プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

115

立場茶屋おりきシリーズ

さくら舞う―立場茶屋おりき (角川春樹事務所 (時代小説文庫))さくら舞う―立場茶屋おりき
今井 絵美子/角川春樹事務所





by G-Tools


今も黒八をかけた利休色の童子格子に
枯れ草色の昼夜帯をだらりと締め、何処から見ても粋で婀娜っぽい。


人から借りた本なのだが
何ともはや、江戸風情が心地よい。

品川宿門前町にある立場茶屋・おりきは
腕のいい料理と女主人が評判の旅籠(=旅館)である。
江戸時代は公認の宿場町が定められているのだが
宿場と宿場の距離があれば当然、中間地点に宿泊地が必要となる。
その休息所や宿を「立場茶屋」と呼ぶ。

別に違法な訳ではない。
ただ幕府としては公認の宿場町がメインであるから
ある程度は規制があったらしいが。

「おりき」の屋号は先代の名なのだが
今は二代目・雪乃がその名前と看板を背負っている。
小股の切れ上がった品物(=美人)で、柔術に少々覚えがある。
元は武家の出なのだが、先代に命を助けられたと言う。
いわゆる江戸人情もので、全12巻。
まだ読了していないのだが、十分良書だと思うのでご紹介。

江戸物は今までにも割と読んだが
文体などは熟(こな)れているかそうでないかぐらいで
全体的にそう差はないと思っていたが
ちょっと硬派で、それでいて江戸風味を強く残した文体が
読んでいてピリリと小気味よい。

江戸言葉は、なかなかに難しい。
確かにそれっぽくなるのだが、がっつり過ぎると読み疲れてしまう。
ていうか、「てやんでぃっ!」って文字で書くと間抜けだもの。(´・ω・`)
まあ本書にも「置きゃあがれ!」が出てはくるが(笑)
「お」が「置」の漢字になっている辺りが心憎い。

他にも「頓痴気(とんちき)」とか「女ご(おなご)」とか
「御馳(ごち)になる」「堕(だ)らしねぇ」とか
随所に間抜けさを引き締める心遣いが見られる。つーか、
漢 字 が 並 ん で る だ け で 楽 し い 。
(↑本読みにありがちな贔屓ポイント)

茶菓や一膳飯では足りず、肴一皿で二刻ばかりも
ぐだ咄で現を抜かす喰抜けもいる


もうあと2、3歩で漢文になりそうだよコリャ。(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァ

「鉄火肌」なんて、今じゃ死語に近い言葉も嬉しい。
十三夜や二十六夜(にいざよい)なんて
(※当時は十五夜以外にも月を愛でる行事があった
  江戸の倹約精神から徐々に廃れたらしい)
なんとも粋だねぇ。いなせだねぇ。(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァだねぇ。←台無し

江戸に人情なんて漬物級の常備菜だが
今回は文体というオカズでゴハンがすすむ。
最後まで読むのが楽しみである。

個人評価:★★★★


江戸言葉とは、江戸で発達した言語という意味で
参勤交代や他地方からの移住などで生み出された言葉のこと。

べらんめえ調が印象的だが
どちらかと言うと職人よりで、商人には商人言葉があるし
吉原なら花魁言葉(あちき・ありんす・~しなんせなど)がある。
要するにごった煮で出来た方言だ。

いわゆる標準語というのは、日本では筆記に重点を置いているので
アクセントからいうと、ほとんどの人間が方言を喋っていると何かで読んだ。
今は関西のお笑い芸人が全国区で知られているので
関西弁もそれなりの地位を得ているが
20年くらい前に東京に遊びに来た時は
電車の中で喋っているだけですごい異質な目で見られた記憶がある。

聞えよがしに「関西弁って下品だよな」と言われた時は
もう二度とこんなとこ来るかと思ったが
今現在住んでいるんだから、人生はわからんもんだ。
西に帰ったら帰ったで
関東っぽい言葉がでると友人に「嫌な感じ」と言われるから
まあどっちもどっちなんだけど。

ちなみにテレビ画面の下に出る「テロップ」は
関西人がテレビに進出した頃に
早口とイントネーションで何を言ってるのか分からないので
多用されるようになったと聞くが、本当かね。
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。