プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2014年12月 | 01月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1375' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
593

【日記】2014年 棺桶に持っていきたい本

羆嵐 (新潮文庫)吉村 昭 新潮社 1982-11-29売り上げランキング : 2952Amazonで詳しく見る by G-Tools今年読んだ本は、概算で200冊くらい。再読の本もあるが、読んだ時で感想が変わることもあるので「今」読んでよかったと思えた本の記録。自分的に今年はクマーに心乱された年であった。この三冊はクマー三部作として心に深く刻まれ過ぎた。((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルシャトゥーン ヒグマの森 (宝島SUGOI文庫) (宝島社文庫)増田 俊... <table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101117136/goodpic-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51dCpQNcb9L._SL160_.jpg" border="0" alt="羆嵐 (新潮文庫)" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101117136/goodpic-22/" target="_top">羆嵐 (新潮文庫)</a><br />吉村 昭 <br /><br />新潮社 1982-11-29<br />売り上げランキング : 2952<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101117136/goodpic-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br /><br />今年読んだ本は、概算で200冊くらい。<br />再読の本もあるが、読んだ時で感想が変わることもあるので<br />「今」読んでよかったと思えた本の記録。<br /><br />自分的に今年はクマーに心乱された年であった。<br />この三冊はクマー三部作として心に深く刻まれ過ぎた。((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル<br /><br /><table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4796669035/goodpic-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51QeBNVd9XL._SL160_.jpg" border="0" alt="シャトゥーン ヒグマの森 (宝島SUGOI文庫) (宝島社文庫)" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4796669035/goodpic-22/" target="_top">シャトゥーン ヒグマの森 (宝島SUGOI文庫) (宝島社文庫)</a><br />増田 俊也 <br /><br />宝島社 2009-06-05<br />売り上げランキング : 67989<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4796669035/goodpic-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br /><br /><table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101345538/goodpic-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41jrKR1avnL._SL160_.jpg" border="0" alt="デンデラ (新潮文庫)" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101345538/goodpic-22/" target="_top">デンデラ (新潮文庫)</a><br />佐藤 友哉 <br /><br />新潮社 2011-04-26<br />売り上げランキング : 299612<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101345538/goodpic-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br /><br /> →<a href="http://harubooook.blog.fc2.com/blog-entry-420.html" target="_blank">羆嵐 の記事</a><br /> →<a href="http://harubooook.blog.fc2.com/blog-entry-455.html" target="_blank">シャトゥーン ヒグマの森 の記事</a><br /> →<a href="http://harubooook.blog.fc2.com/blog-entry-456.html" target="_blank">デンデラ の記事</a><br /><br />カンケーない話だがウチに「はるほん ババァ」の検索で来た人がいて<br />多分記憶から探しに来てくれたんだろうなとは思ったが、ワロタ。<br /><br /><hr size="1" /><br />今年はなんとなく家族ものを手に取ることが多かったなと、後から思った。<br /><br /><table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101354154/haruhon-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51tmaiBnnXL._SL160_.jpg" border="0" alt="シズコさん (新潮文庫)" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101354154/haruhon-22/" target="_top">シズコさん (新潮文庫)</a><br />佐野 洋子 <br /><br />新潮社 2010-09-29<br />売り上げランキング : 7532<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101354154/haruhon-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br />故・佐野洋子さんの母との確執を描いたエッセイ。<br />でもきっと彼女を責められる人は、そういないと思う。<br /><br /> →<a href="http://harubooook.blog.fc2.com/blog-entry-464.html" target="_blank" title="シズコさん の記事">シズコさん の記事</a><br /><br /><table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087468739/haruhon-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51mCSIsMPFL._SL160_.jpg" border="0" alt="床屋さんへちょっと (集英社文庫)" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087468739/haruhon-22/" target="_top">床屋さんへちょっと (集英社文庫)</a><br />山本 幸久 <br /><br />集英社 2012-08-21<br />売り上げランキング : 368091<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087468739/haruhon-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br />さえないおじーちゃんの生涯を遡っていく。<br />それは本当に、最後までさえないのだけれど。<br /><br /> →<a href="http://harubooook.blog.fc2.com/blog-entry-558.html" target="_blank" title="床屋さんへちょっと の記事">床屋さんへちょっと の記事</a><br /><br /><table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00OIH8K44/haruhon-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51YaAEGsJvL._SL160_.jpg" border="0" alt="小野寺の弟・小野寺の姉" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00OIH8K44/haruhon-22/" target="_top">小野寺の弟・小野寺の姉</a><br />西田征史 <br /><br />幻冬舎 2014-10-24<br />売り上げランキング : 1600<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00OIH8K44/haruhon-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br />40代の姉と30代の弟の二人暮らし。<br />一小節ずつ視点が入れ替わる。<br /><br /> →<a href="http://harubooook.blog.fc2.com/blog-entry-554.html" target="_blank" title="小野寺の弟・小野寺の姉 の記事">小野寺の弟・小野寺の姉 の記事</a><br /><br /><br />どれも読んでる途中にじんわりきた本だが、<br />悲しかったのではなく、ココロが温かくなって目頭が熱くなったのだ。<br />そういう涙って一生にそう沢山流せるもんじゃないと思うので<br />いい本読んだなーとシミジミ。<br /><br /><hr size="1" /><br /><table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062778602/haruhon-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51Ou%2BblDh5L._SL160_.jpg" border="0" alt="ぼくには数字が風景に見える (講談社文庫)" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062778602/haruhon-22/" target="_top">ぼくには数字が風景に見える (講談社文庫)</a><br />ダニエル・タメット 古屋 美登里 <br /><br />講談社 2014-06-13<br />売り上げランキング : 13096<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062778602/haruhon-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br />共感覚を知るには一番いい本だと思う。<br />理屈ではなく、色のついた数字の世界が見えるような心地がする。<br /><br /> →<a href="http://harubooook.blog.fc2.com/blog-entry-487.html" target="_blank" title="僕には数字が風景に見える の記事">僕には数字が風景に見える の記事</a><br /><br /><table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4150405298/haruhon-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51mPS3p0rbL._SL160_.jpg" border="0" alt="レインマン" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4150405298/haruhon-22/" target="_top">レインマン</a><br />山本 やよい リアノー フライシャー <br /><br />早川書房 1989-02<br />売り上げランキング : 331207<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4150405298/haruhon-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br />コチラも合わせて、是非。<br /><br /> →<a href="http://harubooook.blog.fc2.com/blog-entry-490.html" target="_blank" title="レインマン の記事">レインマン の記事</a><br /><br /><hr size="1" /><br />歴史・時代物。今年は平安時代が◎だった。<br /><br /><table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4344422740/haruhon-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51PodGv8bPL._SL160_.jpg" border="0" alt="十二単衣を着た悪魔 源氏物語異聞 (幻冬舎文庫)" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4344422740/haruhon-22/" target="_top">十二単衣を着た悪魔 源氏物語異聞 (幻冬舎文庫)</a><br />内館 牧子 <br /><br />幻冬舎 2014-12-04<br />売り上げランキング : 149450<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4344422740/haruhon-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br />源氏物語を知ってたら、絶対楽しめると思う。<br />生まれて初めて光源氏をイイヤツだと思いますた。<br /><br /> →<a href="http://harubooook.blog.fc2.com/blog-entry-578.html" target="_blank" title="十二単衣を着た悪魔 の記事">十二単衣を着た悪魔 の記事</a><br /><br /><table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4122059224/haruhon-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51JZ6M0nYEL._SL160_.jpg" border="0" alt="時平の桜、菅公の梅 (中公文庫)" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4122059224/haruhon-22/" target="_top">時平の桜、菅公の梅 (中公文庫)</a><br />奥山 景布子 <br /><br />中央公論新社 2014-03-20<br />売り上げランキング : 193768<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4122059224/haruhon-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br />怨霊ブームから読んだ1冊だったけど<br />平安時代の描かれ方がすごくよかった。<br /><br /> →<a href="http://harubooook.blog.fc2.com/blog-entry-494.html" target="_blank" title="時平の桜、菅公の梅 の記事">時平の桜、菅公の梅 の記事</a><br /><br /><table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569669816/haruhon-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/412j%2ByX0FmL._SL160_.jpg" border="0" alt="天璋院(てんしょういん)と和宮(かずのみや) (PHP文庫)" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569669816/haruhon-22/" target="_top">天璋院(てんしょういん)と和宮(かずのみや) (PHP文庫)</a><br />植松 三十里 <br /><br />PHP研究所 2008-02-01<br />売り上げランキング : 629968<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569669816/haruhon-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br />コレ↑は江戸時代だけど、ちょい家茂ブーム継続中なので。<br />慶喜に押されて地味だが、悲運の将軍様。<br />タイトルから存在が既に押し出されてることは内緒。<br /><br /> →<a href="http://harubooook.blog.fc2.com/blog-entry-461.html" target="_blank" title="天璋院と和宮 の記事">天璋院と和宮 の記事</a><br /><br /><table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4344407032/goodpic-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51KVQS0P0HL._SL160_.jpg" border="0" alt="黒龍の柩 (上) (幻冬舎文庫)" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4344407032/goodpic-22/" target="_top">黒龍の柩 (上) (幻冬舎文庫)</a><br />北方 謙三 <br /><br />幻冬舎 2005-10<br />売り上げランキング : 62687<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4344407032/goodpic-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br />新選組は好きだけど、イマイチ理解できなかった土方が<br />コレで何かが腑に落ちた気がした。<br />ただし新選組の入門書には向かないかも。<br /><br /> →<a href="http://harubooook.blog.fc2.com/blog-entry-421.html" target="_blank" title="黒龍の棺(上) の記事">黒龍の棺(上) の記事</a><br /> →<a href="http://harubooook.blog.fc2.com/blog-entry-423.html" target="_blank" title="黒龍の棺(下) の記事">黒龍の棺(下) の記事</a><br /><br /><hr size="1" /><br />これから楽しみな作家さん・本。<br /><br /><table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4488432115/goodpic-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51r%2BgEZYdYL._SL160_.jpg" border="0" alt="叫びと祈り (創元推理文庫)" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4488432115/goodpic-22/" target="_top">叫びと祈り (創元推理文庫)</a><br />梓崎 優 <br /><br />東京創元社 2013-11-28<br />売り上げランキング : 212618<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4488432115/goodpic-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br />文章がすごく好みだった。<br />デビュー作ということで、次の本が凄い楽しみ。<br /><br /> →<a href="http://harubooook.blog.fc2.com/blog-entry-384.html" target="_blank" title="叫びと祈り の記事">叫びと祈り の記事</a><br /><br /><table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087452433/haruhon-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51PFT4Jy2EL._SL160_.jpg" border="0" alt="猫の手、貸します 猫の手屋繁盛記 (集英社文庫)" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087452433/haruhon-22/" target="_top">猫の手、貸します 猫の手屋繁盛記 (集英社文庫)</a><br />かたやま 和華 <br /><br />集英社 2014-10-17<br />売り上げランキング : 32018<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087452433/haruhon-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br />これぞまさしく猫侍!<br />トンデモ設定だけど、時代物の雰囲気がちゃんとあって(・∀・)イイ!!<br /><br /> →<a href="http://harubooook.blog.fc2.com/blog-entry-571.html" target="_blank" title="猫の手、貸します 猫の手屋繁盛記 の記事">猫の手、貸します 猫の手屋繁盛記 の記事</a><br /><br /><hr size="1" /><br /><table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B009IWXL8E/haruhon-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41HZkY85gvL._SL160_.jpg" border="0" alt="羅生門" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B009IWXL8E/haruhon-22/" target="_top">羅生門</a><br />芥川 竜之介 <br /><br /> 2012-09-27<br />売り上げランキング : <br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B009IWXL8E/haruhon-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br /><br />後は個人的に、夏にやったアクティ祭(=芥川作品再読)が楽しかった。<br />今になってもまだいろいろ発見がある。<br />むしろ齢を重ねて至る考えもあるのだなあと思ったり。<br /><br /> →<a href="http://harubooook.blog.fc2.com/blog-entry-504.html" target="_blank" title="彷徨える猶太人①">彷徨える猶太人①の記事</a> <a href="http://harubooook.blog.fc2.com/blog-entry-505.html" target="_blank" title="②">②の記事</a><br /> →<a href="http://harubooook.blog.fc2.com/blog-entry-506.html" target="_blank" title="神神の微笑 の記事">神神の微笑 の記事</a><br /> →<a href="http://harubooook.blog.fc2.com/blog-entry-507.html" target="_blank" title="芋粥 の記事">芋粥 の記事</a><br /> →<a href="http://harubooook.blog.fc2.com/blog-entry-508.html" target="_blank" title="好色 の記事">好色 の記事</a><br /> →<a href="http://harubooook.blog.fc2.com/blog-entry-510.html" target="_blank" title="蜘蛛の糸・杜子春 の記事">蜘蛛の糸・杜子春 の記事</a><br /> →<a href="http://harubooook.blog.fc2.com/blog-entry-511.html" target="_blank" title="藪の中 の記事">藪の中 の記事</a><br /> →<a href="http://harubooook.blog.fc2.com/blog-entry-513.html" target="_blank" title="俊寛 の記事">俊寛 の記事</a><br /> →<a href="http://harubooook.blog.fc2.com/blog-entry-512.html" target="_blank" title="六の宮の姫君 の記事">六の宮の姫君 の記事</a><br /> →<a href="http://harubooook.blog.fc2.com/blog-entry-515.html" target="_blank" title="羅生門 の記事">羅生門 の記事</a><br /><br /><hr size="1" /><br />1週間ほどネオチするので、お先に来年のご挨拶。<br /><br />書評コミュニティやツイッターで遊んでくれた人、<br />ウチのブログに来てくれた方々にも、今年1年お世話になりました。<br />気が向いたら来年もよろしくしてやってください。<br /><br />来年も面白い本にたくさん出会えるとよいなー!ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ<br /><br />          <a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20141226.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-75.fc2.com/h/a/r/harubooook/20141226.png" border="0" width="300" /></a><br /><br />年末に未を描きすぎて、未成年という字がひつじせいねんに見える罠。<br />という思い付きで描いたアルパカだが<br />あとからコイツがヤギだったことが判明。<br /><br />最後までグダグダですが、よいお年を。<br />
  • Date : 2014-12-27 (Sat)
  • Category : 日常
592

