プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

140

植物図鑑

植物図鑑 (幻冬舎文庫)植物図鑑
有川 浩/幻冬舎文庫





by G-Tools


善戦むなしく惜敗致しました。←?

基本的に、恋愛小説が得意でない。
読めるものもあるので、偏見はないつもりなのだが
自分ではそう思っているだけで、やっぱり偏見なのかもしれない。
偏見があると本を読むのにも支障があるので
何とか克服したいとは思っているのだが。

以前にレインツリーの国でも書いたのだが
ストーリーセラーという短編集で有川さんを知り
珍しく心に残った恋愛話だったので、その名を覚えた。
以降も著作を数冊拝読して、恋愛以外の部分は面白かったのだが
肝心の恋愛部分がなかなか呑み込めない。

OLのさやかはある日、イツキという行き倒れの青年を拾い
家事の一切を任せる契約で一緒に暮らすことになる。
イツキは炊事洗濯掃除を一切をこなし
なんと道端に生えている野草で食事を賄ってしまう。
オマケにイケメンで紳士的な上
女心をドキリとさせる天然のタラシ物質を兼ね備え

そんな男おるかい。(゚Д゚#)

い、いや、この偏見がいけないんだよな。うん。
多分、絶滅危惧種かなんかに指定されていて
一般人にはあまり目に触れることがないのだろう。うん。
聞いたことはある気がする。
イケメンとやらの歯は常に白く輝き、排泄もしないとかいう
(↑偏見通り越してUMAになってんだろ)

一方、さやかはセオリー通り(?)
家事は出来ないが、素直で可愛らしい女子である。
イツキと一緒に野草摘みに出かけ
自転車の後ろに乗ったり、川に落ちたり、花冠を編んだり
冷えたイツキの手を一生懸命に温めて
自分の大胆な行動に顔を真っ赤にしたりと

がふっ`;:゙;`;・(゚Д゚||| ) (吐血)

乙女心に胸をときめかせるくだりだと言うのは理解してる。
なのに本を抱えたまま、そわっそわしてる自分がいる。
娘と彼氏がイチャついてるシーンに出くわした
オヤジのような心持で居たたまれない。
いやもうどうしたらいいのだ。本気で。

そんな男女が一つ屋根の下に暮らしたら、当然出るものが出る。
そう、恋だ。←どんな言い草だ
それまでも十分糖度高めだったのに
抑えていた(らしい)二人の恋心はもう止まらない。
「私達、付き合ったばかりなんですw」パワーは半端無く
枯れ果てた年寄りの腹にボディーブローを叩き続けた。

だが当然、「大人のラノベ」を自称する有川さんの物語が
そんなアンコの蜂蜜漬けみたいな状態で終わる筈はない。
甘さを引き立てる為の、「塩」がちょっと投入される。
が、もう自分の口の中は砂糖でジャリジャリで
そんな微妙な味わいを感じることが出来なかった。

善戦するも、敗北。orz...
やっぱり自分には向かないらしい。

個人評価:★★
ファンの人にはごめんなさい。
野草料理の知識としては面白かったです、と
フォローだか何だか分からない言い訳をしとく。


恋愛モノが全く駄目な訳ではない。
なんつーかそれが主体じゃなくて、第二要素ならほぼ大丈夫。
むしろ要素皆無だったりで
「あー、この二人お似合いなのに」なんて思えるくらいだと
なんかすごく応援したくなる。

多分、女の子の方が素っ気ないくらいの方が
自分的に安心して読めるのかも知れない。
女の子が泣いたり怒ったり喚いたりしてると
読んでてあばばばばばばってなるってゆーか。
おかんがよくキレる人だったので
感情爆発させるような女性はちょい苦手。

そういえば芥川龍之介作品に「あばばばば」ってあったな
いや、そっちはなんの関係もないんだけどね。
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。