プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2013年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1375' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
379

【日記】棺桶に持って行きたい本2013

華竜の宮(上) (ハヤカワ文庫JA)上田 早夕里 早川書房 2012-11-09売り上げランキング : 113895Amazonで詳しく見る by G-Tools2013年に読んだ本は220冊くらい。っぽい。(アバウト)その中でも「あー、読んでよかったなー」と思う本をピックアップ。まずは上田 早夕里さんの「華竜の宮」上・下と繋がりのある「魚舟・獣舟」。文体から設定からテーマからラストまで、すべてがツボに入った。「世界観」と「理屈」と「面白さ」の絶妙... <table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4150310858/goodpic-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51IoJ3JaJDL._SL160_.jpg" border="0" alt="華竜の宮(上) (ハヤカワ文庫JA)" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4150310858/goodpic-22/" target="_top">華竜の宮(上) (ハヤカワ文庫JA)</a><br />上田 早夕里 <br /><br />早川書房 2012-11-09<br />売り上げランキング : 113895<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4150310858/goodpic-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br /><br />2013年に読んだ本は220冊くらい。っぽい。(アバウト)<br />その中でも「あー、読んでよかったなー」と思う本をピックアップ。<br /><br />まずは上田 早夕里さんの「華竜の宮」上・下と繋がりのある「魚舟・獣舟」。<br />文体から設定からテーマからラストまで、すべてがツボに入った。<br />「世界観」と「理屈」と「面白さ」の絶妙な場所に話を作る繊細さが素晴らしい。<br /><br />上田さんは一気にお気に入り作家さんにノミネート!<br /><br />記事:<a href="http://harubooook.blog.fc2.com/blog-entry-338.html" target="_blank" title="華竜の宮 上">華竜の宮 上</a><br />記事:<a href="http://harubooook.blog.fc2.com/blog-entry-340.html" target="_blank" title="華竜の宮 下">華竜の宮 下</a><br />記事:<a href="http://harubooook.blog.fc2.com/blog-entry-328.html" target="_blank" title="魚舟・獣舟">魚舟・獣舟</a><br /><hr size="1" /><br /><table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167646064/goodpic-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51baQV1dbmL._SL160_.jpg" border="0" alt="輪違屋糸里 上 (文春文庫)" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167646064/goodpic-22/" target="_top">輪違屋糸里 上 (文春文庫)</a><br />浅田 次郎 <br /><br />文藝春秋 2007-03<br />売り上げランキング : 1960<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167646064/goodpic-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br /><br />浅田次郎氏の新撰組三部作。全6巻。<br />新選組と言う題材自体では司馬先生が好きなのだが<br />斉藤一を書いたものとしては、もうピカイチといっていい。<br />そして何より、芹沢鴨愛がもうねもうねもうね(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァ<br /><br />メイン隊士もそりゃかっけーーーーけど!<br />芹沢鴨がいたことも忘れないでください…!<br /><br />記事:<a href="http://harubooook.blog.fc2.com/blog-entry-303.html" target="_blank" title="壬生義士伝 上下">壬生義士伝 上下</a><br />記事:<a href="http://harubooook.blog.fc2.com/blog-entry-304.html" target="_blank" title="輪違屋糸里 上下">輪違屋糸里 上下</a><br />記事:<a href="http://harubooook.blog.fc2.com/blog-entry-306.html" target="_blank" title="一刀斎夢録 上下">一刀斎夢録 上下</a><br /><hr size="1" /><br /><table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167820013/haruhon-22/ref=nosim/" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/519JSJ5BKPL._SL160_.jpg" border="0" alt="茗荷谷の猫 (文春文庫)" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167820013/haruhon-22/ref=nosim/" target="_blank">茗荷谷の猫 (文春文庫)</a><br />木内 昇 <br /><br />文藝春秋 2011-09-02<br />売り上げランキング : 38126<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167820013/haruhon-22/ref=nosim/" target="_blank">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br /><br />今年になってお気に入り作家さんになった木内昇さん。<br />読んだ本はどれもヒットだったけど<br />特にこの本は、土地と時間の繊細な描き方が美しい。<br /><br />タイムマシーンに乗ったような東京下町の風景を、ぜひ味わっていただきたい。<br /><br />記事:<a href="http://harubooook.blog.fc2.com/blog-entry-298.html" target="_blank" title="茗荷谷の猫">茗荷谷の猫</a><br /><hr size="1" /><br /><table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4122058155/goodpic-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51e%2BpxZjURL._SL160_.jpg" border="0" alt="猫と庄造と二人のをんな (中公文庫)" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4122058155/goodpic-22/" target="_top">猫と庄造と二人のをんな (中公文庫)</a><br />谷崎 潤一郎 <br /><br />中央公論新社 2013-07-23<br />売り上げランキング : 49796<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4122058155/goodpic-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br /><br />夏に個人的に始めた谷崎潤一郎フェア。<br />これが結構肌に会い、ずっと読み忘れていたとは不徳の致すところだが<br />ある意味、今読めてよかったのかもしれない。<br /><br />谷崎は立派な変態である。<br /><br />記事:<a href="http://harubooook.blog.fc2.com/blog-entry-271.html" target="_blank" title="猫と庄造と二人のをんな">猫と庄造と二人のをんな</a><br /><hr size="1" /><br /><table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062775689/haruhon-22/ref=nosim/" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/61DrpBkELcL._SL160_.jpg" border="0" alt="漱石の妻 (講談社文庫)" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062775689/haruhon-22/ref=nosim/" target="_blank">漱石の妻 (講談社文庫)</a><br />鳥越 碧 <br /><br />講談社 2013-06-14<br />売り上げランキング : 194890<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062775689/haruhon-22/ref=nosim/" target="_blank">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br /><br />夏目漱石は好きなのである。<br />奥さんの視点と言うところに惹かれたのだが、これが良かった。<br />悪妻という世間評を捻じ曲げる必要はない。<br />悪妻故に奥さんは夏目漱石を支えも、突き放す事もできたのだ。<br /><br />記事:<a href="http://harubooook.blog.fc2.com/blog-entry-243.html" target="_blank" title="漱石の妻">漱石の妻</a><br /><hr size="1" /><br /><table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/410116214X/haruhon-22/ref=nosim/" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51sWdsoXtQL._SL160_.jpg" border="0" alt="細川ガラシャ夫人〈上巻〉 (新潮文庫)" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/410116214X/haruhon-22/ref=nosim/" target="_blank">細川ガラシャ夫人〈上巻〉 (新潮文庫)</a><br />三浦 綾子 <br /><br />新潮社 1986-03-27<br />売り上げランキング : 25938<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/410116214X/haruhon-22/ref=nosim/" target="_blank">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br /><br />坂本城主・明智光秀の娘であり、キリシタンであったガラシャ夫人。<br />滋賀作でないと共感できないかもしれないが<br />最後に琵琶湖の風景を思い出す夫人の描写に、うっかり号泣。<br /><br />再読だったが、思い出深い本となった。<br /><br />記事:<a href="http://harubooook.blog.fc2.com/blog-entry-196.html" target="_blank" title="細川ガラシャ夫人 上下">細川ガラシャ夫人 上下</a><br /><hr size="1" /><br /><table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00B59BC2U/haruhon-22/ref=nosim/" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/512jAf7SEgL._SL160_.jpg" border="0" alt="螢火" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00B59BC2U/haruhon-22/ref=nosim/" target="_blank">螢火</a><br />蜂谷 涼/文藝春秋<br /><br /><br /><br /><br /><br /><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br /><br />こちらも今年お気に入り作家さんになった蜂谷涼さん。<br />江戸から明治という地味な時代(笑)を、非常に味わい深く書かれる。<br />政界や戦争の歴史になりがちなこの時代に<br />民衆、それも女性を題材にするところが上手い。<br /><br />記事:<a href="http://harubooook.blog.fc2.com/blog-entry-137.html" target="_blank" title="蛍火">蛍火</a><br /><hr size="1" /><br /><table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4094033130/haruhon-22/ref=nosim/" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/515P33EJGJL._SL160_.jpg" border="0" alt="雷電本紀 (小学館文庫)" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4094033130/haruhon-22/ref=nosim/" target="_blank">雷電本紀</a><br />飯嶋 和一/小学館<br /><br /><br /><br /><br /><br /><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br /><br />歴史の重箱の隅をつつきたいなら、もう絶対飯嶋和一氏だ!!<br />教科書ではまず到底載っていないような史実から<br />超分厚い風呂敷を広げ、畳んでいく手腕が見事。<br /><br />相撲取りに胸と目頭を熱くしたのは、これが初めてである。<br /><br />記事:<a href="http://harubooook.blog.fc2.com/blog-entry-127.html" target="_blank" title="雷電本紀">雷電本紀</a><br /><br /><hr size="1" /><br /><hr size="1" /><br /><br />小説以外も数冊。<br /><br /><table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4794218788/haruhon-22/ref=nosim/" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51HrBdJzcOL._SL160_.jpg" border="0" alt="文庫 銃・病原菌・鉄 (上) 1万3000年にわたる人類史の謎 (草思社文庫)" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4794218788/haruhon-22/ref=nosim/" target="_blank">文庫 銃・病原菌・鉄(上)<br />1万3000年にわたる人類史の謎</a><br />ジャレド・ダイアモンド 倉骨彰<br />/草思社<br /><br /><br /><br /><br /><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br /><br />この次巻となる「文明崩壊 上・下」も読んだが、こっちの方が面白かった。<br />例示と説明がもうええわっちゅうくらい多いのだが(笑)<br />それでも興味を惹かれるのだから、たいした本である。<br /><br />むしろダイヤモンド氏の本まとめ本とか出たらすごい売れそう。<br /><br />記事:<a href="http://harubooook.blog.fc2.com/blog-entry-86.html" target="_blank" title="銃・病原菌・鉄 上">銃・病原菌・鉄 上</a><br />記事:<a href="http://harubooook.blog.fc2.com/blog-entry-87.html" target="_blank" title="銃・病原菌・鉄 下">銃・病原菌・鉄 下</a><br /><hr size="1" /><br /><table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4022616865/haruhon-22/ref=nosim/" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51ktqgz64FL._SL160_.jpg" border="0" alt="記憶喪失になったぼくが見た世界 (朝日文庫)" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4022616865/haruhon-22/ref=nosim/" target="_blank">記憶喪失になったぼくが見た世界 </a><br />坪倉優介/朝日文庫 <br /><br /><br /><br /><br /><br /><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br /><br />記憶喪失になった坪倉氏の実体験手記。<br />読んでいてその純粋な描写に何度もはっとした。<br />小説ではないが、目が覚めるような何かが感覚に訴えてくる。<br /><br />こーゆー感覚、忘れたくないなあと改めて思わせてくれた。<br /><br />記事:<a href="http://harubooook.blog.fc2.com/blog-entry-158.html" target="_blank" title="記憶喪失になったぼくが見た世界">記憶喪失になったぼくが見た世界</a><br /><hr size="1" /><br /><table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4022617470/haruhon-22/ref=nosim/" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51JMpehpt1L._SL160_.jpg" border="0" alt="増補新版 霊柩車の誕生 (朝日文庫)" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4022617470/haruhon-22/ref=nosim/" target="_blank">増補新版 霊柩車の誕生 </a><br />井上章一/朝日新聞出版<br /><br /><br /><br /><br /><br /><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br /><br />もともと雑学系好きなんだが、これはかなり面白かった。<br />たまたまテレビで霊柩車特集見た後に、コレ見つけて感動した。<br />棺桶本に霊柩車本ってのもどうよ。(笑)<br /><br />記事:<a href="http://harubooook.blog.fc2.com/blog-entry-90.html" target="_blank" title="増補強版 霊柩車の誕生">増補強版 霊柩車の誕生</a><br /><hr size="1" /><br /><table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4344418867/haruhon-22/ref=nosim/" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41T037XhKoL._SL160_.jpg" border="0" alt="洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫)" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4344418867/haruhon-22/ref=nosim/" target="_blank">洗面器でヤギごはん</a><br />石田 ゆうすけ/幻冬舎<br /><br /><br /><br /><br /><br /><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br /><br />旅の食エッセイ。こーゆー旅行してみたい。<br />でも今年トルコ行ったから、しばらく金ねーし。(苦笑)<br /><br />記事:<a href="http://harubooook.blog.fc2.com/blog-entry-84.html" target="_blank" title="洗面器でヤギごはん">洗面器でヤギごはん</a><br /><hr size="1" /><br /><table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087463532/haruhon-22/ref=nosim/" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51Krs7MJ%2B6L._SL160_.jpg" border="0" alt="本当はちがうんだ日記 (集英社文庫)" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087463532/haruhon-22/ref=nosim/" target="_blank">本当はちがうんだ日記</a><br />穂村 弘/集英社<br /><br /><br /><br /><br /><br /><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br /><br />エッセイとかあんまり読まないんだけど、これは読んでよかった。<br />本屋で吹き出してしまい、貯まらず購入。<br />穂村氏は一人ボケツッコミがよく分かってる。素晴らしひ。<br /><br />記事:<a href="http://harubooook.blog.fc2.com/blog-entry-109.html" target="_blank" title="本当はちがうんだ日記">本当はちがうんだ日記</a><br /><br /><hr size="1" /><br /><hr size="1" /><br /><br />せめて10冊とか切りのいい数字にしろよっていう。<br />いやこーゆーもんは出したいだけ出せばいい。(動物か)<br /><br />何時の間にやら、ワードお絵かきを添える記事がデフォルトになりつつ(笑)<br />何処まで続くか分からんけど、出来るだけ付けたい。<br />毎日1つくらいネタのある生活をしたい。<br />何もない1日は、最悪の日より退屈だ。<br /><br />ブログや書評サイトをご覧いただいていた方は、1年お世話になりました。<br />引き続き構ってやってください。<br /><br />来年もいろんなことがありますように。<br /><br /><hr size="1" /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131231-1.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131231-1.gif" alt="20131231-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131231-2.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131231-2.gif" alt="20131231-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br />自分も知らなかったのだが、相方の家が割と作法にキッチリしたところなので<br />まあ言われたことは一応覚えるようにしている。<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131231-3.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131231-3.gif" alt="20131231-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br />我が家は本当にフリーダムであり、<br />更におかんはフリーダムに輪ゴムかけたみたいな人なので<br />とりまそのお宅のならいに従うよう言っておく。<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131231-4.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131231-4.gif" alt="20131231-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br />フリーダムとマナーは相容れないものなのか。(苦悩)<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131231-5.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131231-5.gif" alt="20131231-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br />そもそも我が家では、元日から仕事する面々が多かったので<br />1日の朝はパン食って出かけたり<br />おせちが大晦日でなくなることもあったからな。<br /><br />そんな相方宅と実家に明日から帰りますので<br />しばらくブログお休みです。<br />生存報告はツイッターかなー。<br /><br />でわでわ。<br />
  • Date : 2013-12-31 (Tue)
  • Category : 日常
378

嶽神伝 無坂(上)

嶽神伝 無坂(上) (講談社文庫)長谷川 卓 講談社 2013-10-16売り上げランキング : 131249Amazonで詳しく見る by G-Tools「嶽神」 上・下の続巻となる。うん、里帰りの連れにするつもりだったんだけど冒頭だけ、登場人物だけ読もう、いやあと1章だけとかやってる内に上巻読み終えちゃったんだ。(´・ω・`)いいんでぇ。どうせ向こう帰っても本屋行っちゃうんだし!武田信玄の死後を描いた前作より時代は遡り、信玄が甲斐の虎と呼ばれ... <table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062776634/goodpic-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51cjU0wH-EL._SL160_.jpg" border="0" alt="嶽神伝 無坂(上) (講談社文庫)" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062776634/goodpic-22/" target="_top">嶽神伝 無坂(上) (講談社文庫)</a><br />長谷川 卓 <br /><br />講談社 2013-10-16<br />売り上げランキング : 131249<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062776634/goodpic-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/blog-entry-373.html" target="_blank" title="嶽神">「嶽神」 上</a>・<a href="http://harubooook.blog.fc2.com/blog-entry-375.html" target="_blank" title="下">下</a>の続巻となる。<br />うん、里帰りの連れにするつもりだったんだけど<br />冒頭だけ、登場人物だけ読もう、いやあと1章だけとかやってる内に<br />上巻読み終えちゃったんだ。(´・ω・`)<br />いいんでぇ。どうせ向こう帰っても本屋行っちゃうんだし!<br /><br />武田信玄の死後を描いた前作より時代は遡り、<br />信玄が甲斐の虎と呼ばれる道に立ったばかりの頃を描く。<br /><br />本書では主役ではないが、戦国時代において信玄は立役者の一人だ。<br />父の代においては東国の並み居る大名の一人と言う位置から<br />一気に国内ベスト3クラスに躍り出た。<br />彼の存在により中部から以北への統一は困難を極め<br />その死後には一気に信長や秀吉が前線を押し出した。<br />信玄は戦国の盤上における龍王(※飛車が裏返ったもの)の如き存在だ。<br /><br />前作・本作は信玄と言う巨星が堕ちた時と<br />そして生まれたときの混乱期と考えてよいだろう。<br />いずれも「山の者」という、里とは違う世界に生きる者が<br />奇しくもその混乱に巻き込まれながらも<br />権力とは無関係に己を振るうところに、この作品の魅力がある。<br /><br />前作を通して「山の者」と書かれているが<br />恐らくは「サンカ」や「マタギ」をイメージしているのではないだろうか。<br />「サンカ」とは戸籍を持たず、山を移住していた集団のことだ。<br />正確な数は出ていないが、昭和にはまだ日本にいたともいう。<br />個人的にこの「サンカ」にも興味があるため、一層この話が面白い。<br /><br />自然の中に集団で済む場合、定住は難しい。<br />畑や狩りをする内に、そこの自然連鎖が乱れてくるからだ。<br />彼らはその時代には珍しい肉食をし、<br />畑を作り、土地が痩せれば焼畑をし、さらに移住をする。<br />自然と彼らは健脚となり、また自然界の知恵を身に着ける。<br /><br />だが塩や鉄器、味噌や紙など里でないと手に入らぬものも多い。<br />それらと交換できる製品や薬草を作り、<br />自然とも人里とも共存、逆に依存する者となる。<br />不思議な民だ。<br />権力に屈するのではなく、生きるために柔軟な姿勢を持つのだ。<br /><br />無論、本物のサンカがこの時代<br />どのような扱いを受けていたかは定かでない。<br />しかし本書の「山の者」の「必要以上のものを持たない」生き方は<br />現代人の心にも深く胸を打つものがある。<br /><br />主人公の無坂は小暮衆という山の集団の小頭だ。<br />荷を運ぶ里の仕事を引き受け、途中で腕の立つ盗賊に襲われる。<br />その場は何とか切り抜けたものの、以来山に不穏な空気が漂うように感じる。<br />一方、国の領主・諏訪家の側室とその姫とは<br />ひょんなことから覚えがめでたく、時折薬草などを届けている。<br /><br />しかし諏訪家当主は武田信玄に攻め込まれて自害、<br />二人は信玄の館に囚われることとなる。<br />諏訪家本妻の嫡子は、生死も分からぬ。<br />冬へ向かう山の準備に追われながら、ムサカは側室と姫の事が気になってならない。<br />上巻は大体、ここまでの話である。<br /><br />うん、まぁなんか前作と同じニオイはするんだけど(笑)、<br />「嶽神」は集落を抜けた男が主人公だったので<br />今回は山の者の生活に焦点があたっており、読んでて楽しい。<br />仮面ライダーと戦隊モノの違いっつーか。(なんじゃそりゃ)<br /><br />下巻はうん、まぁ、下手こくと明日読んじゃいそうなんだけど<br />とりま書評は今年はここまでにしとこうかな。<br /><br />マタギで年またぎ。(オヤヂか!)<br /><br />個人評価:★★★★<br /><hr size="1" /><br />明日は1年の総評を書く。かも。<br /><hr size="1" /><br />そして何の関連もないネタ。<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131230-1.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131230-1.gif" alt="20131230-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br />それもガッツリ黒目が出ているので、起きているのかと見まごうレベルらしい。<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131230-2.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131230-2.gif" alt="20131230-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131230-3.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131230-3.gif" alt="20131230-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131230-4.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131230-4.gif" alt="20131230-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131230-5.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131230-5.gif" alt="20131230-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br />どれだけ残念なカンジで寝ているのか、自分は…。<br />おちおち電車内で居眠りも出来ぬ。(でもする)
377