悼む人〈下〉

悼む人〈下〉 (文春文庫)天童 荒太 文藝春秋 2011-05-10売り上げランキング : 5274Amazonで詳しく見る by G-Tools「悼む人(上)」の続き。3つの視点から進む「悼むこと」への問い。元殺人犯の女性とエグい記者の章は「いかにも」という感じなので正直なところ、フツーにお話として読んでしまった。母親の章を読む為に再読したので、こちら中心の話になる。死者の最期の場所を訪ね、その生前の姿を尋ねる「悼む人」。尋ねられた... <table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167814021/haruhon-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/514AaB-OrDL._SL160_.jpg" border="0" alt="悼む人〈下〉 (文春文庫)" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167814021/haruhon-22/" target="_top">悼む人〈下〉 (文春文庫)</a><br />天童 荒太 <br /><br />文藝春秋 2011-05-10<br />売り上げランキング : 5274<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167814021/haruhon-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/blog-entry-591.html" target="_blank" title="「悼む人(上)">「悼む人(上)</a>」の続き。<br /><br /><br /><br />3つの視点から進む「悼むこと」への問い。<br />元殺人犯の女性とエグい記者の章は「いかにも」という感じなので<br />正直なところ、フツーにお話として読んでしまった。<br />母親の章を読む為に再読したので、こちら中心の話になる。<br /><br />死者の最期の場所を訪ね、その生前の姿を尋ねる「悼む人」。<br />尋ねられた者は一様に不審な顔をし、その意味を知りたがる。<br />だが「悼む人」は、ただ悼みたいだけだと言う。<br />怪訝ながら口を開く者もいれば、嫌がる者もいる。<br />中には、嬉々としてその思い出を語る者もいる。<br /><br />一度だけ「悼む人」に会った記者は、サイトを立ち上げて情報を集めようとする。<br />ほとんどが気味が悪いだの偽善という誹謗中傷のなか<br />少数ながら感謝や「来てほしい」という書き込みが見られる。<br />そのくだりを読んで、ふと思う。<br />悼みに救いを感じている人は、死を身近に感じた人たちなのだ。<br /><br /><br /><br />数年前にこの本を読んだときは、共感できなかった。<br />自分はまだ「死」を身近に感じていなかったのだ。<br />それこそが「生きている」ということなのだろうが、<br />世の中はままならないものだ、と思う。<br /><br /><br /><br />母親の病状は静かに進行していく。<br />少しずつ不自由になっていく日常生活の中に<br />それでも自分の存在への価値を見いだそうとする。<br />叶わないかもしれないと思いながら<br />娘の出産予定日まで生きていられたらと思う。<br />息子が帰る日まで生きていたいと思う。<br /><br /><br /><br />ここを読むのは、辛かった。<br />義母は自分が癌であることも知っていたし、延命治療も拒んでいた。<br />だが再々発が分かり、「年内は持たないかもしれない」ということは<br />結局告げることが出来なかった。<br />家庭によって考えはそれぞれだろうが<br />「自分だけが此処から消えてしまう」という共有できない疎外感は<br />家族にとっても辛いものなのだと、今は思う。<br /><br />全てを受け入れたうえで、家族の為に気丈に過ごす。<br />いかにも物語の上の美談のようだが<br />多少状況は違えど、義母は本当にこんな人だった。<br />もう本当に、読むのが辛かった。<br /><br />旅先で何かを見たり聞いたり、人に出会ったり<br />あらゆることに「感謝しなきゃねえ」と手を合わす人だった。<br />治療が終わったときも、「感謝感謝」と笑っていた。<br />最後に電話をした時も、「なにも思わなくていいのよ<br />私は本当にいい人生だったんだから」と言われた。<br /><br />敢えてそう言ってくれたことは分かっている。<br />最期まで義母は家族に感謝し、それを口に出してくれていた。<br />それがどんなに残された者を救うのか、知っていたのだろう。<br /><br />義母が息を引き取った時は、自分まだ東京にいて<br />翌朝1番で行く準備をしていた。<br />義姉が病院についていてくれたことだけが救いだが<br />相方のケツをひっぱたいてでも、前日に帰すべきだったと後悔している。<br />逢いたかっただろうな、と本書を読んで何度も思った。<br /><br />自分達が家に着いたとき、坊さんが枕経をあげてくれたところだった。<br />間に合わなかったのだとつくづく思った。<br />が、坊さんは「お話してあげてください。まだお耳は聞こえていますよ」と<br />静かに微笑んでくれた。<br />残された者を救う話だとは思いつつ、鼻の奥がつんとした。<br /><br /><br /><br />「悼む人」の受け取り方はそれぞれだろう。<br />彼のように見知らぬ死まで全てを受け入れることは、不可能に思う。<br />例え、たった3つの質問でもだ。<br />人は生きていくために、忘れることも大事な通過点になる。<br />そういう意味で自分は、共感はしなかった。<br /><br />ただ「愛する人、愛された人、感謝されたこと」<br />という削ぎ落された3つの質問は、そうかもしれない、と感じた。<br />忘れるというのは、忘却することではない。<br />その人を何時までも思い出せるよう、<br />その人が残そうしたものだけを心に保管しておくことなのだろう。<br /><br />まだ後悔が先に立ち、そこまで都合よく解釈はできないが<br />義母が「感謝感謝」と手を合わせていた姿は、残しておこう。<br />週末は義母の四十九日、その日に納骨もする。<br />墓前に手を合わせて、感謝したい。<br /><br /><br /><br />最期まで義姉の、そして相方の「母」であってくれて<br />本当にありがとうございました。<br /><br /><br />個人評価:★★★★<br /><hr size="1" /><br /><br />今日は漫画なしで。<br />や、単にバタバタして描く時間がないだけなんだが、<br />中国に旅行した時のネタがあるので、またいずれ。<br />義母じゃなくて相方のネタだが。(笑)<br /><br /><br />ここで何度もネタにしているが<br />ウチのおかんは割と「母」よりも「自分」が出てしまう人なので<br />義母に会ったときはちょっと感動した。<br />常に義姉と相方に「親」というスタンスをとっていて<br />それが押しつけがましくなく、よいお母さんだなと思った。<br /><br />最期はもう話すことが出来ず<br />義姉と筆談をしたらしいが、それも字の形になっていなかった。<br />それでも娘へ「ありがとう」という文字があったのが判別できた。<br /><br />最後の1行だけ、義姉も筆談をしていた。<br />聞こえている様子がなかったのかもしれない。<br />義姉の字で「ありがとう。幸せでした」と書かれていた。<br />本当に、義母が一人で逝かなくてよかった。<br />義姉にも感謝しきりだ。<br /><br /><br /><br />戒名にも「常に感謝を忘れない、明るい人柄だった」<br />という意をこめたものを、坊さんがつけてくれた。<br />今まで一番近い葬式は祖父母だったが<br />はじめて「家」から葬式を出して、日本の葬式というのは<br />遺族によりそったものなのだなと思ったりした。<br /><br />手続き等がほぼギリギリまであり、<br />亡骸からお骨になるまでのカウントダウンに浸る暇がない。<br />お骨を持って仏間に帰ってくると<br />どこかでほっと一息ついた心地になる。<br />喪失感がほんの少し、引き算されてしまうのだ。<br /><br />この後に遺品整理などがあると、また気持ちも乱れるのだろうが<br />義母はここまで自分でやってから逝ったのだから、頭が下がる。<br />入退院を繰り返していた頃に、暇を見て片付けていたらしい。<br />箪笥の中はほぼ空っぽで、引き出しにハガキが数枚入れてあり、<br />「私が死んだら投函してください」と義母の字があった。<br /><br /><br /><br />素敵な人だった。<br />お蔭で自分は最期まで義母を好きでいられた。<br />───ということを生前に伝えられなかったので<br />今回は評のような日記のようなものになってしまったのだが。<br /><br /><br />週末は、晴れるといいな。<br /><br />
591

悼む人〈上〉

悼む人〈上〉 (文春文庫)天童 荒太 文藝春秋 2011-05-10売り上げランキング : 15634Amazonで詳しく見る by G-Toolsこれを読了したのは3年ほど前のこと。当時はイマイチ入り込めずにそのまま本棚に放り込んでしまい、もう一度読むかと思いつつ、手に取れなかった。一度目にこの本を読んだ年に、義母の癌を知らされた。無論その時はこの本を関連付けた訳ではなく、むしろ思い出しもしなかった。義母は辛い抗がん剤治療に耐え、退院... <table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167814013/haruhon-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51yjvRqYgFL._SL160_.jpg" border="0" alt="悼む人〈上〉 (文春文庫)" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167814013/haruhon-22/" target="_top">悼む人〈上〉 (文春文庫)</a><br />天童 荒太 <br /><br />文藝春秋 2011-05-10<br />売り上げランキング : 15634<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167814013/haruhon-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br /><br />これを読了したのは3年ほど前のこと。<br />当時はイマイチ入り込めずにそのまま本棚に放り込んでしまい、<br />もう一度読むかと思いつつ、手に取れなかった。<br /><br />一度目にこの本を読んだ年に、義母の癌を知らされた。<br />無論その時はこの本を関連付けた訳ではなく、むしろ思い出しもしなかった。<br />義母は辛い抗がん剤治療に耐え、退院した。<br />自分達より義母は余程健康な身体と生活をしていたから<br />きっともう大丈夫だと、どこかでそう安心いていた。<br /><br />───そうして2年もたたない頃に、義母の癌は再発した。<br /><br /><br /><br />「悼む人」とは、そのまま死者を悼む男が主人公だ。<br />快活に育ち、大学を卒業して医療メーカーに就職したのちに<br />ガードレールに供えられた花や新聞の小さな死亡記事にある場所を尋ね、<br />死者のことを調べるようになった。<br /><br />試行錯誤して、彼の質問は3つに絞られた。<br />「この方は生前、誰を愛していましたか<br /> そして誰に愛されましたか<br /> どんなことで感謝されたでしょうか」<br />そうしてその場所で祈りをささげ、去っていく。<br />事件や事故・自殺の如何を問わず、彼はずっとそんな旅を続けている。<br /><br />彼が悪人でない事はわかる。<br />だがその行動には、読者ですら共感しにくい。<br />他人の死に踏み込むということが暗黙のタブーとなっている、<br />日本のお国柄の所為でもあるだろう。<br />「何の為に?」という疑問がどうしても生じてしまう。<br /><br />実際、たびたび身元確認で警察から連絡を受ける母ですら<br />息子の思いを正確に説明することが出来ないのだ。<br />けれど母親は息子の行動を非難することはせず、<br />ただじっとその帰りを待ちわびている。<br />彼女は既に余命宣告を受け、癌を患っているからだ。<br /><br /><br /><br />だから、その時は読めなかった。<br />だがこの年末に忌明けで帰郷するのを前に<br />そろそろ読んでみようと思った。<br /><br /><br /><br />この物語の視点は3つ。「悼む人」本人の視点はなく、<br /> ①母親<br /> ②途中から彼に同行した元殺人犯の女性<br /> ③一度だけ「悼む人」に会ったエグい事件記事を売りとする記者<br />「悼む」という行為が、3人の目を通して語られていく。<br /><br />理想の物語ではある。<br />けれど同時に現実でもある。<br />母親の章になると、どうしても気持ちが乱れる。<br /><br />義母であり、実母ではない。<br />他人である自分が身内を失うというネタを書くのは<br />それこそ不謹慎でエゴかもしれない。<br />だが母親の章の台詞に、どきりとした。<br /><br /><blockquote><p>この子は、母親の死が近いことをまだ実感できていない</p></blockquote><br /><br />母親が家に戻ってきた娘に<br />「まだ私は諦めてない。治療法はある筈」と言われて思う言葉だ。<br />そうなのだ。<br />本当に死は近くまで来ないと、もしくは<br />過ぎ去ってからでないと実感できないものなのだ。<br /><br /><br /><br />きっと治ると思っていた。<br />再発でもう一度抗がん剤治療を受け、<br />「次はもう、こんな辛い治療は受けたくない」と<br />義母が言ったときも、どこかで信じていた。<br />そんな事が起こる筈がない、と。<br /><br />そうして今年の夏。<br />再々発したと義父に電話で聞いたとき、<br />はじめてそれは実感となった。<br /><br />思わず、電話口で泣いた。<br />今までこんなに時間があったのに、<br />なんでこんなに何もしてこなかったんだろうと思った。<br /><br /><br /><br />下巻に続く。<br /><br />個人評価:★★★★<br /><br />評だか日記だかわかんない書き方ですませ。<br /><br /><hr size="1" /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20141224-1.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20141224-1.png" border="0" width="420" /></a><br /><br />「また行きたいわね!」と何度も言っていたので<br />もう一度一緒に行こうと思っていたのだが<br />肝心の相方がなかなか休みを合わせられなかった。<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20141224-2.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20141224-2.png" border="0" width="420" /></a><br /><br />相方は基本、余り海外旅行に興味がない。<br />が、なんとかOKをとりつける。<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20141224-3.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20141224-3.png" border="0" width="420" /></a><br /><br />義母だけ旅行することがないでもなかったが<br />義父が行き先や詳細を言わなかったのが、少し気にはなっていた。<br /><br />で、夏休みは用事があったので一人で帰省した。<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20141224-4.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20141224-4.png" border="0" width="420" /></a><br /><br />仕方なく手土産を置いて帰り、<br />夜になってから義父からお礼のメールがあった。<br />義母から電話がなかったことが、また気になった。<br /><br />後でわかったのが、夏休みの連絡をした時には<br />義母は再々発の疑いで検査入院をしていたのだった。<br />そして結果が出て、ちょうど自分が訪れた日が入院の日だったのだ。<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20141224-5.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20141224-5.png" border="0" width="420" /></a><br /><br />いや、擬音はギャグじゃないけど。(不謹慎ギャグ)<br />義母は悪性リンパ腫で、最初に見つかった時に既に<br />ステージ4の部分があったのだが、切除手術が可能だった。<br /><br />今回は肺に転移し、手術も出来ない状態になっており<br />この入院がもう最後になる、と義父に言われた。<br />ただ、義母はその覚悟は前からできているけど<br />「今年はもたない」という事は告げていない───、と。<br /><br />相方は一時退院に合わせて帰った。<br />その夜、義母からとても嬉しそうな声で電話があった。<br />「家で豚しゃぶ食べたんだけどね!<br /> もうそれが美味しくて、動けないくらい食べちゃったわ!」<br />相方も東京に戻ってから「めっちゃ元気やった」と苦笑いしていた。<br /><br />それだけ、楽しかったのだ。<br />あんなグータラな子供でも(失礼な)、やはり可愛いのだと思った。<br />その次は自分も一緒に帰ったが、<br />義母は酷く衰弱し、全く食欲がないのだと言った。<br /><br />それでも、相方が持っていったお土産を口にして<br />「これ美味しいわ」と3つほど平らげてしまった。<br />その後1週間もしないうちに容体が悪くなり、<br />「早ければ1日、持っても1週間」と言われて、1日で息を引き取った。<br />こういう診立てって、本当に当たるんだなとぼんやり思った。<br /><br />義母は最後まで、子供に病の苦しみを殊更見せたり、<br />ましてや八つ当たりや愚痴をしなかった。<br /><br />この人は本当に「母」なのだなと、心から思った。<br /><br /><br />明日に続きます。
590

