プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

15

のぼうの城 上・下巻

のぼうの城のぼうの城
和田 竜/小学館





by G-Tools


こちらも出た時に気になっていて、文庫化待ちしていた本。
文庫の青&赤の顔表紙は現代的でオサレ、
上下に分けるほどでもない薄さ(笑)に、
気軽に手に取った人も多いんじゃないかと思われり。

いや実際楽しみにしてたのに、読みやすくて面白いから
一気に読み終わってしまったのが勿体ない。

湖に囲まれた浮城・忍城。
当主・成田氏長の従弟である長親は気軽に城下へ降り
でくのぼうをもじった「のぼう様」と呼ばれ、民に親しまれている。
時は秀吉が天下統一を目前とした頃で
関東最大勢力の北条家を相手に、小田原落城を目指していた。

領主達に籠城を通達してきた北条に
忍城は従う形を見せつつ、実は豊臣に降伏する算段であった。
が、豊臣側の使者の余りの傲慢な振る舞いに
「のぼう」は開戦を決意し、布告する結果になる。

まずは「のぼう」のキャラ立てがいい。
領民が「のぼう様が言うんじゃ仕方ない」と笑って戦に挑むのも
つい読んでいてほんわかしてしまう。
秀吉の戦に倣って水攻めを決める石田三成に
臣下や民を城に集め、完全孤立してしまう忍城。
そこで「のぼう」が打ち出した奇策。
ここで少々評価に悩む。

なんと言うか、「のぼう」のキャラと話の結末が
「歴史」というより「まんが日本昔ばなし」に近い。
市原悦子の声で「むかーしあるところに、湖に囲まれたお城があったそうな」
と始まったら、疑問もなく納得したかもしれない。
が、戦国や幕末というありがちな素材でないだけに
ちょっと拍子抜けした感が否めない。

歴史小説に浪漫要素も求めてしまうのは
後世からみた時代的な我儘であろうし
「のぼう」みたいなヒーローもあっていいとは思うのだが。

キッチリ結末まで書ききってあるのも
やや余韻が感じられなくて寂しい気もしなくもないが
娯楽小説と読めば、申し分なく面白い。
教科書だと思われがちな歴史小説の入門書として
表紙から内容からなにまで最適だと思う。

それはそれとして、この忍城の戦を基にした小説が1冊あるらしいので
機会があったらそっちも読み比べてみたい。

個人評価:★★★★
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。