蠅の帝国

蠅の帝国: 軍医たちの黙示録 (新潮文庫)帚木 蓬生 新潮社 2013-12-24売り上げランキング : 1830Amazonで詳しく見る by G-Tools帚木氏は現役医師作家である。彼自身は戦後の生まれだが、恩師が軍医学生であったとかで興味をもって調べたことから本書の執筆に至ったらしい。(あとがきより)戦争を描いた小説は数多くあれど、軍医目線という視点は新しい。さてこの軍医、軍部内では将校クラスに位置づけられるがその年齢は、病院の... <table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101288240/goodpic-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51lVFdaeagL._SL160_.jpg" border="0" alt="蠅の帝国: 軍医たちの黙示録 (新潮文庫)" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101288240/goodpic-22/" target="_top">蠅の帝国: 軍医たちの黙示録 (新潮文庫)</a><br />帚木 蓬生 <br /><br />新潮社 2013-12-24<br />売り上げランキング : 1830<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101288240/goodpic-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br /><br />帚木氏は現役医師作家である。<br />彼自身は戦後の生まれだが、恩師が軍医学生であったとかで<br />興味をもって調べたことから本書の執筆に至ったらしい。(あとがきより)<br /><br />戦争を描いた小説は数多くあれど、軍医目線という視点は新しい。<br />さてこの軍医、軍部内では将校クラスに位置づけられるが<br />その年齢は、病院のベテラン医師クラスではない。<br />大学を出たばかりで、実務経験ゼロの者も多くあったのだ。<br /><br />戦時下の日本の医者不足は、深刻だった。<br />そこで医大生から志願の形をとり<br />学年に応じて、上等兵優遇で歩兵や騎兵の訓練を受けさせ、<br />卒業後は軍医見習いとして一足飛びに昇進できるという措置をとった。<br /><br />つまりは学生の頃から既に、戦闘員として数に入れられてしまうのだ。<br />しかもこの手順を踏まねば二等兵からの訓練となるし<br />なにより国への貢献を怠ったということで<br />衛生兵のまま南方の最前線へ飛ばされてしまう事もあったという。<br />学生たちが無言の圧力下に資格を得ることは、想像に難くない。<br /><br />帚木氏の作品はこれまでに何冊も読んでいるが<br />医師と言う立ち位置から、一歩引いて患者を見ているというか<br />「観察者」としての冷静な視点での物語が多かったように思う。<br />今回は既作品以上に「観察者」に徹しているというか、<br />感情と言う意味では、話に入りこみにくいものがあった。<br /><br />軍医と言う戦争資料としては素晴らしいと思う。<br />が、短編集という構成の所為もあるのか、<br />15のストーリーに出てくる軍医たちは「医師」というより<br />戦局の中で流されていく一兵卒にしか見えないのだ。<br /><br />否、ある意味リアルではある。<br />戦争と言う異常事態の中で、特別待遇や階級や何になろう。<br />特に敗戦色も濃かった日本の軍隊にあって<br />「観察者」の位置にあった軍医は、特に身に沁みて感じたのかもしれない。<br />「日本は負ける」という禁句を口に出せぬまま<br />底を尽きた医療物資で重傷病人を前にする無力感は、相当なものだったろう。<br /><br />「小説」としては、そこを長編として描いて欲しかった感もあるが<br />サブタイトルの「黙示録」という言葉が示す通り<br />必要以上の装飾をしない、帚木氏の小説スタイルでもあるのだろう。<br />切れ切れの短編集から答えを出すのは読者の仕事であり、<br />また戦争と言うものが未だ撲滅しない世界に身を置くものとして<br />考えるべきテーマとも言える。<br /><br />先の大戦の戦没者は、半分が病死や餓死だったとも言われる。<br />異国で身内にも看取られず、五体すら満足に残らず<br />飢えや渇き、寒さや暑さや痛みや苦しみの中で<br />息を引き取った虚しさは、筆舌に尽くし難い。<br /><br />「蠅の帝国」─────。<br />仮にこの戦争で得をしたものがいたとしたら<br />遺体に群がる蛆や蠅くらいのものであろう。<br />言い方は悪いが、それほどに戦争は虚しい。<br />名誉の戦死などという言葉で、犠牲を片付けてはならない。<br /><br />ニュースでも頻繁に言われている靖国神社問題。<br />「参拝」などという言葉を使うから、よくないのだと思う。<br />「拝む」のではない。日本は戦没者に対して「謝罪」し<br />2度とこのような過ちを繰り返すことは無いと<br />毎年その気持ちを新たにすべきだと思うのだが。<br /><br />政治の話はあんまりすべきじゃないんだろうから、この辺で。<br />本書は決して「上手くまとめられた話」ではないだけに<br />読後は戦争への暗澹たる思いが、胸に残る。<br /><br />個人評価:★★★<br /><hr size="1" /><br />正月っぽいネタ。(フライング)<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131229-1.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131229-1.gif" alt="20131229-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131229-2.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131229-2.gif" alt="20131229-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131229-3.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131229-3.gif" alt="20131229-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131229-4.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131229-4.gif" alt="20131229-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br />まあ結局書きなおしたらしいんだけど、<br />字面からいえば「現実逃避」を提出すべきであった。
376

通りゃんせ

通りゃんせ (角川文庫)宇江佐 真理 村田 涼平 KADOKAWA/角川書店 2013-12-25売り上げランキング : 8153Amazonで詳しく見る by G-Tools宇江佐さんの本は数冊読んでいる。手元にあるのは「アラミスと呼ばれた女」と「聞き屋与平」の2冊。前者はどちらかというと歴史物で、後者は時代物。、個人的には時代物の方がよかった。ストーリーの題材が一風変わっており、本屋でふと手に取る事が多々ある。今回もそんな感じだ。あらすじには... <table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/404101140X/goodpic-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51RGPb%2Bfn6L._SL160_.jpg" border="0" alt="通りゃんせ (角川文庫)" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/404101140X/goodpic-22/" target="_top">通りゃんせ (角川文庫)</a><br />宇江佐 真理 村田 涼平 <br /><br />KADOKAWA/角川書店 2013-12-25<br />売り上げランキング : 8153<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/404101140X/goodpic-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br /><br />宇江佐さんの本は数冊読んでいる。<br />手元にあるのは「アラミスと呼ばれた女」と「<a href="http://harubooook.blog.fc2.com/blog-entry-135.html" target="_blank" title="聞き屋与平">聞き屋与平</a>」の2冊。<br />前者はどちらかというと歴史物で、後者は時代物。、<br />個人的には時代物の方がよかった。<br /><br />ストーリーの題材が一風変わっており、本屋でふと手に取る事が多々ある。<br />今回もそんな感じだ。<br />あらすじには「平々凡々なサラリーマンが主人公の時代物」とある。<br />ライトノベルの作者ならああそうですかと言うトコロだが<br />定評のある時代作家がこんなネタを使うとは、興味を惹かれるではないか。<br />人様に貰った図書カードもあったので、そのまま購入。<br /><br />スポーツメーカーに勤める連(れん)は<br />趣味のマウンテンバイクでツーリング中に迷子になり、<br />気がついたら目の前に、髪を結った少女やチョンマゲの男がいた────。<br />頃は天明6年。<br />有名な「天明の飢饉」があった年である。<br /><br />いわゆるタイプスリップものだ。<br />これ自体はSFで手垢がつくほど使われているものの、このジャンルでは新しい。<br />時代作家にとっては、禁じ手と言っても過言ではない。<br />またタイプスリップ先が、江戸の下町や武家ではなく<br />何の変哲もない農村というところが面白い。<br /><br />時代物はそれなりに読んでいるが、農村が舞台と言うのは非常に少ない。<br />要は「華」がないのだ。<br />士農工商という身分では二番目のようにされているものの、<br />百姓の生活は、ただ働き詰めに働くと言うイメージだ。<span style="color:#0000ff">※補足</span><br /><br />年貢の為に、自分では米も食わずに貧しい生活をしていた────<br />か、どうかは歴史的にいろいろ説もあるようだが<br />とりま実際労働時間は格段に多いし、作物に合わせて働くのだから大変な仕事ではある。<br />米が直接生活費と糧に結びついていた時代なのだから<br />少なくとも飢饉の折に、生活が困窮した事は間違いないだろう。<br /><br />現世の仕事や自分の行く末も気にしつつ、<br />百姓の家に身を置いた連は、時代のギャップに衝撃を受ける。<br />長雨で不作だったにも関わらず、年貢は例年通りに取られてしまい<br />村の空気はどんどん不穏なものになっていき<br />ついに打ちこわしが起こってしまう。<br /><br />学生時代の倶楽部顧問が歴史好きだったという設定で<br />連がさりげなく現代と江戸のナビゲーターになっている。<br />この後、諸事情で連は江戸の町にもいくのだが<br />農村の貧しさから旅の様子、そして江戸の華やかさへの変化がよく出ており<br />一風変わった時代物として楽しめる。<br /><br />が、全体としてちょっとちぐはぐな印象も否めない。<br />歴史の教科書としては良い入門書のような気がするが<br />ちょいちょい入ってくるカタカナ語に、何度か気を取られてしまう。<br />またタイムスリップにもちゃんと説明がしてあるのだが<br />神隠しではないがSFとまではいかないというか<br />和風と洋風のオカズを一緒に食ってるような中途半端さが惜しい。<br /><br />時代全体の視点では重みに欠ける印象だが<br />1つ1つの素材は身近で分かりやすいネタを使っているので<br />時代物の入り口として良書ではないだろうか。<br /><br />個人評価:★★★<br /><br /><span style="color:#0000ff">※【補足】</span><br />飢饉でなくとも、時代物の農民はとにかくボンビーなイメージがあるが<br />そこまで酷くはなかったんじゃね、という説もある。<br /><br />江戸時代の米の生産量は3000万石とされる。<br />人口も3000万人くらいじゃね、とされる。(アバウトな)<br />1石とは人が1年に食べる米の量であり、<br />この時代は農民が8割と言われるから<br />農民が米を食わねば米が凄く余っちゃうじゃん、って話だ。<br /><br />多分だが、自分も「米も一切食わずに」は<br />米に適した農地でないとかの最悪のケースの事であり<br />また実際に飢饉などは人食いが出る程に切羽詰っていたというから<br />その報告やドラマなどのイメージがごっちゃになっているんだと思う。<br /><br />ちなみに<strong>1石は150キロ</strong>。米計るときのカップ1000合分くらい。<br />つまりは1日当たり、3合を食べる計算ってことだ。<br />ちなみに平成の世では、日本人1人の米消費量は60キロ未満。<br />1日1合も食べない計算だ。<br /><br />ま、パンもラーメンもある世の中、毎日米食うこともないだろうし<br />オカズがあれば茶碗1杯で十分腹は膨れる。<br />が、この時代は米が本当に「主食」なのだ。<br />女性で3合、成人男性なら1日5合は食べるという説もあるから<br />もうこの時点で「1人1石」の計算では足りない。<br />(※この白米ばかり食べる生活の所為で<br />  江戸時代にビタミン不足から脚気が多かったのは有名)<br /><br />しかも米は食べるだけでなく、武士の給料としても使われる。<br />風が吹けば桶屋が儲かるように<br />米が不作となると江戸社会ではあっちこっちにひずみが出るのだ。<br />農民が極貧だったというのは諸説紛々だが<br />不作が農村に大きな影響を与えたことは、確かだろう。<br /><br />ちなみに武士の給料で「<strong>3石二人扶持</strong>」などという表現が出てくるが<br />「石」は1日5合の計算。「扶持」はその人数の家来が必要なお役目ってこと。<br />つまり3石二人扶持っつーのは、もう自分と家来でカツカツってことなのだ。<br />米だけで生活はしていけないのだから。<br /><br />まあそういう意味では、自給出来る農民の方が強い面もあるだろうけどね。<br /><hr size="1" /><br />コケたネタでもう1つ思い出した。<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131227-1.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131227-1.gif" alt="20131227-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131227-2.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131227-2.gif" alt="20131227-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131227-3.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131227-3.gif" alt="20131227-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131227-4.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131227-4.gif" alt="20131227-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131227-5.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131227-5.gif" alt="20131227-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br />どうやらこの人、自分の死角で一部始終みていたらしい。<br />知らない人だったが、「その場で言えよ!!」とツッコんでしまった。<br /><br />声を掛けようかどうしようか迷っている内に<br />自分がすっくと立ちあがり、すたこら去ってしまったが<br />やっぱり気になったので部署まで足を運んだらしく。<br /><br />きっといい人なんだろうけど<br />西ではその場でツッコんでくれる人の方がありがたい。<br /><br />
375

嶽神(下) 湖底の黄金

嶽神(下) 湖底の黄金 (講談社文庫)長谷川 卓 講談社 2012-05-15売り上げランキング : 22115Amazonで詳しく見る by G-Tools一昨日の嶽神の下巻。結構ページあるんだけど、もうほぼ一気読み。上巻では山の者・多十と埋蔵金のいざこざに巻き込まれた金山衆(※金山の発掘現場衆)少女、そして真田家から追放となった忍がまだ5つになるやならない武田家嫡子をかくまい、北条や徳川の放つ刺客と死闘を繰り広げていた。が、途中で伊賀忍... <table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062772566/goodpic-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51AJOSSd24L._SL160_.jpg" border="0" alt="嶽神(下) 湖底の黄金 (講談社文庫)" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062772566/goodpic-22/" target="_top">嶽神(下) 湖底の黄金 (講談社文庫)</a><br />長谷川 卓 <br /><br />講談社 2012-05-15<br />売り上げランキング : 22115<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062772566/goodpic-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br /><br />一昨日の<a href="嶽神(下) 湖底の黄金" target="_blank" title="嶽神">嶽神</a>の下巻。<br />結構ページあるんだけど、もうほぼ一気読み。<br /><br />上巻では山の者・多十と<br />埋蔵金のいざこざに巻き込まれた金山衆(※金山の発掘現場衆)少女、<br />そして真田家から追放となった忍が<br />まだ5つになるやならない武田家嫡子をかくまい、<br />北条や徳川の放つ刺客と死闘を繰り広げていた。<br /><br />が、途中で伊賀忍者が出てきてから<br />ちょっと実戦からファンタジー方向へシフトしてきた。(笑)<br />まあ面白いからいいんだけど。<br /><br />徳川の命により、伊賀より遣わされた「伊賀四天王」─────。<br />うほっ。(←興奮による鼻息)<br />(・∀・)イイ!!学園ものの悪役にありがちなこのカンジ!<br />仮に一人やられても「奴は四天王の中でも最弱────」などと<br />あくまで居丈高な態度でいそうなそのネーミング!( ´∀`)bグッ!<br /><br />いや、なんだかんだと時代・歴史スキーはベタ展開も好きなの。<br /><br />しかし多十は、死に物狂いでこの四天王を打ち負かすのだ。<br />その様子を静観していた北条氏は、ふと呟く。<br />よもや奴は「嶽神」なのだろうか─────と。<br />────嶽神とは何か?<br />更に武田の幼い嫡子には、稀有な力があったのだ。<br /><br />四天王を失った伊賀の服部半蔵は、憤る。<br />ならば奥の手を────、───朽木衆を使うしかない。<br />デタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━!!<br />有り得ないほど強い敵の後に、さらなるトンデモ級の強い敵が迫る!!!<br />ドラゴンボールだ!ドラゴンボール現象がここに!!(※喜んでいます)<br /><br />またこの時代がちょうど、昨日の「清須会議」あたりの時代なのだ。<br />甲斐の虎・信玄公の突然の死によって、戦の神は信長に微笑んだかにみえた。<br />が、天下統一に向かってあと一歩のところで、明智光秀が起こした変。<br />残念ながら光秀は、秀吉に大きなチャンスを与えてしまったに過ぎない。<br />この功績こそが、秀吉を「清洲会議」に導いたのだ。<br /><br />東国への睨みを効かせていた信玄と言うバランスが崩れ<br />上杉・北条と言う拮抗する力が動き出す。<br />ちなみに、その間に挟まれていたのが真田領であり、<br />北条家のさらに向こう、奥州には伊達もいる。<br /><br />私見だが、ここでグズグズしていては<br />時はまた戦国時代に逆戻りしてしまう。<br />如何に早く、信長の築いた時流を横取りするか────<br />秀吉はそれに気付いていたのではないかと思う。<br /><br />これが上手い具合に信玄の死後、<br />上杉家は家のゴタゴタが起こってしまい、ゆるやかに衰退していく。<br />清洲会議で対立した柴田勝家を倒した秀吉は権力に物を言わせ、<br />北条や伊達を征伐する口実を作る。<br />これが小田原征伐や、のぼうの城で有名な忍城の水攻めとなる。<br /><br />おっと、ちょっと別の話が混じってしまったが<br />要は信玄の死後、東国の武将たちは秀吉の底知れぬ力を恐れ<br />少しでも東国での安定した地位を欲していたのだ。<br />信玄とその息子・勝頼が死に、真ん中にぽっかり空いた領土。<br />その嫡子。隠し財宝。<br />ビーチの旗取り合戦のごとく、周囲の大名たちがそレを狙ったのも無理はない。<br /><br />只でさえ楽しい戦国絵巻が<br />少年漫画のようなベタ設定で盛り上げられているのだ。<br />これが楽しくない筈がないっっ!!<br /><br />漢らしいだけでなく、この武田嫡子の幼子が可愛らしい。<br />また金物衆の少女もまだ女っ気はないものの、いじらしさが胸を打つ。<br />血生臭い戦闘シーンが続く中でも、<br />この二人と多十の関係が丁寧に書かれているところが、いい。<br />ベタ部分も含めその結末も、満足いくものだった。<br /><br />この次に嶽神伝という上下巻があるのだが<br />他のを読んでから、楽しみに読むことにする!(´∀`*)<br /><br />個人評価:★★★★<br /><hr size="1" /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131226-1.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131226-1.gif" alt="20131226-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131226-2.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131226-2.gif" alt="20131226-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131226-3.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131226-3.gif" alt="20131226-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131226-4.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131226-4.gif" alt="20131226-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131226-5.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131226-5.gif" alt="20131226-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131226-6.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131226-6.gif" alt="20131226-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br />餃子の王将ほどではないが、なんせ油を使っているので<br />床が割とすべりやすいのである。<br />まあそれは言い訳で、油っけ無いところでもよく転んでるけどね。<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131226-7.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131226-7.gif" alt="20131226-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br />らいねんこそがんばろう。(棒読み)
374