WJ2015年4・5号

ONE PIECE771 「八宝水軍首領・サイ」ゾロvsビーカ戦とサイvsラオG戦+ベビー5。ゾロはビーカが「何かを狙っている」と予測。まあこれも妄想なんだけど、鳥カゴ自体はドフラの技だがコレってビーカとの合わせ技でもあるんじゃないか。糸による外界の遮断と、人を操作する能力。まさに「地上では」破ることのできない鉄壁だ。ドフラの能力がどんだけ高いのかは分からんが一国すべての人間を操るのは、さすがに不可能に思える。しか... <table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20121231104712c1a.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20121231104712c1a.jpg" alt="wj" border="0" width="110" height="160" /></a></td></tr></table><br /><br />ONE PIECE771 「八宝水軍首領・サイ」<br />ゾロvsビーカ戦とサイvsラオG戦+ベビー5。<br /><br />ゾロはビーカが「何かを狙っている」と予測。<br />まあこれも妄想なんだけど、鳥カゴ自体はドフラの技だが<br />コレってビーカとの合わせ技でもあるんじゃないか。<br />糸による外界の遮断と、人を操作する能力。<br />まさに「地上では」破ることのできない鉄壁だ。<br /><br />ドフラの能力がどんだけ高いのかは分からんが<br />一国すべての人間を操るのは、さすがに不可能に思える。<br />しかし半数を「誰かを殺す」側として操れば、半分以下でいいわけだ。<br />その「操られていない」側が地面を掘ってカゴの外へ出れば<br />実は脱出可能なんじゃないかな。<br /><br />つまり地下部分を補強しているのがビーカなんじゃないか。<br />と言うより、鳥カゴが動いたり狭くなったりしている様子がないことから<br />鳥カゴになった時点で、代理責任者はビーカになってんじゃないのかね。<br />ドフラではなく、ビーカを倒した時点で<br />鳥カゴは消滅、もしくは効果が半減するんじゃないかと思ったり。<br /><br />ビーカにずっと「巨人の心臓」の童話のイメージがあったんだよね。<br />人を石にしてしまう巨人で、心臓を別の場所にしまっているから<br />誰にも倒せないという話だ。<br />この鳥カゴにはどこかに「核」のようなものがあるんじゃないか。<br />ドフラの糸人形をビーカが守っているとも考えられる。<br />それに近付けさせないよう、ビーカは暴れているのではないかな…、とか。<br /><br />ゾロの活躍は船長の活躍と連動する気がするので<br />決着がつくのはもうチョイ先だろうか。<br />とりま今回はサイの回ですな!<br /><br />ていうかラオG面白すぎる。<br />ここで退場なんて惜しすぎる。<br />老いれば老いる程強くなるなんて、最高。(元ネタは酔拳だね)<br />今まで矍鑠(かくしゃく)としてたのに急にジーサンみたくなったのに<br />ちょと違和感もあったが、面白いので許す。<br /><br />ラオGの過去話はないのか。<br />ヨボヨボで周囲に邪険にされるのを恐れて、筋肉改造をはじめたとか。<br />昔、鉄棒で大車輪かなんかやってるじーちゃんのCMあったね。<br />ドフラ、じーさんにもやさしいのか。<br />そっ、そんなことしたって、老人スキーのツボを押されたりしないだからっ!<br /><br />ラオGの代わりに、ベビー5の過去話どん。<br />ってことはベビー5はサイのっていうか<br />八宝水軍のおかみさんになるんだよな。<br />ゆくゆくはルフィの味方ってことになるんじゃね。<br />ともあれ、強くてかわいい奥さんになりそうだよなー。<br />サイ、お前見る目あるぜっ( ´∀`)bグッ!<br /><br />水軍の未来は、遅かれ早かれ麦わら海賊団とも関わってくるだろう。<br />二宝水軍のウホリシア。<br />名前からしてゴリラ似の…、いや、気立ての強そうな娘さんが出そうだが<br />婚約を破棄され、サイがベビー5というキュートな嫁さんを選んだことは<br />なんらか影響を及ぼすんじゃないだろうか。<br /><br />8と2を足して十宝という駄洒落みたいなネーミングだが<br />ベビー5の名前に数字がついてる事も、関係あるのかしらん。<br />単純に足せば13。<br />西洋では縁起の悪い数字ではあるが<br />サイ自身は13代目首領なんだよね。うーむ。<br /><br />ともあれ、怒った二宝水軍側が<br />ルフィたちの敵になるorカイドウ側につくという可能性は<br />割と考えられることじゃないだろうか。<br /><br />いやでもこのサイ&ベビー5カップルはよさげ。<br />キュロスとスカーレット、もしくはルフィとハンコックも似た様な感じだけど<br />(ルフィはガン無視してるけど・笑)なんか微笑ましいよな。<br />サイたちがルフィと行動を共にするなら<br />ベビー5が存分に「必要とされる」姿がみられると期待。<br /><br />人気投票、トップを張り続ける船長すげー。<br />またローの躍進がハンパねぇ。<br />本編から遠い割に、カクが40位台にいるのもすごくね?<br /><br />年末最後のジャンプ。年明けは何処から始まるか楽しみだ。<br /><br /><hr size="1" /><br />暗殺教室:まぁある意味、学園ものらしいバトルかと。<br />ヒーロー:ツイッターで凄い時間ない状態で描いたってみたけど<br />     全然クオリティ低くないね!安定感あるなあ!<br />火ノ丸;いやあ面白い!相撲で何週ものバトルってイケるかと思ってたけど<br />    緊迫感出すのが上手いんだな。読み応えあるわ。<br />食戟:あ、やっぱりはだけるのか。炙りサンマかあ。食いたい。<br />学糾法廷:畠山さんにはペナルティつかんの?<br />EROBOT:トキメキもコンボでやると忙しそうだな。<br />卓球:スポーツの方向としてはテニプリ路線になりそうな。<br />   個人的にイケメン大集合漫画になると、飽きてくるんだが。<br />   (見分けがつかなくなってくる)<br />トリコ:子供時代のトリコ、顔がオッサンのままでコワイ。<br />銀魂:終わる感じではないが、ラストはやっぱり<br />   幕府が終わる時って感じになりそう。<br />   空知せんせは茂茂(家茂)を最後の将軍として描きたいのだろうか。<br />   だとしたらすっごい楽しみ。<br />ニセコイ:班決めしたのに各自自由行動ってww<br />磯兵衛と食戟とりかえっこ<br />    :ドッチも絵柄だけで笑えるわww卑怯也www<br />ソルト:主人公ドコー<br />磯兵衛:幕末やったんか?いや、そんな深い設定じゃないよな。多分。<br /><br />ハイキューとトリガーは毎回楽しんで読んでる。<br />中堅層はホント面白いんだけどな。<br /><br />今日はここまでーーーーーーーぃ。<br />
  • Date : 2014-12-23 (Tue)
  • Category : WJ
589

秘密は日記に隠すもの

秘密は日記に隠すもの (双葉文庫)永井 するみ 双葉社 2014-12-11売り上げランキング : 102745Amazonで詳しく見る by G-Tools日記を題材にした4つの短編集。連作と言う程ではないが、わずかにキャラが繋がっている。何の気なしに買った本だったが、なかなか面白かった。トロフィーカッコイイ父と美人の母を持ちながら、自分の顔の平凡さを悩む女子高生の日記だが、「アイツを殺した」という物騒な冒頭で始まる。道化師親の遺産で... <table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4575517402/haruhon-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51R%2BbQJ6%2B9L._SL160_.jpg" border="0" alt="秘密は日記に隠すもの (双葉文庫)" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4575517402/haruhon-22/" target="_top">秘密は日記に隠すもの (双葉文庫)</a><br />永井 するみ <br /><br />双葉社 2014-12-11<br />売り上げランキング : 102745<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4575517402/haruhon-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br /><br />日記を題材にした4つの短編集。<br />連作と言う程ではないが、わずかにキャラが繋がっている。<br />何の気なしに買った本だったが、なかなか面白かった。<br /><br /><strong>トロフィー</strong><br />カッコイイ父と美人の母を持ちながら、<br />自分の顔の平凡さを悩む女子高生の日記だが、<br />「アイツを殺した」という物騒な冒頭で始まる。<br /><strong>道化師</strong><br />親の遺産で高等遊民であるらしい男の日記。<br />内気な従兄弟の面倒を見ながら<br />清楚な女性とお付き合いをする、イケメンな人生に見えるのだが。<br /><strong>サムシング・ブルー</strong><br />東京に出てきて、妹と同居している姉の日記。<br />不倫のつらい想いの丈を綴っていく。<br />それは余りに重く、病的なネガティブ思考に陥っている。<br /><strong>夫婦</strong><br />妻に先立たれた夫の手記。<br />何か新しいことを始めようという前向きな言葉に溢れている。<br />が、ここでどんでん返し!さらに最後に大どんでん返しッ!<br /><br />基本ミステリー仕様なので「ちょい怖」路線なのだが<br />その中で毛色の違う「道化師」が個人的によかった。<br />全部短編なのでネタバレが出来ないのが残念だが、<br />この短さで起承転結がキマっているのが、読んでて心地いい。<br /><br />他の作品も読んでみようかなーと検索して驚いた。<br />数年前に亡くなった作家さんで、これが絶筆作品だったらしい。<br />それもこの連載途中に亡くなったのだとか。<br />なら4編ではなくて、まだ続くものだったのかもしれない。<br /><br />先にも書いたが、この4編のキャラは微妙につながっている。<br />1話目の「女子高生」の伯父が、2話目の「高等遊民の男」だ。<br />その男がツイッターでみたつぶやきの発信人が、3話目の「姉」。<br />その不倫相手の隣人が、4話目の「妻に先立たれた夫」なのだ。<br /><br />予測だが、5話目が1話目に繋がる予定だったんじゃないだろうか。<br />4話目と1話目には「韓国旅行」という共通項がある。<br />ならば5話目の主人公はこの人だろうか。<br />どんな話だったんだろう──と興味を惹かれるが、もうそれは読めることはない。<br /><br />初読が絶筆という妙な順番になってしまったが<br />その内もう一冊、著書を拝読したいと思う。<br /><br />個人評価:★★★★<br /><hr size="1" /><br />夢の話、最後にどん。<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20141221-1.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20141221-1.png" border="0" width="420" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20141221-2.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20141221-2.png" border="0" width="420" /></a><br /><br />ちなみに高校生くらいのときの夢。<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20141221-3.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20141221-3.png" border="0" width="420" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20141221-4.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20141221-4.png" border="0" width="420" /></a><br /><br />何言ってんだか分かんねーと思うが、おれもサッパリ分かんねー。<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20141221-5.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20141221-5.png" border="0" width="420" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20141221-6.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20141221-6.png" border="0" width="420" /></a><br /><br />こんき…?今期?今季?根気?婚期?<br />なんとなく「根気」の気がするのだが<br />ココまで大勢に諭されるほど根性ナシじゃないと思うの。<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20141221-7.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20141221-7.png" border="0" width="420" /></a><br /><br />実は自分もずっと忘れていたのだが、以前に里帰った時に<br />妹が代わりにこの夢を覚えて怖がっていたので(笑)、メモとして書いてみた。<br /><br />
588

ふたりの老女

文庫 ふたりの老女 (草思社文庫)ヴェルマ ウォーリス Velma Wallis 草思社 2014-12-02売り上げランキング : 170770Amazonで詳しく見る by G-Tools老人スキーがこのタイトルを見逃せる筈があるだろうか。いやない。(反語)「老婆」や「おばあさん」ではなく「老女」なところがイカス。老女とかいてプリキュアと読むんじゃないかと疑ってしまうくらい飾り気ないストレート剛速球なタイトルである。裏書きを見ると、アラスカの伝記... <table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4794220944/haruhon-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/5130ppohdDL._SL160_.jpg" border="0" alt="文庫 ふたりの老女 (草思社文庫)" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4794220944/haruhon-22/" target="_top">文庫 ふたりの老女 (草思社文庫)</a><br />ヴェルマ ウォーリス Velma Wallis <br /><br />草思社 2014-12-02<br />売り上げランキング : 170770<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4794220944/haruhon-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br /><br />老人スキーがこのタイトルを見逃せる筈があるだろうか。<br />いやない。(反語)<br /><br />「老婆」や「おばあさん」ではなく「老女」なところがイカス。<br />老女とかいてプリキュアと読むんじゃないかと疑ってしまうくらい<br />飾り気ないストレート剛速球なタイトルである。<br />裏書きを見ると、アラスカの伝記であるらしい。<br />何とも素朴な匂いを感じて、迷わず購入。<br /><br />簡単に言うとアラスカ版「楢山節考」だ。<br />しかもその後日譚という点で、<a href="http://harubooook.blog.fc2.com/blog-entry-456.html" target="_blank" title="デンデラ">デンデラ</a>に匹敵するサバイバル物語なのだが、<br />あそこまでトンデモ設定でないあたり(笑)<br />北極圏という生活の過酷さと素朴さが、しみじみ味わい深い。<br />コタツの中で読んでいても、ふと<br />凍り付くような寒気が手指を刺すような心持ちがする。<br /><br />二人の老女の名前は「チディギヤーク」80才と「サ」75才。<br />名前の長さでは相当に差がありそうだが、<br />部族を飢餓から救うためという長の決断に、<br />雪原の中に置いてけぼりを喰らってしまった同志である。<br />チディギヤークの娘と孫が置いていった革紐と斧だけが<br />老女たちの目の前に唯一、残された糧だった。<br /><br />───このまま座っていれば、寒さで間もなく死ねる。<br />その考えを打ち払うように、サはチディギヤークに力強く訴える。<br />「どうせ死ぬなら、とことん闘ってやろうじゃないか<br /> ただ座って死ぬのを待つんじゃなくて」<br /><br />彼女たちは杖を放り出し、たった二人で移動を始める。<br />長年の知恵を生かして移動の橇(そり)やかんじきを作り、、<br />罠を仕掛けてウサギを捕り、その皮をなめして防寒具を作り、<br />骨や肉のスープで食いつなぎ、長い長い北極圏の夜を橇で行軍する。<br /><br />しかし厳しい寒さに老体の描写は、読者に堪える。(笑)<br />ただでさえ重労働でバキバキの身体に、<br />更に寒さは二人の骨までバキバキに凍らせる。<br />何度も「このまま眠ってしまえば…」と思う気持ちを奮い立たせ<br />プリキュア達、もとい老女たちは生きようとする。<br /><br />アラスカ・インディアン、アラスカ・エスキモーなどとも呼ばれ、<br />今も狩猟と採取生活を営む部族がいる。<br />作者は今もなおその生活を続けながら、執筆活動をしているのだそうだ。<br />最近では移住より定住する部族が増え、<br />またクリスチャンが多いことから、姥捨ての習慣はなくなったと聞くが<br />それを含め、これは原住民たちの誇りと戒めの物語なのだろう。<br /><br />ひと冬を越すために、老女たちは短い夏をずっと働く。<br />寒い寒いと言いつつ、コンビニに行けばふかふかの肉まんが食べられる<br />現代の自分達は本当に贅沢なのだと思う。<br />生きていくということは、こんなに厳しいことなのかと思う。<br /><br />けれどその糧を得る作業も、彼女たちには喜びを育むものでもあるのだ。<br />テント内のわずかな面積を温める火で、お喋りをする老女たち。<br />無論、部族に捨てられたことへの憎しみや悲しみもある。<br />だが本当に「生きる」という選択の前に<br />老女たちは次第それが溶けていくものだと知っている。<br /><br />タイトルと同じく、ストーリーに大きな技巧を凝らしている訳ではない。<br />だがその素朴さにほっとし、またその強さにもほうとなる。<br /><br />余談だが、どーしてもこの老女からプリキュアのイメージが抜けず、<br />歌詞を検索して納得した。<br /><br />♪一難去って、また一難 ぶっちゃけありえない<br /> 制服着ててもふたりは むちゃくちゃタフだし<br /> 互いピンチを乗り越えるたび 強く近くなるね<br /><br /> 笑う門に福来たるでしょ ネガティブだって ブッ飛ぶぅ~!<br /> 生命の花 咲かせて 思いっきり  もっとバリバリ!<br /><br />やべぇ。間違いなく二人は老女(プリキュア)だよ。<br />二人に敬意を表して、この歌を捧げたい。(捧げるな)<br /><br />♪プリキュア プリキュア プリティでキュアキュア<br /> ふたりはプリッキュア!<br /><br />評は台無しにした感じで終わるが、物語はいい話である。<br /><br />個人評価:★★★★<br /><hr size="1" /><br />夢の話もういっちょ。<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20141219-1.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20141219-1.png" border="0" width="420" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20141219-2.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20141219-2.png" border="0" width="420" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20141219-3.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20141219-3.png" border="0" width="420" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20141219-4.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20141219-4.png" border="0" width="420" /></a><br /><br />オマケにこの「空の限界点」、見えないのに頭が痛いのである。<br />幻想的なような現実的なような不思議な気分を味わっていたトコロ<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20141219-5.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20141219-5.png" border="0" width="420" /></a><br /><br />なんのことはない。<br />布団からずり上がって箪笥にしこたま頭を打ち付けていた。<br /><br />相方がコレ聞いて噴飯した。(アホ過ぎて)<br />
587

