プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

20

モンスター

モンスター (幻冬舎文庫)モンスター
百田 尚樹/幻冬舎





by G-Tools


百田氏は、面白い経歴をお持ちだ。
表紙の見返しのところを見て知ったのだが
「探偵ナイトスクープ」の構成に携わっていたらしい。
後で興味を持ってwikiを見てみたら、「ラブアタック」にも出てたとか。(笑)

関西の人間からみると、ひたすら「面白いモン好き」なイメージだが
表題はホラーともサスペンスともつかないし
帯の煽り文句「整形手術で人生は変わるのか」は
確かにナイトスクープのお題のように思えなくもない。

美人で有名なレストランのオーナー・未帆。
が、実は彼女はその醜さ故に「バケモノ」と呼ばれ
歪んだ心を抱えた少女だったのだ。
その身を売り、度重なる整形手術に貢ぐ。
そうして完璧な美を手に入れた彼女は
やっとのことで女としての幸せを掴む。

読んでみて、その細かさが面白かった。
整形の泥沼にハマっていく話だとは予想していたが
知識本としても実に興味深い。
目の埋没だの切開だのはどこかで聞いた気がする。
左右のバランスをとるのは分かるが、逆に崩すという手法は驚きだ。
不細工と美人の違いが「ほんの少し」だというのも説得力がある。

泥沼にハマると言っても、未帆の精神に異常性は見られない。
医者の話も交えて、非常に理性的に理論的に
淡々と整形手術をこなしていくのだ。
芸能人ニュースなどでも取り沙汰される「整形」だが
ここまで徹底すれば、むしろ努力だと考えていい。

化け物とまでいわれた和子が
整形という手段で絶世の美女になる過程は
ページの色までドドメ色からさわやかなピンク色に変わるようで
なんとも「美」は恐ろしい。

タイトルの「モンスター」とはなんだろう。
醜かった和子であろうか。
執拗に美を追い続ける未帆であろうか。
それとも、美さえあれば何もかもがリセットできると
あの頃からなんら変わらず
未帆の中で生き続けている和子の幼さであろうか。

この手の話は、オチとしては2パターンあるかと思う。
どんでん返しで不幸に終わるか、痛快な人生を歩むかだ。
このオチも決して悪くはなかったけれど
個人としてはもうひとつのオチで読んでみたかった気も。

ということで個人評価:★★★
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。