【日記】「清須会議」見てきた

清須会議 (幻冬舎文庫)三谷 幸喜 幻冬舎 2013-07-26売り上げランキング : 1361Amazonで詳しく見る by G-Toolsつい最近TVで放映された「ステキな金縛り」が面白かったので、ちょっと繋がってるらしいと聞いて見てみた。歴史上では「清洲」の字面を使われていることが多いのだが合併を経て、現在の地名は「清須」の字を使うのが正しいらしい。三谷監督がここを敢えて「清須」としたのは「新釈清洲会議」という意味合いもあるのかも... <table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4344420551/goodpic-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51Y17M9uS0L._SL160_.jpg" border="0" alt="清須会議 (幻冬舎文庫)" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4344420551/goodpic-22/" target="_top">清須会議 (幻冬舎文庫)</a><br />三谷 幸喜 <br /><br />幻冬舎 2013-07-26<br />売り上げランキング : 1361<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4344420551/goodpic-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br /><br />つい最近TVで放映された「ステキな金縛り」が面白かったので、<br />ちょっと繋がってるらしいと聞いて見てみた。<br /><br />歴史上では「清洲」の字面を使われていることが多いのだが<br />合併を経て、現在の地名は「清須」の字を使うのが正しいらしい。<br />三谷監督がここを敢えて「清須」としたのは<br />「新釈清洲会議」という意味合いもあるのかもしれない。<br /><br />歴史の教科書で1行くらいには載っているこの「清洲会議」。<br />戦ではない会議と言うか、「外交」をドラマの焦点にしたのは面白い。<br />絵的な部分だけで言えば、見どころは無いのだ。<br />だが恐らくこの会議は、秀吉というニュータイプのリーダーを生み出す通過点として<br />非常に興味深いターニングポイントではあったと思う。<br /><br />単純に言えば、天下統一の一歩手前まで行った信長が<br />明智光秀によって殺され、更にそれを秀吉が征伐した後<br />跡継ぎを誰にするかという重臣たちの会議である。<br />織田家の問題なのに、織田家ではないものが会議を進行するのだから<br />既にこの時点で、織田家はオワっていたのだ。<br /><br />■メインキャスト  → 詳しくは<a href="http://www.kiyosukaigi.com/index.html" target="_blank" title="公式サイト">公式サイト</a>へ<br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131224-1.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131224-1.gif" alt="20131224-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br />ちなみにこの時点で<br />長秀47歳くらい/勝家60歳くらい/秀吉45歳くらい/恒興46歳くらい。<br />小日向さんだけは10歳ほどサバを読んだ役柄なのだが(笑)<br />当時の寿命などを考えれば、今の実年齢より老けてたんじゃないかと思うので<br />案外、小日向さんの方がリアルなのかもしれない。<br /><br />ちなみに映画では、丹羽長秀がいかにも重鎮らしく描かれているが<br />実際の清洲会議では、ほぼ勝家と秀吉の一騎打ちであり<br />最初から長秀や恒興は秀吉の懐の内にあったとされる。<br />戦国と言う力の時代から、知略・懐柔という時代への変遷を<br />このメインキャストの4人のキャラで分かりやすくなっている。<br />特に無骨の生き残りである勝家(役所広司役)は、滑稽さが見事だ。<br /><br />さて、信長には子がわんさかいる。<br />男女合わせれば20人を下らない。<br />だが正室のお濃の方との間には子がおらず<br />嫡子と決めた信忠(中村勘九郎役)は、本能寺の変で戦死してしまう。<br />またとーちゃんが偉大過ぎて、どの子もイマイチに見えてしまったのも<br />清洲会議を生んだ一因かもしれない。<br /><br />それでも順当にいけば年功序列だろってんで<br />信雄(のぶかつ・妻夫木聡役)と信孝(坂東巳之助役)が対立する。<br />個人的にこの妻夫木さんの信雄がオモロイ。<br /><br />史実の信雄は暗愚の息子とも言われながら<br />結果的には並み居る兄弟の中で、大名として残る織田家の大筋となる。<br />親父殿と同じく、子供もわんさかいる。<br />ある意味、信長のDNAの妙な所だけ受け継いだ人物とも言え、<br />この馬鹿っぽさが自分の中でヒットした。<br /><br />信孝はひたすら無難に「信長の息子」のスタンスであったと思う。<br />これまた地味ながら、真面目なカンジを好演。<br />この二人の対立を面白おかしく描いているのがいい。<br /><br />三谷監督作品の良さは、何といっても出演者の多様さだ。<br />役者一人一人が主役級の大物ばかりで<br />見ていると思わず出演料が心配になるのだが(笑)<br />俳優にチョイ役やサブキャラでも出たいと思わせる脚本というか<br />これに出たことが決して低評価にはならないという<br />安全株のような気持ちで、役者は出演を引き受けるんじゃないだろうか。<br /><br />歴史物のドラマは、正直ちょっと難しい。<br />自分が歴史物スキーだから思うのだが<br />イマドキの俳優や女優がキャストになっているだけで<br />なんとなくイメージが壊れる気がするし<br />かといって渋いのばかり揃えたら、若い子は見ないだろう。<br /><br />「歴史とかよく分かんないんだけど」と言う人が見ても、この映画は問題ない。<br />豊臣秀吉という誰もが知る歴史人物さえ知っていれば<br />後はただ笑ってこの「清須会議」を見ることが出来る。<br />「歴史大好きでござる。細かいこと気になるでござる」って人も<br />三谷監督のキャラ付けには、思わず吹き出してしまう。<br />上手いなあ、と思う。<br /><br />さてこの後継者争いは結局<br />秀吉が全く違う人物を推す事で大きな展開を迎えるのだが<br />全ては自分の天下取りの為の布石である。<br />ともすれば悪人とも言えるこの秀吉を、大泉洋が演じているのがいい。<br />この男が天下を握ったのも当然と思える真っ直ぐさがあり、<br />これまた配役の勝利と言える。<br /><br />唯一、お市の方(鈴木京香役)だけは<br />少々年齢が気にならないこともないとはいえないが(婉曲的表現・笑)、<br />コミカルさと妖艶さの演技力は申し分ない。<br />何かと評判の剛力ちゃんも、まあお母さん役としては若すぎるけど<br />結構時代劇に溶け込んでて、割に違和感なかったように思う。<br />(あ、中谷美紀さんもよかったよ!すごく田舎臭さが出てて!)<br /><br />まあ映画は結構愉しめたのだが<br />隣の人がずっとポップコーン食ってて、<br />音はしないのだけど臭いがうるさかった…。<br /><hr size="1" /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131224-2.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131224-2.gif" alt="20131224-3.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131224-3.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131224-3.gif" alt="20131224-3.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br />彼女は機械類を魔法のように考えるところがあり<br />少々注意が必要である。
  • Date : 2013-12-24 (Tue)
  • Category : 日常
373

嶽神(上) 白銀渡り

嶽神(上) 白銀渡り (講談社文庫)長谷川 卓 講談社 2012-05-15売り上げランキング : 149515Amazonで詳しく見る by G-Toolsひさびさに新しい作家さん発掘。シリーズ4巻の内上巻読み終えたところだが、これは当たり!歴史物を読んでいると、なんとなくだが ①具象に焦点を当てたもの ②人物に焦点を当てたもの      に分けられる。例えば歴史に埋もれたマイナー事件などは前者、架空の人物が出てくる場合は後者に、自分は勝手... <table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062772558/goodpic-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51fAD3mxFEL._SL160_.jpg" border="0" alt="嶽神(上) 白銀渡り (講談社文庫)" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062772558/goodpic-22/" target="_top">嶽神(上) 白銀渡り (講談社文庫)</a><br />長谷川 卓 <br /><br />講談社 2012-05-15<br />売り上げランキング : 149515<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062772558/goodpic-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br /><br />ひさびさに新しい作家さん発掘。<br />シリーズ4巻の内上巻読み終えたところだが、これは当たり!<br /><br />歴史物を読んでいると、なんとなくだが<br /> ①具象に焦点を当てたもの<br /> ②人物に焦点を当てたもの      に分けられる。<br />例えば歴史に埋もれたマイナー事件などは前者、<br />架空の人物が出てくる場合は後者に、自分は勝手に分類している。<br /><br />中には史実でありながら、その人物にたっぷりフィクションを盛り込んで<br />独自の歴史を作る司馬先生のような御仁もいらっしゃるし、<br />最近は、史実の中に架空人物を上手く盛り込む歴史小説も多い。<br />例えば<a href="http://harubooook.blog.fc2.com/blog-entry-29.html" target="_blank" title="哄う合戦屋">哄う合戦屋</a>などがそうだが、本書も多分その部類であろう。<br /><br />自分の趣味で言えば、ドッチでもいい。(なんだよ)<br />歴史味でも人物味でも、その醍醐味が出ていればどっちも(゚∀゚)ウマウマ!<br /><br />時は戦国時代末期─────<br />武田信玄が病に倒れ、信長が台頭を現した頃である。<br />史実では、武田家を継いだ勝頼は戦力・政治共に国をまとめることが出来ず<br />その後堅固な城を築城するも財政にも苦しくなり<br />追い詰められた妻子共に自害して、武田家は滅亡することになる。<br /><br />しかし本書では、勝頼は自害する前に<br />まだ幼子であった三男を逃した事になっている。<br />更に武田家には、築城の際に使い果たしたとされる財が<br />まだどこかに隠されているという不確かな情報が流れる。<br />その鍵を、幼子が握っているに違いない─────<br /><br />徳川家同様、武田家にも埋蔵金伝説が今も残る。<br />特に武田は「ちょっとだけ」見つかっているだけに、徳川家より夢がある。(?)<br />(※注:調査では武田の臣下の隠し金ということらしい)<br />幼子の逃亡につけられたのは侍女とその兄、<br />そしてたまたま行き合わせた男が一人─────、である。<br /><br />男は「山の者」であった。<br />名の通り山の集落に住む者達をさすが、男は「ひとり渡り」であった。<br />何かの罪で集落を追われ、一人で山を歩くものである。<br />その証として、顔には大きな傷が残される。<br />そんな得体のしれぬ男の手に、武田嫡子の運命は託されたのだ。<br /><br />や、この孤高の山の者・多十のキャラがかっけーーーんだ!<br />夜ともなれば深淵の闇が包む険しい山中で<br />彼は生きる術を心得ており、世慣れぬ若い連れたちを導く。<br />最初はお役目と割り切っていたものを<br />多十の心はいつしか、幼子を守る使命感と安らぎを感じる。<br /><br />コレだよ。歴史物に出てくるキャラの醍醐味。<br />漢(おとこ)気っつーか、やさしさっつーか、こうね!!<br />いわば日曜朝からやってる特撮のヒーローみたいなもんである。<br />うおおおおぉぉぉ多十がんがれーーーーー(,,゚Д゚) ガンガレ!!!<br />と素直に応援したくなるこの人柄がいいんだよなー。<br /><br />山にあるありあわせの竹や懐に入れた少ない物資で<br />武器や庵をこさえてしまう器用さは、<br />大昔に「できるかな」で見たのっぽさんへの憧憬を思い出す。<br />そしてお約束通り、これが滅法強い。<br />うおおーーー!多十兄貴ーーー!かっけーーーーー!!ヽ(・∀・ )ノ キャッ キャッ<br /><br />武田甲斐の国の隣国となる北条氏、<br />武田より離れて織田・豊臣側へとついた真田氏。<br />本能寺の変後、じりじりと天下統一を狙う徳川家康。<br />これらの抱える風魔や猿、伊賀の忍達が埋蔵金の在処を巡り<br />多十の前に立ちはだかる────!<br /><br />多くの忍が入り乱れて登場すると言う点では<br />山田風太郎氏のエンターテイメント性とも並ぶが<br />魔術みたいな魔法みたいな技はほぼ出てこない。(笑)<br />ややその要素もなくはないのだが、「実戦」に重きを置いている点で、<br />個人的には本書の方が好みかもしれない。<br /><br />うーん、面白い。((o(´∀`)o))ワクワク<br />早く続きを読みたいのだが<br />今日は久しぶりの祝日休みで、「清洲会議」を見に行く予定なので<br />とりま上巻だけ感想を挙げておく。<br /><br />個人評価:★★★★<br /><hr size="1" /><br />宅急便テロ続き。<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131223-1.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131223-1.gif" alt="20131223-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131223-2.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131223-2.gif" alt="20131223-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br />うん、これは自分も悪かったんだ。<br />コッチ来た頃はスーパーに「薄口しょうゆ」ってのが無くってさ。<br />別に困りはしないんだけど、ふと言っちゃったのがよくなかった。<br />おかんに「~~がない」という話は金輪際しねぇって決心した。<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131223-3.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131223-3.gif" alt="20131223-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br />貧乏性なので食べ物が捨てられない。とほほ。<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131223-4.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131223-4.gif" alt="20131223-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131223-5.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131223-5.gif" alt="20131223-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131223-6.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131223-6.gif" alt="20131223-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br />後日。<br />同じく関西からこっちに出てきている友人と喋っていたら<br />これが結構に同じような目に遭っていて、話が盛り上がった。<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131223-7.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131223-7.gif" alt="20131223-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br />宅急便テロに遭った方は、ご一報を。(※解決はしません)
372