信長の血脈

信長の血脈 (文春文庫)加藤 廣 文藝春秋 2014-12-04売り上げランキング : 2358Amazonで詳しく見る by G-Toolsタイトルは「信長」だが、信長・秀吉・家康時代の歴史ヒストリア的な4つの短編集。平手政秀の証平手政秀とは信長の爺やであり、うつけであった信長を諌める為に自刃したと言われる。が、これも小説の世界で創られた美談とも。著者なりの解釈をした歴史小説。伊吹山薬草譚伊吹山とは、滋賀にある山の名前である。ここに... <table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167902508/haruhon-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/5194T8avJVL._SL160_.jpg" border="0" alt="信長の血脈 (文春文庫)" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167902508/haruhon-22/" target="_top">信長の血脈 (文春文庫)</a><br />加藤 廣 <br /><br />文藝春秋 2014-12-04<br />売り上げランキング : 2358<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167902508/haruhon-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br /><br />タイトルは「信長」だが、信長・秀吉・家康時代の<br />歴史ヒストリア的な4つの短編集。<br /><br /><strong>平手政秀の証</strong><br />平手政秀とは信長の爺やであり、<br />うつけであった信長を諌める為に自刃したと言われる。<br />が、これも小説の世界で創られた美談とも。<br />著者なりの解釈をした歴史小説。<br /><strong>伊吹山薬草譚</strong><br />伊吹山とは、滋賀にある山の名前である。<br />ここに信長が許可した、キリシタンの薬草地があったとされるがさだかでない。<br />当時の情勢からこれを解釈したもので、本書では一番好きだ。<br />清玉上人を信長の弟としているが、そう言う説があるんだろうか?<br />※清玉上人…本能寺の信長の遺体を葬ったという一説がある<br /><strong>山三郎の死</strong><br />豊臣秀頼は、秀吉の子種ではないという説がある。<br />───という事は淀の方が不倫したことになる。ええっ。<br />その相手は誰かという話だが、意外過ぎてうーんという感じ。<br />出雲阿国の歌舞伎が出てくるのは楽しい。<br /><strong>天草挽歌</strong><br />天草の城代・三宅藤兵衛が主人公だが<br />島原の乱の顛末と言った方が多分近いだろう。<br />要はキリシタンという宗教戦争ではないという話なのだが<br />詳しいことは飯嶋氏の<a href="http://harubooook.blog.fc2.com/blog-entry-132.html" target="_blank" title="黄金旅風">黄金旅風</a>を読むと理解が深まる。<br /><br />長編の一部みたいな話だなと思っていたら、あとがきにそうだと書いていた。<br />「信長の棺」と「秀吉の枷」を執筆していて派生したものなのだとか。<br />おお、コレ本屋で気になっていたタイトルなんだよな。<br />読む順番を間違えたかもしれないが、機会があったら読んでみよう。<br /><br />何かこう解説風の改行を入れている部分があり<br />ちょっと小説らしからぬ部分もあったが、総じて面白かった。<br />信長・秀吉・家康は歴史上の人物を派手な方から数えても<br />トップ10に入るくらいのメジャーな人物だが、それでもまだ謎と妄想の余地があり<br />派生するものだけでストーリーになるのだから、凄い。<br /><br />歴史上の有名人が全部若手のイケメンで、<br />トンデモな必殺技をもつ戦国ゲームもそれはそれで面白いのだが<br />やはり史実の面白さには及ばないと思う。<br />コンピュータのない時代に時代を読み、そして作るという稀有のその才能。<br />時代の寵児であったことが、まさに彼らの必殺技だった。<br /><br />だからこそ彼らは小さなエピソードですら、<br />ぐいぐいと時代を見せつけるような魅力に溢れている。<br />自分はマイナーな歴史小説も好きだが<br />やっぱりこの辺にメジャーの面白さがあるのだと思う。<br />短編自体はメジャー3人が主役ではないものの<br />その歴史の醍醐味とでも言おうモノが味わえる。<br /><br />でもきっと本作読んだ方が、もっと味わい深いのだろうな。<br />今年の里帰り本の候補にしよう。<br /><br />個人評価:★★★★<br /><hr size="1" /><br />昨晩相方と話していて(会話リハビリ中・笑)、思い出した夢の話。<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20141218-1.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20141218-1.png" border="0" width="420" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20141218-2.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20141218-2.png" border="0" width="420" /></a><br /><br />空を飛ぶ夢にアコガレるのは、ありがちなこと。<br />が、夢だと分かっていても上手く空を飛べない事がよくあり<br />地面すれすれに飛ぶ夢とかみると、なんかもう全然楽しくない。<br /><br />そこでペガサスを呼ぶと言うグッドアイディアを思いついたのであった。<br />(びみょうにあたまのわるいかわいそうなこ)<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20141218-3.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20141218-3.png" border="0" width="420" /></a><br /><br />多分「夢なら何でもできる」というイメージと反対に<br />脳が空を飛ぶことや創造の生物が上手くイメージできなかったんだろうなぁ。<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20141218-4.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20141218-4.png" border="0" width="420" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20141218-5.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20141218-5.png" border="0" width="420" /></a><br /><br />誰が上手いこと言えと。や、話がウマだけに←別に上手くねーし<br /><br />ちなみにウマを召喚できたこともあったのだが<br />馬車がついてたので、コレジャナイ感がすごかった。<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20141218-6.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20141218-6.png" alt="20141218-6.png" border="0" width="192" height="192" /></a>
586

WJ2015年3号

ONE PIECE770 「エルバフの槍」ルフィvsベラミー戦と、ゾロvsピーカ戦。伏線から離れて戦闘のみになったので、なんかするんと読み終えてしまった。キュロス戦とロー戦がストーリー上本人たちの闘いであるべきなのは分かるんだがルフィとゾロの闘いが、どうもワクワク感が少ないなー。いやまあ、ドレスローザ編はふたを開けてみれば伏線祭だったし全体としては面白い章なんだが。ルフィとベラミー戦の必要性がよく分からんのだ。今... <table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20121231104712c1a.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20121231104712c1a.jpg" alt="wj" border="0" width="110" height="160" /></a></td></tr></table><br /><br />ONE PIECE770 「エルバフの槍」<br />ルフィvsベラミー戦と、ゾロvsピーカ戦。<br />伏線から離れて戦闘のみになったので、なんかするんと読み終えてしまった。<br /><br />キュロス戦とロー戦がストーリー上<br />本人たちの闘いであるべきなのは分かるんだが<br />ルフィとゾロの闘いが、どうもワクワク感が少ないなー。<br />いやまあ、ドレスローザ編はふたを開けてみれば伏線祭だったし<br />全体としては面白い章なんだが。<br /><br />ルフィとベラミー戦の必要性がよく分からんのだ。<br />今後ベラミーがルフィに重要な情報を与えるなり、なんか役どころがあったりで<br />その前にベラミーが「変わった」ことを読者に示す必要があるんだろう。<br />が、ここで負け犬道を通そうとするベラミーが<br />読者に共感を得られるだろうか???<br /><br />何よりルフィの印象がよくない。個人的に。<br />なんでこんなにベラミーに遠慮してるんだろう。<br />ビビやラブーンにまで本気で殴り掛かっていたルフィが<br />そんな真っ当な理由でベラミーとの勝負を躊躇するだろうか。<br />てかベラミー本気なのに、むしろかわいそくね。<br /><br />まだルフィとドフラの対決にしたくないんだろうけど<br />ちょっと今回の船長の描かれ方は残念。<br /><br />オオロンブスの「船長の威厳」は覇気の一種なのかねえ。<br />能力ってカンジではないし。<br />ベビー5は結局ソッチの方だったかww<br />惚れっぽいのもココまで来るともう一芸だな!<br />でもかわええから許すw<br /><br />ベビー5が幸せになるか不幸になるかは、全く相手の善悪次第だな。<br />そう考えると、以前にドフラがベビー5の恋人を殺したってのは<br />本当にベビー5の為にやったんかもしれんね。<br />ドフラおとーさんの目の黒いウチは、ベビー5安心(?)だな。<br />ところでサイはどうですかドフラおとーさん。<br /><br />で、ゾロ戦に絡んできた巨人・ハイルディン。<br />オイモとカーシーが出てきた時も思ったけど<br />やはり巨人族は最終的に、麦わら海賊団の味方となるんだろうか。<br />またこのハイルディン、ドリーに似てないか。(顔の長さだけだが)<br />もしなんらかドリーと血縁があったら、義理堅い巨人族のこと、<br />ウソップのことを知ったら、そら絶対力になってくれるだろう。<br /><br />いやマジでウソップすごい。<br />麦わら海賊団に「巨人」と「小人」の絆を繋いんだんだもんな!<br />メリーのクラバウターマンの件もあるし<br />ウソップはなんか見聞色に近い力があるんかもしれんねえ。<br />鼻の神通力か?(笑)<br /><br />折角の麦わら海賊団メンバーの対戦ではあるが<br />自分としては早くドレスローザの結末が読みたい。<br />ドフラとローの決着。リク王家の今後。<br />マンシェリー姫の救出と、SMILEに関わった小人族の力のこと。<br />そして藤虎の七武海撤廃の思惑や如何に。<br /><br />次で今年最後の号かね。<br />ぐっと盛り上げる感で締めて欲しいね!<br /><hr size="1" /><br />ヒーロー:表紙絵、この絵柄カラーが映えるねえ!<br />     ばくごーが何時の間にやらクールでええキャラになっとるやん。<br />     しかし自分はカエルちゃん推し。超くっつく君の間も好きだ。<br />斉木:典型的wwwスウェットでドンキわろたwww<br />   いやでも窪谷須は不良隠さなくなるの?特徴なくならね?<br />暗殺教室:期末試験編が終わったら、暗殺教室もいよいよクライマックス突入?<br />     まあジャンプ時間でいつになるかはわからんけど<br />     この漫画は「3月」でちゃんと終わってくれると思う。そーゆーの大事。<br />学糾法廷:いやゾウさんの中に亜空間が出現してるぞ(笑)<br />     あれもうアバクの核心に触れるカンジなのか。展開早いのは好きだけど。<br />     アイリンが忘れてるけど、魚住が覚えてる約束があるカンジかな。<br />卓球:王道スポーツ漫画になるのか、ビックリ人間大集合スポーツになるのか…。<br />食戟:ママのお色気シーンはお預けですか・・・。<br />    なにもうガチムチがウリの漫画になったのコレ。<br />火ノ丸:これで草介が勝って、鬼丸のライバルになるんかね。<br />    ハンディキャップとサラブレッドのライバル設定は好みっす!<br />    やっぱ面白いっっっ!!!<br />ワールドトリガー:登場人物が多いのがなんだけど<br />    このランク戦は面白そうだな。<br />EROBO:カンケーないけど、背景と人物が<br />    すごく別描き感があるのちょっと気になるなあ。<br />銀魂:今まであんまり意識しないで読んでたけど<br />    茂茂って家茂がモデルなんだよね。今更。<br />    家茂にスポットライトあたる本が一冊くらい出ていいのにと思ってたけど<br />    まさか銀魂がそれになるのか(笑)<br />    イヤでもこのキャラで空知せんせが家茂の漫画を…。いやいやいやいや。<br />西尾維新:素人にしちゃ用語よう知ってるなあ(笑)<br />     コレ、色んなジャンプで掲載するってプロジェクトなんだな。<br />     中村先生読みたかったけど、その為にYJ買おうとは思わんなー。<br />ブリーチ:安定の逆転劇。<br />ソルト:主人公の影、かなり薄くなったな(笑)<br />磯兵衛:いま気が付いたけど、この黒板筆書きだったの。<br /><br />今日はここまでーーーーーーーぃ。
  • Date : 2014-12-16 (Tue)
  • Category : WJ
585

