プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

10

燃えよ剣 上・下巻

燃えよ剣燃えよ剣
司馬 遼太郎/文藝春秋






by G-Tools


他にも読んだが、とりあえず新撰組フェアはここで一旦終了。

同じく司馬先生の作品なので、血風録とキャラ構成は同じだが
こちらは土方歳三を中心にした小説。
いや、新撰組とは土方そのものであり
その浮沈はすべて彼の生き様に掛かっていたのだが。

ストーリーは言うまでもなく
近藤ら田舎道場の面々が名を上げるために京へ上り
浪士組という寄せ集めに過ぎない身の上から
正式に新撰組となる過程と内部抗争から
幕府が崩壊するまでの敗戦と
土方が蝦夷にわたって最期を遂げるまでの話だ。

新撰組の本ときたら全部この話で
微妙な仕様変更あるだけなのだが
これが結構、作者によってカラーがでるから面白い。

硬派新撰組に必ずつきものである妾や恋人話。
あえて創作キャラの雪を土方にあてたのも
女性関係に奔放だった隊の中で、沖田に一途な恋をさせたのも小憎い。
史実と創作の配合が絶妙すぎて
つい信じてしまいたくなる司馬先生マジック、見事なり。

鬼の副長・土方はある意味、得体のしれない人物だ。
自分の名誉や欲の為でなく、局長・近藤を押し上げる為に
隊の規律を作り上げ、また隊員をも粛清する。
だがその近藤亡き後も戦い続け
更に蝦夷地へ渡り、最後の最後まで戦火に身を置いている。
彼をそこまで突き動かしたものは、一体なんだったのだろう。

今まで新撰組に興味が持てなかったのも
この土方がいまひとつ理解できなかった所為もあった。
司馬版・土方は彼が根っからの喧嘩師で
また勝負師であると捉えてあり
自分的にもそれが一番しっくりくるように思う。

ただ彼は、目の前に敵があるから戦い続けたのだろう。
片田舎の薬屋に生を受けながら、何を運命を違えたのか
彼は移り行く時代の傍観者ではいられなかったのだ。
武士の最後の時代に生まれた事に歓喜し
己がここに確かに生きた証を得たことに咆哮し
そうして死んでいくことは、幸福ですらあったのかも知れない。

新撰組という佐幕派は時代に勝てなかったが
今も彼らの生き方が現代に広く受け入れられているのをみれば
彼個人のクーデターは成功だったとも思える。

そこに最後の武士がいたことを
今も多くの日本人が胸に刻んでいるのだから。

個人評価:★★★★
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。