WJ2014年4・5号

ONE PIECE732「地下の世界」コロシウムの「あの男」からは場面転換、敵地の地下港に乗り込む小人・片足の兵隊・ウソランドたち。ここで年内最終便。次は2週間後かよ…!新年号は多分、実家で読むことになろう。今回気になったのは「トレーボルの能力」と「交易の内容」だろうか。まずは後者から。最終ページの絵から見るに、交易相手は「動物の船首をつけた船」に乗っており、「海賊風の衣装を着ている」者がいる。これが全部ではな... <table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20121231104712c1a.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20121231104712c1a.jpg" alt="wj" border="0" width="110" height="160" /></a></td></tr></table><br /><br />ONE PIECE732「地下の世界」<br />コロシウムの「あの男」からは場面転換、<br />敵地の地下港に乗り込む小人・片足の兵隊・ウソランドたち。<br />ここで年内最終便。次は2週間後かよ…!<br />新年号は多分、実家で読むことになろう。<br /><br />今回気になったのは「トレーボルの能力」と「交易の内容」だろうか。<br />まずは後者から。<br /><br />最終ページの絵から見るに、交易相手は<br />「動物の船首をつけた船」に乗っており、「海賊風の衣装を着ている」者がいる。<br />これが全部ではないにせよ、少なくとも<br />「海賊相手の商売もしている」と考えて差支えなかろう。<br />深読みするならばその船長・もしくは船員が<br />「ゾオン系能力者」である可能性を含んでいるのではないか。<br /><br />まあメリー号やサニーだって羊にライオンだが<br />別にルフィがゾオン系でないのだから絶対ではないのだが、<br />今までにもその海賊団をイメージするものや<br />強さの象徴を船首に持って来ているものが多かったし、<br />カバ・キリン・白鳥は一般的には強さをイメージする動物ではない。<br />特殊な「強さ観念」がありそうな気がする。<br /><br />個人的には白鳥の船首の船員が<br />オカマケンポーと繋がってると嬉しいがww<br />それじゃゾオン系とまったく関係なくなるけど<br />ボンちゃん好きなんだよ大好きなんだよ!!(オカマ贔屓)<br /><br />話は逸れたが、要はこの船たちは最後のコマを見るに<br />SMILEの取引を直接、もしくは間接的にしていると思われるということだ。<br />積荷にみえる「F-96」という文字からして、区分けだけでも結構な数だ。<br />恐らく、取引先は1桁というような事はないだろう。<br />それも「荷を運んでやっている」方が強いのではなく<br />「荷を売ってやっている」方が強いのだ。<br /><br />「足元をみやがって」という海賊風の男の言葉。<br />まあ単純にドフラというバックを恐れるからかもしれないが<br />全ての海賊がそんな腰抜けだろうかという疑問もある。<br />働かされているオモチャたちにしたってそうだ。<br />オモチャたちは恐らく「家族」を思う故に黙って順じているのだ。<br />ドフラのえげつなさは、運搬役の海賊にも発揮されてるのではないか?<br /><br />今回のコロシウムでは、名のある国王や海賊の長が参加し<br />どうやらオモチャにされてしまう様相を呈している。<br />彼らを人質に、残された国や海賊を脅迫しているとしたらどうだろう?<br />芋づる式に労働が手に入るのだ。<br />そして人質側では、家族や国を「人質」にされているのでは?<br /><br />それにしても、この積荷の中身は全てSMILEなのだろうか?<br />数が多過ぎやしないか。<br />コレもひょっとして「劣化版SMILE」なんじゃないかと思ったり。<br />例えば何日かごとに食べなければならない.verだったりとかね。<br />もしくはSMILEがもともとそういうものだったりとか。<br /><br />これも恐らくだが、本来の悪魔の実は<br />能力者が死ぬとそこを離れ、別の場所で新しい実をつけるのだろう。<br />スマイリーの一件では、その場ですぐ近くの果物に憑依した。<br />このインスタントさがSMILEのメリットだとしたら<br />身体を離れやすいというデメリットが考えられるんじゃないか。<br /><br />この定着液のようなものがシーザーの「SAD」であり<br />果物は「小人の作ったもの」ではないとならないとか…<br />うーん、この辺は根拠もないし雑過ぎる予想だな。<br />今のところは置いておこう。<br /><br />もう一つの気になること、「トレーボルの能力」。<br />セニョールピンクはまあ、何処でも水溶化して同化できるとか<br />(なんかヌマヌマの実の逆みたいだな)そのあたりかね。<br />オカマは好きだけど変態は気持ち悪いので、後回し。<br />おほほ、あとは変態の人たちにお任せして…。(お見合いの場風に)<br /><br />で、トレーボルの話。<br />「お前の存在には気が付かないんだもんねー」という言葉。<br />外見といい、以前に鼻水っぽいもので戦士たちを捉えたような描写と言い<br />粘膜のようなものを使う能力者かと思っていたんだが。<br />なんつーか、カメレオンの舌とかトリモチみたいな。<br /><br />が、ここでシュガーを「周囲から隠す」という能力が含まれるのか?<br />前述のカメレオンがひっかかったが、カメレオン自体は粘液にまみれてるわけじゃないし。<br />昔に比べて悪魔の実も複雑になって分からんわー。(笑)<br />まあこれも本当にただの妄想なのだが<br />動物の能力を具現化したのがゾオン系だとしたら<br />更にその能力だけを細分化したのがパラミシアなのだろうか。<br />たとえばイトイトの実なら、大元は蜘蛛とかさ。<br /><br />ゾオン系の実が人工飼育できるのは<br />全ての実のオリジナルだから、模倣しやすいんじゃないだろか。<br />そこからどんな実が派生するかは、それこそ神のみぞ知る、<br />人の知では及ばない領域なんじゃないだろか。<br />(だとしたらホビホビとかアトアトはもっそい系列不明だけど…)<br /><br />マァ結局、トレーボルの能力はイマイチ分からんのだけど<br />カメレオンだとして(←これはちょっと自信ないが)<br />粘液能力と擬態能力があったとしても、おかしくはない。<br />自然が生んだ原石と言う意味合いでの、ゾオン系の強みだろう。<br />そこから特化してのびしろのを競うのが、パラミシアか。<br />その系譜の最高峰がロギア系だとしたら<br />能力ののびしろと自然が組み合わさった、突然変異的なものか。<br /><br />ただ、シュガーが気を失う事で術が解けるってのはちょっと微妙だよね。<br />前にも書いたけど、睡眠中はどうなるんだっていう。<br />シュガーが「ずっと眠らない」体質でないと、説明つかなくね。<br />だからずっとモノを食べ続けてるのかね。<br />ブドウみたいな飴みたいな同じものばかり食べてるみたいだから<br />それとも関連あるのかなあと思ったり。<br /><br />それとやっぱり、オモチャ以外の国民も家族や恋人を<br />キレイサッパリ忘れてるってのが解せぬ。<br />催眠に関わる能力者がいないとおかしい気がすんだけどなー。<br /><br />まあ、来年からのストーリーが待たれるね!<br /><br /><hr size="1" /><br />NARUTO659「輪墓・辺獄…!」<br />マダラ復活!尾獣捕獲再び…!な今回。<br /><br />結局輪廻眼まで開眼していたのは<br />六道仙人とマダラだけってことで、まぁ納得。<br />ところで輪廻眼ってのは<br />写輪眼をマンゲに育てる→人の目ん玉奪って永遠のマンゲにする<br />→目に柱間細胞をふりかける→出来あがり、だよね?<br />ならば輪廻眼ってのは、他人の目玉でないと出来ないのか。<br /><br />隠しストーリーがまだある可能性もあるけど<br />マダラの目ってのはイズナの目なんだよな。<br />ってことはここで輪廻眼を宿す可能性がある人物が、もう一人いるよね。<br />うん、サスケだけど。<br /><br />マダラとサスケで結局は<br />イザナギ・イザナミ合戦になるんじゃないかって予想。<br />そうなると主人公どこ行ったって話になっちゃうが。(笑)<br />もともと六道仙人の兄弟が、柱間とうちはの源流という設定にした時点で<br />ナルトの立ち位置がすごい微妙な事になってる気がする。<br /><br />ストレートに四代目かクシナが柱間一族なら、話は簡単なんだろうけどね。<br />ミト様というアイテムもあったのだから、出来なくはなさそうだが。<br />なんていうか、ここまで血筋にこだわった設定なのに<br />ナルトはまわりまわって柱間一族の血筋みたいなもんって言われても<br />なんとなく納得しにくい…。<br /><br />ナルトがひょいひょい顔をツッコんでるみたいで、なんか可哀相だ。(´・ω・`)<br />柱間一族やうちは一族には無理でも<br />十尾を分解して九尾を作ったことに、うずまき一族が絡まってるとか<br />そーゆーカンジの伏線があるとかさー。<br />うん、でも今更出てきても多分文句言うけどね!(笑)<br /><br />個人的にイヤだなーと思ってるのは、ナルトが輪廻眼を開眼すると言う流れ。<br />今やナルトとサスケはライバルなのかなんなのか分からんけど<br />二人をライバルとするなら、ナルトは眼力からは<br />完全にアウェイであって欲しい気がする。<br />かといって仙術もナルトの唯一技ではないし<br />ただただ色んな力を吸収して強くなっていく主人公が<br />どこに着地するのかが気になって、自分はこの漫画を読んでいるのかもしれない。<br /><br />ある意味、ナルトが唯一持つオリジナル技は「根性」だろう。<br />だが1部と違い、今のNARUTOの話はもはや精神論でなんとかなる状況ではない。<br />けれどやっぱり、1部でナルトを応援していたのは<br />このがむしゃらな「根性」であったと思うのだ。<br />力と言うものに頼るのではない、<br />ナルトらしいオチを付けて欲しいなあと思うばかりだ。<br /><hr size="1" /><br />暗殺教室:異色な作品ながらもなんだかんだと<br />     ジャンプの「努力・友情・勝利」に沿ってるあたりスゴイ。<br />斉木:ひそかにちゃんと季節に沿ってるのこの漫画だけとか。(笑)<br />食戟:全員が巨乳で無いところがよろしい(・∀・)!<br />ニセコイ:アニメ化力はいってんねー。<br />     でもむしろこれ、ゲーム化してルート選べる方が受けそう。<br />アイアンナイト:んー、大体真ん中あたりを保持してるけど<br />    それなりに人気あるのか。ふーん。<br />ギャグ漫画集:善代官ww気に入ったwww<br />銀魂:どさくさに紛れて結構すげーなあ、このストーリー。<br />磯兵衛:アニメ配信…。ちょっと見たい気も。<br />ブリーチ:本当にストレートに恋次が引き立てられててビビった。<br /><br />ワールドトリガーとハイキューは安定!<br />あげるの遅くなったけど、今日はここまでーぃ。<br />
  • Date : 2013-12-22 (Sun)
  • Category : WJ
371

針がとぶ

針がとぶ - Goodbye Porkpie Hat (中公文庫)吉田 篤弘 中央公論新社 2013-11-22売り上げランキング : 39520Amazonで詳しく見る by G-Tools何時からか買うようになった吉田氏の作品。どれが一番好きだとか、どんな作家さんだとか聞かれると上手く答えられないのだが、「なんかいい」のだ。その「なんかいい」を伝えたいので、今回はふわっとした評になる。8つの短編と、小川洋子さんのあとがきが入っている。・針が飛ぶ     ... <table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4122058716/goodpic-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41dfkhl-dlL._SL160_.jpg" border="0" alt="針がとぶ - Goodbye Porkpie Hat (中公文庫)" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4122058716/goodpic-22/" target="_top">針がとぶ - Goodbye Porkpie Hat (中公文庫)</a><br />吉田 篤弘 <br /><br />中央公論新社 2013-11-22<br />売り上げランキング : 39520<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4122058716/goodpic-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br /><br />何時からか買うようになった吉田氏の作品。<br />どれが一番好きだとか、どんな作家さんだとか<br />聞かれると上手く答えられないのだが、「なんかいい」のだ。<br />その「なんかいい」を伝えたいので、今回はふわっとした評になる。<br /><br />8つの短編と、小川洋子さんのあとがきが入っている。<br />・針が飛ぶ       伯母さんの遺品整理<br />・金曜日の本      ホテルのクローク係の小さな楽しみ<br />・月と6月の観覧車   遊園地の駐車場係たち<br />・パスパルトゥ     ある半島にきた絵描き<br />・少しだけ海の見えるところ 伯母さんの日記<br />・路地裏の小さな猿   ある半島に来た小説家<br />・最後から二番目の晩餐 旅を続ける写真家<br />・水曜日の帽子     クロークルームからのもうひとつの報告(サブタイトル)<br /><br />最初の4編は他人同志のような顔をしているのだが<br />5編目が道で出くわした人が知り合いに似ているような<br />もしくは他人の空似のようなほのかな連作になっており<br />6編も7編も8編も、結局あの人は●●さんだったのかしらというような<br />やっぱり空似のような連作のままで話は終わる。<br /><br />空想のような、お伽噺のような、異世界のような。<br />ストーリーの中で意図的にネジを1本抜いたような世界観は<br />読んでいて何処かほっとしたり、はっとしたりする。<br />それが「なんかいい」のだ。<br /><br />現実世界では、理屈のつかない事は通らない。<br />下手をすれば本や映画の中ですら、<br />時代考証や無理のある伏線は総ツッコミをうける。<br />まあ自分も評を書いてる限り同じムジナだから強くは言えないのだが。<br /><br />吉田氏はそんな厳しい現実にふわっとテーブルクロスでもかけて<br />「まぁまぁ、落ち着いて不条理な世界でも飲みなさい」と<br />丁寧に作った不思議なストーリーを、やわらかい湯気と共に勧めてくれる。<br />そうしてちょっと不条理にも近い世界をこくりと飲み干すと、<br />自分の脳の中までやわらかくなる心地がするのだ。<br /><br />本を読んで感じたことを、ばしっと文字でまとめられたら<br />それはそれで気持ちがいい。<br />けれどこんな風に、本に負けてしまう事も心地よいのだ。<br />面白かったなあ、なんかいいなぁ、凄く好きだなあと<br />拙い言葉しか出てこない事も、読書の醍醐味なのである。<br /><br />本を読むってこれでいいんだよなー、と改めて思ったりする。<br />ストーリーを読んで煩悶して妄想して、迷走していればいいのだ。<br />吉田氏の著作に多分、正しい答えなんてないのだ。<br />え?と思ったときにまだその先に行けるかどうか。<br />ページの向こうの向こう側まで、ページでは作られない世界にまで行けるように<br />吉田作品の意図はそこにあるのではないだろうか。<br /><br />実はこれを読みながら、うっかりうたた寝をしてしまったのだが<br />夢の中ですっごい面白い結末を読んだ。気がするのだ。<br />起きたら全然覚えていないという典型的な夢だが<br />ふと、ここでうたた寝することがプログラムされてたんじゃないかと<br />阿呆な深読みをしてしまったので、こんな評になった次第。<br /><br />最後の小川さんのあとがきも作家としてではなく<br />吉田氏の作品の一読者として、非常に面白い感想を寄せられている。<br />是非こちらも読んでいただきたい。<br /><br />うん、やっぱり吉田氏いいなー。(満足)<br /><br />個人評価:★★★★★<br /><hr size="1" /><br />ひさしぶり(?)におかんネタで。<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131220-1.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131220-1.gif" alt="20131220-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br />最近やっと少なくなったのだが、家を離れてすぐの頃はすごかった。<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131220-2.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131220-2.gif" alt="20131220-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131220-3.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131220-3.gif" alt="20131220-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131220-4.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131220-4.gif" alt="20131220-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131220-5.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131220-5.gif" alt="20131220-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131220-6.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131220-6.gif" alt="20131220-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br />分かりやすい抽象画にしたつもりが、なんか変態臭い配達員に。<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131220-7.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131220-7.gif" alt="20131220-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br />もう少し続くテロ話。<br />
370

偉大なる、しゅららぼん

偉大なる、しゅららぼん (集英社文庫 ま 21-2)万城目 学 集英社 2013-12-13売り上げランキング : 298Amazonで詳しく見る by G-Toolsついにッ!来たっッッッ!!!!(ドドドドド)滋賀を舞台にしたという、万城目氏小説の映画化がっッッッ!!や、今までも滋賀は撮影に頻繁に使われているが、ほとんどは時代劇だ。将軍様の背景となってしまえば全部一緒なので滋賀という事実が特に前面に出されている事は少ない。だが今回は違う!... <table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087451429/goodpic-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51KVJwCm1PL._SL160_.jpg" border="0" alt="偉大なる、しゅららぼん (集英社文庫 ま 21-2)" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087451429/goodpic-22/" target="_top">偉大なる、しゅららぼん (集英社文庫 ま 21-2)</a><br />万城目 学 <br /><br />集英社 2013-12-13<br />売り上げランキング : 298<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087451429/goodpic-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br /><br />ついにッ!来たっッッッ!!!!(ドドドドド)<br />滋賀を舞台にしたという、万城目氏小説の映画化がっッッッ!!<br /><br />や、今までも滋賀は撮影に頻繁に使われているが、ほとんどは時代劇だ。<br />将軍様の背景となってしまえば全部一緒なので<br />滋賀という事実が特に前面に出されている事は少ない。<br />だが今回は違う!!滋賀というロケーションでなくてはならぬストーリーな上、<br />今までに何本も映画化されているあの万城目氏の作品だという!(ババーン!)<br />来い!滋賀は何時でもトレンドになる準備は出来ている!!<br /><br />舞台となる滋賀県東部、琵琶湖畔に位置する石走(いわばしり)───、<br />───は架空の都市であり、実在はしない。<br />が、位置からして長浜か彦根あたりをモデルにしたものだろう。<br />長浜には秀吉が築城した長浜城があり、<br />彦根にはひこにゃんが築城した彦根城がある。(※嘘です)<br />石走には、日出(ひので)家が今も住居とする石走城がある────。<br /><br />……やっぱり湖東が舞台か。(・д・)チッ<br />や、別に滋賀が有名になればそれでいーんだけど<br />湖西と湖東って間に湖を挟んでる所為か、県が違うくらいの感覚があるのね。<br />ひこにゃんもTMレボリューションも湖東の産物だし、<br />もうちょっと湖西地区にも彩が欲しいっつーか。(ブツブツ)<br /><br />この「湖西」「湖東」という呼称。<br />どうにも地図区分上にしか使われないように聞こえるが、<br />実際県民は結構のこの言葉を使う。<br />正確には、更に「湖北」「湖南」という区分もある。<br />まあ県の(位置的な)中心が湖という妙な土地だから、なにかと違うのだ。<br />これが小説にも頻繁に用いられているリアリティに、万城目氏に一票を投じたい。<br /><br />日出家には代々伝わる「力」があり、<br />「力」を持つ子は名にサンズイがつく。<br />主人公の名が涼介と書けば、どういう事か分かるだろう。<br />故に、日出家の子は石走城での修業期間が義務付けられる。<br /><br />同い年の次期城主・淡十郎と高校に通うことになるも、<br />前代未聞の城内生活は戸惑う事ばかりだ。<br />白馬にまたがる姉・清子は引きこもりだというし、訳が分からない。<br />そして一方、その「力」で対立する<br />棗(なつめ)家の嫡男・広海(ひろみ)とも同じクラスになる。<br />これで何も起こらない筈がない。<br /><br />「力」の源である琵琶湖をかけて闘いの火蓋が、<br />否、歴史の深淵へと紺碧の水門が開こうとせん!!<br />さァ括目せよ!!!<br />遠くの滋賀をマイナー県と侮っていた者は音に聞け!<br />近くば寄ってゆっくりしていってね!(´・ω・`)<br /><br />正直なところ、万城目氏の小説は最初から映画ありきというか<br />映像化を見越して書いてるような部分もあり<br />壮大な馬鹿らしさとも言うべきものが、文章だとちと物足りなさを感じる。<br />その辺が今まで、多少万城目氏作品に馴染めない理由だったのだが<br />舞台となる琵琶湖の「海」らしさが、県人からみてもよく出ている。<br /><br />小説内にも出てきたが、かなりの割合で<br />小さい頃に琵琶湖を海だと思っていた滋賀作はいる筈だ。<br />マザーレイクという他県には訳の分からない標語は県民も恥ずかしいし、<br />県土の1/6どころか90%琵琶湖なんだろうと言われるが、<br />それでも新聞の「今日の琵琶湖の水位」は毎日見てしまう。<br />琵琶湖の見える風景は心のよりどころであり、心が帰る「海」なのだ。<br /><br />ウチも実家に帰ると、窓を開けると琵琶湖が見える。<br />5分も歩けば、光る淡水を一望できる。<br />これがストーリーの中心として全国に供給されるだけでも、嬉しい。<br />岡田君のイケメンっぷりや深キョンの可憐さの背景に<br />是非注目してみていただきたい。(何処見てんだよ)<br /><br />しゅららぼんとは、琵琶湖畔に伝わる「力」とは何か────。<br />それは小説なり、映画を見て頂きたいが<br />我が野望は、滋賀を全国区メジャーに押し上げることであり<br />その為にこうしてネットでコツコツと滋賀を発信しているのである。<br />ちなみに自分の本名だが、実はサンズイが入っている。<br /><br />……こういえば、後は分かるな?( ´,_ゝ`)クックック<br /><br />個人評価:★★★★(滋賀分1つ追加)<br /><hr size="1" /><br />【参考】文庫化の帯がすごい。<br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131218.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131218.jpg" alt="20131218.jpg" border="0" width="300" /></a><br /><br />僅かにカバーが上2ミリほどがみえる大きさ。<br />なにこの限りなくカバーに近い帯。(´・ω・`)<br /><hr size="1" /><br />滋賀の珍獣の話。<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131219-1.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131219-1.gif" alt="20131219-2.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br />小さい頃から相当周囲にからかわれたり苛められたりしたようだが<br />その道を貫き通したことはえらいと思う。<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131219-2.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131219-2.gif" alt="20131219-2.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br />昔は結構イケイケの恰好をしていた記憶があるのだが<br />オフだからか景気が悪いのか、<br />オッサンのようなオバハンのような微妙なことに。<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131219-3.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131219-3.gif" alt="20131219-2.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131219-4.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131219-4.gif" alt="20131219-2.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131219-5.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131219-5.gif" alt="20131219-2.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br />くねくねはしているが、人はいい。(どんな評価)<br />もう少し筋の通ったオカマだったら、<br />それなりに滋賀の名物になったんじゃないかと妹とよく話す。<br />
369