ピスタチオ

ピスタチオ (ちくま文庫)梨木 香歩 筑摩書房 2014-11-10売り上げランキング : 19476Amazonで詳しく見る by G-Toolsこの1冊で、読者は風になれる。鳥になれる。ライターの棚は、独身アラフォー女性。年老いた犬と同居。恋人在り。緑の多い武蔵野でごく当たり前の生活を営みながらも、その思考はいつも遠くを思い巡らせている。鳥たちの渡りの季節のタイミングを心配したり、冷たい北風に首を竦め、この風はロシアで生まれたのだと... <table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480432248/haruhon-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51Wdu1mfi8L._SL160_.jpg" border="0" alt="ピスタチオ (ちくま文庫)" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480432248/haruhon-22/" target="_top">ピスタチオ (ちくま文庫)</a><br />梨木 香歩 <br /><br />筑摩書房 2014-11-10<br />売り上げランキング : 19476<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480432248/haruhon-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br /><br />この1冊で、読者は風になれる。<br />鳥になれる。<br /><br />ライターの棚は、独身アラフォー女性。<br />年老いた犬と同居。恋人在り。<br />緑の多い武蔵野でごく当たり前の生活を営みながらも、<br />その思考はいつも遠くを思い巡らせている。<br /><br />鳥たちの渡りの季節のタイミングを心配したり、<br />冷たい北風に首を竦め、この風はロシアで生まれたのだと考えたり、<br />気圧の変化に酷くなる頭痛を抱えつつ、<br />大気や気象の変化に嬉々とし、毎日のニュースのチェックを欠かさない。<br /><br />言葉にするとちょっとした電波さんのようだが(笑)、<br />きっと棚は目に見えるものを見えないものとを繋いでいるのだ、と思う。<br />街で生活しながらも、彼女はいつも大地の声を聴いている。<br />この世界にいながら、違う世界が聴こえている。<br /><br />そんな棚は、飼い犬の手術や仕事、<br />手に取った古本や過去といったバラバラの出来事が繋がり、<br />アフリカはウガンダに、呼ばれるように訪れる。<br />ただ遠い国というだけではない。<br />そこはまだ文明に凌辱されない、原始が残る場所でもあるのだ。<br /><br />精霊の言葉を聞く「呪医」という<br />日本なら眉を顰めてしまいそうな力が、棚の道を指し示す。<br /><br />面白いなあ、と思う。<br />神に近い存在が多く在ると言う点でアフリカに<br />日本の「付喪神」や「八百万」が通じる部分があるんではないだろうか。<br />なのになぜ「アフリカの呪術師」というと、胡散臭く聞こえてしまうのだろう?<br /><br />それは多分、文明というものが神にできない事を<br />何とかしてしまう力を得てしまったからだ。<br />電化製品や抗生物質、簡単に手に入る贅沢や利便さに<br />この世界の理(ことわり)に反発する力を知ってしまったのだ。<br />正月に神社を参ることと確実性は、また別の問題なのだ。<br /><br />けれど精霊を信じる人たちは、違う。<br />彼らは呪医や神が万能だと思っている訳ではないのだ。<br />この世の「理」を受け入れるための「物語」が欲しいのだ。<br />呪医はその語り部であり、その物語によって<br />彼らは失ったものへの心の準備を整えることができるのだ。<br /><br />思わず、溜息が出る。<br />美しい世界だと思う。<br />乾いた土壌にありながら、彼らはなんと潤った心を持っているのだろう。<br />こんな風に精霊の声を受け入れることはもう、<br />便利な日本に住む自分達はおそらく出来ないだろう。<br /><br />無論、アフリカは夢の国ではない。<br />厳しい現実に晒されていることもちゃんと書かれている。<br />それでも尚、梨木さんの描く「源流」としてのアフリカは<br />魅力的かつ、どこか懐かしさすら感じさせる。<br />心が何処かへと、飛ぶ。<br /><br />一度行ってみたいものだ、と思う。<br />その時この本は、この想いが生まれた「物語」のひとつとなるのだろう。<br />全ては何かから生まれ、何かに繋がっている。<br /><br />この世界は、大きな物語なのだと思える。<br /><br />個人評価:★★★★<br /><hr size="1" /><br />アフリカで呪医と言えば思い出すのはこの漫画。<br /><br /><table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/459212040X/haruhon-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/31iWM5fL6WL._SL160_.jpg" border="0" alt="動物のお医者さん (10) (花とゆめCOMICS)" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/459212040X/haruhon-22/" target="_top">動物のお医者さん (10) (花とゆめCOMICS)</a><br />佐々木 倫子 <br /><br />白泉社 1993-08<br />売り上げランキング : 162235<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/459212040X/haruhon-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br /><br />実家から持って来たから古い版のまんまだけど、もうこの漫画大好き。<br />漆原教授のアフリカ好きが、なんかすごい意味深に思えて来て<br />ますます教授の器のデカさを感じてしまったわ。<br /><br />人に迷惑を掛けない程度で、漆原教授のようになりたい。(矛盾してる)<br /><hr size="1" /><br />で、「ピスタチオ」で人の言葉が分からない少年が出てくるんだけどさ。<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20141214-1.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20141214-1.png" border="0" width="420" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20141214-2.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20141214-2.png" border="0" width="420" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20141214-3.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20141214-3.png" border="0" width="420" /></a><br /><br />いや、何度聞いても気にしない人なら何度でも聞くけど<br />「もういい」とか言われたら、コッチも出方を考えるっつーかね。<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20141214-4.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20141214-4.png" border="0" width="420" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20141214-5.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20141214-5.png" border="0" width="420" /></a><br /><br />英検ならぬ相方検定で、2級くらいから4級くらいに落ちたカンジ。<br />(そもそも1級じゃないとこがまた)<br />
584

えどさがし

えどさがし (新潮文庫)畠中 恵 新潮社 2014-11-28売り上げランキング : 44Amazonで詳しく見る by G-Toolsひなこまちと同時発売された、しゃばけシリーズのスピンオフ。コチラの方がするんと読めた気がする。五百年前の判じ絵佐助が長崎屋へ来るきっかけとなった話。太郎君、東へ河童の禰々子、坂東太郎(利根川)が荒れる原因を探る。たちまちづき気の強い女房に、頼りない主人の「お祓い」を頼まれる広徳寺の寛朝。親分のおかみ... <table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101461325/haruhon-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51-81sniaLL._SL160_.jpg" border="0" alt="えどさがし (新潮文庫)" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101461325/haruhon-22/" target="_top">えどさがし (新潮文庫)</a><br />畠中 恵 <br /><br />新潮社 2014-11-28<br />売り上げランキング : 44<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101461325/haruhon-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br /><br />ひなこまちと同時発売された、<a href="http://harubooook.blog.fc2.com/blog-entry-48.html" target="_blank" title="しゃばけシリーズ">しゃばけシリーズ</a>のスピンオフ。<br />コチラの方がするんと読めた気がする。<br /><br /><strong>五百年前の判じ絵</strong><br />佐助が長崎屋へ来るきっかけとなった話。<br /><strong>太郎君、東へ</strong><br />河童の禰々子、坂東太郎(利根川)が荒れる原因を探る。<br /><strong>たちまちづき</strong><br />気の強い女房に、頼りない主人の「お祓い」を頼まれる広徳寺の寛朝。<br /><strong>親分のおかみさん</strong><br />日限の親分の家に、捨て子が!?<br /><strong>えどさがし</strong><br />百年後のしゃばけの世界。明治の御世に、京極と姓を変えた仁吉。<br /><br />畠中さんの「のほほん」世界は、短編の方が生かされると思う。<br />サザエさんみたいなもんだろうか。<br />アレは30分の中に短編がいくつも入っているから<br />なんとなくするんと見れてしまうのだが、<br />あの「のほほん」を長編でやったら、やっぱり印象は違うと思う。<br /><br />待てよ、サザエが萌え系かゆるふわロリだったら…。<br />いやごめん、独り言だから忘れて。<br /><br />いやでも、これ読んでつくづく思った。<br />若だんなが名探偵にならなくても、<br />事件を解決させるだけのキャラと下地があるじゃん。<br />若だんなが解決の一端になってる「親分のおかみさん」とか<br />結果的にはむしろすごい若だんなの頼れる感が出てる。<br /><br />銭 も っ と り ま っ さ か い な 。(いやらしいカンジで)<br /><br />いやいや冗談じゃなくて、<br />若だんなが人の欲とかけ離れているのは、いい設定だと思うのだ。<br />大店の息子で両親に砂糖を煮詰めたように甘やかされ、<br />江戸っ子も裸足で逃げ出す妖怪たちが、そのひ弱な身を守っている。<br />本来なら出来上がるのはどうしようもないドラ息子だろうが(笑)<br />純度の高い真の「ぼんぼん」がそこにいる。<br /><br />個人的な印象だが、病がちというのは<br />それだけでその人を弱くし、また愚痴っぽくさせてしまう。<br />それでも素直な心を持っていられる人というのを、自分は本当に尊敬してしまう。<br />大妖・おぎんの孫だからと言うだけでなく<br />若だんなが人に妖怪に好かれるのは、その純度にあると思う。<br />だからこそ若だんなは何も出来なくていいし、まだそれだけの人物ではないのだ。<br /><br />ただ表題の「えどさがし」で、しゃばけのオチというか<br />未来をちょっと種明かししてしまったのは、少し寂しいかな。<br />この話自体は、しんみりしたものではないのだが。<br /><br />全体としては、しゃばけファンが楽しめる中身にはなっていると思う。<br /><br />個人評価:★★★★<br /><hr size="1" /><br />なんとなく、ワードで風景を描いてみる。<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20141212-1.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20141212-1.png" alt="20141212-1.png" border="0" width="300" /></a><br /><br />3分間クッキングみたいだけど、出来上がったものがこちらになります。<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20141212-2.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20141212-2.png" border="0" width="450" /></a><br /><br />雑だなあ…。雪の部分はもうちょっと修行が必要。<br />という訳で色を変えてごまかしてみる。<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20141212-3.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20141212-3.png" alt="20141212-3.png" border="0" width="450" /></a><br /><br />更にフリーソフトを使ってごまかしてみる。(ちゃんと勝負せんかい)<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20141212ani1.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20141212ani1.gif"border="0" width=450" /></a><br /><br /><a href="http://www.forest.impress.co.jp/library/software/sqirlzwater/" target="_blank" title="Sqirlz Water Reflections">Sqirlz Water Reflections</a>という、水面を作り出すフリーソフト。<br />仕事で使ったのでちょいと活用。<br />簡単に使えてなかなか面白い。<br /><br />水面の波もいろいろ変更可。<br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20141212ani2.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20141212ani2.gif" border="0" width="450" /></a><br /><br />雪や雨も降らせられるのだー。<br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20141212ani3.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20141212ani3.gif" border="0" width="450" /></a><br /><br />という訳で何の意味もなく、ワード絵遊びですた。<br />
581

ひなこまち

ひなこまち (新潮文庫)畠中 恵 新潮社 2014-11-28売り上げランキング : 87Amazonで詳しく見る by G-Toolsしゃばけシリーズの11冊目。なのだが。うーん…(´ε`;)シリーズとしてはそろそろ幕引きの時期かもしれない。というより、既にちょっと引き伸ばし感がなくもない。あくまで個人の感想だが。中身は「ろくでなしの船箪笥」「ばくのふだ」「ひなこまち」「さくらがり」「河童の秘薬」。若だんなのもとに届いた「助けてください」... <table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101461317/haruhon-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51BcbCUr33L._SL160_.jpg" border="0" alt="ひなこまち (新潮文庫)" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101461317/haruhon-22/" target="_top">ひなこまち (新潮文庫)</a><br />畠中 恵 <br /><br />新潮社 2014-11-28<br />売り上げランキング : 87<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101461317/haruhon-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/blog-entry-48.html" target="_blank" title="しゃばけシリーズ">しゃばけシリーズ</a>の11冊目。なのだが。<br /><br />うーん…(´ε`;)<br />シリーズとしてはそろそろ幕引きの時期かもしれない。<br />というより、既にちょっと引き伸ばし感がなくもない。<br />あくまで個人の感想だが。<br /><br />中身は「ろくでなしの船箪笥」「ばくのふだ」<br />「ひなこまち」「さくらがり」「河童の秘薬」。<br />若だんなのもとに届いた「助けてください」という木札と<br />雛人形のモデルを決める江戸のミスコン「ひなこまち」が元で、<br />さまざまな人助けをすることになった顛末を描いた連作短編。<br /><br />新しくキャラに加わりそうなのが<br />・広徳寺の坊主・寛朝が持っている悪夢食いの獏(ばく)<br /> ……が、化けた噺家の「場久(ばきゅう)」。<br />・関東の河童を率いる女親分・「禰々子」。<br /> ※9巻「ゆんでめて」で「おね」として出ているので、初登場ではない<br />・利根川の化身である「坂東太郎」。<br />今回は七之助と冬吉兄弟もでてくる。<br /><br />キャラも楽しいし、話もするりと読めるのだが<br />なんというか、シリーズ最初の頃の浮世感というか<br />まったりした感が巻ごとに薄くなるような心持ちがする。<br />まったり感を出すのに家鳴と甘いものを出して<br />言い方は悪いが、まさにお茶を濁している気がするのだ。<br /><br />怪異と江戸を融合させた時代物としては<br />恐らくこのシリーズが火付け役だろうし、実際によく売れている。<br />が、売れている作品にはこちらも少々評価が厳しくなってしまうので<br />その辺はご容赦されたい。<br /><br />「しゃばけ」はいつから、若だんなのディテクティブ話になったんだろう。<br />や、捕物要素は確かに無くはなかったし<br />安楽椅子探偵ならぬお布団探偵であるところも、魅力ではあった。<br />が、なんだか若だんなの推理力が妙にあがり、<br />その内話を聞いただけで「犯人は分かった!」とか言い出しそうで怖い。(笑)<br /><br />若だんなは、もこみちのオリーブオイルに負けぬほど<br />砂糖をファサーされてる級の甘やかされっぷりと<br />風が吹けば若だんなが倒れるがごとく脆弱っぷりがウリだ。<br />だから若だんなが成長したがるキモチはよくよく分かるのだが<br />それでもいじけず、素直に自分の弱さや周囲の手を受け入れるというのは<br />多分、普通の人間には出来ないと思う。<br /><br />だからこそ若だんなは妖怪と人間を繋ぐという、<br />誰にもできない大役が与えられている。<br />そういう意味で、若だんなに他のスキルの必要性を感じない。<br />あくまで個人的主観だが、<br />名探偵として成長させるつもりなら、妖怪奇譚としての意味が薄れると思う。<br /><br />無論、日常生活だけでシリーズを続けるのは大変だ。<br />探偵話がちょいちょい出てくるのは構わないのだが<br />妖怪が岡っ引きみたいなことばっかりやってるのは、いかがなものかと。<br />なんだか家鳴までもが有能な情報収集役になっていて<br />コチラとしては、少し寂しい限り。<br /><br />妖怪は基本人を驚かせたり、<br />また伝統と今を繋ぐための象徴として存在している。<br />実務として役に立つのではなく、存在そのものが意義なのだ。<br />けれどそれらは若だんなが大好きで、守ってやらねばと思っている。<br />そこが「しゃばけ」のいいところなのだ。<br /><br />じゃあこれでいいんじゃねーかと言われると困るが、<br />妖怪は好きで若だんなの傍にいるのであり、<br />上下関係で側に控えているのではないのだ。<br />事件ものにすると、どうしても「解決」に重きを置いてしまい、<br />若だんなと妖怪というこの世のものならぬ絆が二の次になる印象。<br /><br />や、今回は事件というような生臭いものではなかったし<br />そこそこ「しゃばけ」なカンジにはなっているのだが<br />連作にするためか、少々ややこしい繋がりになっている。<br />ネタ切れなのかなーと余計な心配もしてしまう。<br /><br />河童の禰々子がなかなか良いキャラなので<br />しばらくは彼女と佐吉を絡めた話なんぞが出るのかもしれない。<br />が、そうなると話が長崎屋から飛び出てしまう気もするので<br />この路線で続けるなら(もう2巻は単行本がでている筈だが…)<br />そろそろラストへ繋ぐ準備をしてほしいなというのが本音。<br /><br />やだねー。読者ってのはうるさくてさ。(苦笑)<br /><br />個人評価:★★★<br /><hr size="1" /><br />ずっと通ってた歯医者を、いろいろあって変えた。<br />歯医者に何時も小さな悩みを抱えているので聞いて欲しい。<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20141211-1.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20141211-1.png" border="0" width="420" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20141211-2.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20141211-2.png" border="0" width="420" /></a><br /><br />長い間、自分は多少睡眠不足でも動けると思ってたのだが<br />単に立って仕事をしているからだと判明。<br />睡眠不足で座ると、あっという間にぱとらっしゅ。(なんだそら)<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20141211-3.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20141211-3.png" border="0" width="420" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20141211-4.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20141211-4.png" border="0" width="420" /></a><br /><br />ホントに口の中でちゅいーんとかされてても寝る。<br />「歯医者で寝るとか有り得ん」とみんなに言われるのだが<br />いや座るだけで眠くなるのに、寝椅子とか。<br /><br />一応恥ずかしいことだと自覚はしているので<br />診察の前日は出来るだけ早く寝るようにはしているのだが<br />最近忙しくて、なかなかそれもままならない。<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20141211-5.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20141211-5.png" border="0" width="420" /></a><br /><br />新しい歯医者はまだ2度目なので<br />多少気が引き締まっているのか、今のところ寝ていない。<br />このままなんとかやり過ごしたいものである。<br />
583

