プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

161

暴れん坊本屋さん

暴れん坊本屋さん (1) (ウンポコ・エッセイ・コミックス)暴れん坊本屋さん (1)
久世 番子/ウンポコ・エッセイ・コミックス





by G-Tools


漫画家で書店バイト員という久世さんのエッセイコミック。全3巻。
書店で働くこと・利用する側・そして本好きとしても
へえへえボタンと笑いのツボを押される事請け合いである。

面白いのは読んだら分かると思うので
個人的にすごく知識になった内容をご紹介。

小さい本屋は品揃えが悪い!
と、思ったことはないだろうか。
実は新刊などは、パターン配本と言って取次※によって
(※出版社から本を卸し、小売り書店へ販売する中間業者)
あらかじめ決められているので、ままならないのだ。

大型書店は実績からパターン配本が優位になるので
小型書店には悪循環を引き起こす。
これを知ってから、出来るだけ近所の書店を利用するようにしている。

恐るべしI波文庫
本がほぼ買い切りで、返品できない。
うおおお、販売業従事したことあるんで考えちゃうけど
恐らく利率と在庫のせめぎあいがあるんだろうな。
それだけI波文庫が強いって事か。えげつねぇな。
おや、誰か来たよう

直木賞・芥川賞の実態
本屋の売り上げが落ちる2・8月を狙って催されている。
うわあああ、そうだったのかあああああ(>'A`)>

パブリシティー強し
パブリシティーとは、本がメディアで紹介されること。
絶対ではないものの、やはり売れ行きに関係が深い。
皇室から紹介されると鉄板なんだと。
うちの職場近くの大型書店は、メディアで紹介されたものを
掲示して貼ってある。成程な~。

お客様が言う本のタイトルは大体間違ってる。
これは笑った。すごい笑った。
「しょうもない僕が上を向いたみたいな本」と言ったら
ちゃんと書店員さんが「ふがいない僕は空を見た」を
持って来てくれたっていうネットのネタがあったなあ。

書店員さんは忙しい!
シュリンク(漫画本にかかっている、例のビニールコーティング)やら
雑誌と付録を一緒にしてある紐掛けは、すべて書店員さんの仕事らしい。
仕入れから返品、本棚の整理・掃除、本探しや案内に英検受付…。
いやいや、本が好きでないとできない仕事だなあと感心。
以降、沢山本を買うときはカバーは「いいです」と言うようになった。

あの「白い犬とワルツを」をベストセラーに押し上げたのは
書店員さんの手書きPOPの力だと言われているそうな。
POPには色んな意味で(笑)←この笑いがポイント
書店員さんのキモチが入っているのだなと実感。

他にも、やはり久世さん自身が本を読まれるので
漫画の中にもいろんな本の表紙が細かく描かれており
書評でなくとも、「あ、この本持ってるぞ~」と思うとちょっと嬉しい。

どんな雰囲気の漫画なのかお試ししたい方は
1巻読み切りのこちらをどうぞ。

番線―本にまつわるエトセトラ (ウンポコ・エッセイ・コミックス)番線―本にまつわるエトセトラ
久世 番子/ウンポコ・エッセイ・コミックス





by G-Tools


こちらは久世さんが本に関する取材をされたエッセイ漫画で
本を貸すときの袋・本についているアオリ・表装・本棚など
「本好きあるある」の身近なエッセイから
国会図書館や写植のような一般人では見られない
知識についても取材されている。

勿論、「暴本」を気に入った方にもオススメ。

個人評価:★★★★


明日の夜はW杯予選ーー!!
もう来年がW杯か。なんか最近4年もあっという間だのう。
関連記事
スポンサーサイト
  • Date : 2013-03-25 (Mon)
  • Category : 漫画
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。