WJ2014年3号

ONE PIECE731「ドレスローザSOP作戦」あらま。表紙連載はこう終わったか。か~~ら~~の~~~。デリンジャーのカマキャラ再び。どうやら脚力があるっぽいが、服の柄からするとキリンっぽいイメージ。でもキリンってCP9のカクが既に食ってるし、足技だけでドフラの直属の部下になれるとも思えないし。これもなんか人工悪魔の実と関連があるんだろか?作戦の「SOP」の略文字も怪しいねー。なんとなく本当はそんな略でなく、彼自身... <table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20121231104712c1a.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20121231104712c1a.jpg" alt="wj" border="0" width="110" height="160" /></a></td></tr></table><br /><br />ONE PIECE731「ドレスローザSOP作戦」<br />あらま。表紙連載はこう終わったか。<br /><br />か~~ら~~の~~~。デリンジャーのカマキャラ再び。<br />どうやら脚力があるっぽいが、服の柄からするとキリンっぽいイメージ。<br />でもキリンってCP9のカクが既に食ってるし、<br />足技だけでドフラの直属の部下になれるとも思えないし。<br />これもなんか人工悪魔の実と関連があるんだろか?<br /><br />作戦の「SOP」の略文字も怪しいねー。<br />なんとなく本当はそんな略でなく、彼自身の決意が隠れてそう。<br />片足の兵隊のヘルメットの「SOL」はフツーにソルジャーの略かと思ってたが<br />何か二重の意味があるのかもしれん。<br /><br />オモチャ化能力の主も明らかになったが、「ホビホビ」って…。<br />確かにあまぞぬでは「オモチャ・ホビー」ってカテゴリ一緒だけどよ。(笑)<br />「オモチャ化」ってか正確には「好きなものに三次元化」って意味なんか?<br />コレを食ったのが子供じゃなかったら、トンデモな世界にならね?<br />オマケにそこで成長止まっちゃうんだろ。<br />一歩間違えれば「ヲタヲタの実」だろソレ…。<br /><br />とりま「オモチャ化」と「身体操作」は同じ能力者の産物として<br />オモチャ化した人間の記憶と周囲の人間の記憶って別物じゃないの。<br />オモチャ化+集団催眠的な能力がないと、今のドレスローザの状態作れなくない?<br />うーん、元から信じやすい国民性なんだろか。<br />小人たちも異常に聞き分け良かったしね。<br /><br />このオモチャ化状態は、能力者の睡眠中はどうなるの?<br />だから夜はオモチャたちは、「家」に戻らなきゃいけないんだろうか。<br />いやだから、その間国民たちはどうなるんだっつの。<br />夜更かししてたら思い出しちゃうのか?<br />やっぱ集団催眠的な要素が無いと、コレ無理があるよなぁ。<br /><br />ハイハイ、今回はそんなちっさいこと書いてる場合じゃないよねー。<br />なんせ「あの男」が登場しちゃったワケだからね!どんっ!!!<br />オマケにコアラちゃんまで!<br />あらあらあらまぁまぁ、えらいべっぴんさんになってまぁ。<br />ホンマおおきゅうなって、ビックリしたわ~~。(法事の親戚か)<br /><br />当然この二人は、ドラゴンの傘下に入ったと考えられる。<br />二人の小さい頃の境遇を考えれば、ドラゴンの革命軍の目的は<br />貴族や魚人といった「この世界の身分制度」を平らかにすることであろう。<br />ならば「敵」は天竜人、そしてそれを保護する「世界政府」か。<br />さすれば当然、「空白の歴史」が重要な証拠物件となろうから<br />ロビンが手厚く迎えられたのも道理だ。<br /><br />恐らく「空白の歴史」は、Dの一族が散り散りに存在している事にも<br />なんらかの因縁がある筈だ。<br />ドラゴンは一族として、使命を果たすために立ち上がったのやもしれない。<br />そう考えるとDの名前を持つ人間たちは、彼の行動をどう見ているのだろう。<br />特に父であるガープなどは興味深い。<br /><br />少なくとも今までに出てきた「D」の面々では<br />善悪は別にして、己の意志に忠実である印象を受ける。<br />そういう意味では「一族だから協力する」ってカンジではなさげ。<br />むしろドラゴンだけが例外的に唯一、分かりやすい正義の人っぽい。<br />なじょしてガープからこんな真面目な子が生まれて<br />その子からルフィのような子が生まれたのだろうか。(笑)<br /><br />ともあれ、そんな一族からでたエースの「意志」とはなんだろう?<br />多少感傷的な話になってしまうのだが、<br />ロジャーから受けた命を生き切ることではないだろうか。<br />幼い頃からロジャーへの罵倒を聞きながら育った彼が同じ海賊になったのは、<br />海賊というものを理解するための手段ではなかったか。<br /><br />そこで「海賊王に一番近い男」・白ひげに出合い<br />父を重ねて海賊王をみたのも、当然の成り行きだろう。<br />だがそれはエースの「意志」ではなく、「成り行き」だと思う。<br />エースは多分、「海賊王」を見たかったのだ。<br />善でも悪でもない、ただ揺るぎない「王」をその目で確かめたかったのではないか。<br /><br />そこで彼は初めて、「オレは海賊王の息子だ!ゴール・D・エースだ!」と<br />高らかに声を張り上げることが出来たのではないだろうか。<br />否、張り上げたかったのではないだろうか。<br />まぁそんな感傷的な話が漫画に出るかは微妙だが<br />ラフテルにある「この世の全て」を見届けることは<br />エースにとっても重要な意味があったんじゃないかと勝手に妄想する。<br /><br />息子が同じ夢を見るとは限らない。<br />Dの意志は死んでも、誰かがその遺志を受け継ぐ。<br />それは少しばかり、悪魔の実の製造過程にも似ている。<br />ルフィはロジャーの子供ではないが、この漫画に置いては<br />ロジャーの意志を受け継ぐ者だとしても、なにか納得できる。<br /><br />海軍として平和を守ること。<br />革命軍として世界を平らかにすること。<br />海賊王としてこの世の果てを目指す事。<br />対立するようでいて、この目的たちはどこかで「一繋がり」になるのではないか。<br /><br />結局あんまり「あの男」には触れずに終わってしまうが<br />いやだって急にぼがーーーんと出てきて、<br />コッチもどーーーしていーんだかオロオロするっつーか。ヽ(д`ヽ)。。。。(ノ´д)ノ<br /><br />いーかげん尾田先生も「正体はサボ」って言うのを<br />読者にやめさせたかったんじゃね。(笑)<br /><br /><hr size="1" /><br />NARUTO658「尾獣vsマダラ…!」<br />久し振りなのに我愛羅と守鶴も息ぴったりw<br />ていうか、守鶴ってやっぱり砂で出来てるの?<br />守鶴が抜けても我愛羅が砂を使えるのは血継限界だと思ってたけど<br />偶然、一尾と人柱力の能力が一致したっていう…?<br /><br />ま、細かいことは置いといて<br />んー、ん~~、んーーーーーーーーーー???<br />なんかマダラの目の事がよく分からんなってきた。<br />今回はマダラの目について整理しよう。<br /><br />①少年時に写輪眼を開眼。(柱間の回想シーン)<br />②青年期あたり(?)に、弟イズナと共に万華鏡写輪眼を開眼。<br />            (イタチの昔話)<br />③イズナ、扉間に斬られる(柱間の回想シーン)<br />③マダラ、目病みで寝込む(トビの過去話)<br />   ※この時にマダラをイズナが看病しており<br />    イズナが死ぬほどの怪我をしていたようには見えないが?<br />④マダラ、イズナより目を奪って永遠のマンゲを手に入れる。<br />            (イタチの昔話)<br />④イズナは自分から兄に永遠のマンゲを与える。<br />            (トビの過去話)<br />   ※結果は同じだが、双方矛盾???<br />⑤柱間との戦いにより瀕死状態になるも、輪廻眼を手に入れる。<br /> そのまま己の結界で隠遁生活?<br /><br />多少の食い違いはあるが、ここまではまぁいい。<br />この後マダラがコンタクトのように写輪眼を付けたり外したりするもんだから<br />何が何だかややこしい。<br /><br />⑥(年代的にはコッチが先だとおもうのだが)<br /> 少年時代の長門に輪廻眼を埋め、救世主にしたてあげる。<br />   ※長門は長門でコレを六道の術で<br />    死んだ弥彦たち6人に使うので輪廻眼が大量発生するが<br />    元は本物は長門の目のみ。<br />    髪型の所為で左目しか見えないが、多分右目も輪廻眼。(※※後述)<br />⑦(多分長門より数年後だと思うのだが)<br /> 少年時代のオビトを助け、右半身を再生。<br /> この時マダラじーちゃんには左目に写輪眼があるが、他人の目らしい。<br />   ※オビトの右目は助かったって事になってるんだか、<br />    ひょっとして読者にそう思わせただけなのか。<br />⑧長門が組織を裏切って死に、トビがその目を取り返す。<br /><br />⑨トビ(=オビト)が左目に⑧の輪廻眼を移植。<br /> 左目のみ?右目は自前の写輪眼???<br />   ※この時にトビも、死んだ人柱力たちに六道の術を使うが<br />    全員輪廻眼は左目にしかない。<br />    ってことは長門は両目を移植されていたという証明か。※※<br />⑨えどてんマダラ復活。<br /> その目は輪廻眼になるが、術による塵芥の身体なので本物ではない?<br /><br />先週号:転生マダラ復活。同時に目は崩れた???<br />    オビト死亡。⑨の目を黒ゼツが取り戻す。<br /><br />今週号:マダラ、白ゼツより右目に輪廻眼を得る。←今ココ<br /><br />………、……、……?( ゚Д゚)<br />トビ(=オビト)は長門の目を手に入れたが<br />片目しか移植しなかったのはなんでだろう。<br />神威の力を留めておきたかったのか。<br />なんにせよ、マダラの右目は白ゼツがもっていた訳だ。<br /><br />これで黒ゼツが到着すれば、マダラ完成体となる筈だが<br />結局自分の目が至高でありながら、あんだけ目玉収集をしたのはなんでだ。<br />ダンゾウみたいにイザナギを使うつもりなのか。<br />でもここであの技やられたら、もう誰も勝てんだろww<br /><br />あの技の凄いとこは、説明されても意味が分からんことだwww<br />「不利な事象を「夢」に、有利な事象を「現実」に変え<br /> 己にかける究極の幻術だ!」(´・ω・`)キリッ<br />ヲタクの二次変換みたいなものですかわかりません。<br /><br />で、マダラの目について整理して(されていないが)<br />むしろ今より過去の方が気になったわ。<br />イタチとトビの説明の食い違い。<br />なんかまだ裏がありそうな気がすんね!<br /><br />しかしそんなぬるっと目ん玉入れていいのかマダラ様。<br />(医療忍術で軸を繋げたのだ云々とか言われそうだな)<br /><hr size="1" /><br />黒子:一連の騒ぎが収まったみたいでよかったっすね。<br />食戟:まあ美味くても臭いのはやっぱねえ。<br />ワールドトリガー:密かに担任の先生がカワイイじゃないか。<br />銀魂:れっつぱーりーネタ好きだなw空知せんせーww<br />暗殺教室:猫だましやってみた。ほほー、確かに音がよく鳴るわ。<br />読切:1話で良さを出すのはちょっと難しそうなネタだな。<br />斉木:たまにバック走してる人みるけど、アレ体にいいのデスカ。<br />ブリーチ:ああ、恋次登場の前座だったの(笑)<br />焼野原:思った以上にギャグ漫画から遠ざかったなあ<br />HACHI:ん~~、ちょっと順位心配っすね~~<br />磯兵衛:わかるわかるwとりま運動は無理しないのが一番ww<br /><br />今日はここまでーぃ。<br />
  • Date : 2013-12-17 (Tue)
  • Category : WJ
368

結ぶ

結ぶ (創元推理文庫)皆川 博子 東京創元社 2013-11-28売り上げランキング : 15736Amazonで詳しく見る by G-Tools実は皆川さん初読。幻想小説一人者の評価に違わぬ、なんとも不思議な小説だった。18編の短編集だが、今回は1話1話の要約は書かない。というより書けないというべきだろうか。「要するに」とまとめるにはあまりに掴みどころがなく、捻じれた話筋と千切れた結末は説明し難い。不条理小説に近いものがあり、個人的にソッ... <table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4488441033/goodpic-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51A%2Bdoj5cmL._SL160_.jpg" border="0" alt="結ぶ (創元推理文庫)" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4488441033/goodpic-22/" target="_top">結ぶ (創元推理文庫)</a><br />皆川 博子 <br /><br />東京創元社 2013-11-28<br />売り上げランキング : 15736<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4488441033/goodpic-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br /><br />実は皆川さん初読。<br />幻想小説一人者の評価に違わぬ、なんとも不思議な小説だった。<br /><br />18編の短編集だが、今回は1話1話の要約は書かない。<br />というより書けないというべきだろうか。<br />「要するに」とまとめるにはあまりに掴みどころがなく、<br />捻じれた話筋と千切れた結末は説明し難い。<br /><br />不条理小説に近いものがあり、個人的にソッチ系は好きなのだが<br />今まで読んだ中でもその不条理さが際立っている。<br />が、「訳わからんわ!」と放り出すような意味ではなく<br />むしろ高尚な世界へと誘われたような「極み」というか<br />思わず読み込まされてしまうような力がある。<br /><br />女王様の風格だ。<br />「女王様とお呼びっ!」などと品の無いことは言いたくないが(なら書くな)<br />思わず「本を読ませていただいてますっ!」と跪きそうになる。<br />なんというか、確かに読んでて「?」となるのだが<br />その匙加減が絶妙と言うか、サド加減が絶妙っつーか。<br /><br />なんか分かりそうで分からない、凄い針の隙間を突いてくる感じ。<br />女王様からチラチラとヒントを見せられているのだが<br />嗚呼、ワタクシメのオツムが悪いので分からないのでありませう、<br />ワタクシメをお許しくださいませ的な<br />皆川ワールドの下僕に成り下がってしまうのだ。<br /><br />いえ、Mの気はありません。(´・ω・`)キッパリ<br />それくらい話の魅力と、読もうとさせる魔力が絶妙。<br />分からないんだけど、それが低評価には繋がらない。<br />お釈迦様の掌で弄ばれてる気分である。<br /><br />例えば作品の1つをあげてみよう。<br />本書の中では何となく「心臓売り」がぺっちょりと心に残った。<br />意味は金魚売りや竿竹屋や豆腐屋と同じく、<br />季節になると往来で心臓売るに来るので、心臓売りである。<br />が、別にホラーではないしグロでもない。<br />主人公の少女はお小遣いを溜め、「しんぞうひとつちょうだい!」的に<br />心臓売りから心臓を買うという牧歌的な風味すらある。<br /><br />だが話の奥には「生存願望」「自殺願望」の2つが揺れていて<br />思った以上に深いというか、しょっぱい。<br />だが心臓の手触りにじっと目を閉じている少女に、<br />不思議と気味悪さより、奇妙な切なさを感じてしまう。<br /><br />文字の向こうでじわじわ操られている感。<br />全ては恐らく、女王様のお召しのままだ。<br />分からなくともきっと同じところに落とし込まれそうな<br />不可侵の高潔な美意識が読者を誘う。<br /><br />もう数冊読まないと評価は出来ないが<br />うん、何とも不思議な作品だと言うよりほかない。<br /><br />個人評価:★★★(不明分差引)<br /><hr size="1" /><br />何の脈絡もなく思い出したネタ。<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131216-1.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131216-1.gif" alt="20131216-1.gif" border="0" width="390"/></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131216-2.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131216-2.gif" alt="20131216-1.gif" border="0" width="390"/></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131216-3.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131216-3.gif" alt="20131216-1.gif" border="0" width="390"/></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131216-4.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131216-4.gif" alt="20131216-1.gif" border="0" width="390"/></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131216-5.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131216-5.gif" alt="20131216-1.gif" border="0" width="390"/></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131216-6.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131216-6.gif" alt="20131216-1.gif" border="0" width="390"/></a><br /><br />タイマーを掛けながらやると簡単。<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131216-7.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131216-7.gif" alt="20131216-1.gif" border="0" width="390"/></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131216-8.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131216-8.gif" alt="20131216-1.gif" border="0" width="390"/></a><br /><br />一人冷蔵庫にパスタ投げる自分を自嘲したのか<br />なんかしらんミョーにウケた。<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131216-9.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131216-9.gif" alt="20131216-1.gif" border="0" width="390"/></a><br /><br />※パスタはスタッフが美味しくいただきました。
367