進撃の巨人(15)

進撃の巨人(15) (講談社コミックス)諫山 創 講談社 2014-12-09売り上げランキング : Amazonで詳しく見る by G-Toolsこれも随分ややこしい漫画になったなー。(´・ω・`)いやでも面白いんだけど。ちなみに前巻の感想はコチラ。さて15巻。リヴァイたちの革命続き。事態は革命軍側に有利に運びつつあるように見えるも、エルヴィン曰く、「人類はより険しい道を進むこととなった」。拉致されたエレンとヒストリアは無事だが、エレンは... <table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4063952533/haruhon-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51V%2B8ewlv9L._SL160_.jpg" border="0" alt="進撃の巨人(15) (講談社コミックス)" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4063952533/haruhon-22/" target="_top">進撃の巨人(15) (講談社コミックス)</a><br />諫山 創 <br /><br />講談社 2014-12-09<br />売り上げランキング : <br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4063952533/haruhon-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br /><br />これも随分ややこしい漫画になったなー。(´・ω・`)<br />いやでも面白いんだけど。<br />ちなみに前巻の感想は<a href="http://harubooook.blog.fc2.com/blog-entry-517.html" target="_blank" title="コチラ">コチラ</a>。<br /><br />さて15巻。リヴァイたちの革命続き。<br />事態は革命軍側に有利に運びつつあるように見えるも、<br />エルヴィン曰く、「人類はより険しい道を進むこととなった」。<br />拉致されたエレンとヒストリアは無事だが、<br />エレンは捕縛、ヒストリアは父に懐柔されているようにみえる。<br />ここから遂に、エレンの「巨人化」の記憶の扉が開く───。<br /><br />あらすじはざっとこんなカンジなのだが、<br />今回は全体の勢力図を整理したい。<br />自分が分からんくなってきたから。(笑)<br /><br />勢力A<blockquote><p> 王宮 偽の王を擁立する貴族等の上層部。<br />     壁宗教も保護しているようだ。<br />     今巻の件で、中央憲兵団は制圧される。<br />     偽王が今回老いぼれジジィだと判明し、個人的に吹く。</p></blockquote><br />勢力B<blockquote><p> 王家 真の王家・レイス家。ヒストリアはこの妾腹の子。<br />     壁宗教はそのことも知っている。<br />     レイス卿には妻と5人の子があったようだ。<br />     ヒストリアの夢に出てきた黒髪女(フリーダ)は長女。</p></blockquote><br />勢力C<blockquote><p> 憲兵団 王宮についているものの、国の情勢については全く知らない<br />      マルロとヒッチは革命軍側。<br /> 駐屯団 ピクシス指令は本書で、エルヴィンにつくことになる<br /> 調査兵団 革命軍中心。</p></blockquote><br />勢力?<blockquote><p>ライナー・ベルトルト・アニー/エレンを捕獲しようとしていた様子。<br />ユミル/  個人の感情でクリスタを守ろうとしていた様子<br />猿巨人/ なにがなんだかさっぱりわからないが(笑)<br />       巨人を操る能力があり、この世界の文化をよく知らないようだ<br />ケニー・アッカーマン/中央憲兵団。リヴァイのお師さん?<br />東洋人/今のところミカサのみ</p></blockquote><br /><br />勢力Aはただの見せかけ勢力で、財と安全を求める集団っぽい。<br />勢力Cにより、それが今回明らかになって「しまった」訳だが、<br />ある意味「真実」に触れさせないためのダミーとも言え<br />エルヴィンの台詞はここに繋がっているのではないだろうか。<br /><br />問題は勢力?たちが勢力Bと繋がっているかどうかだろう。<br />同盟と言う意味なら、繋がってないだろうと個人的に思う。<br />ただ歴史という意味では、繋がっている筈だ。<br /><br />前回にも書いたが、多分この壁内部は鎖国状態なだけで<br />外部には「なんらかの」世界があるのだと思う。<br />ライ・ベル・アニと猿は、そちら側の人間(?)だと思う。<br />で、ここからは完全な妄想なのだが。<br /><br />あの猿を見る度に思ってたのだが、「猿の惑星」に近いんじゃないだろうか。<br />この世界は支配者側の猿と、それに抗う人間の世界なのでは?<br /><br />「猿の惑星」の映画は、発端は知性を持つ猿が現れたことだ。<br />それがクーデターを起こし、世界をひっくり返す。<br />つまりは人間がサルのようになってしまう訳だが、<br />ここでまた知性を持つ人間が反逆を企てる。<br />タイムパラドックスを含んだSF映画で、続編や新版も出ている。<br /><br />人間と猿のどちらが最初だったのかはワカランが、<br />この世界の「今」は猿の支配下にある世界なんじゃないだろうか。<br />猿に知性のある世界。<br />もしくは猿の知性体に変化したモノが支配する世界。<br />後の方が近いかも。<br /><br />猿は巨人を操れる。<br />猿から見ればただの家畜かなんかかもしれない。<br />もしくは<br />人間を巨人に変えて、家畜or実験動物にしている?のかも???<br />単純に小さいよりは大きい方が便利そうだし。<br /><br />巨人は互いを食う事で、数を調整している。<br />そこに「食べると人間に戻れる巨人」が発生する。<br />元からそういう仕組みだったのか、突然変異なのかは分からない。<br />知性あるものを食べると、知性が戻る。<br />ならその巨人の中に、猿を食ったものがいたらどうだろう?<br /><br />「種族を操る」能力を持つ者、──「座標」が出たのではないか。<br />それがレイス家ではなかろうか。<br />「座標」は巨人に円陣を組ませ、硬化させて壁を作る。<br />三重の砦にし、鎖国国家をつくる。<br /><br />だとしたら、人類全員がそこへ逃げ込めた訳ではないだろう。<br />未だ猿に抗いながら、外部で戦っている者も多い。<br />彼らから見れば、座標と言う希望の力がありながら<br />砦の中に隠れているなど、言語道断なのではないだろうか。<br />そもそもウォール内の巨人は50メートル級の大物揃いなのだから<br />闘うとしたらこれも「使いたい」かもしれない。<br /><br />故に、「レイス家の座標を外へ連れ出す」。<br />コレがライ・ベル・アニの狙いだったのではなかろうか。<br /><br />が、ここでどーゆー理由かはワカランが<br />レイス家から力を奪ったものが出てしまう。<br />───エレンの父だ。<br />本書の最後でエレンがみた風景は<br />その時の父の視点だったのではないか。<br /><br />力は父からエレンへ継がれる。<br />なぜ父親自身では駄目だったのかは不明。<br />レイス家でなければ使いこなせないシロモノなのかもしれない。<br />コレをライナーたちが知ったらどうだろう?<br />「エレンとレイス家の人間を連れて行く」と言う計画になるんじゃないか。<br /><br />ならば本書の後に続く話は<br />「ヒストリアを巨人にし、エレンを食わせる」ということ?か???<br /><br />や、妄想だけどね。<br />ユミルはレイス家に長く仕えている巨人とか?<br />もしくは元祖「座標」かもしれん。<br />その辺はまだ分からんけど、レイス家とユミルの民は<br />元々何かで結びついていたのかも。(分からないとこは雑な妄想・笑)<br /><br />東洋人はまだまだ分からんことだらけだなー。<br />ミカサのとーちゃんとリヴァイ、そしてケニーにきっと<br />なんか共通点があるんだろうとは思うけど。(雑)<br /><br />ココにほんとに「猿の惑星」みたいに<br />時空を超えたりする要素が加わると更にややこしくなるんだけど<br />1巻の冒頭を考えるとそれもありえる。<br />幾らなんでも巨人にタイプワープする能力はないと思うので<br />これが東洋人に関わってくるんかなー?(雑雑)<br /><br />やー、毎回楽しみだけど次の16巻はマジ楽しみ。<br />進撃の巨人展も行きたいんだけど、なかなか時間が…。<br /><br />でも映画はそんなに見たくない(笑)<br />
  • Date : 2014-12-09 (Tue)
  • Category : 漫画
582

WJ2015年2号

ONE PIECE 休載。え?休載って先週書いてたか?って思ったら、やっぱジャンプのサイトで告知漏れお詫びしてた。意図的じゃないのと思わず深読みしてしまうわ。(笑)立ち読みしてた人もいつもより少なかったし、やっぱ看板漫画の存在は大きい。更に表紙がニセコイだと、一瞬ジャンプて分からん(笑)中間層の漫画としては面白いの揃ってるんだけど、やっぱパンチ不足。尾田先生の休みの時だけでもいーから、冨樫先生降臨せんかな~... <table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20121231104712c1a.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20121231104712c1a.jpg" alt="wj" border="0" width="110" height="160" /></a></td></tr></table><br /><br />ONE PIECE 休載。<br />え?休載って先週書いてたか?<br />って思ったら、やっぱジャンプのサイトで告知漏れお詫びしてた。<br />意図的じゃないのと思わず深読みしてしまうわ。(笑)<br /><br />立ち読みしてた人もいつもより少なかったし、やっぱ看板漫画の存在は大きい。<br />更に表紙がニセコイだと、一瞬ジャンプて分からん(笑)<br />中間層の漫画としては面白いの揃ってるんだけど、やっぱパンチ不足。<br />尾田先生の休みの時だけでもいーから、冨樫先生降臨せんかな~。<br /><hr size="1" /><br />ニセコイ:最近ベタ展開が癖になってきて面白い。<br />     こんだけフリーダムな学校で今更、班決め規制とか(笑)<br />     小野寺ちゃん、3泊の割には荷物少なくね?<br />食戟:サンマ長そうだなー。秋の魚で年またぐのか?<br />ヒーロー:お茶子ちゃん、そのまま建設会社で役に立ちそうだが。<br />学糾法廷:ん~~~…。犯人の激白シーンがウリの1つなんかな。<br />     ネウロっぽい路線を狙ってるんなら、<br />     小畑先生の絵柄とは違う気がするし、なんか勿体ないなコレ。<br />暗殺教室:あら、浅野息子は意外とマトモ?<br />E-ROBOT:奥義でちゃったよwいつかスタンドもでそうだなw<br />     どこまで飛ばせるか注目してるので(,,゚Д゚) ガンガレ!<br />ワールドトリガー:いいねいいねー、この回もおもしろそー。<br />読切:男性描くのが苦手なんかね、この人…。<br />   怪異としてもエロとしても今一歩。<br />火ノ丸:決勝戦まで引っ張ると思いきや、この裏切る展開が(・∀・)イイ!!<br />卓球:ソルトのネタがwwこっちの方に生かされとるwww<br />斉木:超能力があれば洗濯しなくていいのか…!超便利!!<br />銀魂:喜々くるとおもったけど、ホントにいよいよ畳むのか?<br />   どうなるんだジャンプは。<br /><hr size="1" /><br />本誌とはカンケーないけど、NARUTO映画が公開になりましたな。<br />結局見に行ってないし、多分見に行かないだろうけど<br />来夏にNARUTO息子映画があると聞いてワロタwwww<br /><br />なんですかwwドラゴンボールみたく<br />NARUTO ΖとかNARUTO GTとか始まるんすかwww<br />ホントに三部作にするんすかwww<br />まさかナルトの息子とサスケの娘結婚EDまで描きたいのかwww<br /><br /><span style="color:#FFFFFF">なんかもういい加減にしなはれw<br />結婚話がやりたいなら、新しくキャラ作って連載やらはったらええやんw<br />人それぞれ感想は違うとは分かっているが<br />自分はもうこれ以上、終わった漫画をいじってほしくないw<br />700話の前宣伝だけでも結構食傷気味だったのにwww<br /><br />ナルトがヒナタを選んだのは全然構わんが<br />別に詳細を知りたいとは思わない。<br />原作の中でほんのり匂わせてくれれば、そんでいい。<br />が岸本先生の中でも、ヒロインは途中までサクラだったんだと思う。多分。<br />で「よっしゃ、決着つけるか!」みたいになったのか。<br /><br />そ  こ  じ  ゃ  ね  ぇ  わ  。(気持ちフォント大)<br /><br />結末を付けるってのはそうじゃないだろうw<br />キャラが誰と結婚して子供作ったとか、<br />そんなとこばっかりキッチリ結末つけてどうするww<br />どうしても描くならSQかプラスでやればええやんw<br />なんでいかにも本編の結末ですみたいになってんのww<br /><br />自分が大人げなくて草生えるわwwwドゥフフフʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ<br /><br />ナルト&ヒナタは、読者の反応で決めたカンジがしちゃうんだよね。<br />じゃあサクラはサスケでいっかww<br />だって七班だしwww人気投票上位同志だしwww<br />コレでみんなテラシアワセwww  …みたいな。<br /><br />いや自分の妄想だって分かってる。<br />だがあれだけの結婚ラッシュとベビーブームの割に<br />カカシの身の振り方には触れてなかったことと、<br />ナルトとヒナタより謎だったサスケとサクラの馴れ初めは<br />映画でも全く触れられていないらしいことが、どうも気に入らん。<br /><br />なんつーか、一定層のファン(察してください)の反感は買わないよう<br />妙な布石をしているようで、読んでてスッキリしない。<br />イヤならその方面には触れなきゃいいのに<br />安全パイだけどかーんと宣伝するカンジがまた。<br />その息子の物語とか、安全パイ過ぎてもう。<br /><br />ファンの反応やキャラ投票はあくまで参考程度にして欲しい。<br />ファンサービス(なのか?)なんぞしなくても<br />漫画が面白かったら勝手に人はついてくるんだからさ。<br />そういう意味では、ジャンプも引き伸ばしとかやめればいいのに。<br />バクマン。でエイジが「終わらせたい漫画を終わらせる権利」を<br />自分に使ったのはホント痛快やったわ。<br /><br />いまさら言ってもしかたないけど<br />引き延ばされなかったNARUTOが読みたかった。<br />先日友人とNARUTO最終回を肴に呑んだので、<br />その勢いでココに書いてしまった。(笑)<br /><br />来年にあるらしい短編で、また愚痴ると思いますw<br />世間では好評しか聞かないので<br />一人くらいクダまいてても許してくだされwww </span><br /><br />※心情的にお見苦しい草が多いことをお詫びします
  • Date : 2014-12-09 (Tue)
  • Category : WJ
580

