験者から語られる、凄まじい戦争の現実。
命を命と思わぬ軍隊の狂気。
その狂気に殺された若者達の最期。
そこにある、宮部という男の一貫した信念。
「死にたくない」

モンスターの整形ネタといい、今回の空軍という舞台といい
土台がしっかりと作られていて、読んでいても心地いい。
きっちり調べて文字にする人なのだろうという安心感がある。

ただ「戦争という歴史物」として読まれた場合
多分賛否両論あるんじゃないかと思う。
良くも悪くも、話が綺麗におさまっているからだ。
その光景を実体験した人の
「戦争はそんなもんじゃなかったんだ」と言う声は
戦争を知らない世代には、恐らく計り知れない程深いのだ。

だからこそ本書は、そんな世代が読むべきだ。
戦争の恐ろしいところは
「戦争はいけない」などと分かり切った真実を口にすることも
「生きたい」と願うことすら許されず
その狂気がまかり通っていた時代だったという事実なのだ。

戦争というそのものは体感出来なくても
それらを間違ったものだと横柄に断言し
厚顔無恥に逆らう気概を読み取って欲しい。
それだけでも、この小説はちゃんと
「戦争を知らない世代へのメッセージ」の使命を果たせると思う。

実は「死んだ祖父」という登場人物に
よみがえりとか夢の逢瀬とかの「あやふやな結末」を心配していたので
それらを用いず、しっかりと結末に繋げたのが好感。
読み物としても安心して楽しめた。

戦争と言えばもう1冊思い出した本があるので、次はそれを書く。

個人評価:★★★★
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。