台所太平記

台所太平記 (中公文庫)谷崎 潤一郎 中央公論新社 1974-04-10売り上げランキング : 322848Amazonで詳しく見る by G-Tools夏休みに読んだ谷崎が思いのほか肌に合ったのでまた買ってみた4冊目。や、今回は変態性を期待して買ったのではない。本書の谷崎変態性を数値化しても、20%はいかないだろう。(低いの高いのかも分からんが)昭和10年から40年ほどの間に磊(らい)吉夫婦が雇った女中たちの遍歴が書かれている。遍歴と言うか、... <table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4122000882/goodpic-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/517zFTYTVNL._SL160_.jpg" border="0" alt="台所太平記 (中公文庫)" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4122000882/goodpic-22/" target="_top">台所太平記 (中公文庫)</a><br />谷崎 潤一郎 <br /><br />中央公論新社 1974-04-10<br />売り上げランキング : 322848<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4122000882/goodpic-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br /><br />夏休みに読んだ谷崎が思いのほか肌に合ったので<br />また買ってみた4冊目。<br />や、今回は変態性を期待して買ったのではない。<br />本書の谷崎変態性を数値化しても、20%はいかないだろう。<br />(低いの高いのかも分からんが)<br /><br />昭和10年から40年ほどの間に<br />磊(らい)吉夫婦が雇った女中たちの遍歴が書かれている。<br />遍歴と言うか、もうこれだけの数になるとリストと言ってもいいかもしれない。<br />初と言う女性に始まって、えつ、はる、みつ、ます、みき<br />梅、駒、定、鈴…とまだまだ続く。<br /><br />職場環境が悪くて、次々と女中たちがやめるのではない。<br />磊吉は本宅と別荘の2つの家があり、妻たちも基本家事は人任せなので<br />同時に数人を雇い入れているのだ。<br />何だか豪勢な話だが、この時代は女中が居る生活は珍しいものではない。<br />逆を返せば女性の働き口は、戦後随分になるまで少なかったのだろう。<br /><br />またこの女性達の名は、本名ではない。<br />主人と言えど、親からの名前を呼びつけにするのは不躾だということで<br />雇われたときに「名」を与えられるのである。<br />しかしのこの風習は廃れ、やがて「〇〇(本名)さん」という呼称となる。<br />また「女中」という呼び名も時代と共に「メイド」「お手伝いさん」へ、<br />今なら「家政婦」「ホームヘルパー」とでも言うのだろうか。<br /><br />いわば本書は、「女中」そのものの歴史とも言える。<br />職務のみを務めて銀行から給料が振り込まれるようなそれではなく、<br />名を与えられ、同じ屋根の下で暮らすからこその<br />「プライベート」に踏み込んだ主従の間柄がある。<br />なんという事はない話なのに、なんだか引き込まれるのだ。<br /><br />また谷崎が書いているとなると余計に(笑)<br />磊吉がいつか変態になるんじゃないかとそわそわするのだが<br />相変わらず足フェチだなあってくらいで踏みとどまっている。(温かいまなざし) <br />隣の庭をチラ見するような野次馬根性も<br />ある意味、この本を読む上での戦力なのかもしれない。<br /><br />題材としても面白いのだが、ちょっと個人的に感慨深いものもあった。<br />磊吉の本宅が関西を舞台としていることもあるが<br />実はうちのバーチャンは女中だったんである。<br />離婚してから、女一人で身を立てるのは難しかったのだろう。<br />離れにある小屋を貰って、住みこみ女中をやっていた。<br /><br />おかんがこの辺の事情を自分に言ってくれなかったので<br />小さい頃、自分に祖母が3人いることを何ら不思議に思っていなかった。<br />そこの家のおじさんを「おじいちゃん」と呼んでいたので<br />祖父も3人おり、計算が合うのでヨシとしたのである。(←馬鹿)<br />おじさんと祖母の苗字が違うことも気にしていなかった。(←大馬鹿) <br /><br />祖母の雇い主の家に一家全員で泊まりに行っていたのだから <br />今の「家政婦さん」感覚で考えれば、ものすごい話だ。 <br />が、それとは違うのだ。 <br />「女中」と言う呼び方は蔑称として時代と共に風化したが <br />おじさんの事を思うとその関係は、不思議な絆があったと思う。 <br /><br />なんというか、雇ったからには責任を取るとでもいうような男気と言おうか。<br />おじさんは自分を孫のように可愛がってくれたし<br />実際、本当の孫以上の事をしてもらった。<br />その事実を知ったのはおじさんが亡くなった後だったので<br />お礼を言えなかったことは、今でも悔やまれる。<br /><br />まぁ自分の事はいいとして<br />これが本書の空気と非常に似通うものがあり、なんともほっこりと読めた。<br />何より「ゴリラの物真似をする女中」が出てきたときは<br />もう思いっきり<a href="http://harubooook.blog.fc2.com/blog-entry-362.html" target="_blank" title="大叔母がリンク">大叔母がリンク</a>して吹いた。<br /><br />まぁここで共感できる方はそう無いと思うが。<br /><br />個人評価:★★★★<br /><hr size="1" /><br />洗面所の怪異まとめ。<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131214-1.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131214-1.gif" alt="20131214-1.gif" border="0" width="390" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131214-2.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131214-2.gif" alt="20131214-1.gif" border="0" width="390" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131214-3.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131214-3.gif" alt="20131214-1.gif" border="0" width="390" /></a><br /><br />最初は毛髪かと思ったが、やけに太い。<br />ちょっと長い糸クズくらいの長さだった。<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131214-4.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131214-4.gif" alt="20131214-1.gif" border="0" width="390" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131214-5.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131214-5.gif" alt="20131214-1.gif" border="0" width="390" /></a><br /><br />なんかミョーに頑固に生えた親不知で<br />カナヅチでガンガンされたりして、やっとの思いで抜いた。<br />痕を縫ってもらい、一週間後に抜糸しに行く予定だった。<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131214-6.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131214-6.gif" alt="20131214-1.gif" border="0" width="390" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131214-7.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131214-7.gif" alt="20131214-1.gif" border="0" width="390" /></a><br /><br />まぁ歯の方は治ったからいいのだが<br />よくよく自分のおつむがいーかげんにできている事を実感する。<br /><br />おつむは歯医者では治んないすよね…。(そりゃまぁ)<br />
366

探偵夜話 - 岡本綺堂読物集四

探偵夜話 - 岡本綺堂読物集四 (中公文庫)岡本 綺堂 中央公論新社 2013-10-23売り上げランキング : 74082Amazonで詳しく見る by G-Tools岡本綺堂読物集、その四冊目。が、この四という数字を見てトンでもないこと思い出した。三巻まだ読んでねーーーし。うん、家にはあるんだけどね。何かに紛れて忘却の積読になっていたらしい。さすが綺堂、我が本棚にまで怪奇を生み出すとわ( ´,_ゝ`)ククク。(※正確には魔窟でいう)三を飛ばした... <table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4122058562/goodpic-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/511A0qzRMXL._SL160_.jpg" border="0" alt="探偵夜話 - 岡本綺堂読物集四 (中公文庫)" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4122058562/goodpic-22/" target="_top">探偵夜話 - 岡本綺堂読物集四 (中公文庫)</a><br />岡本 綺堂 <br /><br />中央公論新社 2013-10-23<br />売り上げランキング : 74082<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4122058562/goodpic-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br /><br />岡本綺堂読物集、その四冊目。<br />が、この四という数字を見てトンでもないこと思い出した。<br /><br />三巻まだ読んでねーーーし。<br />うん、家にはあるんだけどね。<br />何かに紛れて忘却の積読になっていたらしい。<br />さすが綺堂、我が本棚にまで怪奇を生み出すとわ( ´,_ゝ`)ククク。<br />(※正確には魔窟でいう)<br /><br />三を飛ばした人間が言うのもなんだが(後で読むよ!)<br />これは全巻すべてお読みいただきたい作品だ。<br /> 一、<a href="http://harubooook.blog.fc2.com/blog-entry-147.html" target="_blank" title="三浦老人昔話">三浦老人昔話</a><br /> 二、青蛙堂鬼談<br /> 三、近代異妖篇<br /> 四、探偵夜話<br />そもそも一は「半七捕物帳」という綺堂の代表作品のスピンオフなので<br />そうなるとまあ半七も読んでってね!ハナシになっちゃうんだけどね。<br /><br />綺堂は(・∀・)イイ!!。<br />ものすごい手に汗握るような話ではないのだが<br />なんだか話し上手の老人の話に引き込まれていくように<br />淡々とその世界に引きずり込まれ、何時の間にか読み終わっているのだ。<br />歌舞伎の劇作家という経歴も頷ける。<br />きっと綺堂は文字という役者を使って、観客に芝居をみせているのだ。<br /><br />四巻全て「ちょっと不思議な話」をまとめたものだが<br />一は事件簿風味、二と三は怪談風味、四は推理物風味となっている。<br />だがこうして読んでみると、<br />二を読んだときにミステリチックな怪談と感じたのが<br />四を読むと、怪談チックなミステリだなぁと思うのだ。<br /><br />「謎」と言うその曖昧さは上手く扱えば、<br />怪奇にも幻想にも、そしてミステリーにも転じるのだ。<br />明解なオチを求める人には微妙に物足りないかもしれないが<br />謎を上手く謎としてふうわりまとめてしまうその余韻は<br />スッキリしないのに、見事と言わざるを得ない。<br /><br />読物集全体の感想っぽくなってしまったが、綺堂の良さは<br />タイムマシンに乗っているかのような時代の味にもある。<br />綺堂自身は、明治5年から昭和12年という3時代を生きた。<br />しかし明治5年といえばまだ江戸の色合いも濃く<br />綺堂の父親が幕府の御家人だったことも考えれば、<br />綺堂の世界は4つの時代を描いていると言っていい。<br /><br />様々な老若男女が思い出語りをするように、<br />時代を語る百物語のような形式は、まさに綺堂の真骨頂だ。<br />カフェや通勤電車の中で読んでいても、ふと<br />ここがかつて江戸という町であり<br />文明を一気に駆け抜けた時代があったことが、心に過る。<br /><br />ハラハラドキドキサスペンスもいいが<br />まったりゆったり読める、こんなミステリーも乙である。<br />青空文庫でも読めるが、妖しさと色気を含んだカバーイラストを<br />揃えて眺めるのもアナログ本の醍醐味。<br /><br />まあ取り敢えず三読まないとな。うん。<br /><br />個人評価:★★★★<br /><hr size="1" /><br />で、くだらない話を続ける。<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131212-1.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131212-1.gif" alt="20131212-1.gif" border="0" width="390" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131212-2.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131212-2.gif" alt="20131212-1.gif" border="0" width="390" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131212-3.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131212-3.gif" alt="20131212-1.gif" border="0" width="390" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131212-4.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131212-4.gif" alt="20131212-1.gif" border="0" width="390" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131212-5.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131212-5.gif" alt="20131212-1.gif" border="0" width="390" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131212-6.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131212-6.gif" alt="20131212-1.gif" border="0" width="390" /></a><br /><br />多分世界で一番意味のない流血沙汰。<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131212-7.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131212-7.gif" alt="20131212-1.gif" border="0" width="390" /></a><br /><br />一回目は実家にいた頃。<br />石鹸が驚くほどするりと滑らかに、指を鼻の孔に誘うのである。<br />と妹に説明したが「ありえない」と爆笑された。<br />いや、一人か二人か三人くらい、同じことした人いる…よね…?<br /><br />次回予告「歯が為に鐘は鳴る」(これもタイトルは無関係)
365

進撃の巨人(12)

進撃の巨人(12) (講談社コミックス)諫山 創 講談社 2013-12-09売り上げランキング : Amazonで詳しく見る by G-Tools2015年に実写化…。(゚д゚)コミックスにすると4~5巻分くらい先の事だが少なくともそれくらいまでは、この漫画続いてるって事か?まぁでも月刊誌だから、数にすれば20話くらいか。確かにストーリーは面白いのだけど、そろそろ畳みにかかってる感があるので人気とかメディアとかには関係なく作者がこうだって思う時に... <table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4063949761/goodpic-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51wFLTgiptL._SL160_.jpg" border="0" alt="進撃の巨人(12) (講談社コミックス)" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4063949761/goodpic-22/" target="_top">進撃の巨人(12) (講談社コミックス)</a><br />諫山 創 <br /><br />講談社 2013-12-09<br />売り上げランキング : <br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4063949761/goodpic-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br /><br />2015年に実写化…。(゚д゚)<br />コミックスにすると4~5巻分くらい先の事だが<br />少なくともそれくらいまでは、この漫画続いてるって事か?<br />まぁでも月刊誌だから、数にすれば20話くらいか。<br /><br />確かにストーリーは面白いのだけど、そろそろ畳みにかかってる感があるので<br />人気とかメディアとかには関係なく<br />作者がこうだって思う時に結末へ導いて欲しいなと思う。<br /><br />念の為、前巻の感想は<a href="http://harubooook.blog.fc2.com/blog-entry-275.html" target="_blank" title="こちら">こちら</a>。<br /><br />ライナー・ベルトルトに連れ去られたエレンとユミル。<br />エレン以外の3人には話が何となく通じているようだが<br />エレン本人はサッパリ分かっていない様子。<br /><br />3人の会話で気になったのは<br />「人間に戻るとき、誰を食ったか覚えているか」(byベルトルト)<br />「いったいどれだけ壁の外を彷徨っていたんだ?」(byベルトルト)<br />「60年くらいだ」(byユミル)<br />という言葉だ。<br /><br />戻るというからには、彼らは人間→巨人→人間と言うルートを<br />辿ったと考えるのが普通だろう。<br />コニーの母親の一件もあったから、<br />それは人種というのではなく、ただ「そうなるもの」なのだろう。<br />(いや、なにか過程がちゃんとあるのかもしれないが)<br />ある日突然巨人になり、理由も分からず人を口にしてしまう。<br />─────それは確かに悪夢だろう。<br /><br />しかし「人間を食べれば戻る」というのではなさそうだ。<br />それならかなりの数の巨人が、人間がえりをする筈だ。<br />ならばその「種」が限られているのではないか。<br />例えばユミルは、ライナーたちの仲間を食べて人間に戻った訳だ。<br />つまりは「人間に戻った巨人」だけが「特効薬」なのではないか。<br /><br />巨人は本能的に、それを知っているのかもしれない。<br />だから手当たり次第に食べるのだ。吐き出してでも。<br />考えると怖い。<br />ライナーたちの故郷は「同族を食べた者」の集落な訳で、<br />────仲間を餌にすれば「知性巨人」が出来ることを知っている訳だ。<br /><br />ユミルやエレンを故郷に連れてくのは、その為ではないか。<br />そしてライナーたち自身も、その運命を受け入れてるのではないか。<br />いや、予想だけど。<br />もしそうだとするとエレンもかつて「食べた」事になるのだが<br />まあ今巻はその話は出てないので、とりま置いておく。<br /><br />そして最大のキーワードは「座標」だろう。<br />前巻の感想で自分は「特異点」と書いたが<br />話の流れからして、それにかなり似ているのではないだろうか。<br />影響を受けないというのではなく<br />まさに世界を作る中心点、とでも言おうか。<br />この世界の「台本」と言ってもいいのかもしれない。<br /><br />さらにライナーの台詞から、この「座標」は移動するらしい。<br />座標として最悪の人物に「渡った」と言う。<br />ならば前の持ち主は?<br />いや、「座標」が1つとは限らないので何とも言えないが<br />とりあえずユミルは座標の一点で「ある」か、「だった」のではないか。<br /><br />もし巨人を先導する力と言う意味なら<br />これまでその力を見せたのはアニと猿巨人、<br />更に「ユミル様」と巨人が従う風をみせたユミルもいる。<br />しかしこの3人(?)は、特に人間の味方をする訳でもなく<br />また巨人の味方という訳でもない。<br />中立というのもヘンだが、ただあるがままに世界を受け止めている。<br /><br />そういう意味でなら、「巨人を駆逐する」と言い切ったエレンは<br />確かに異質な「座標」ではある。<br />「座標」がどのように移動するのかは不明だが<br />ライナーは「エレン座標」が及ぼす影響を否としている。<br /><br />分からないままに仮定してみる。<br />「座標」がこの世界の台本になりうる存在だとして<br />エレンが望む世界はなんだろう。<br />当然、「巨人を駆逐した世界」であろう。<br />だがライナーにとって、巨人はこの世界に必要な物なのではないか?<br />もしくはそれが真理だと知っているのではないか?<br /><br />そして「ミカサに何度でもマフラーを巻いてやる」世界も<br />エレンの望む世界であるとして<br />万一ミカサに何かが起こったら、世界はどうなるのだろう。<br />まさに「何度も巻きなおされてしまう」のではないか?<br />いや、この場合はミカサが座標でもいいわけだが。<br /><br />前にも言ったが、この世界は明らかな「無理ゲー」だ。<br />そもそも町を取り巻く砦が巨人入りとか、夢も希望もない。(苦笑)<br />が、壁は一部の人間に熱狂的に信仰されている。<br /><br />ふと、むかーーしに道端でもらった宗教パンフレット思い出した。<br />いずれ世界は一端ゼロになり、そこから真の平和な世界が築かれるとか<br />なんかスゴイ事が書いてあった。<br />この本の壁宗教って、あれに近いんじゃないだろうか。<br />まあゼロっても、自分は救われると言う信念の上のゼロなんだろうけどさ。<br /><br />その宗教人たちが目を掛ける、クリスタの存在。<br />彼女もまた違う意味での「座標」である可能性は捨てきれない。<br />その割にちやほやされていないあたり<br />なんだかすごくやーーーな予感もしなくもない。<br />だがライナーに対してユミルは「壁の中にまだ未来はある」と言う。<br /><br />この辺もまだ全然わからんけど<br />例えば「座標」がゲームシナリオの分岐点のようなものであるとしよう。<br />エレンの座標は決してグッドエンドではないけど<br />そこでしか手に入らないアイテムやダンジョンがあれば<br />まるっきりバッドエンドという訳でもない。<br /><br />エレン座標に「クリスタの不幸」の回避する鍵がある。<br />例えばクリスタが「巨人の生贄になる」ような運命をもっているとして<br />巨人が駆逐されれば、生贄になる必要はなくなるわけだ。<br />ま、↑は随分雑な予想なのだが<br />「ヒストリア」は史書を意味するラテン語だ。<br />クリスタ(=ヒストリア)は、セーブポイントからゲームをリスタートするような<br />それこそ「特異点」のような存在ではなかろうか。<br /><br />で、ふと思った。<br />どう考えても巨人の方が有利過ぎて、人間には無理ゲーなのだが<br />巨人育成ゲームだったら、割と簡単なゲームになる。<br />巨人を動かして、「いい餌」を探せばステータスが上がる。<br />だが「座標」というラスボスに会ってしまうと、自由に動けない呪いに掛かる。<br /><br />この世界が人間の世界ではなく、巨人の世界だとしたら<br />駆逐されるべきは人間の方なのだ。<br />巨人が進化するために、人間は必要不可欠な栄養食となる。<br />屠殺場に送られる食肉用の動物だってひょっとして<br />自分達を食べる人間を「巨人」だと思ってるかも知れない。<br /><br />うん、なんか言いたい事だけ書いて<br />少々訳の分からない風味の感想になってしまったが<br />やっぱ面白い漫画だと思うので、変にグダグダしないで<br />鮮度を保ったまま結末を迎えて欲しいのだ。<br /><br />ホントにこの漫画、ジャンプ連載じゃなくてよかったと思うわ。(笑)<br />(絶対引き伸ばしの餌食になる)<br /><hr size="1" /><br />どうでもいい近況日記。<br /><br />先日秋葉原まで足を延ばした際、こんなもんを買った。<br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/201312110821543ac.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/201312110821543ac.jpg" alt="写真 2013-12-11 8 19 12" border="0" width="300" height="300" /></a><br /><br />こっ、こんなことでお金が貯まるとか思ってないんだからねっ!!<br />でも貯まったらいいなぁっていう神頼み。<br />本とタバコやめたら結構な金額溜まると思うんだよね。<br />だが断る。(´・ω・`)キッパリ<br /><br />ていうかコレ、手作りなんだけど<br />作り手さんの説明が上手くてつい買っちゃったのな。<br />で、別の話。<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131211-1.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131211-1.gif" alt="20131211-1.gif" border="0" width="390" height="265" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131211-2.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131211-2.gif" alt="20131211-1.gif" border="0" width="390" height="265" /></a><br /><br />※色は似てるけどふなっしーとは関係ありません。<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131211-3.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131211-3.gif" alt="20131211-1.gif" border="0" width="390" height="265" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131211-4.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131211-4.gif" alt="20131211-1.gif" border="0" width="390" height="265" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131211-5.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131211-5.gif" alt="20131211-1.gif" border="0" width="390" height="265" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131211-6.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131211-6.gif" alt="20131211-1.gif" border="0" width="390" height="265" /></a><br /><br />喋る商売をしてるもんで、ホントこの口の傷困る。<br />乾燥したところで口を開けると切れるから、なかなか治らない。<br />昨日からマスクをして保湿に勤めてるんだが、割とイイ感じっす。<br />でも喋るときは取らないといかんからなあ…。<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131211-7.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131211-7.gif" alt="20131211-1.gif" border="0" width="390" height="265" /></a><br /><br />まあそんな訳で、くだらない話が続きます。
  • Date : 2013-12-11 (Wed)
  • Category : 漫画
364