けむたい後輩

けむたい後輩 (幻冬舎文庫)柚木 麻子 幻冬舎 2014-12-04売り上げランキング : 8934Amazonで詳しく見る by G-Tools「女性同士」という一見闇の中にありそうな(笑)テーマをまるで芋を掘るようにズルッと容赦なく日なたに引き摺りだす柚木さん。それを怖いと思うかは読む人次第かもしれないが自分は結構この正直さが好きだ。ホラーやサスペンスと言う程には盛り上がらない「女子のあるある」みたいな日常を、上手く素材にしている... <table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4344422880/haruhon-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51EJGeSRJcL._SL160_.jpg" border="0" alt="けむたい後輩 (幻冬舎文庫)" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4344422880/haruhon-22/" target="_top">けむたい後輩 (幻冬舎文庫)</a><br />柚木 麻子 <br /><br />幻冬舎 2014-12-04<br />売り上げランキング : 8934<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4344422880/haruhon-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br /><br />「女性同士」という一見闇の中にありそうな(笑)テーマを<br />まるで芋を掘るようにズルッと<br />容赦なく日なたに引き摺りだす柚木さん。<br /><br />それを怖いと思うかは読む人次第かもしれないが<br />自分は結構この正直さが好きだ。<br />ホラーやサスペンスと言う程には盛り上がらない<br />「女子のあるある」みたいな日常を、上手く素材にしている。<br />その分「女子と仕事」はちょっと盛り気味な感もなくはないが<br />まぁ、それはご愛嬌ということで。<br /><br />2人の女子大生の関係を描いたストーリー。<br />14歳で詩集を出し、周囲の女子たちとは距離を置き<br />オマケに教師と恋仲になるという<br />「悪いけど、アンタたちとは世界が違うのよね」女子の栞子。<br />可愛そうに、どうやらこじらせてしまったらしい。<br /><br />一方、病弱で彼女にアコガれ、<br />惜しみない賛辞と羨望で金魚のフンのようにくっついてまわる<br />「カノジョを分かってあげられるのはアタシだけ…!」女子の真実子。<br />超美人のアナウンサー志望である親友の美里は<br />世間知らずの真実子の傾倒っぷりにイライラさせられる。<br /><br />正直、どの女の子もマトモではない。<br />特に栞子は、「ハタチ過ぎればただの人」なのが読者にはまるわかりで<br />ムカつくのを通り越して、ちょっと哀れにもなる。<br />かといって真実子マジ天使と思えるかというとそうでもなく、<br />アンタもイイ加減にしなはれや、と溜息が出る。<br />親友の美里が多分、一番読者の目線に違いのだが<br />物凄く好感が持てるかというと、やっぱりそうでもない。<br /><br />結局この話は、女子世界の「レベル比べ」の一端なのだと思う。<br />「アタシの方があの子よりかわいい」<br />「これだから、わかってないコって嫌になっちゃう」<br />「アタシが守ってあげるんだから」<br />根拠もない自分の物差しレベルで、相手のことは考えずに主張される。<br /><br />深読みすれば、彼女たちはそれぞれ<br />「相手が自分より格下だから」横柄であり、かつ愛情を注ぐのだ。<br />一番痛々しいのは栞子なのだが、そう考えると真実子も大概だ。<br />「ライバルを妬む女の憎悪劇」なら世間によくありそうだが、<br />「格下を愛でる女の愛情劇」なのだから、恐ろしいではないか。(笑)<br /><br />けれどそれが不快感にならずに読めるのは<br />彼女らが自分の物差しを持っているからでもある。<br />少なくとも「みんなで仲良くいじめる」というような尺度ではない。<br />そうしないことが、柚木さんの描く女子を何処かサッパリとさせる。<br />一番痛々しい栞子ですら、なんとなく憎みきれない。<br /><br />「けむたい後輩」というタイトルも秀逸だ。<br />栞子のタバコと真実子の関係でもあり、<br />また栞子を追っかけまわす真実子の関係でもあるのだが、<br />これがラストでがつんと効いている。<br /><br />───でもこの本って実は<br />「アタシ、この2人ほどヒドくないしー」っていう<br />無意識の読者の「レベル」を計るものなんじゃないかと思ったり。<br /><br />おお怖や怖や。<br /><br />個人評価:★★★★<br /><hr size="1" /><br />この本、知人の女の子を思い出すわ。<br />ちょっと真実子っぽい…。<br /><br />別に真実子を嫌なコだとは思わんけど<br />押せ押せのパワーって受ける方も耐久度を問われるっつーか。<br />ああ、うん、あんまり思い出さんとこ…。<br /><hr size="1" /><br />妹の夢話。<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20141207-1.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20141207-1.png" border="0" width="420" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20141207-2.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20141207-2.png" border="0" width="420" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20141207-3.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20141207-3.png" border="0" width="420" /></a><br /><br />漢である。<br />人生で一度は言ってみたい台詞の14位くらいには入ってそうである。<br />(微妙なんかい)<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20141207-4.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20141207-4.png" border="0" width="420" /></a><br /><br />脈絡なく、夢はここで終わる。<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20141207-5.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20141207-5.png" border="0" width="420" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20141207-6.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20141207-6.png" border="0" width="420" /></a>
578

十二単衣を着た悪魔

十二単衣を着た悪魔 源氏物語異聞 (幻冬舎文庫)内館 牧子 幻冬舎 2014-12-04売り上げランキング : 149450Amazonで詳しく見る by G-Tools文庫化を待っていた本。イヤだってスゴいタイトルじゃんコレ。いわゆる源氏物語の改編物だが、これまた設定がぶっ飛んでいる。現代で60社もの入社試験に落ちまくり、二流大学を卒業後、春から晴れてニートになった男が源氏物語の世界にタイムスリップしてしまうのである。いや、物語の中だから... <table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4344422740/haruhon-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51PodGv8bPL._SL160_.jpg" border="0" alt="十二単衣を着た悪魔 源氏物語異聞 (幻冬舎文庫)" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4344422740/haruhon-22/" target="_top">十二単衣を着た悪魔 源氏物語異聞 (幻冬舎文庫)</a><br />内館 牧子 <br /><br />幻冬舎 2014-12-04<br />売り上げランキング : 149450<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4344422740/haruhon-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br /><br />文庫化を待っていた本。<br />イヤだってスゴいタイトルじゃんコレ。<br /><br />いわゆる源氏物語の改編物だが、これまた設定がぶっ飛んでいる。<br />現代で60社もの入社試験に落ちまくり、<br />二流大学を卒業後、春から晴れてニートになった男が<br />源氏物語の世界にタイムスリップしてしまうのである。<br />いや、物語の中だからパラレルワールドか???<br /><br />ともあれ本の中に入れるなんて、ヲタクにすれば垂涎の能力だね!!<br />まぁヲタクは大体、本の中にいるようなもんだけどね!(逃避とも言う)<br /><br />トンデモ設定ながら、平成と平安の生活ギャップを入れつつ、<br />源氏物語をちゃんとなぞっているのが面白い。<br />源氏物語と言えば、光源氏の「母を求めて女三千斬り」の話であり、<br />光源氏視点でこそ栄華と恋愛のサクセスストーリーなのだが<br />主人公が「弘徽殿の女御」サイドに立っているのがまたイカス。<br /><br />さて弘徽殿の女御とは。<br />光源氏のカーチャンのライバルであり、<br />一応は国母{=天皇の母)になった勝ち組なのだが<br />息子より出来のいい光源氏にアレコレ嫌がらせをするも<br />結局は勝てなかったという、いわば悪役に充てられている。<br /><br />主人公は源氏物語のあらすじを知る故に、陰陽師と身分を偽り<br />弘徽殿の女御側から見た「源氏物語異端」を語るのだ。<br />光源氏が然程好きでない(笑)自分は<br />これらのキャラ解釈に思わず膝を打ちまくった。<br /><br />源氏物語がキライなのではない。むしろ好きだ。<br />華やかな恋愛絵巻でありながら、この時代は<br />「後ろ盾があり、面倒見のいいイケメン」が白馬の王子様だという<br />女性ならではの現実が見え隠れしてるのが面白い。<br />バーサンや醜女をも見捨てないあたり、<br />光源氏がしょっている理想像は並み大抵ではないと思われる。<br /><br />自分がもう1つ、光源氏をたいした奴だと思うのは<br />「オレは親の愛を知らぬ孤独の王…!」的な中二にならず、<br />「我イケメンにおいて天上天下唯我独尊」な恋愛脳になった点である。<br />故に本書の光源氏解釈には、思わず吹き出した。<br /><br /><span style="font-size:x-large;"><strong>源氏、ラテン系なんだってよ。</strong></span><br /><br />何度ヤらかしても懲りないマイペースさや<br />飽きっぽさと情熱の間にあるようなライトさ、<br />無駄にエネルギッシュなラブオブパワーは確かにラテン系かもしれん。<br />だが本書は原作を殊更コミカルにしている訳ではない。<br />「解釈」としての面白味がよく出ている。<br /><br />これをただのタイムスリップ(?)ものとせず<br />主人公自身の物語として作られているのが、またいい。<br />突然歌って踊って泣きだすインドムービーみたいな平安絵巻ではなく<br />主人公の気持ちに寄り添う事で、物語を追える。<br />くそー、まさか自分が光源氏を「いいヤツじゃん…!」なんて<br />思う日が来るとはなぁ。チキショー。<br /><br />そのシテヤラレタ感に★5つっっ!<br /><br />個人評価:★★★★★<br /><hr size="1" /><br /><br />昨日の<a href="http://harubooook.blog.fc2.com/blog-entry-579.html" target="_blank">おかんがクマと戦った話(笑)</a>と合わせてお読みください。<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20141205-1.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20141205-1.png" border="0" width="420" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20141205-2.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20141205-2.png" border="0" width="420" /></a><br /><br />せめてジャングルとかに場所移そうよ妹さん(笑)<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20141205-3.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20141205-3.png" border="0" width="420" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20141205-4.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20141205-4.png" border="0" width="420" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20141205-5.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20141205-5.png" border="0" width="420" /></a><br /><br />同じような夢を2回も見るとかやっぱ<br />コレはおかんに対するシミュレーションなんじゃね。<br /><br />きっと大概のことには驚かされない為に脳が準備してる。<br />いやでもいつも準備間に合わねぇけど。<br />
579

羆撃ち

羆撃ち (小学館文庫)久保 俊治 小学館 2012-02-03売り上げランキング : 3039Amazonで詳しく見る by G-Toolsしばらくぶりにクマー本。著者の久保氏は日本で唯一、否、世界でも稀有であろう羆猟師であり、日本国内だけでなく、なんとアメリカに渡ってハンターの学校に入学したという面白い経歴の持ち主でもある。数ある職種の中でも、スペシャルな自伝と言っていいだろう。先に、良書だったと言っておく。が、例によって中身と多分... <table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4094086919/haruhon-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51lOz6MnumL._SL160_.jpg" border="0" alt="羆撃ち (小学館文庫)" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4094086919/haruhon-22/" target="_top">羆撃ち (小学館文庫)</a><br />久保 俊治 <br /><br />小学館 2012-02-03<br />売り上げランキング : 3039<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4094086919/haruhon-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br /><br />しばらくぶりにクマー本。<br />著者の久保氏は日本で唯一、否、世界でも稀有であろう羆猟師であり、<br />日本国内だけでなく、なんとアメリカに渡って<br />ハンターの学校に入学したという面白い経歴の持ち主でもある。<br />数ある職種の中でも、スペシャルな自伝と言っていいだろう。<br /><br />先に、良書だったと言っておく。<br />が、例によって中身と多分関係ない感慨が残ったので<br />決して本書を貶めるものではないと断っておいて<br />感じたことをつらつらと書いていく。<br /><br />この本を読みながら自分が思い出したのは、「天人五衰」と言う言葉だ。<br />仏教用語で、天界の者の死の直前に現れる兆しのことを言い、<br />京極氏の「魍魎の匣」にも出てくる言葉だ。<br />久保氏はご健在であるから失礼な例えになってしまうのだが、<br />「神が人の世に堕ちた」話を読んだような気がしたのだ。<br /><br />久保氏の御尊父は、趣味で猟をされていたらしい。<br />それに同行するうちに久保氏は<br />「猟で食っていきたい」と思うようになり<br />20歳で必要な免許などを取得した翌年には、<br />一人で山に入り、ヒグマの親子を仕留めたという。<br /><br />クマは通常、数人でグループを組んで仕留めることが多いと聞く。<br />熊谷氏の<a href="http://harubooook.blog.fc2.com/blog-entry-202.html" target="_blank" title="邂逅の森">邂逅の森</a>にもムカイマッテ・ブッパ・勢子などの役割分担があった。<br />が、久保氏は飛び道具こそは所持しているものの<br />命を張っていることに関してはクマと対等であり、<br />またその覚悟もあるのだと、単独での猟をポリシーにしている。<br /><br />その猟の描写が余りに鮮明鮮烈で、息を呑む。<br /><br />猟には、どんな痕跡も見逃さない観察眼が不可欠となる。<br />足跡や爪痕の上に積もった雪の微かな陰影をも見逃さず<br />動物の習性を考慮し、匂いや鳥の声や空気の騒めき、<br />何より目に映らない気配を読み、五感を張りつめねばならない。<br /><br />その視界に映るものを描いた描写がまるで<br />コンマ送りのスローモーションを見るように、目に飛び込む。<br />きっとそこは静寂な雪山である筈なのに、<br />自然の中とはこんなに煩(うるさ)かっただろうかと思えるほどに、<br />読者にまでクマの小さな痕跡が、ビリビリと伝わってくる。<br /><br />ライフルの衝撃で膨らんだように見えるらしいクマの最期の瞬間に<br />思わずほっと息を吐く。<br />そうしてクマが息絶える姿の描写で、雪山の静けさが戻ってくる。<br />聞こえる筈の無い雪の音を読み、やっとそれを思い出すような。<br /><br />人ではない、なにかのようだ。<br />久保氏の近所の犬たちは、彼を見ると萎縮してしまうのだそうだ。<br />風呂に入って新しい衣服を身につけても、同じだそうだ。<br />また猟期が終わって街に戻ると、数日でいろんな音が五月蠅くなるという。<br />たまに頼まれて人と一緒にクマを駆除することもあるが、<br />その矜持の違いから嫌な思いをするのだとか。<br /><br />物語でよく、偏屈なオッサンが山暮らしをしていたりするが(笑)<br />驚異的に自然に近い状態で生きていると、<br />本当に世界を見る目が変わるのかもしれない。<br />そう思う程に、久保氏の視点を通した「猟」は<br />人知を隔てた何者かの所業のように思えた。<br /><br />本書は大きくわけると<br />①猟師として自立 ②渡米 ③その後 の三部構成となっている。<br />この渡米の辺りからその「何者か」が<br />少しずつ「人」へと変化していくように、自分は感じた。<br /><br />ハンタースクールの話は経験として面白いし、<br />帰国後の「無二の相棒」である猟犬の話は胸を打つ。<br />だが久保氏が冒頭で「野生とは思えないクマが出没するようになった」<br />と書いていたのと同じく、<br />天人が現世で生きていくことを選んで羽を捨てたような<br />どこか物寂しい感慨が胸に残った。<br /><br />無論、自分はクマーと対決なんぞとてもできないし<br />現在67才にして現役の羆撃ちというのだから、恐れ入る。<br />その後「情熱大陸」でドキュメンタリーをやっていたのだと知って取材を見たが<br />いよいよクマとの対決となった時はカメラには入らせず、<br />仕留めた熊の画も映さないという、<br />久保氏の羆撃ちとしての畏敬も十分に感じられるものだった。<br /><br />だがきっと若い頃の彼は刹那、<br />我々の認識を遥かに凌駕した存在だったのだと、そう思う。<br />番組を見た人は、是非本書も読んでほしい。<br /><br />天人のごときその世界を、文字から感じて欲しいと願う。<br /><br />個人評価:★★★★<br /><hr size="1" /><br />おかんがクマーと対決した話。(笑)<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20141204-1.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20141204-1.png" border="0" width="420" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20141204-2.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20141204-2.png" border="0" width="420" /></a><br /><br />妹は自分と違って結構コワイ夢を見る。<br />でもあとで聞くと、どうしても笑いにしかならねぇ。<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20141204-3.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20141204-3.png" border="0" width="420" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20141204-4.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20141204-4.png" border="0" width="420" /></a><br /><br />手をがっちり組み、張り合っていたそうである。(笑)<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20141204-5.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20141204-5.png" border="0" width="420" /></a><br /><br />先日読んだ<a href="http://harubooook.blog.fc2.com/blog-entry-570.html" target="_blank" title="なぜ脳は、ヘンな夢を見るのか?">なぜ脳は、ヘンな夢を見るのか?</a>からすると<br />これもなんかの危機へのシミュレーションのハズなのだが<br />クマーに対してなのかおかんに対してなのか、悩むトコロである。<br />
577

