プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

124

葉桜の季節に君を想うということ

葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫)葉桜の季節に君を想うということ
歌野 晶午/文藝春秋





by G-Tools


殺戮にいたる病と同じく、書評の書きにくい本である。
己を高める修行でもしているのか、自分。

自分もやっぱり、見事に引っ掛かった。
それはもう天晴なほどの騙されっぷりで
「歌野氏に騙された・オブ・ザ・イヤー」という賞があったら…
ってネタは昨日使ったな。(笑)

ややピュア恋愛小説風のタイトルだが
主人公・成瀬将虎はちょっとハードボイルド風の男だ。
のっけからラブホで援助交際をしたかと思うと
キヨシという弟分をはべらせていたり
飛び込み自殺をしようとしたさくらと付き合ったり
てめぇリア充だからって調子こいてんじゃねぇぞ的な
少々いけ好かない第一印象を抱きかねない。

が、おそらく結末を知ったとき
大方の人間が将虎を崇拝してしまうのではないだろうか。
「殺戮…」はどこまで語るべきか迷って
少々文章が短くなってしまったのだが
これは長くなりましてよ!覚悟なさい!おほほほ!(誰だよ)

「ミステリ」と「推理小説」の違いがよく言われるが
そのうちの1つとして「ミステリ」は
「なんでもあり」要素を含んでいると思われる。
「現実には無理なこと」、つまりは幽霊や超常現象という
不確定要素がトリックになっていてもオッケーな点だ。

対して時間や場所という確定要素トリックのみを駆使したものが
「推理小説」と呼ばれるのではないだろうか。
無論、双子は現実にあるものだから使用可だし
20年間土蔵に閉じ込められてたとかも
まあ出来ると言えば出来るので、範疇内としていいだろう。

本書は、そういう意味では推理小説になる。
ストーリー自体には、無理も矛盾もない。
まあ、読者を騙すための「無理」が小説の外側に存在するので
完全に推理小説という枠に入れるのは微妙だが
無理の幅が小さいほど、 結末の衝撃は大きい。

「葉桜の季節に君を想うこと」はページ数もかなりあり
話をやや冗長気味で複雑にしているあたり
ややトリックにも「仕掛けた」感がある。
特に巻末で引っ掛かった箇所が解説されている辺りが、腹が立つ。(笑)
ストーリーの構成と言う点では
俄然、「殺戮にいたる病」の方に軍配があがる。

だが自分の中で印象に残ったのは本書の方で
後から買った本も歌野氏の方が多い。
常識の崩壊感が「葉桜…」の方が大きかった所為もあるが
読後にも、ストーリーが続いていく「奥行」があったからだ。

「殺戮にいたる病」が「5」で「葉桜の季節」が「4」なのは構成上の配点だ。
前者は完璧な幕引きがされている。
だからこその向こう側を見る必要がないというか
トリック以外の読後感はほとんどない。
後者はラストに将虎の未来という余韻があり
読み終えてタイトルの意味が分かるという、後味もいい。

この手の本は、「吊り橋の上の錯覚の恋」だが
殺戮さんは吊り橋を渡り終えた途端、ああ錯覚だったのかと思うが
葉桜さんはちょっとした思い出になったとでも言おうか。
完璧な作品が名作とは限らない。
結局はその本が、心に何を残したかだろう。

それも含めて採点しろよ、って言われると
まあ確かにそうですよね。すいません。

個人評価:★★★★


ここでも本に★の評価をつけているが
「5」は文句のつけようのない完全なもので
「4」は少しばかり気になることがあったという事だが
妄想の余地があるという意味では
「4」の方が二度美味しく楽しんでいるかもしれない。

そういう意味では、「3」とか「2」は
更にツッコミが付随するのだから、4倍くらい楽しいかもしれん。

それを超えて別次元にあるのが「1」である。
これも楽しめたら、本読みの悟りの境地に至れるのだろうがなぁ。
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。