WJ2014年2号

ONE PIECE730「3枚のカード」「藤虎」の正体、麦わら海賊団にバレるの巻。あとは「緑牛」がどこから出てくるか楽しみだが藤虎の能力って、やっぱ隕石じゃなくて重力なんか?(浮いてるし)キロキロの実の上位変換ってことなんかな。律儀に出口を探すらしいルフィ。無駄に公共物破損はしないってことなのか。でも小人たちと終結しないと話が進まない気がするから、ストーリー的な時間稼ぎなんだろうな。小人たちがコロシウムに来て... <table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20121231104712c1a.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20121231104712c1a.jpg" alt="wj" border="0" width="110" height="160" /></a></td></tr></table><br /><br />ONE PIECE730「3枚のカード」<br />「藤虎」の正体、麦わら海賊団にバレるの巻。<br />あとは「緑牛」がどこから出てくるか楽しみだが<br />藤虎の能力って、やっぱ隕石じゃなくて重力なんか?(浮いてるし)<br />キロキロの実の上位変換ってことなんかな。<br /><br />律儀に出口を探すらしいルフィ。<br />無駄に公共物破損はしないってことなのか。<br />でも小人たちと終結しないと話が進まない気がするから、<br />ストーリー的な時間稼ぎなんだろうな。<br />小人たちがコロシウムに来てから、決戦は「王宮」の流れっぽい。<br /><br />が、ドフラの伏線の絡み具合からして、<br />コロシウム同様、多分勝敗はつかないだろう。<br />ドレスローザの問題だけ解決して、勝負はゾウに持ち越しになりそう。<br />試合が続くならバルトロメオかレベッカにメラメラの実が渡り<br />そこからルフィの手に渡るっつーのが無難な予想だけど<br />ドフラがマジモノの悪党なら、メラメラの実は手元に戻すだろう。<br /><br />悪魔の実の有効な使い方としては<br /> ①自分が食う<br /> ②自分の信頼できる部下に食わせる<br /> ③売り払う             だ。<br />既に能力者で一国と言う財を持つドフラなら、通常なら②一択だ。<br />その前に「強者をおびき寄せる」という餌に使うあたり、狡猾だ。<br /><br />しかしふと思ったのだが、悪魔の実にはもう1つ使い方があるんじゃないだろうか。<br /> ④能力者に食わせて、相殺させてしまう<br />2つの実が消費されてしまうのだから、効率が良いとは言えないが<br />恐ろしく能力の高い相手であれば、結構に有効な手段かもしれない。<br /><br />自分としては「Dの一族」には最初から<br />1つ以上の悪魔の実が許容範囲なのではないかと思ってるので<br />(都合よくも、それを知る一族は現在ほとんど残っていないとか<br /> もしくは死にかけた体験とかでその能力を得るとかさ)<br />誰かがルフィにむりやりメラメラの実を口に突っこむか<br />もしくはルフィがやむなくそれを口にするシーンが来るんじゃないかと<br />勝手に妄想している訳だが。<br /><br />それはさておき、かなり話が進むまで<br />サニー号サイドはお預けになりそうな気もするけど<br />フツーに考えて、四皇のビッグマムと一海賊サンジじゃ勝負にならないだろう。<br />最終的には「ローラ繋がり」で講和を結べるんだろうけど<br />ココはやっぱサンジが料理人なのがミソなんじゃね。<br />そもそもサンジはレディに手を挙げないのが信条なんだしね。<br /><br />あとは「モモの助」というカードが気になるね!<br />コレは当然、モモの助が食べた「ベガパンク製悪魔の実」だろう。<br />前にもどこかで書いた気がするが<br />多分この実は「失敗」なんかではないのだと思う。<br />モモの助を亡き者にし、「実を再生」させるだけの価値があるのだ。<br /><br />この辺は多分、シーザーが一番知ってる筈なんだが<br />ひょっとしてシーザーすら蚊帳の外の機密があるんだろうか。<br />まあベガパンクにしろシーザーにしろ科学者って<br />要は研究ヲタクであり、発生する価値は付加的なものなんじゃないかね。<br />そういう意味では二人とも、「黒幕」格ではない気がする。<br /><br />モモの助の竜、センゴクの大仏、マルコの不死鳥など<br />ゾオン系の中でも幻獣種は異彩を放っている。<br />通常なら「この世に遺伝子が無い」筈だからだ。<br />これらすべてが人工悪魔の実であるとしたら<br />ゾオン系に関しては、ベガパンクはほぼ研究を極め尽くしてるよね。<br /><br />更に竜は、錦えもんが「親の仇同然」と言っていたことから<br />既にワノ国と関連がある可能性が高い。<br />「モデルドラゴン」としてモモの助の食べた一種しかないのか<br />それとも何種類かあるのかは知らないが<br />人工悪魔の実で一番気になるのは<br />「海と言う弱点」「同世界に1つ」「1人に1つしか食べられない」<br />と言う法則がどうなるかという点。<br /><br />もしこれが全て、もしくは1つでもクリアできるとしたら、<br />悪魔の実はマジで悪魔だよ。恐ろしい。<br />ひょっとして、モモの助の食べた実は<br />条件をクリアできなかった=ほぼ本物に近いという意味で<br />「失敗」だったというオチも考えられる。<br /><br />最後にひとつ。<br />ビッグマムの舟って、まさか「実を食べた舟」だったり?<br /><br /><hr size="1" /><br />NARUTO657「うちはマダラ、参る」<br />ちょwカカシを担当してるアシスタント誰だw<br />先週から額宛ての字が滅茶苦茶だぞwww<br /><br />それはそうと、マダラ様おもちろいww<br />マッパになっても手袋は取らないww変態臭いwww<br />いやもうパイオツに人面瘡つけてる時点でもうww<br />永遠すぎる中二におなかがいたいwww<br /><br />ま、草を生やすのはこの辺にして<br />先週一番気になってた「マダラの輪廻眼」が<br />ぼろぼろと剥がれ落ちたので、まあ納得。<br />だが右目はもともとの自分の目のハズなんだが…?<br /><br />んー、これって六道の術を使うと<br />別カメラ用の人間の両目に輪廻眼が宿っちゃうから<br />曖昧でよくわかんないけどさー。<br />ひょっとして最初から輪廻眼って、片目しかないのかな。<br />えどてんマダラは両目とも輪廻眼だった気がすんだけど<br />「体が復活してしまう」が故の産物だったじゃ?<br /><br />や、開祖の六道仙人は両目輪廻眼だったから<br />本来は2つ揃えのものなんだろうけど<br />マダラ左目だけが開眼条件を満たしてたとか。<br />輪廻眼は永遠のマンゲの上位な訳だから、条件としては恐らく<br />「他人の目を入れる」をクリアしてないと駄目なんだよな。<br /><br />マダラがイズナから、片目しか抉り取ってなかったらどうだろう?<br />つーかそもそもこの(目)玉の取り合いですが<br />目玉とっかえっこしたらダメなんだろうかとずっと思ってた。<br />万事丸く収まりそうなんだけど、おさまっちゃダメなのかしら。(´・ω・`)<br /><br />そんな事もあって、自分はずっとイズナの存在が引っ掛かってて<br />実はまだ生きてんじゃね、っていまだに3%くらい捨てきれないんだけど。<br />ギリギリまでトビもイズナなんじゃないかと思ってたし。<br />うんまぁそれも1%くらい捨てきれてないんだけど<br />そろそろイズナ信奉も年末で掃除した方がいいかなあ。<br /><br />ところで今更マダラが仙術チャクラを手にしてるのはどういう。<br />柱間細胞で木遁術はゲットしてても、仙術は会得してなかったの?<br />ていうか仙術は修行で得るものじゃないのか。<br />そんな裏技あるんか。さすがズリィっすマダラさん。(笑)<br /><hr size="1" /><br />銀魂:えええ、もう10年経ったの。<br />   つか荒くれ共はなぜ袖から自由になろうとするんだろうね。<br />暗殺教室:んー、相手の防御の動きを利用するくらいしか思いつかないなー。<br />食戟:昔納豆カレー食ったとき、納豆はカレーに勝つんだって吃驚したけど<br />   くさやもキョーレツそう。発酵食品ってすげぇ。<br />ワールドトリガー:うおっ、4つの異星という伏線!<br />      これは長期連載として波に乗ったってことか!?<br />斉木:楠子ちゃん、結構ムチムチだったのねw<br />ハイキュー:同チームでライバル関係ってのは、ありそうで…<br />      まぁフツーにあるけど、個人的に結構好きなのだ。<br />読切:これは…、アカンやろ。<br />   ヒカルの碁とデスノ足して5くらいで割ったみたいな…。<br />ブリーチ:盛り上がってんのかどうかすらわからんww<br />ベルゼバブ:あら、そろそろお話畳むカンジ?<br />磯兵衛:やばいw徳川さん兄弟(・∀・)イイ!!<br /><br />昨日買った進撃新刊も読むので、今日はここまでーぃ。<br /><br />
  • Date : 2013-12-10 (Tue)
  • Category : WJ
363

名探偵はもういない

名探偵はもういない (講談社文庫)霧舎 巧 講談社 2009-04-15売り上げランキング : 559654Amazonで詳しく見る by G-Tools引き続き、本棚の整理で昔の本~~。どんぱふ。昔に読んだ本だと思ってたら、2009年発刊なら4年前か。なのにオチをサッパリ覚えてなかったのでほとんど新刊感覚で読めた。いいんだか悪いんだか。「本格推理小説」というジャンルがあるが多分ジャンルで分けたら、そこに入るんじゃないだろうか。あっと驚くどん... <table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062763230/goodpic-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41jvSmzqXEL._SL160_.jpg" border="0" alt="名探偵はもういない (講談社文庫)" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062763230/goodpic-22/" target="_top">名探偵はもういない (講談社文庫)</a><br />霧舎 巧 <br /><br />講談社 2009-04-15<br />売り上げランキング : 559654<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062763230/goodpic-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br /><br />引き続き、本棚の整理で昔の本~~。どんぱふ。<br />昔に読んだ本だと思ってたら、2009年発刊なら4年前か。<br />なのにオチをサッパリ覚えてなかったので<br />ほとんど新刊感覚で読めた。いいんだか悪いんだか。<br /><br />「本格推理小説」というジャンルがあるが<br />多分ジャンルで分けたら、そこに入るんじゃないだろうか。<br />あっと驚くどんでん返しがある訳ではなく、<br />ただ謎と推理がキチンと並行して並んでいる。<br />第一印象としては、そんな作品だ。<br /><br />雪で足止めになり、陸の孤島となったペンション。<br />ふおー!舞台がオーソドックス過ぎて、むしろ震える!!<br />「犯罪学者」を生業とする主人公は<br />5年前の事件を追って、義弟と共にここへ訪れたのだ。<br /><br />ペンションのオーナーは美人の独身女性。(身悶え)<br />ペンションは西館と東館でそっくり左右対照に作られている。(ごろんごろん)<br />少し知能障害のある共同オーナーと、それを怒鳴り散らす管理人(きゃああああ)<br />そんな中、傲慢で鼻持ちならない婦人客が謎の死を遂げ、<br />犯人だと思われた男が自殺(余りの王道展開に思わず吐血)<br /><br />ほんまスゴいわー。ごっつスゴいわー。<br />こんなバリバリの「推理小説」読んだの、何時以来だろう?<br />ただ物凄い番狂わせが中盤でやってくる。<br />なんと主人公だと思われた男が、死んでしまうのだ。Oh,shit!(なんで俗語)<br />ココで探偵交代になる訳だが、その交代要員が凄すぎる。<br />もし映画だったら、ここでスゴい出演料が発生しそうだ。<br /><br />要するに、実在の推理作家が出てくるのだ。<br />推理作家と探偵は別物だと思うので、そこはなんだかなーと思うんだが<br />確かに「謎解き」というか論理で固めたストーリー展開は<br />作者もこの実在作家に影響を受けてるのかもしれないな、と思えるものがある。<br /><br />本の構成も面白い形になっていて、<br />最初の登場人物のページは真っ白なのだ。<br />つまりは読者に「自分で書いてください」という方式がとってあり、<br />謎解きの前にも「読者への挑戦」というページがあり<br />読者参加型の推理小説となっている。<br /><br />が、多分本書を読んで「よし!謎は解けた!」って人は少数だろう。<br />ある意味、どんでん返しには慣れていても<br />「トリックのない理屈」というのは、なかなか思いつかないものだ。<br />ちゃんと事件は解いてあるし、オチもキレイにまとまっているのだが<br />なんか拍子抜け感があることも否めない。<br /><br />ストーリーと言う意味では、主人公を差し替える(?)という<br />ほぼ反則といっていい技を使い、<br />実在の、それも推理小説の神をこう使ってしまうあたり<br />物凄い度胸のある御仁だとは思う。(笑)<br />が、自分としてはあまりに「推理小説」に徹していて<br />主人公やサブキャラの心理的なものが<br />殆ど題材として使われなかったのが残念だった。<br /><br />推理物も嫌いではないのだが、やはり自分としては<br />「お話」という部分を大事にしたいので、やや感情移入がしにくかった。<br />どうやら、この作家の著作の世界観は全部繋がっているらしく<br />この本もどれかの著作とリンクしているらしいので<br />もう数冊読んだら印象も違うのかもしれないが。<br /><br />まあ、色んな意味で確かに「本格推理小説」であることは間違いない。<br />この手の探偵ってのは「天才」っていうよりは <br />「あら捜しをする」ことと「理屈を並べる」事に置いて<br />並外れた才能があるって事なのかもしれない。<br /><br />ん?弁護士の方が向いてね?<br /><br />個人評価:★★★<br /><hr size="1" /><br />えてこ大叔母後日談。<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131207-1.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131207-1.gif" alt="20131207-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131207-2.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131207-2.gif" alt="20131207-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br />銭湯みたいなとこならまだしも、家庭用の風呂で二人で入るとか狭いじゃん。<br />風呂くらいゆっくり入りたいというのが、自分のスタンスなのだが。<br />取り敢えずここで大叔母参戦。<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131207-3.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131207-3.gif" alt="20131207-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br />ちなみにばーちゃんは、自分の某友人がお気に入りのようだ。<br />何かしらバーサン達にもタイプがあるのだね。<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131207-4.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131207-4.gif" alt="20131207-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131207-5.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131207-5.gif" alt="20131207-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br />大叔母おもしれーわー。
362

チーズと塩と豆と

チーズと塩と豆と (集英社文庫)角田 光代 江國 香織 森 絵都 井上 荒野 集英社 2013-10-18売り上げランキング : 2189Amazonで詳しく見る by G-Tools「4つの直木賞作家が書く、4つの国の料理と恋人たち。」と言う帯に巻かれて、なんとなく買った短編集。ラインナップに角田さんと江國さんが入っている時点で、取り敢えずブリブリに乙女な小説ってことはなさそうなので(笑)。神様の庭/角田光代 スペインが舞台。生まれ故郷の町... <table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087451224/goodpic-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41v9ktVxLHL._SL160_.jpg" border="0" alt="チーズと塩と豆と (集英社文庫)" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087451224/goodpic-22/" target="_top">チーズと塩と豆と (集英社文庫)</a><br />角田 光代 江國 香織 森 絵都 井上 荒野 <br /><br />集英社 2013-10-18<br />売り上げランキング : 2189<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087451224/goodpic-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br /><br />「4つの直木賞作家が書く、4つの国の料理と恋人たち。」<br />と言う帯に巻かれて、なんとなく買った短編集。<br />ラインナップに角田さんと江國さんが入っている時点で、<br />取り敢えずブリブリに乙女な小説ってことはなさそうなので(笑)。<br /><br /><strong>神様の庭/角田光代</strong><br /> スペインが舞台。生まれ故郷の町を後にした女性が主人公。<br /> 料理人の父の考えに反発するも、彼女にもその才能があった。<br /><strong>理由/井上荒野</strong><br /> イタリアが舞台。30も歳の違う男と結婚をした女性が主人公。<br /> それは愛のある生活であったが、やがて夫は意識不明に陥ってしまう。<br /><strong>ブレノワール/森絵都</strong><br /> フランスが舞台。因習にとらわれた故郷を飛び出し、シェフを目指す男が主人公。<br /> 母の危篤に帰国するも、母は息子の仕事を認めない。<br /><strong>アレンテージョ/江國香織</strong><br /> ポルトガルが舞台。ゲイの恋人たちが主人公。<br /> 二人で片田舎に旅行へ来たが、「僕」の胸中には葛藤がある。<br /><br />こーゆーアンソロジーは、ある程度事前に<br />内容を打ち合わせてから書き始めるものじゃないのだろうか。<br />角田さんと森さんの話が、性別をのぞいて設定が非常に似ている。<br />お蔭で後に読んだ森さんの小説の印象が薄くなってしまい<br />ちょっとそこだけは残念だった。<br /><br />それにしても、なんで舞台をヨーロッパにしたのだろう。<br />や、海外のオサレ感と食べ物の異国情緒は<br />4人ともさすがによく出ているのだが<br />なんだかその向こうに、村上春樹がうすらぼんやり見えて仕方ない。(笑)<br /><br />そういう意味では村上春樹ってスゴイんだな。<br />日本が舞台でも違う世界の人を書いてるみたいだ。<br />(海外って意味じゃなくてハルキワールドなんだけど)<br />著作でないのに世界のハルキの凄さを見せつけられたわ。<br /><br />うん、確かに海外が舞台であることで<br />ひとつの世界を確立していることは確かなのだが<br />その分、登場人物の台詞が心に沁みこんでこない。<br />話の一つ一つは「人間と食」を細やかに掘り下げてあるのだが<br />良くも悪くも、映画か何かを見ているようだ。<br /><br />それでも角田さんと江國さんの短編はやはり<br />時折書かれた言葉にふと惹きつけられることがある。<br />またそれが海外風にキマっているだけに<br />どうしてもハルキ味も同時に強く感じてしまうのだが…。<br /><br />テーマも作家のラインナップも面白いのだが<br />なにかこう、メレンゲかマカロンみたいな<br />ふわふわの菓子を食べたみたいで、今一つ腹に残らなかった。<br /><br />個人評価:★★★<br /><hr size="1" /><br />大叔母の話。続き。<br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131205-1.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131205-1.gif" alt="20131205-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131205-2.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131205-2.gif" alt="20131205-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br />別室に引っこんで再び現れた大叔母は、大叔母ではなかった。<br />それはもはやえてこ以外の何者でもなかった。<br />マヤ…、恐ろしい子…!!!<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131205-3.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131205-3.gif" alt="20131205-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131205-4.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131205-4.gif" alt="20131205-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131205-5.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131205-5.gif" alt="20131205-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131205-6.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131205-6.gif" alt="20131205-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br />まじでもう、あの衝撃は説明できない。<br />芸は芸でも芸妓っつーより芸人の域に達しているが<br />あれなら確かにてっぺんつかめるわ。<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131205-7.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131205-7.gif" alt="20131205-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br />家に帰ったら、妹が「私も見たかったーー!」と<br />めっちゃ悔しがっていた。<br />相方は「世の中のお婆さんのイメージが変わった」と<br />何やら呆然としていたが。<br /><br />もう亡くなったのだけど、大叔母大好きだ。
361