WJ2015年1号

もう新年号かよ!はええぇよ!!!ONE PIECE769「海賊ベラミー」ローvsドフラ戦と、ルフィvsベラミー戦。ローの目的は、コラソンの遺志を継ぐこと。すなわちドレスローザの計画壊滅だが、「クサい臭いは元から断たなきゃダメ!」的に、ドフラの息の根も止めたいところ。が、多分その力の差はローが一番よく理解しているだろう。ドフラはここまで鳥カゴを仕掛けつつ、糸人間も作ったままローと戦ってんだからパネぇわ。ドフラの指摘... <table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20121231104712c1a.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20121231104712c1a.jpg" alt="wj" border="0" width="110" height="160" /></a></td></tr></table><br /><br />もう新年号かよ!はええぇよ!!!<br /><br />ONE PIECE769「海賊ベラミー」<br />ローvsドフラ戦と、ルフィvsベラミー戦。<br /><br />ローの目的は、コラソンの遺志を継ぐこと。<br />すなわちドレスローザの計画壊滅だが、<br />「クサい臭いは元から断たなきゃダメ!」的に、ドフラの息の根も止めたいところ。<br />が、多分その力の差はローが一番よく理解しているだろう。<br />ドフラはここまで鳥カゴを仕掛けつつ、<br />糸人間も作ったままローと戦ってんだからパネぇわ。<br /><br />ドフラの指摘は、正しい。<br />実力が圧倒的ならば地位という点を狙うのが一番効果的であり、<br />だからこそローは七武海を脱退させようと目論んだ。<br />これが成功していれば、ローの復讐はかなり楽になっていただろう。<br />しかしそれもドフラによって自国内の範囲でおさめられてしまう。<br />どちらにしろ国王という地位を奪わねば、ドフラの牙城は揺るがないのだ。<br /><br />「己の国家を築けば、地位の土台ができる」<br />このドフラの後に続いたのが、クロコダイルなんじゃないかなあと思ったり。<br />まぁクロコダイルは土台を築く直前に、ルフィに邪魔されたわけダガネ。<br /><br />またドフラはこれを、カイドウ(もしくは更なる裏ボス?)に倣ったのではないか。<br />まだ間に他国編がはいるかもしれないが、<br />ワノ国という土台と鎖国というシステムを牛耳るもの(=将軍はカイドウか裏ボスか?)は<br />多分、ドレスローザより厄介な敵になるだろう。<br /><br />…最終的にドフラはカイドウの元に逃げ込むんじゃないか?と<br />当初思っていたのだが、これはナイ気がしてきた。<br />ドフラな自身が言っているのだ。<br />「弱ぇ部下はいらない」と。<br />未登場ながら、カイドウがそんな甘い人間だとは思われない。<br /><br />ひょっとして、家族(ファミリー)だけは大事にするというドフラのキャラも<br />カイドウと差をつけるためのものかもしれんね。<br />カイドウはドフラ以上に実力重視で、冷徹な人間やもしれない。<br />その「お目付役」としてトレーボルが置かれてるんじゃないか。<br />「失敗した奴から、その名を返却させる」為に。<br /><br />最後にドレスローザを救うことにはなると思うし<br />ドフラもこの国を追われることにはなるだろう。<br />が、SMILEの件はトレーボルの暗躍で、表には出ないんじゃないだろうか。<br />「諸悪の根源を断つ」という意味では、決着はつかないと予想。<br /><br />だが七武海撤廃には局面は動くだろう。<br />藤虎の思惑は、多分ここにある。<br />ある意味、SMILEより優先させたいのではないか。<br />逆に言えばその為なら、ルフィたちくらい見逃してくれそうな。<br /><br />そう考えると、今回のベラミーの役どころは<br />ドフラの運命のフラグ的なものなのだろうか。<br />いまいち落としドコロがわからんなー。<br />負け犬のポリシーってのが自分的にピンとこないし、<br />「変わった」とは言え、ルフィがソッコー友達認定するほどの絆は<br />正直なところ感じないのだが。<br />むしろこの勝負の後なら分かるけど。<br /><br />以前に「友達だから」とベラミーを殴れなかったルフィには、ちょっと違和感。<br />「奴の意思じゃない」から殴れなかったなら分かる。<br />でもベラミーの意思でケンカを売られたなら、ルフィは買ってやると思う。<br />ウソップとの決闘シーンと重なるだけに<br />ルフィがあまりにベラミーを弱者扱いするのは、なんかちゃう。<br /><br />ローとドフラの戦いを長引かせたいのはわかるけど<br />ここでルフィが友情という名の前に愚図愚図するのはヤだな。<br />オレ達の船長はそんな男じゃねえぞ…!<br /><hr size="1" /><br />新連載:小畑せんせーおかえりなさい!<br />    だけどサイコーが描いてる気がしてしまうのは気の所為か(笑)<br />    フツーに考えて、プールのスズキ君の霊は本(実)物じゃね?<br />ヒーロー:一度登場人物をまとめしてはくれまいか。<br />ロボット:WHP(笑)<br />暗殺教室:あの女の人は、E組の前担任かな?<br />火ノ丸:おにーちゃん大好きなんだね、妹ちゃん…(´∀`*)<br />卓球:なかなか面白いー。卓球界北斗の拳みたいな!<br />ブリーチ:二人しか出てないのに、本誌中一番平均年齢高そう<br />銀魂:銀さんと高杉の関係を知ると、ここまでの話もなんか感慨深い。<br />   っていうか桂は案外オトナなんだなあ。<br />   銀魂は無論史実ではないが、あえて史実でないところに<br />   空知せんせの描きたいものがあるんじゃないかな。<br />   本来銀魂のキャラは、ほとんどが維新に散った者ばかりだ。<br />   史実の明治は開国と発展という未来あるストーリーであるものの<br />   キャラだけ見ればお先真っ暗な結末になってしまう。<br />   日本では小説でも映画でもその男気に焦点があたるが<br />   空知せんせがそれを書きたいのか、違う結末を書きたいのか<br />   これはかなり注目。<br />斉木:むしろもうちょっとヒャッハー世界みたかった<br />ニセコイ:いや、親子丼食べたいときは親子丼でしか満たされんだろう!<br />磯兵衛:河童やばい(笑)なに妖怪路線もでてくんの?<br /><br />今日はここまでーーーーーーーーぃぃぃぃぃ。<br /><br />ところで再びキーボードが壊れて難儀しております。<br />もうPC買い換えたほうがいいかなあ…。<br />
  • Date : 2014-12-02 (Tue)
  • Category : WJ
576

圏外へ

圏外へ (小学館文庫)吉田 篤弘 小学館 2013-05-08売り上げランキング : 414174Amazonで詳しく見る by G-Tools今回語るのは書評ではない。吉田氏作品へ出かけるためのチケットの買い求め方を記すものである。そんな思わせぶりな出だしを書いてみるワタシである。出だしである。冒頭である。プロローグである。序幕である。この小気味良さである。マズ。まず。先ず。さてこの「マズ」とも付き合いはそこそこ長い。話題のとっかかり... <table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4094088253/haruhon-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/31mQiy7-GCL._SL160_.jpg" border="0" alt="圏外へ (小学館文庫)" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4094088253/haruhon-22/" target="_top">圏外へ (小学館文庫)</a><br />吉田 篤弘 <br /><br />小学館 2013-05-08<br />売り上げランキング : 414174<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4094088253/haruhon-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br /><br />今回語るのは書評ではない。<br />吉田氏作品へ出かけるためのチケットの買い求め方を記すものである。<br />そんな思わせぶりな出だしを書いてみるワタシである。<br />出だしである。冒頭である。プロローグである。序幕である。<br />この小気味良さである。<br /><br />マズ。まず。先ず。<br />さてこの「マズ」とも付き合いはそこそこ長い。<br />話題のとっかかりを始めてくれる有能な彼は、<br />本文6行目でも、その才能を如何なく発揮してくれる。<br />まァ問題は、ワタシがとっかかりから本題に入ってない事なのだが。<br />うむ、この小気味良さである。<br /><br />さて。サテ。<br />この「サテ」は文語中でくらいしか知り合いではないが、<br />彼は本書の中にも登場するので、紹介は控えておこう。<br />吉田氏作品へのチケットの話であった。<br />チケットぴあとかでは手に入らないので、注意が必要だ。<br /><br />まずは本屋へ行く。<br />ホラ、また「マズ」が出てきましたよ。<br />何とも優秀な御仁だと思いませんか。<br />無論、これは本題ではない。<br /><br />そして吉田氏作品を手に取り、本とじっと向き合ってみましょう。<br />えっ、600ページくらいの分厚い本ですと?<br />それはいけません。いけませぬぞ。<br />イキナリ長編というのは、乗り換えのややこしい路線に乗るようなものです。<br />最初は短編なんかがヨロシイ。<br />それでも乗り換えが数回あるから注意されたい。<br />注意である。注意喚起である。アテンションプリーズである。<br /><br />さあでは、レジで支払いを終えたら<br />家でまったりした部屋着に着換えて、コーヒーでも淹れませう。<br />紅茶でも可。は?スーパーで買った焼き芋も?<br />まぁ、アナタがどうしてもと言うなら止めませんが<br />出来るだけお荷物は少な目の方がヨロシイですよ。<br /><br />吉田氏作品はフワフワした重力の中を行き来するため、重量制限がゴザイマス。<br />きっと気が付いたら、焼き芋が冷たくなってると思いますけどねぇ。<br /><br />ではココロの窓とドアを大きく開け、シートベルトをお外しください。<br />アナタがこれから行くところは、ストーリーの中ではありません。<br />言葉の海です。<br />だから話が繋がってなくても、そこに留まらなくてイイんです。<br />綺麗なお魚を見たみたいに、スイスイと泳いでいっちゃってください。<br /><br />息苦しくなったら、また現実世界に帰ってくればイイんです。<br />「よく分かんないから、もう行かない」と思ったら、ソレはソレで。<br />「でもやっぱりなんか気になるから、もう一回」と思ったらシメタもの。<br />きっと次は、前より長く潜れますよ。<br />チリヂリでバラバラで、キラキラした吉田氏作品に。<br /><br />で。とどのつまり、どんなストーリーなのかって?<br />ほら、だからアナタはせっかちでいけない。<br />「とどのつまり」って何だか知ってますか?<br />ボラと言う出世魚の最終形態がトドだから、トドのつまりなんですよ。<br />ボラの段階も全部言えないのに、最後だけ知るなんて無粋じゃないですか。<br /><br />いーんです。そんなコトは気にしなくても。<br />吉田氏作品のビーチでは、潮干狩りも出来ます。<br />ざっくざっくとね。「( ゚д゚)ハッ!」が出てきたりするんです。<br />でもよくみると「(゚Д゚)?」だったり、だからどーした!ってなったりもするんですけど<br />でもやっぱり「!」が見つかるのって、嬉しくってねぇ。<br /><br />それでも「ストーリーが分からんと気になるだろ!」って人には<br />まあ、「小説を書く人の脳内のメタ化」とでも言っておきましょうか。<br />作家とは、紙の中に世界を創る神です。<br />いわば紙の中の神。<br />スゴイのに、ペーパーオブゴッドっていうと薄っぺらくなるから不思議だ。<br /><br />きっとね。ひとつのストーリーを創るためには<br />作家は読者以上に、いろんな世界を旅せねばならんのですよ。<br />それはきっととても楽しくて、孤独な旅なのだ。<br />南を目指して、作家は小走りしているのだ。<br />そのぐるぐるした世界を読むのだから、分からなくてアタリマエ。<br /><br />え、なんで南なのかって?<br />だって北に行ったら「敗北」しちゃうじゃないですか。<br />南はちょっと字面を変えたら「幸」ににてるデショ。<br />これに一瞬「( ゚д゚)ハッ!」と思って「(゚Д゚)?」となったら<br />ホラ、アナタの手に吉田氏作品行きのチケットがあったりするんです。<br /><br />この小気味良さである。<br /><br />個人評価:★★★★<br /><hr size="1" /><br />ヒツジから解放された途端、別の仕事がはいった。<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20141201-1.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20141201-1.png" border="0" width="420" /></a><br /><br />まあそんなアレにはありがちなことなのだが。<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20141201-2.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20141201-2.png" border="0" width="420" /></a><br /><br />絶対とは言わないが、こーゆーのは大概シンプルな方が見栄えがいい。<br />だが不思議と人は何かを作るときは「足し算」をしてしまい<br />「引き算」がなかなかできないのだ。<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20141201-3.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20141201-3.png" border="0" width="420" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20141201-4.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20141201-4.png" border="0" width="420" /></a><br /><br />そのために関係者などの意見が入ってきて<br />今日もう1回打ち合わせをする羽目に。<br />ココで違う意見なんぞでたら、もう試合終了である。(自分が)<br /><br />今日はジャンプも読まねばならんというのに。(そんな理由で)<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20141201-5.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20141201-5.png" border="0" width="420" /></a><br /><br />いやジャンプは冗談だけど<br />最初から三日しかない作業時間枠でさぁ。アレなんだよ。<br />仕事だから書かないけど、なんかもうホラさ。<br /><br />お 察 し く だ さ い 。<br />
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。