やなりいなり

やなりいなり (新潮文庫)畠中 恵 新潮社 2013-11-28売り上げランキング : 65Amazonで詳しく見る by G-Toolsしゃばけシリーズ第10弾。妖怪本故に何時もなら一気に読んでしまうのだが、今回は読み終えるのにちょっと日がかかった。突発の仕事が入って時間が取れなかった所為もあるのだが今作はちょっとうーんと思ってしまった。ちょうどジャンプの引き延ばし作品を読んだ感じ。(苦笑)短編集だということを差し引いても話の内容... <table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101461309/goodpic-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/61o8uKU2y7L._SL160_.jpg" border="0" alt="やなりいなり (新潮文庫)" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101461309/goodpic-22/" target="_top">やなりいなり (新潮文庫)</a><br />畠中 恵 <br /><br />新潮社 2013-11-28<br />売り上げランキング : 65<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101461309/goodpic-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/blog-entry-48.html" target="_blank" title="しゃばけシリーズ">しゃばけシリーズ</a>第10弾。<br /><br />妖怪本故に何時もなら一気に読んでしまうのだが、<br />今回は読み終えるのにちょっと日がかかった。<br />突発の仕事が入って時間が取れなかった所為もあるのだが<br />今作はちょっとうーんと思ってしまった。<br /><br />ちょうどジャンプの引き延ばし作品を読んだ感じ。(苦笑)<br />短編集だということを差し引いても<br />話の内容に活気がないというか、ややダラダラ感が拭えないと言うか。<br /><br />自分がこのシリーズで良いと思うのは<br />人と妖怪と半妖という、本来は相容れない者達が住む世界で<br />いずれもが愛しくてならない「若だんな」の人の良さだ。<br />イイトコのぼんぼんで、甘い甘い砂糖漬けのような生活をし<br />病弱故に、安楽椅子探偵ならぬ寝床の中の掻巻探偵という設定も<br />そんなキャラになんとも相応しい。<br /><br />「浮世離れ」という言葉がしっくりくるかもしれない。<br />超絶虚弱な主人公や、可愛らしい妖怪というトンデモ設定も<br />このシリーズにおいてはこの「浮世感」がキモなのだ。<br />まさに畠中さんの作風と設定が合致した名作と思う。<br /><br />前作「ゆんでめて」はちょっと構成に凝ったものになっていて<br />作品に転機が訪れたのだろうかと思っていたが、今回も構成は面白い。<br />それぞれ簡単な料理が一品、最初に紹介されていて<br />その解説が非常に「しゃばけ」で面白い。<br />が、そのふんわりした料理達と無関係に、中身が微妙に現実臭い。<br /><br />「こいしくて」  長崎屋のある通町に、何故か疫病神や縁起の神が大発生?<br />「やなりいなり」 若だんなの前に、突然あらわれたユーレイ!?<br />「からかみなり」 おとっつぁんが行方不明?ゴロゴロと鳴りやまない空模様と関係が?<br />「長崎屋のたまご」空から落ちてきた「まるいもの」と家鳴の騒動。<br />「あましょう」  栄吉を訪ねた若だんながふと見かけた喧嘩の原因は…。<br /><br />や、要約だけみれば確かに「しゃばけ」なのだが<br />なにかこう、何時ものような「まったりした浮世感」が薄い。<br />あわただしく事件が起きて、バタバタと解決してしまう。<br />それも若だんなが一生懸命謎を解いたというより<br />何やら雑談ついでに解いてしまったような。<br /><br />内容も浮気だとか刃傷沙汰だとか不治の病だとか<br />なんとなく心楽しくないのだ。<br />無論、今までも「のほほん」とした話ばかりではなく<br />若だんながちょっぴり大人の苦さを知ることも、あるにはあった。<br />けれどそれらとは、何だか違うのだ。<br /><br />なんだかな。<br />言い方は悪いが、ちょっと「雑」なお話が多かったような印象。<br />長く続けるよりは、このお話にふさわしい世界観のまま<br />幕引きへ持って行ってほしいと思うので<br />また次巻に期待を持ち越したい。<br /><br />個人評価:★★★<br /><hr size="1" /><br />大叔母の話。<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20121202-1.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/r/harubooook/20121202-1.gif" alt="20121202-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20121202-2.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/r/harubooook/20121202-2.gif" alt="20121202-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20121202-3.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/r/harubooook/20121202-3.gif" alt="20121202-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20121202-4.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/r/harubooook/20121202-4.gif" alt="20121202-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br />ばーちゃんは大叔母と奉公にも出ていたらしいが<br />大叔母は気が付くと仕事をサボって<br />その辺で唄ったり踊ったりしていることがあったそうな。<br /><br />真面目なばーちゃんはとばっちりを受けたとかで<br />その辺の愚痴も相当聞かされたが<br />とりま大叔母は天職についたということか。<br /><br />多分続く。
360

WJ2014年1号

ONE PIECE 休載。NARUTO656「交代」1ページ目からカカシの額宛て間違ってまつww予想通りマダラのターンになったワケだが黒ゼツが正体も微妙なまま大きく戦況を変えるものになってしまったので今回は「ゼツ」の復習をしたい。●3分間クッキング ~白ゼツと黒ゼツ● ♪チャラチャッチャチャッチャッチャ※例の音楽材料:外道魔像 …最凶の十尾からチャクラを九体に分けて抜いて         抜け殻を封印しておいたものを口寄... <table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20121231104712c1a.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-52.fc2.com/h/a/r/harubooook/20121231104712c1a.jpg" alt="wj" border="0" width="110" height="160" /></a></td></tr></table><br /><br />ONE PIECE 休載。<br /><br />NARUTO656「交代」<br />1ページ目からカカシの額宛て間違ってまつww<br /><br />予想通りマダラのターンになったワケだが<br />黒ゼツが正体も微妙なまま大きく戦況を変えるものになってしまったので<br />今回は「ゼツ」の復習をしたい。<br /><br /><blockquote><p>●3分間クッキング ~白ゼツと黒ゼツ●<br /> ♪チャラチャッチャチャッチャッチャ※例の音楽<br />材料:外道魔像 …最凶の十尾からチャクラを九体に分けて抜いて<br />         抜け殻を封印しておいたものを口寄せします<br />   柱間細胞 …唯一木遁を扱う血継忍者を倒しておきます<br />   うちは一族…写輪眼の継承者を育ててマンゲを経て<br />         永遠のマンゲまで得させておきます<br /><br />①永遠のマンゲに柱間細胞を加え、輪廻眼を用意します<br />②さらに柱間細胞は外道魔像でふやかして培養しておきます<br /> これが白ゼツになります<br />③②に①の意志をよく混ぜ合わせ、黒ゼツにします<br /> ※黒ゼツは①のコピーではなく劣化版なので注意<br /><br />アレンジ料理:<br />輪廻眼を開眼したうちはが死んだ場合でも<br />黒ゼツと輪廻天生、さらに肉体があれば蘇ることができます。<br />今回はオビトという半死半生の肉体を白ゼツで培養し<br />なんやかんやで元のマダラの出来あがりです。<br />季節の野菜を添えて召し上がれw</p></blockquote><br />こういう事らしい。(どういうことだってばよ)<br /><br />うちはよりの千手の媒体に頼り過ぎな感がなくもないが、<br />元々は両方の力を持っていたのが六道仙人ってことだから<br />「仙人の再現=最強」って図式になんだろう。<br /><br />仙人は分解魔だったのかねぇ。<br />十尾にしろ我が子にしろ、とにかく<br />1つのものが全ての力を持つのはよくないって考えなのか?<br />でも十尾は元から仙人の所有物じゃないし<br />そもそも仙人のカーチャンのつまみ食いが原因らしいけど。<br /><br />それはさておき、トビ時代のオビトは何度か「計画が狂った」と言っていたが<br />全体では手順に少々誤りが出来ただけで、<br />結局はマダラの「計画通り」となったのではないだろうか。<br />いまだマダラ計画もよう分からん部分はあるのだが<br />とりまこんな感じだったのではないかと。<br /><br />発端:マダラ転生を志す(そもそもこの理由が分からん)<br />↓<br />先のレシピの材料を集めることにする。<br />柱間と戦って細胞をゲットし、<br />長門に輪廻眼を植え付ける(外道魔像と肉体の両方を兼任させるつもりだったのか?)<br />↓<br />肉体の保険と自分の手足して、オビトを懐柔?<br />そのオビトに尾獣を集める暁を設立させる。<br />↓<br />オビトにとってもマダラの「?」計画は<br />夢の世界を実現化すると言う意味で、手伝う価値があった。<br />場合によっては自分が十尾の人柱力になると、最初から算段していたのかもしれない。<br />↓<br />だがマダラにはそれも想定内で<br />オビトが反逆を起こしたら、黒ゼツで対処すればいいと思っていたのか。<br />今回はオビトを弱らせて対処しやすい状態にしてくれたナルトは<br />思わぬ僥倖だったということか。<br /><br />マダラにとってこの計画のターニングポイントは<br />「輪廻眼を誰に貸与するか」という信用問題に尽きる。<br />2つしかない目を長門に両方を与えていたのは、<br />相当に信用というか、計画の重点を置いていたのだろう。<br /><br />ま、単にマダラ本体が死体だったから、長門が金庫代わりだったのかもしれんが<br />「騙されやすい少年」もある意味、材料の1つなのかもしれん。<br />第一希望から長門>>オビト>>>>サスケみたいな感じか。<br />ひょっとして当初はイタチも候補に入っていたのが<br />何時からか「サスケの餌」の方が効果的だとされたのかもしれんね。<br /><br />逆に考えると、輪廻眼とマダラの意志=黒ゼツがあれば<br />マダラは半永久的に転生が可能なんではないだろうか。<br />…トビが異常な数の目ン玉収集をしていたのは<br />結局はその為だったと考えていいんじゃないか?<br />柱間細胞に漬け、輪廻眼になるものを探していたと。<br /><br />周 到 過 ぎ て 穴 だ ら け に 見 え る 不 思 議 。<br />ならばオビトの半身となったゼツ細胞は<br />なぜ「黒ゼツ」にならなかったのだろう。<br />オビトの意志がたっぷり含まれている筈なのだが。<br />まあそれはなんらかやり方があるのかもしれんが<br />オビトの元からの左目は、何故条件下にありながら輪廻眼に至らないのか。<br /><br />オビトの肉体+黒ゼツで転生したマダラは<br />両目とも輪廻眼を開眼させているが<br />理屈で言うと、元 の 右 目 ど こ 行 っ た っつー話だよね。<br />※左目はもともと長門経由でマダラの目。だよね?<br />マダラの意志で眼力がつくようなシロモノなら<br />それこそ輪廻眼って量産できちゃうじゃんっていう。<br /><br />H×Hのグリードアイランドのカードみたいに、絶対数が決まってるのか?<br />仮に今更そう言われても後付感満載だけど<br />なんかこう、細かいとこがすっと把握できないで<br />イロイロとスッキリしないんだよなー。<br /><br />※今回で十尾を抜かれても人柱力はすぐ死なないと分かりましたが<br /> そのわりには尾獣たちと立って喋ってた仙人がいたりで<br /> やっぱりスッキリしないのだがな。<br /><hr size="1" /><br />新連載:HACHIとかぶりませんかコレ。<br />暗殺教室:もうこちらが看板漫画の風格だなー。<br />     でも(ストーリー的に)1年という期限があり<br />     売れても十年も連載しないぜって最初から宣言してるような<br />     そーゆーとこが松井先生のこにくいとこだと思うの。<br />食戟:アンコウ一人で出して吊るしたのかw田所ちゃんすげぇw<br />ワールドトリガー:ストーリーを差し置いて何ですが<br />      まさかのぼんち揚げとコラボに吹いた。<br />ニセコイ:確かに邪道だ。<br />HACHI:テッキンちゃん妙にエロイっっ!<br />こち亀:この猫ならほしいいいいいいいい!!!<br />焼野原:これ、そんな複雑さを求められたマンガじゃないような。<br /><br />〆に磯兵衛が馴染んできたぞ。これは長続きすんじゃね。<br />後の漫画は様子見ー。<br /><br />今日はここまでー。<br /><br />
  • Date : 2013-12-03 (Tue)
  • Category : WJ
359

漂砂のうたう

漂砂のうたう (集英社文庫)木内 昇 集英社 2013-11-20売り上げランキング : 10492Amazonで詳しく見る by G-Tools著作を数冊読み、お気に入り作家さんになった木内昇さん。待ちに待った文庫を((o(´∀`)o))ワクワクして読む。時は明治御一新。人身売買を禁ずるため政府は「芸娼妓解放令」を出し遊郭と呼ばれた場所は「貸座敷」と名を変えた。だが女郎たちも廓の生活も何一つ変わらない。要は、文明国という建前に過ぎないのだ。主人公・... <table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087451305/goodpic-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41UUNnlSJvL._SL160_.jpg" border="0" alt="漂砂のうたう (集英社文庫)" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087451305/goodpic-22/" target="_top">漂砂のうたう (集英社文庫)</a><br />木内 昇 <br /><br />集英社 2013-11-20<br />売り上げランキング : 10492<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087451305/goodpic-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br /><br />著作を数冊読み、お気に入り作家さんになった木内昇さん。<br />待ちに待った文庫を((o(´∀`)o))ワクワクして読む。<br /><br />時は明治御一新。<br />人身売買を禁ずるため政府は「芸娼妓解放令」を出し<br />遊郭と呼ばれた場所は「貸座敷」と名を変えた。<br />だが女郎たちも廓の生活も何一つ変わらない。<br />要は、文明国という建前に過ぎないのだ。<br /><br />主人公・定九郎は根津遊郭にある女郎屋の「立番」である。<br />屋敷内や女郎を仕切る「妓夫」のヘルプであり、<br />ざっくりいうと客を呼び込む「ポン引き」が主な仕事だ。<br />会社なら主任クラスで、下でもないが上でもないというあたりだろうか。<br /><br />元は武家の次男坊で、もとより大した未来はなかった。<br />だが武士という地位が既に瓦解した世界では<br />未来どころか、現在(いま)も見えるものは心もとない。<br />昨今叫ばれている「自由」というものが<br />一体どんなものなのか、実像も掴めないでいる。<br /><br />直属の上司となるスキルの高い「妓夫」。<br />下世話な噂話ばかりを集める下働き。<br />売れっ子花魁に、客もつかないとんび女郎。<br />何故か執拗に定九郎を追いかけ回す、噺家の弟子男。<br />居すら構えぬ定九郎は、その中で茫漠と日々を生きている。<br /><br />ストーリーは人々の過去をほじくり返しながら、<br />なかなか前を向かない。<br />御一新の時代を描いたとは思えない程にそれは泥臭くて古臭く<br />江戸と言う時代の垢が、びっしりとこびりついている。<br />その陰鬱で辛気臭さを綴る文章の絶妙さが、時折はっと胸を打つ。<br /><br />個人の好みだけで言えば★5つでもいいのだが<br />万人向けというよりは、少々通好みというか<br />ストーリー性より芸術性の高さに焦点があるあたり<br />直木賞好みだよなぁという感じも拭えない。<br />まあM-1とかもそうだけど、人が評する限り好みに左右されるのは道理だ。<br /><br />だがこの文章の裏の裏に何かあるようなもどかしさも含めて、凄くいい。<br />定九郎は、武士という階級にしがみついている訳ではない。<br />しがみつくものは最早、何も無いのだ。<br />その何にも囚われないことを、時代が「自由」と呼ぶのであれば<br />水底に漂う砂のように、なんと頼りない事だろう。<br /><br />根津遊郭という場所は谷底のような地形に在り、作中でもそれが語られる。<br />刷毛でひと撫でしたように華やかな明治と言う彩に塗られた日本には<br />こうして筆先の届かない場所に、江戸と言う泥が溜まっていたのだ。<br />現代ともどこかリンクしそうな、その重みと停滞感。<br />一方で流されていく流動感。<br /><br />人情や温かみという時代物ではない。<br />だが読後に残る感慨だけでも、歴史好きなら読む価値がある。<br /><br />個人評価:★★★★<br /><hr size="1" /><br />ホントは芸妓話なら是非描きたいネタがあったのだが<br />取り敢えずこっちのネタを終わらせておく。<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131201-1.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131201-1.gif" alt="20131201-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131201-2.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131201-2.gif" alt="20131201-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br />という訳で、考えてみた待機方法3種。<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131201-3.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131201-3.gif" alt="20131201-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131201-4.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131201-4.gif" alt="20131201-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131201-5.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131201-5.gif" alt="20131201-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131201-6.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131201-6.gif" alt="20131201-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br />だってアルコール入った上に、もうこの時点で2時とか3時だものー。<br />次の日仕事なんだものー。<br />オレの物はオレの物、お前の物はオレの物と言う名言があるが、<br />伴侶の肩身は伴侶の物だから知ら(最悪だ)<br /><br /><a href="http://harubooook.blog.fc2.com/img/20131201-7.gif/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-45.fc2.com/h/a/r/harubooook/20131201-7.gif" alt="20131201-1.gif" border="0" width="400" /></a><br /><br />つーか正確に言うと、ロッカーにささってたのが<br />総務に届けられて、総務から返却されたんだけどね。<br />まあそれで総務で笑いとってきたから、ネタとしてはまあいんじゃねって言う。<br /><br />次回、実は元芸妓だった大叔母の話をしたい。
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。